不動産売却の基礎知識や知っておきたいコツを分かりやすく解説します。売却の体験談もご紹介。

一戸建ての売却体験談

【SUUMO】住まいの売却ガイド 一戸建ての売却体験談の記事では、実際に一戸建てを売却した方の体験談をご紹介します。今後の売却活動のご参考にしてください。

神奈川県茅ヶ崎市Nさん(40代)/転勤で空き家になった自宅、数年後に売却を決断。売り出し後に値下げして成約

関西に転勤になり数年間空き家になっていた一戸建てを売却したNさん。一括査定サービスサイトを利用して連絡があった5社のうち信頼できる1社と仲介契約を結び、二人三脚で遠隔地の売却活動を成功させました。

住み替え時の不動産売却。住宅ローン計画とタイミングが成功のカギ!

住んでいる不動産を売却し新居を購入する住み替え。SUUMOでは、住み替えの流れや失敗しないためのポイント、売却・購入にかかる費用などを解説。ファイナンシャル・プランナーの風呂内亜矢さんに話を聞きました。

兵庫県神戸市灘区Tさん(20代)/両親の離婚で母に財産分与されたローン返済中の自宅。不動産会社に買い取ってもらい利益も出た

両親の離婚で受け継いだ自宅を売却したTさん。住宅ローンの残債がありましたが、一括査定サイトで買い取ってくれる不動産会社を探し反応があった3社のうち1社に依頼。ローンを完済し、利益も手元に残りました。

神奈川県横浜市都筑区Mさん(50代)/家族6人で暮らした6LDKの広い一戸建て。子どもの独立後マンションに住み替え

家族が多く広い一戸建てに暮らしてきたMさんですが、妻とふたりで暮らすためマンションへ住み替えを決意。6500万円で売り出しました。希望額の6000万円以上で売却できたMさんが行った販売活動中の判断は

大阪府東大阪市Sさん(60代)/父親から相続した一戸建て。2度値下げするも、信頼できる買主と出会えて満足

大阪府在住のSさんは、父親が30年近く暮らした東大阪市の一戸建てを相続し、早々に大手不動産仲介会社と媒介契約。ぎりぎりまで値下げをしたものの、相場内での価格を守って約9カ月後に売却しました。

千葉県松戸市Dさん(30代)/4人目の子ども誕生をきっかけに、築28年の一戸建てを売却

千葉県松戸市の一戸建て(4LDK)を売却して新しい家を購入することにしたDさん家族。築28年の家は痛みもあったため、売却活動は予想外の長期戦に。4度の値下げを経て、一般媒介に切り替えて無事売却できました。

夫の失踪からの離婚で、自宅を売却。心機一転で新居購入&自分の店を開くまで/福岡県Sさん

夫の失踪で生活をリセットするため売却に踏み切った福岡市のSさん。コロナ禍の影響で売却活動が停滞しているうちに新居が完成し、ダブルローン期間が発生。家計の負担が増える中、売却活動で見直したこととは?期限を優先したマンションの売却活動、その成功…

大阪市平野区Fさん(30代)/大阪の築4年の一戸建てを、仲介手数料が安い東京の不動産会社の仲介で売却

転職が決まり、大阪市平野区の築3年の一戸建てから転居することになったFさん。賃貸に出すことも検討しましたが、最終的に売却を選択。パートナーとして仲介業務を依頼したのは、地元ではなく東京の不動産会社だったといいます。

神奈川県横浜市Oさん(60代)/利便性の良い新築マンションに住み替えるため、郊外ニュータウンの一戸建てを売却

郊外の一戸建てを売却し、利便性の良い新築マンションに住み替えたOさん。売り出し開始後の反響が少なかった上、法定点検で不具合が発覚するなど、想定外の事態に見舞われましたが、無事、新築マンションの決済日に間に合うよう売却することができました。

千葉県流山市Kさん(60代)/相続した築50年超の実家。近隣の地価の上昇から、予想外の高値で売却できた

千葉県流山市の実家を相続したKさんは、地元に営業所がある大手不動産会社と媒介契約。約1か月後、値引き交渉もなく古家付きのまま、不動産会社に買ってもらえることに。手間と費用をかけずに売買を成立させました。

神奈川県横浜市Bさん(60代)/相続した土地の一部が国有地。不動産会社の協力でさまざまな手続きをクリアし売却

母親が亡くなり、神奈川県横浜市の築40年超の一戸建てを相続したBさん。売却を決めた後に、敷地の一部が国有地だったことがわかります。測量や登記、ご近所との話し合いなど様々な手続きが必要となりましたが、結果的に査定額以上の価格で売却することができ…

千葉県松戸市Iさん(40代)/1人暮らししていた千葉県松戸市の一戸建て。再婚を機に売却

再婚というライフステージの変化に合わせて、実家近くの松戸市にある一戸建ての売却を決意したIさん。売却活動の途中で見直すことで反響が増えたこととは?

東京都世田谷区Hさん(60代)/相続した夫の実家。家財を残しながら値下げせずに8400万円で売却

東京都葛飾区に住むHさん(60代女性)は、義母が介護施設に入居して世田谷区の実家が空き家になったことに気を揉むように。不動産の勉強会で司法書士のアドバイスを参考にし、約1年後、売却活動をはじめました。

東京都中野区Tさん(60代)/セカンドライフは海辺で!都内の一戸建てを売却し千葉県鴨川市に2拠点目を購入

都内にマンションと一戸建てを所有していた60代のTさん。田舎でセカンドライフを送ろうと90平米・2LDKの一戸建ての売却を決意。5200万円で売却し、2拠点目として千葉県鴨川市の一戸建てを購入できました。

東京都文京区Kさん(60代)/築60年の賃貸併用住宅を相続。価格の妥協でチャンスを逃さずに売却

両親から相続した東京都文京区にある築古の賃貸併用住宅が建つ土地を管理・維持の大変さから売却することに。知人から紹介された不動産仲介会社のつながりで、すぐに買主が見つかり、スピーディな取引を実現しました。

千葉県船橋市Iさん(50代)/駐車しにくい旗竿地の一戸建て、1年以上かけて納得の価格で売却

カーライフをもっと快適にしたいと、旗竿地の一戸建てを売却することにした船橋市のIさん。売却活動は1年以上に及びましたが、信頼できるパートナーの存在が心強かったといいます。

埼玉県所沢市Bさん(60代)/孫育てのために住み替え。定年後、65歳で15年の住宅ローンを組む

娘家族の家の近くに、売りに出されていた新築の建売住宅を見つけたBさん。娘の子育てのサポートをしたいと、その家の購入を決意。それまで住んでいた家を売却し、新たに80歳までの15年ローンを組みました。

神奈川県横浜市Kさん(30代)/築31年の実家を売却。病気の父が暮らしやすいマンションに住み替え

病気になった父が暮らしやすいマンションへ住み替えるため、横浜市にある築31年の一戸建てを売却することに。売却前に気に入ったマンションを購入でき、両親は大満足。買い先行のメリット・デメリットとは?

千葉県市川市Sさん(40代)/見込み客のいる不動産会社を選び、コロナ禍でスピード売却を実現

気に入った物件と出会い住み替えを決意、千葉県市川市の自宅を売却することにしたSさん。売り出し時期にコロナ禍が重なってしまった不安から、高く売ることより、早く売ることを優先したといいます。

神奈川県横浜市Sさん(60代)/10年前に相続した実家の維持費は年間100万円。コロナ禍を機に不動産仲介会社に売却

相続した横浜市の実家の土地と家を約10年間所有していたSさん。維持費や税金が高く、コロナ禍をきっかけに売却を決意。不動産仲介会社3社に価格と売り方を提案してもらい、買取でスムーズに売却ができました。

千葉県山武市Tさん(60代)/母から相続して空き家になっていた実家。別荘ニーズを見込んで売却成功

50平米・3LDKの一戸建てを相続したTさんですが、空き家の管理が負担に。売却を決意して約3カ月後650万円で売却に成功しました。なるべく高く売るための不動産会社選びのコツを紹介します。

神奈川県相模原市Sさん(50代)/築25年の郊外の一戸建てを、地元の不動産会社に託して約1カ月で難なく売却

神奈川県相模原市の一戸建てを売却し、子どもの通学に便利なエリアへの住み替えを決めたSさんは、懇意にしていた地元の不動産仲介会社と媒介契約。1週間で内見希望者が現れ、1カ月のうちに売却できました。

東京都世田谷区Aさん(50代)/こだわりの注文住宅の売却。スタートは不振でも自ら不動産仲介会社を探して売却成功

築16年の一戸建てを売却するため、一般媒介契約を結んだ3社の不動産仲介会社に、次第に不信感を募らせるようになったAさん。自ら不動産仲介会社を見つけて専属専任契約を結んだ途端、物事がスムーズに動きはじめました。

東京都品川区Aさん(40代)/土地価格の上昇の機を逃さず、旧借地権の一戸建てを売却し住み替え

東京都品川区の一戸建てに暮らすAさん。買い替え先と旧借地権物件の売却を納得価格でスムーズに行うため、どんな売却活動をしたのでしょうか?

千葉県松戸市Hさん(60代)/不動産仲介会社との媒介契約を2度変更し、古家付き土地を値下げして売却

自宅のメンテナンスが負担になってきたため、千葉県松戸市の築34年の一戸建てを売却することにしたHさん。なかなか反響がないことから、不動産仲介会社への信頼が揺らぎ、媒介契約を度々変更。敷地内に残置物があることも不安だったといいます。

千葉県船橋市Aさん(50代)/妹の仮住まいのために新築一戸建てを購入。妹の退去後に売却

Aさんは、父からの生前贈与で家を建てる妹家族のため、家が建つまでの仮住まい先として一戸建てを購入。その後、希望価格2180万円で売却できたのは、複数の不動産会社との一般媒介契約にあるといいます。

東京都杉並区Aさん(60代)/義母から夫が相続した借地権付きの一戸建て。不動産会社経由の競売の結果1150万円で売却

義母から夫が相続した借地権の売却を決めたAさん夫妻。手続きや地主へとのやりとりなど借地権の売却ならではの手続きはわからないことばかりでした。売却活動をスムーズに終えるために事前に行ったこととは。

東京都葛飾区Hさん(50代)/父から実家を相続して妹と共有名義に。お金にして妹と分けるため売却を決意

父から妹と共有名義で相続した実家を、住宅販売会社に2700万円で売却したHさん。売却活動で良かったポイントは、妹と相談しながらの売却活動は気を使うため、不動産仲介会社に全て任せたことでした。

北海道札幌市Tさん(40代)/相続した築32年の一戸建てを、近隣の売却事例を参考に査定以上の価格で売却

父から相続した築32年の一戸建てを売却することにしたTさん。インターネットの一括査定を利用したうえで、4社に訪問査定を依頼。近隣の売却事例を基準に、不動産仲介会社の査定より高い売り出し価格で売却活動をスタートしました。

大阪府大阪市淀川区Aさん(60代)/相続した土地は親族・隣人との5人の共有名義!まとめ役になり2400万円で売却

母から相続した大阪市の古家付き土地。土地1/2は、元々、隣人との共有名義。残りがAさんと叔母、ふたりの甥との共有名義でした。5人の共有者が満足できる売却になるようにAさんが心がけたこととは。

北海道札幌市Yさん(60代)/子どもの独立後、築27年の一戸建てを売却し、雪かきいらずのマンションへ

子どもが独立し、一人で暮らすことになったYさんは、築27年の一戸建てを売却することを決意。新築の賃貸住宅に住み替えるため、約3カ月でのスピード売却を目指しました。序盤で焦りを感じたものの、その後の展開は早かったといいます。

大阪府大阪市西成区Uさん(50代)/築22年一戸建ての老朽化で売却を決意。建売住宅に住み替え

老朽化した大阪市の一戸建て(105㎡・5LDK)を売却し、兵庫県尼崎市の新築一戸建てへの住み替えを決めたUさん。信頼する不動産会社へ自分の要望をはっきりと伝え、納得できる売却活動ができました。

神奈川県横浜市南区Nさん(50代)/介護付き有料老人ホームへ入居する母の代理で、築36年の実家を売却

介護付き有料老人ホームへの住み替えを決めた母の代理で、築36年、鉄筋2階建て二世帯住宅の売却を行ったNさん。間口が狭く、奥行きの広い260㎡の土地を売るために不動産仲介会社から提案された販売戦略とは?

東京都小金井市Wさん(50代)/築48年の古家付き土地を兄弟で相続。更地にして売却し、現金を分割

父親が亡くなって空き家になった東京都小金井市の一戸建てを売却することにしたWさん。名義変更の時期や税金のことなど親が残した家を処分する場合に、やるべきこと、やらずに困ったことを紹介します。

神奈川県横浜市Rさん(50代)/築40年150平米の一戸建て。母から家族信託を受けて8300万円で売却

家族信託を受け、横浜市にある150㎡・5LDKの一戸建てを売却したRさん。査定より300万円高く、8300万円で売却に成功。家族信託や3000万円特別控除などをうまく利用するために気を付けたことを紹介します。

千葉県銚子市Nさん(50代)/購入時を大幅に下回る査定価格。信頼できる買主に売却できたのが何よりの喜び

24年前に住まいを建てたNさんは、同じ町内に日当たり良好な敷地を見つけ2度目の新築。引っ越し後に地元の不動産会社と媒介契約し、5カ月待った末に心から物件を気に入ってくれた買主に愛着ある住まいを引き継ぎました。

神奈川県横浜市Tさん(60代)/単身赴任生活から3年。息子の独立を機に、夫婦で暮らせる住み替えを決断

息子が独立したことで、平日は自宅と単身赴任先でそれぞれ1人暮らし状態になってしまったTさん夫妻。また一緒に暮らせるよう自宅を売却し、他県で新しい住まいを購入するまでの住み替え体験談です。

埼玉県秩父市Nさん(50代)/父から相続した秩父の実家。地元の不動産仲介会社に任せて遠方に住みながら売却

埼玉県秩父市にある一戸建て(120㎡・5LDK)を相続したNさん。地元の情報や空き家バンクを活用して、築39年の家と土地の売却に成功。遠方に住みながら売却活動をする際のポイントは。

愛知県名古屋市南区Oさん(60代)/遠方の実家を相続。家の解体と相続手続きの窓口も仲介会社に一括でおまかせ

両親が亡くなり、相続した実家と土地を売却することにしたOさん。自宅から離れた場所の売却でしたが、売却のアドバイス、建物の解体まで、不動産仲介会社におまかせしてワンストップで完結しました。

香川県仲多度郡Dさん(60代)/相続した香川県の実家と農地。コロナ禍にもかかわらずスムーズに売却

両親が亡くなり、遠く離れた実家と土地、さらに農地を売却することにしたDさん。しかし当初依頼しようと考えていた不動産会社から「農地の売却は手間暇がかかって大変」だと言われました。

埼玉県春日部市Aさん(50代)/父から相続した一戸建てと駐車場。売却で管理から解放されて大満足

埼玉県春日部市の一戸建てと駐車場を相続したAさん。賃貸するか迷った駐車場は、宅地としても需要があると判断し、一戸建てと合わせて700万円で売却活動を開始。4年目に値下げ後、650万円で売却できました。

愛知県一宮市Sさん(50代)/築28年の一戸建から、孫と遊べる新築一戸建てへ住み替え

愛知県一宮市で夫と暮らしていたSさんは、築28年の一戸建てを850万円で売却し、安心して孫と遊べる新築に住み替えました。住み替え先と同じ不動産会社へ売却を依頼。これにはメリットがたくさんありました。

千葉県船橋市Yさん(70代)/70歳を機に将来を考え、賃貸に出していた一戸建てを売却

転勤族で、千葉県船橋市にある一戸建ての自宅を賃貸に出していたYさん。入居者のいる物件をスムーズに売却できた活動の上の工夫とは?

東京都府中市Kさん(60代)/200平米超の広すぎる一戸建てを相続。建売住宅の販売会社に売却

最寄駅から遠く、広すぎるためにニーズがなさそうな築27年になる200平米超の一戸建てを相続したKさん。売り出しから3週間の反応がゼロだったにも関わらず、無事に売却できた要因は?

千葉県船橋市Aさん(30代)/築2年の注文住宅を売却。近隣相場の影響で4回の値下げ

築2年の注文住宅を売却することにしたAさん。ところがタイミング悪く周辺の新築建売住宅が値引きをはじめてしまいました。内見希望者がなかなか現れない中、Aさんはどう動いたのでしょう?

千葉県船橋市Iさん(50代)/セカンドライフに向けて築24年の一戸建てを売却

夫の資格取得や子どもの独立を機に、住み替えたIさん。最初に査定してもらった不動産会社の提示額に納得がいかず、自ら別の不動産会社を探して売却しました。Iさんはどうやって不動産会社を見つけたのでしょうか。

埼玉県さいたま市見沼区Aさん/二世帯住宅を売却。義父母とほどよい近居で、子どもの個室も確保!

結婚してすぐに夫の両親と二世帯住宅で暮らしはじめたAさん。二人の子どもが成長すると手狭になり、住み替えることになりました。両親の知り合いの不動産会社に依頼したところ、とてもスムーズに売却できました。

東京都世田谷区Kさん(50代)/夫婦の理想の家に住み替え。築15年の一戸建てをスムーズに売却した知恵とは

住みづらくなった東京都世田谷区の築15年の一戸建てを売却することにしたKさん。時間がかかっても納得の価格で売りたいと、前回の売却経験を踏まえて準備。それが予想外のスピード売却につながりました。

東京都新宿区Aさん(50代)/賃借人が退去し、空き家になった築35年の一戸建てを売却

新宿区の一戸建てを賃貸に出していたAさんは、2019年の賃借人の退去を機に売却を決めました。コロナ禍での不動産売却でしたが、想像以上に早い期間、想定以上の価格で成約。売却成功のポイントは?

ページトップへ戻る