不動産売却の基礎知識や知っておきたいコツを分かりやすく解説します。売却の体験談もご紹介。

土地の売却体験談

【SUUMO】住まいの売却ガイド 土地の売却体験談の記事では、実際に土地を売却したお客様の方をご紹介します。今後の売却活動のご参考にしてください。

兵庫県姫路市Eさん(60代)/市街化区域にある田んぼを相続し、一部を不動産会社に売却

亡くなった父親が所有していた土地を4人きょうだいで分割して相続することになったEさん。遺されたいくつかの土地の中から、Eさんは市街化区域にあった田んぼを選び、その一部を売却することにしました。

兵庫県姫路市Kさん(60代)/親から相続した土地。不動産会社から「売ってほしい」と相談を受けて交渉成立

父親が亡くなり土地を相続したKさん。不動産仲介会社から「欲しい人がいるので買いたい」と相談されて売却を検討。不動産のプロに聞いて土地の相場観をつかみ、価格交渉を行い納得できる価格で売買契約が成立した。

「売るな」と遺言された田舎の実家、相続後に泥棒が……「もう管理しきれない」売却を決断/愛知県Kさん

愛知県にある実家を相続したKさん。両親の遺言に従って売却はしないつもりでしたが、遠方から空き家を維持管理する難しさを日々感じていました。そんな時に起きたある出来事をきっかけに古家付き土地として売ることを決意したといいます。

知らない街の不動産5つを相続。手探りで挑んだ「借地権土地」の売却活動/東京都清瀬市Hさん

地縁のないエリアの「借地権付き土地」と「月極駐車場」を合計5つも相続することになった、さいたま市中央区のHさん。不安でいっぱいの中、制約のある土地を3年以内で売却できた、そのストーリーを見てみましょう。

千葉県流山市Kさん(60代)/相続した築50年超の実家。近隣の地価の上昇から、予想外の高値で売却できた

千葉県流山市の実家を相続したKさんは、地元に営業所がある大手不動産会社と媒介契約。約1か月後、値引き交渉もなく古家付きのまま、不動産会社に買ってもらえることに。手間と費用をかけずに売買を成立させました。

神奈川県横浜市Bさん(60代)/相続した土地の一部が国有地。不動産会社の協力でさまざまな手続きをクリアし売却

母親が亡くなり、神奈川県横浜市の築40年超の一戸建てを相続したBさん。売却を決めた後に、敷地の一部が国有地だったことがわかります。測量や登記、ご近所との話し合いなど様々な手続きが必要となりましたが、結果的に査定額以上の価格で売却することができ…

神奈川県海老名市Aさん(60代)/賃貸に出していた一戸建て。老朽化が激しく古家付き土地として売却

賃貸に出していた持ち家の老朽化から売却を決意したAさん。築30年近く老朽化が激しい築古物件でしたが、自分自信でも積極的に相場などを情報収集し、1年後に希望の価格での売却することができました。

東京都世田谷区Hさん(60代)/相続した夫の実家。家財を残しながら値下げせずに8400万円で売却

東京都葛飾区に住むHさん(60代女性)は、義母が介護施設に入居して世田谷区の実家が空き家になったことに気を揉むように。不動産の勉強会で司法書士のアドバイスを参考にし、約1年後、売却活動をはじめました。

東京都清瀬市Yさん(50代)/きょうだいで相続した築50年の実家。解体し、更地にして売却

古家つきの広い土地を迅速に売るためのコツや、税金控除制度、遺産分割協議書の作成など、不動産仲介会社の担当者からの的確なアドバイスのおかげで、きょうだいで相続した実家をスムーズに売却できたYさんのお話です。

東京都大田区Oさん(50代)/空き家のままだった夫の実家。相続登記に手間取り、半年後に売却!

義父が亡くなり約10年、義母が施設に入居して空き家になっていた夫の実家の売却を決意したOさん。不動産仲介会社の紹介で3カ月以内に不動産会社に売却が決まったものの、意外なところで時間がかかりました

東京都新宿区Tさん(50代)/1人住まいの80代父の住み替え。広すぎる実家を解体し更地にして売却

実家の母親が亡くなり、父は一人で住むには広すぎる古屋から、娘と近居できるコンパクトマンションに住み替えを決断。古屋は解体し更地にして売却を開始、高額物件だけに焦らず待って1年後に売却が成立した。

神奈川県川崎市川崎区Aさん(50代)/相続した実家。空き家特例を使うため更地にして、スケジュール優先で売却

両親が暮らしていた土地と家を相続したAさん。当初は売らずに賃貸住宅など土地活用も検討しましたが、20「空き家特例」を使えば譲渡所得税の控除を受けられることを知り、売却することにしました。

愛知県一宮市Nさん(40代)/祖母から相続した農地を宅地に転用し、建売住宅を売る会社に売却

愛知県一宮市に住むNさんは、妻が相続した約560㎡の土地の売却活動をスタート。地元の不動産会社に相談すると、予め買主の候補を探してもらえることになり、媒介契約後1カ月のうちに売買契約を結びました。

千葉県八千代市Tさん(60代)/相続した築50年の実家。土地として売り出し、8カ月待った末の値下げで売却成功

千葉県八千代市にある実家の住まいと土地を相続したTさんは、地元の不動産会社に依頼して販売活動をスタート。強気で価格設定するも8カ月間決まらず、200万円値下げした途端に買主が出現しました。

千葉県松戸市Hさん(60代)/不動産仲介会社との媒介契約を2度変更し、古家付き土地を値下げして売却

自宅のメンテナンスが負担になってきたため、千葉県松戸市の築34年の一戸建てを売却することにしたHさん。なかなか反響がないことから、不動産仲介会社への信頼が揺らぎ、媒介契約を度々変更。敷地内に残置物があることも不安だったといいます。

大阪府大阪市淀川区Aさん(60代)/相続した土地は親族・隣人との5人の共有名義!まとめ役になり2400万円で売却

母から相続した大阪市の古家付き土地。土地1/2は、元々、隣人との共有名義。残りがAさんと叔母、ふたりの甥との共有名義でした。5人の共有者が満足できる売却になるようにAさんが心がけたこととは。

神奈川県横浜市南区Nさん(50代)/介護付き有料老人ホームへ入居する母の代理で、築36年の実家を売却

介護付き有料老人ホームへの住み替えを決めた母の代理で、築36年、鉄筋2階建て二世帯住宅の売却を行ったNさん。間口が狭く、奥行きの広い260㎡の土地を売るために不動産仲介会社から提案された販売戦略とは?

東京都小金井市Wさん(50代)/築48年の古家付き土地を兄弟で相続。更地にして売却し、現金を分割

父親が亡くなって空き家になった東京都小金井市の一戸建てを売却することにしたWさん。名義変更の時期や税金のことなど親が残した家を処分する場合に、やるべきこと、やらずに困ったことを紹介します。

神奈川県横浜市Rさん(50代)/築40年150平米の一戸建て。母から家族信託を受けて8300万円で売却

家族信託を受け、横浜市にある150㎡・5LDKの一戸建てを売却したRさん。査定より300万円高く、8300万円で売却に成功。家族信託や3000万円特別控除などをうまく利用するために気を付けたことを紹介します。

東京都府中市Mさん(60代)/相続した郊外の実家の土地を売却。空き家の3000万円特別控除も利用

母親から相続した東京都府中市の土地を売ることにしたMさんは、家族の思い出の土地を安値で手放したくないと、やや強気の価格設定で販売をスタート。半年間売却活動を行い、納得したうえで売却しました。

東京都府中市Bさん(50代)/きょうだいで相続した古家付き土地。平等に分けるため全員の同意を取りながら売却

きょうだい名義で相続した古家付きの土地。現金にしてきょうだいで分配するためBさんが主になり、売却活動をして、全員が納得できる4480万円で売却。まとめ役になったBさんが心がけたのは、全員が納得できるように進めることでした。

埼玉県秩父市Nさん(50代)/父から相続した秩父の実家。地元の不動産仲介会社に任せて遠方に住みながら売却

埼玉県秩父市にある一戸建て(120㎡・5LDK)を相続したNさん。地元の情報や空き家バンクを活用して、築39年の家と土地の売却に成功。遠方に住みながら売却活動をする際のポイントは。

大阪府東大阪市Hさん(50代)/父から相続した築100年の古家付き土地、物納することができず売却することに

相続税がわりに物納をするようにという父からの遺言で、古家付き土地を相続したHさんでしたが、物納許可が下りずに売却することに。1年かかったものの、約360㎡の広い土地を希望通りの価格で売却に成功しました。

愛知県名古屋市南区Oさん(60代)/遠方の実家を相続。家の解体と相続手続きの窓口も仲介会社に一括でおまかせ

両親が亡くなり、相続した実家と土地を売却することにしたOさん。自宅から離れた場所の売却でしたが、売却のアドバイス、建物の解体まで、不動産仲介会社におまかせしてワンストップで完結しました。

千葉県白井市Tさん(60代)/庭・畑として使っていた自宅の敷地100平米を分筆し、地元の不動産仲介会社で売却

千葉県白井市の戸建てに住むTさんは、父親が庭・畑にしていた自宅の半分の敷地100平米を分筆して手放すことに。地元の不動産仲介会社と媒介契約を結び、売り出しから計3度の値下げをし、売却しました。

愛知県碧南市Jさん(30代)/相続した売りにくい150平米の土地。無事売却も、解体費用が思わぬ高額に

新居購入のため、相続した古家付き土地(150㎡)の売却を決意したJさん。不動産仲介会社からのアドバイスで、個人客は見込めないと判断。2700万円で売却できたポイントは、事業者向けに行った販売活動でした。

大阪府枚方市Sさん(60代)/父から相続した土地を売却。特別控除の特例を活用

実家である大阪府枚方市の90㎡・5LDKの古家付き土地(130平米)を相続したSさん。親類や友人不動産会社頼り、市役所や税務署にアドバイスを求め、特別控除の特例を活用して、売却を行いました。

埼玉県久喜市Tさん(50代)/コロナ禍で手放すことにした土地。周辺物件の相場に合わせて適正価格に値下げ

埼玉県久喜市で新築するべく土地を購入したTさんは、コロナの影響を受けて家づくりを一旦、白紙に戻すことに。信用が置けると判断して購入時と同じ不動産会社と媒介契約。競合するエリアでの売却に成功しました。

ページトップへ戻る