不動産売却の基礎知識や知っておきたいコツを分かりやすく解説します。売却の体験談もご紹介。

2022-04-15から1日間の記事一覧

神奈川県横浜市Bさん(60代)/相続した土地の一部が国有地。不動産会社の協力でさまざまな手続きをクリアし売却

母親が亡くなり、神奈川県横浜市の築40年超の一戸建てを相続したBさん。売却を決めた後に、敷地の一部が国有地だったことがわかります。測量や登記、ご近所との話し合いなど様々な手続きが必要となりましたが、結果的に査定額以上の価格で売却することができ…

神奈川県海老名市Aさん(60代)/賃貸に出していた一戸建て。老朽化が激しく古家付き土地として売却

賃貸に出していた持ち家の老朽化から売却を決意したAさん。築30年近く老朽化が激しい築古物件でしたが、自分自信でも積極的に相場などを情報収集し、1年後に希望の価格での売却することができました。

千葉県松戸市Iさん(40代)/1人暮らししていた千葉県松戸市の一戸建て。再婚を機に売却

再婚というライフステージの変化に合わせて、実家近くの松戸市にある一戸建ての売却を決意したIさん。売却活動の途中で見直すことで反響が増えたこととは?

東京都目黒区Sさん(50代)/人気立地の中古マンション。ローン完済済みだったため強気の販売戦略で売却

24年間住んでいた東京都目黒区のマンションを売却することにしたSさん。立地の良さや売り急ぎしない条件を背景に、不動産会社の担当者がSさんの希望販売価格以上の金額を強気で貫いたことが決め手となりました。

東京都中央区Gさん(40代)/近隣の物件に勝るポイントを押さえ、一貫して譲らない姿勢で相場より高値の売却に成功

東京都中央区のマンションを購入したGさんは、よりよい子育ての環境を求めて3年後に住み替えを決意。「高値でも1人くらいは買ってくれるはず」と強気の姿勢を見せ、相場を上回る7000万円で売却に成功しました。

東京都世田谷区Hさん(60代)/相続した夫の実家。家財を残しながら値下げせずに8400万円で売却

東京都葛飾区に住むHさん(60代女性)は、義母が介護施設に入居して世田谷区の実家が空き家になったことに気を揉むように。不動産の勉強会で司法書士のアドバイスを参考にし、約1年後、売却活動をはじめました。

東京都中野区Tさん(60代)/セカンドライフは海辺で!都内の一戸建てを売却し千葉県鴨川市に2拠点目を購入

都内にマンションと一戸建てを所有していた60代のTさん。田舎でセカンドライフを送ろうと90平米・2LDKの一戸建ての売却を決意。5200万円で売却し、2拠点目として千葉県鴨川市の一戸建てを購入できました。

福岡県福岡市博多区Kさん(50代)/手狭なワンルームマンションを売却して、同じ敷地の隣棟2LDKへ住み替え

念願だった広いマンションの購入を決断し自己所有マンションの売却を同じ不動産会社に依頼したKさん夫妻。専属専任媒介契約から一般媒介契約に変更し、オープンハウスを実施して間もなく売却が決まりました。

東京都立川市Sさん(50代)/子どもの独立後に広いマンションを売却、理想の注文住宅を建てて妻と2人暮らし

3人の子どもたちが巣立ち、今後の人生を考えた50代の熟年夫婦は、マンションから注文住宅への住み替えを決意。ルーフバルコニー付きのファミリー型マンションは2ヵ月弱、すぐに売却が決まりました。

東京都清瀬市Yさん(50代)/きょうだいで相続した築50年の実家。解体し、更地にして売却

古家つきの広い土地を迅速に売るためのコツや、税金控除制度、遺産分割協議書の作成など、不動産仲介会社の担当者からの的確なアドバイスのおかげで、きょうだいで相続した実家をスムーズに売却できたYさんのお話です。

神奈川県川崎市Mさん(40代)/相次ぐ地方転勤により築浅マンションを売却。遠方に住みながらも売却成功

神奈川県川崎市に新築マンション(3LDK)を購入したMさん一家は、地方への転勤が続いたことから手放すことに。不動産仲介会社とこまめに連絡を取り、現地訪問を2回に絞ることで遠方での売却に成功しました。

東京都文京区Kさん(60代)/築60年の賃貸併用住宅を相続。価格の妥協でチャンスを逃さずに売却

両親から相続した東京都文京区にある築古の賃貸併用住宅が建つ土地を管理・維持の大変さから売却することに。知人から紹介された不動産仲介会社のつながりで、すぐに買主が見つかり、スピーディな取引を実現しました。

千葉県船橋市Iさん(50代)/駐車しにくい旗竿地の一戸建て、1年以上かけて納得の価格で売却

カーライフをもっと快適にしたいと、旗竿地の一戸建てを売却することにした船橋市のIさん。売却活動は1年以上に及びましたが、信頼できるパートナーの存在が心強かったといいます。

神奈川県横浜市中区Aさん(60代)/子どもたちの独立と別荘の相続を機に、自宅マンションを売却

子どもの独立というライフステージの変化に合わせて、神奈川県横浜市の広いマンションの売却を決意したAさん。築33年の古い物件を売却する際に心掛けたこととは?

東京都大田区Oさん(50代)/空き家のままだった夫の実家。相続登記に手間取り、半年後に売却!

義父が亡くなり約10年、義母が施設に入居して空き家になっていた夫の実家の売却を決意したOさん。不動産仲介会社の紹介で3カ月以内に不動産会社に売却が決まったものの、意外なところで時間がかかりました

東京都新宿区Tさん(50代)/1人住まいの80代父の住み替え。広すぎる実家を解体し更地にして売却

実家の母親が亡くなり、父は一人で住むには広すぎる古屋から、娘と近居できるコンパクトマンションに住み替えを決断。古屋は解体し更地にして売却を開始、高額物件だけに焦らず待って1年後に売却が成立した。

東京都千代田区Dさん(50代)/築20年の都心のマンション。思いがけない騒音問題で住み替えを決意

20年前に千代田区にマンションを購入し、1人暮らしをしてきたDさんは、騒音問題に悩まされるようになり、住み替えを決意。義弟の知人の不動産仲介会社と媒介契約を交わし、約3週間後、5300万円で売却しました。

神奈川県大和市Mさん(60代)/「査定額がつかないほど売りにくい」と言われたマンションを半年で売却

駅から遠く、周囲は畑、築30年の1階住戸には査定額もつかず、売れるかどうかわからないと不動産仲介会社からも言われてしまった悪条件の物件を、なんとか半年間で売却できたMさんの体験談です。

神奈川県藤沢市Mさん(60代)/管理費の値上げをきっかけに住み替え。自宅マンションをオープンルームで売却

ロケーションの良さから「すぐに売れるだろう」と楽観視していたMさん。期待に反してなかなか売れなかった築14年の自宅マンションを、無事に売り切るために行った値下げ以外の方法とは…。

埼玉県所沢市Bさん(60代)/孫育てのために住み替え。定年後、65歳で15年の住宅ローンを組む

娘家族の家の近くに、売りに出されていた新築の建売住宅を見つけたBさん。娘の子育てのサポートをしたいと、その家の購入を決意。それまで住んでいた家を売却し、新たに80歳までの15年ローンを組みました。

神奈川県川崎市中原区Nさん(40代)/子どもの小学校入学前に、マンションを売却して一戸建てに買い替え

売却するエリアと新居購入エリアが離れていた川崎市中原区のNさん。エリアをよく知る不動産会社をパートナーに、買い先行で住み替えを行う際に行ったリスクヘッジと、売却活動中の工夫とは?

埼玉県富士見市Iさん(60代)/両親の介護を機に、約30年暮らしたマンションを売却

家族の介護などさまざまな問題を抱え、住み替えを行ったIさん。新居の建築と同時に約2年にも及ぶ長い長い自宅マンションの売却活動を終え、当時の動きや心境を語っていただきました。

東京都品川区Oさん(50代)/修繕積立金の不足を知り築17年のマンションを売却。売り時を逃さず約6000万円弱で成約

大規模修繕を前に修繕積立金が上乗せされる前にマンションを売却しようと考えたOさん。4500万円で購入した築17年のマンションを6000万円弱で売却できたポイントは情報収集にありました。

東京都大田区Yさん(60代)/賃貸していた築38年のマンション。売り出し後3日で購入希望者が登場

家族で居住後、20年前から賃貸に出していた築38年のマンションを手放すことにしたYさん。売却活動は入居者に出てもらう交渉からスタート。空き室にして売り出すと、直後に、意外なところから問い合わせが入りました。

神奈川県横浜市Kさん(30代)/築31年の実家を売却。病気の父が暮らしやすいマンションに住み替え

病気になった父が暮らしやすいマンションへ住み替えるため、横浜市にある築31年の一戸建てを売却することに。売却前に気に入ったマンションを購入でき、両親は大満足。買い先行のメリット・デメリットとは?

東京都江戸川区Nさん(50代)/親から相続したマンション。新居に住み替え後の売却活動で、焦らず希望額で売却

相続したマンションの売却を決めたNさん。住み替えを先に行っていたので、じっくりと購入者を待ち、値引きなしで売却できました。築11年の物件を最大限にアピールするため、Nさんが行った方法とは?

東京港区Aさん(60代)/築40年・150平米のメゾネットを売却。買い先行での住み替え

都心の人気エリアにありながらも、築40年で150㎡もあるメゾネットという、一般的でない物件の売却に臨んだ東京都・港区のAさん。買い先行の売却活動で貫いた、絶対譲れない条件とは?

東京都世田谷区Mさん(40代)/子どもの通学の便を考えて賃貸に住み替え。マンションを売却しローン残債を悠々完済

子どもが進学した中学校が自宅から遠く通学が負担になり、世田谷区のマンションを売却することにしたOさん。短期間で残債を超える価格での売却を成功させ、学校の近くに住み替えました。

千葉県市川市Sさん(40代)/見込み客のいる不動産会社を選び、コロナ禍でスピード売却を実現

気に入った物件と出会い住み替えを決意、千葉県市川市の自宅を売却することにしたSさん。売り出し時期にコロナ禍が重なってしまった不安から、高く売ることより、早く売ることを優先したといいます。

神奈川県横浜市Sさん(60代)/10年前に相続した実家の維持費は年間100万円。コロナ禍を機に不動産仲介会社に売却

相続した横浜市の実家の土地と家を約10年間所有していたSさん。維持費や税金が高く、コロナ禍をきっかけに売却を決意。不動産仲介会社3社に価格と売り方を提案してもらい、買取でスムーズに売却ができました。

東京都江東区Nさん(60代)/故郷の北海道へUターンするため、東京のマンションを購入時とほぼ同額で売却

退職後、高齢の両親が気になり、東京都のマンションを売却して故郷の北海道にマンションを買い住み替えを決意。築35年の物件を購入した時点とほぼ変わらない価格で不動産会社に買い取ってもらい大満足。

千葉県山武市Tさん(60代)/母から相続して空き家になっていた実家。別荘ニーズを見込んで売却成功

50平米・3LDKの一戸建てを相続したTさんですが、空き家の管理が負担に。売却を決意して約3カ月後650万円で売却に成功しました。なるべく高く売るための不動産会社選びのコツを紹介します。

神奈川県横浜市Oさん(40代)/売却成立まで9カ月。500万円も値下げすることになった駅近・築浅の大規模マンション

横浜市内・駅近・築3年のファミリー向け大規模マンションの売却体験談。良い条件にもかかわらずなかなか買い手が現れず500万円も値下げして、9ヶ月後にようやく売却。スムーズに売れなかったのはなぜでしょうか。

神奈川県相模原市Sさん(50代)/築25年の郊外の一戸建てを、地元の不動産会社に託して約1カ月で難なく売却

神奈川県相模原市の一戸建てを売却し、子どもの通学に便利なエリアへの住み替えを決めたSさんは、懇意にしていた地元の不動産仲介会社と媒介契約。1週間で内見希望者が現れ、1カ月のうちに売却できました。

大阪府大阪市西区Yさん(60代)/利便性のいい築浅のマンション。購入時と同じ価格で売り出し、約10日で売却に成功

大阪府大阪市で新築マンションを購入した60代のYさんは、約1年後、駅までの移動に負担を感じて住み替えを決意。以前から面識のあった不動産会社の営業担当に託し、売り出して10日ほどで売却に成功しました。

神奈川県川崎市川崎区Aさん(50代)/相続した実家。空き家特例を使うため更地にして、スケジュール優先で売却

両親が暮らしていた土地と家を相続したAさん。当初は売らずに賃貸住宅など土地活用も検討しましたが、20「空き家特例」を使えば譲渡所得税の控除を受けられることを知り、売却することにしました。

東京都西東京市Sさん(50代)/息子家族と同居が決まり、マンションを売却して二世帯住宅に住み替え

西東京市のマンションを売却し、息子家族と暮らす二世帯住宅を建てることにしたSさん。販売活動と並行して土地探しや建築工事を行いました。家を建てながら住み替えるために、Sさんが販売活動で譲れなかった条件とは?

神奈川県海老名市Gさん(50代)/チラシ広告で購入希望者が現れ、売り出しから1カ月で売買契約が成立

就職と受験を控えた子どもたちのために住み替えを決意し、築22年のマンションを売却することにした神奈川県のGさん。リフォームをいれる予定で売却活動をスタート。すると初めて入れたチラシでいきなり購入希望者が現れました。

東京都中野区Uさん(30代)/離婚を機にマンションを売却。駅力向上で価格アップを見込み、強気の売出価格に

離婚を機に東京都中野区のマンションの売却を進めたUさん。協力しあえるパートナーとしての不動産仲介会社選びと、希望の価格で売るためにした、自分でできる売却のための活動とは?

東京都世田谷区Aさん(50代)/こだわりの注文住宅の売却。スタートは不振でも自ら不動産仲介会社を探して売却成功

築16年の一戸建てを売却するため、一般媒介契約を結んだ3社の不動産仲介会社に、次第に不信感を募らせるようになったAさん。自ら不動産仲介会社を見つけて専属専任契約を結んだ途端、物事がスムーズに動きはじめました。

東京都足立区Kさん(40代)/希望価格でマンション売却するも、予想外の税金に驚き

子どもの誕生をきっかけに住み替えることにしたKさん。新居の契約後に、足立区の自宅マンションの売却に取りかかりました。1カ月かけて慎重に不動産仲介会社を選び、3カ月目に希望価格で契約となりましたが、大成功とはいかなかったようです。

東京都品川区Aさん(40代)/土地価格の上昇の機を逃さず、旧借地権の一戸建てを売却し住み替え

東京都品川区の一戸建てに暮らすAさん。買い替え先と旧借地権物件の売却を納得価格でスムーズに行うため、どんな売却活動をしたのでしょうか?

東京都武蔵野市Mさん(60代)/26年過ごした愛着あるマンションを、若い子育て世代に売却して住み替え

住み替えに伴い、子育ての思い出が残る東京都武蔵野市のマンションを手放すことにしたMさん。つき合いのある銀行とグループの不動産会社に託し、マメに連絡を取り合うことで一切、不安感なく売却に成功しました。

神奈川県藤沢市Yさん(50代)/母からの生前贈与を活用!マンションの住宅ローンを完済後、新築マンションに住み替え

神奈川県藤沢市の62平米・3LDKのマンションを売却し、希望する5200万円の新築マンションへ住み替えたYさん。住宅ローンの残債の清算や住み替え先の購入に、母から借りたお金や生前贈与を活用して、希望を叶えました。

愛知県名古屋市中村区Kさん(40代)/築16年の駅近・都心の便利なマンションを売却し、静かで落ち着いた住宅街の新築マンションへ住み替え

名古屋市の便利な都心のマンションから静かで落ち着いた住環境を求めて住み替えを行ったKさん。住み替え先は順調に決まるも、旧居の売却先がなかなか見つからず、長くかかってしまった売却活動について伺いました。

埼玉県越谷市Kさん(40代)/義父が他界し、故郷に帰ることにした義母。2人が暮らしたマンションを代理で売却

義父母が住んでいた越谷市内の築24年マンションを代理で売却することになったKさん。消費税増税前で義母から早く売ってほしいという要望があり、非常に焦ってしまったという売却体験談をご紹介します。

愛知県一宮市Nさん(40代)/祖母から相続した農地を宅地に転用し、建売住宅を売る会社に売却

愛知県一宮市に住むNさんは、妻が相続した約560㎡の土地の売却活動をスタート。地元の不動産会社に相談すると、予め買主の候補を探してもらえることになり、媒介契約後1カ月のうちに売買契約を結びました。

千葉県千葉市Tさん(50代)/都内への住み替え後、千葉市のマンションを3000万円特別控除の期限ぎりぎりに売却

千葉市にあるマンション(96㎡・3LDK)の売却を意識しはじめたTさん。新しい職場近くの東京都東村山市に引っ越した後、販売活動を開始。一括査定時の価格より100万円ほど高い3530万円で売却できたポイントとは。

埼玉県さいたま市浦和区Iさん(40代)/売却物件の不動産会社と同系列の仲介会社に相談。既存の見込み客へスピード売却

異動を機に通勤・通学のしやすいエリアへ住み替えを決めたIさんは、埼玉県さいたま市のマンションを手放すことに。同じシリーズのマンションの売買実績の豊富な不動産会社と媒介契約を結び、約1週間で売却しました。

千葉県八千代市Tさん(60代)/相続した築50年の実家。土地として売り出し、8カ月待った末の値下げで売却成功

千葉県八千代市にある実家の住まいと土地を相続したTさんは、地元の不動産会社に依頼して販売活動をスタート。強気で価格設定するも8カ月間決まらず、200万円値下げした途端に買主が出現しました。

ページトップへ戻る