不動産売却の基礎知識や知っておきたいコツを分かりやすく解説します。売却の体験談もご紹介。

実家・空き家・古い家

【SUUMO】住まいの売却ガイド 実家・空き家・古い家の記事では、これらの不動産売却を進める際に知っておくべき知識・情報を紹介します。

“実家じまい”相続してからでは遅い! “遺品整理のプロ”に聞く実家の片付けのポイント

いずれ相続する実家をどうするかは頭の痛い問題。何も決めずに相続して、遺品整理をせずそのまま空き家として放置していると、後から思わぬ費用がかかってしまうリスクも。「遺品整理のプロ」に、スムーズな実家じまい・片付けのポイントをお聞きしました。

空き家売却の方法や流れとは?費用・税金・不動産仲介会社選びのコツを完全ガイド!

空き家の売却方法や流れとともに、諸費用や税金、適切な不動産会社の選び方を徹底解説します。

空き家の買取と仲介の違いは?不動産会社によって価格が大きく変わる理由

仲介だけが空き家の売却方法ではありません。本記事では、仲介より早く空き家を売却できる「買取」という売却方法をご紹介します。

所有者が亡くなった家の名義変更はどうする? 相続登記の流れ、必要書類、費用、期限

親が亡くなり、故人が所有していた不動産の名義を変える手続きが相続登記。手続きを進めるために必要な段取りや書類、費用などについて紹介します。

古家付き土地を売却したい! 中古一戸建てや更地とはどこが違う?

土地上に家屋が建っている不動産を売却する場合、「古家付き土地」「更地」「中古一戸建て」という3つの売り出し方があります。この記事では、それぞれのメリット・デメリットや注意点、適用できる税制の特例などについて解説します。

いずれ相続する田舎の実家をどうする?固定資産税・維持費・解体費用などポイントを紹介!

「家への対応は早め早めが肝心。手遅れになると実家が“負”の資産になってしまう」と、今回お話を伺ったNPO法人空家・空地管理センター理事の伊藤さん。多くの方にいつかは訪れる田舎の実家の取り扱いについて、相続や活用方法を紹介。

空き家を誰かにあげたい!空き家処分で知っておきたい無償譲渡・買取・売却のポイント

空き家が増えることは防災や衛生面などの観点からさまざまな悪影響を及ぼすため、リスクを防ぐためにも、適切に処分を行いたいところ。そこで、空き家を処分する方法について、ポイントや注意すべき点を紹介。

埼玉県春日部市Cさん(50代)/相続した築45年の実家。「現状渡し」の条件で、姉妹で連携しながら売却

両親が亡くなって相続した築45年の実家。相続したCさんと妹は、実家を手放して現金化することにしました。約半年の売却活動を経て、リフォームなし・家財道具はそのままで売却に成功しました。

神奈川県茅ヶ崎市Nさん(40代)/転勤で空き家になった自宅、数年後に売却を決断。売り出し後に値下げして成約

関西に転勤になり数年間空き家になっていた一戸建てを売却したNさん。一括査定サービスサイトを利用して連絡があった5社のうち信頼できる1社と仲介契約を結び、二人三脚で遠隔地の売却活動を成功させました。

築40年~50年の築古マンション売却の注意点は?少しでも良い条件で売るためのポイント解説

マンションは手を入れていけば築古でも住み続けることができる、長寿命な住宅。売れる可能性も十分あるでしょう。今回は、不動産コンサルタントの岡本郁雄さんに築古のマンションの売却のコツや注意点を伺いました。

マンションを相続放棄したい。相続放棄の手続きや知っておきたい注意点を解説

遺産相続に関する選択肢のひとつが相続放棄。その意味するところや判断の仕方、手続き方法、相続財産にマンションが含まれる場合の注意点などを紹介します。

古い家を売る方法とは? 上手に売却・処分する方法や活用法を徹底解説!

古い家を手放したいと思っても、どうやって売却活動を始めたらいいのか、そもそも築古の家が売れるのかの不安がつきまとうものです。SUUMOのこの記事では、古い家をスムーズに売却・処分するためのポイントを解説します。

空き家を放置すると固定資産税が6倍になる? 空き家の税金対策と売却で使える補助金

空き家を解体したり、放置して「特定空家」に指定されると固定資産税の負担が増えます。税負担以外にもさまざまなリスクがあります。SUUMOでは、空き家の税金対策と空き家を処分する際に使える補助金制度について解説します。

相続前に要確認。大切な実家を「問題空き家」にしないための対策と管理方法

実家のある40歳代~60歳代にとって、空き家の問題は決して人ごとではない。実家の空き家トラブルを避ける方法について、NPO法人の空家・空地管理センター代表理事の上田 真一さんに伺った。

ローン完済した実家を相続。買い手がいても売却できない?

ローンを完済し終わったら、法務局での抹消登記手続きが必要なことは意外に知られていない。 結果、登記簿上で抵当権が付いたままになっており、売却時に複雑な手続きが必要なことが多々ある。事象や対策を紹介する。

いまから知っておきたい!「空き家の相続」と「売却」の基礎知識

実家が空き家になったときはどうすればいい?相続されたときの対処法を空き家管理のプロに取材しました。不動産・住宅に関する総合情報サイトSUUMO(スーモ)のいまから知っておきたい!「空き家の相続」と「売却」の基礎知識

空き家を更地にしたら、固定資産税は6倍に?更地にするメリット・デメリット

社会問題となっている空き家の増加。空き家の持ち主には、空き家の維持管理の手間・コストとともに固定資産税が重くのしかかります。空き家を撤去して更地にする場合のメリットとデメリットについて解説します。

【空き家問題】放置すると税金がかかる!空き家オーナーが知っておきたい解決策

全国的に空き家が増加している昨今。空き家を放置しておくと、事故や犯罪などのリスクに加えて税制上でも不利になります。ここでは空き家の相続、売却方法。活用法などについて注意点や流れを紹介します。

実家は売ってから相続? 相続してから売る?

相続予定の実家、相続前に家を売るのと、相続後に売るのとではどちらが節税になるのでしょうか?売却益・売却損が出たときの税制上の特典や知っておきたい特別控除など、実家の処分についてポイントを解説します。

実家をリフォームするときに知っておきたいこと

建て替えよりもコストを抑えて、快適な住まいに生まれ変わり、また、二世帯住宅や賃貸併用住宅も実現できるのがリフォーム。リフォーム時に気を付けるポイント、お得になる優遇措置についてご紹介します。

実家の不動産、相続・売却トラブルを防ぐには?専門家に聞いた

相続でトラブルになりやすいのは土地や建物などの不動産。現金のように金額で明確に分けることが難しいからだ。土地や家をきょうだいで分ける場合の注意点を、札幌土地家屋調査士会副会長の小川和紀さんに聞いた。

売る?持ち続ける? どうする親の住まい

自分たちが生まれ育った家に、今も親が住み続けているのであれば、自分たちのマイホームと同様に、親のマイホームについても一緒に考えてあげてはどうだろうか。家族構成やライフスタイルが変われば、理想の家のカタチは変わるもの。親の「今」に合った家を…

みんなの実家対策を聞いてみました-データ・口コミまとめ

相続問題を考えるときに参考にしたいのが実際に対策を行った人の意見や体験談。みんながどのような対策を行ったのか、クチコミや実例を取材。

「売るな」と遺言された田舎の実家、相続後に泥棒が……「もう管理しきれない」売却を決断/愛知県Kさん

愛知県にある実家を相続したKさん。両親の遺言に従って売却はしないつもりでしたが、遠方から空き家を維持管理する難しさを日々感じていました。そんな時に起きたある出来事をきっかけに古家付き土地として売ることを決意したといいます。

東京都世田谷区Hさん(60代)/相続した夫の実家。家財を残しながら値下げせずに8400万円で売却

東京都葛飾区に住むHさん(60代女性)は、義母が介護施設に入居して世田谷区の実家が空き家になったことに気を揉むように。不動産の勉強会で司法書士のアドバイスを参考にし、約1年後、売却活動をはじめました。

東京都大田区Oさん(50代)/空き家のままだった夫の実家。相続登記に手間取り、半年後に売却!

義父が亡くなり約10年、義母が施設に入居して空き家になっていた夫の実家の売却を決意したOさん。不動産仲介会社の紹介で3カ月以内に不動産会社に売却が決まったものの、意外なところで時間がかかりました

神奈川県横浜市Sさん(60代)/10年前に相続した実家の維持費は年間100万円。コロナ禍を機に不動産仲介会社に売却

相続した横浜市の実家の土地と家を約10年間所有していたSさん。維持費や税金が高く、コロナ禍をきっかけに売却を決意。不動産仲介会社3社に価格と売り方を提案してもらい、買取でスムーズに売却ができました。

千葉県山武市Tさん(60代)/母から相続して空き家になっていた実家。別荘ニーズを見込んで売却成功

50平米・3LDKの一戸建てを相続したTさんですが、空き家の管理が負担に。売却を決意して約3カ月後650万円で売却に成功しました。なるべく高く売るための不動産会社選びのコツを紹介します。

神奈川県川崎市川崎区Aさん(50代)/相続した実家。空き家特例を使うため更地にして、スケジュール優先で売却

両親が暮らしていた土地と家を相続したAさん。当初は売らずに賃貸住宅など土地活用も検討しましたが、20「空き家特例」を使えば譲渡所得税の控除を受けられることを知り、売却することにしました。

千葉県八千代市Tさん(60代)/相続した築50年の実家。土地として売り出し、8カ月待った末の値下げで売却成功

千葉県八千代市にある実家の住まいと土地を相続したTさんは、地元の不動産会社に依頼して販売活動をスタート。強気で価格設定するも8カ月間決まらず、200万円値下げした途端に買主が出現しました。

東京都杉並区Aさん(60代)/義母から夫が相続した借地権付きの一戸建て。不動産会社経由の競売の結果1150万円で売却

義母から夫が相続した借地権の売却を決めたAさん夫妻。手続きや地主へとのやりとりなど借地権の売却ならではの手続きはわからないことばかりでした。売却活動をスムーズに終えるために事前に行ったこととは。

東京都葛飾区Hさん(50代)/父から実家を相続して妹と共有名義に。お金にして妹と分けるため売却を決意

父から妹と共有名義で相続した実家を、住宅販売会社に2700万円で売却したHさん。売却活動で良かったポイントは、妹と相談しながらの売却活動は気を使うため、不動産仲介会社に全て任せたことでした。

東京都府中市Bさん(50代)/きょうだいで相続した古家付き土地。平等に分けるため全員の同意を取りながら売却

きょうだい名義で相続した古家付きの土地。現金にしてきょうだいで分配するためBさんが主になり、売却活動をして、全員が納得できる4480万円で売却。まとめ役になったBさんが心がけたのは、全員が納得できるように進めることでした。

ページトップへ戻る