不動産売却の基礎知識や知っておきたいコツを分かりやすく解説します。売却の体験談もご紹介。

不動産売却にかかる税金/不動産売却マニュアル

不動産売却に関わる税金。いったいどれだけ税金が増えるのか。控除の特例や補助はないのか。基本を知ろう。

不動産売却にかかる税金/不動産売却マニュアル

不動産を売却したときには、売って得した利益に税金がかかる。どんな税金がどのようにかかるのか、売却する前に確認しておこう。

不動産の売却で得た売却益(譲渡所得)の計算には、その不動産を手に入れるときにかかった費用=取得費と、売るときにかかった費用=譲渡費用を知る必要がある。「譲渡費用」にはどんなものが含まれるのか確認しよう。

マンションや土地、戸建などの不動産を売却したときの税金は、給与などほかの所得とは切り離して課税される(これを分離課税という。「不動産売却にかかる税金」を参照)。そのため、得をしたときには、確定申告の手続きが必要だ。手続きの仕方を具体的に見ていこう。

親が住んでいたマンションや戸建などの不動産を相続した子が、その家を売るケースは少なくない。そのときの税金はどうなるのだろうか。

親の自宅(親が住んでいたマンションや戸建住宅)を相続して売るときには、相続した子がその家に自宅として同居していた場合を除き、自宅の売却で受けられる各種の税金の特例は原則として受けられない。だが、空き家になった親の家を売るときに受けられる、期間限定の特例があるのでおぼえておこう。

不動産を売却したときには、売って得した利益に税金がかかる。どんな税金がどのようにかかるのか、売却する前に確認しておこう。

マンションや土地、戸建などの不動産売却で得た売却益(譲渡所得)の計算には、その不動産を手に入れるときにかかった費用=取得費と、売るときにかかった費用=譲渡費用を知る必要がある。ここではまず、どんなものが「取得費」になるのか、計算方法と合わせて確認しよう。

マンションや土地、戸建などの不動産を売却したときに、必ずしもトクできるとは限らない。その不動産を買ったときよりも値下がりしてソンしてしまうこともある。でも、そんなときに税金でソンを取り戻せる制度もあるので覚えておこう。

マンションや土地、戸建などの不動産を売却するときには、手数料や税金などいろいろと費用がかかる。どんな費用がいくらくらいかかるのか、事前に確認しておこう。

不動産売却マニュアル

売却査定する
中古マンションを探す
中古一戸建てを探す
賃貸物件を探す
土地を探す
新築一戸建てを探す
新築マンションを探す
リフォーム会社を探す
注文住宅の会社を探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
引越し査定する
ページトップへ戻る