不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > SUUMO住活マニュアル > 注文住宅・土地探し編 > 家・土地の購入から入居までの基本の流れ > 注文住宅と建売住宅の違いは?戸建の特徴を知る

住活のやること・ダンドリをチェックしよう
SUUMO住活マニュアル
家・土地の購入から入居までの基本の流れ

注文住宅と建売住宅の違いは?戸建の特徴を知る

注文住宅と建売住宅の違いは? 一戸建ての特徴を知ろう

新築で一戸建てを購入しようと考えた際、よく見かけるのが「注文住宅」と「建売住宅」の2種類。それぞれ特徴があるので、しっかり理解すれば、きっと自分に合った家探しができる。そこで、一戸建てのメリットとデメリットから、注文住宅と建売住宅の違いを紹介していこう。

一戸建てのメリットとデメリットとは?

大きく分けると一戸建ては「注文住宅」と「建売住宅」の2つに分けられる。もうひとつ中古一戸建てという選択肢もあるが、ここでは新築を例に挙げて紹介する。まずは一戸建ての特徴から簡単に説明しよう。
一戸建ての特徴、マンションと比較するとわかりやすい。

一戸建ての最大のメリットは自由度の高さ

最大の特徴は暮らしの自由度が高いこと。例えば庭がある一戸建てであれば、ウッドデッキや芝生を設けて庭での暮らしの楽しみが広がるし、駐車場もマンションであれば利用料がかかるが、一戸建てで敷地内に設ければ、当然のことながらタダ。

さらに上下階の騒音に悩まされたり、自分たちも気にせずのびのび過ごせたりするという安心感も違いだ。また、広さも同じエリアで比べた場合、一般的に一戸建てのほうがマンションよりも広くなるケースが多いと考えていいだろう。

加えて土地を資産として残しやすい点も違いになる。資産価値は立地などさまざまな条件で変わるので断定できないが、マンションは、土地は区分所有でそれだけを自由に売り買いすることはできないのに対し、一戸建ては建物が古くなっても土地だけで資産となり自由度は高い。

また、マンションと違い土地がある分、修繕リフォームだけでなく、ライフスタイルに合わせて建て替えまで自分の意思でできる。自由度が高いのだ。また、子どもに土地を残してあげられるという点をメリットと考える人も多い。

自分で家を管理できるかがカギ

ただ、マンションに比べると維持管理をすべて自分で行うことになるので、建物や庭の清掃・メンテナンスの手間が増える。毎月管理費、修繕積立金を支払うことである程度お任せできるマンションと比べ、住まう人が自分で管理する点が多くなるので、計画的なリフォーム費用の積み立てが必要になる。

また、特に都市部では一般的に駅近の立地を探すのが難しいなどの弱点もある。ライフスタイルや家族の希望などから判断したい。

一戸建てのメリット・デメリット

一戸建てのメリット

  • 土地が資産になり、残すことができる
  • リフォームはもちろん、建て替えまでが自由にできる
  • 庭があれば、外まわりも自由に活用できる
  • 駐車場があり、駐車料金がかからないことが多い
  • 管理費や駐車場代など、購入後の固定費が不要

一戸建てのデメリット

  • 庭など、外まわりの手入れが大変になることがある
  • 近隣への配慮が必要になることがある
  • 駅近の物件が少ないことも
  • 維持管理やリフォームなどで先々に出費があり、貯蓄計画を立てる必要がある
  • 2階建て以上の家の場合、年を取ると、階段の上下移動がおっくうになる可能性がある

一戸建ての種類と特徴は?

一戸建ては、大きく分けて注文住宅と建売住宅の2種類がある。詳しく紹介しよう。

注文住宅とは?

注文住宅とは、希望のエリアなどで土地を探し、建築会社や建築士にどんな家を建ててほしいか設計を依頼。建築工事請負契約を結んで建てる家のこと。

さらに土地探しの際に「建築条件付き」という土地を見かけることがあるだろう。建築条件のない土地に家を建てる場合、自分たちの希望に沿った施工会社に依頼できるが、建築条件付き土地の場合は、施工会社があらかじめ指定される。

一般的には、ある程度決まったプランから選択し、希望を取り入れながら設計していくが、大幅な変更が制限される場合もある。そのため、指定された建築会社が建てる建物は本当に自分たちの希望の家にできそうか、を吟味してほしい。

建売住宅とは?

建売住宅は、住宅の売主(一般的に不動産会社)と契約して、土地とセットで建物を購入する形式だ。建物がすでに建っている場合もあれば、これから建てる場合もあり、「青田売り」や「売建住宅」と呼ばれることもある。

注文住宅と建売住宅の違いは?

注文住宅と建売住宅の違いはなんだろうか?

注文住宅は自由度が高いのがポイント

注文住宅の最大の特徴は、ゼロから自由に考えられること。希望に合わせたプランやキッチンなどの設備、床や壁など家全体のイメージを左右する箇所から、建具、ドアノブの仕様まで、全部こだわりたいという人におすすめといえるだろう。

注意点としては、建てる土地の形や条件などから希望する広さや高さの家が建てられないこともあること。家の規模や形にこだわる場合は、希望の家が建てられる土地かどうかを事前に建築会社に確認しよう。

建売住宅との違いは、建築会社選びや契約などの手続きは多くなること。また、住宅ローンを土地と建物別々で組んだり、建築費用など支払いが複数回必要になったりする点。しかし、そうしたハードルを越えれば、世界に一つの家に住めることも。こだわり派は注文住宅を検討してみよう。

建売住宅は手続き関係がスムーズ

一方、建売住宅のメリットは、不動産会社などが家を建て、土地とセットで購入できるので、契約手続きが注文住宅よりも簡単になること。また使う設備や部材を一括仕入れしたり、施工が合理化されたりしているため、一般的に同じような建物を注文住宅で建てるよりもコストが抑えやすい。

注文住宅と違い、プランの変更はできないものの、最近では、立地に合わせた眺望プランや、子育てしやすいプラン、家事のしやすいプランなど、バリエーションもいろいろ。「プランを考えるのが難しい」「プロに任せたい」という人は建売を検討してもいいだろう。

また、すでに完成している建売住宅なら、実際に見て仕様や間取りを確かめられるという特徴もある。

実物を見て、空間の広さや内装の質感、風通しや日当たり、お隣との距離や視線が合わないかなど、間取図ではわかりにくいことをチェックしてから購入を決められるため、引き渡し後に「思っていたよりも天井が低い」「キッチンが狭い」「暗い」など、希望していたイメージとの違いを防ぐことができる。

さらに完成済みの場合は、契約が済めばすぐに入居できる。早く新居で新生活を始めたいという人に向いているだろう。

注文住宅と建売住宅の違い まとめ

注文住宅のまとめ

■費用
利用する建材の違いや追加工事などで最終的な予算が見えにくいが、予算に合わせてコスト調整ができることも。予算をオーバーしそうになったら、お金をかけるところと、かけないところを取捨選択できる
■入居までの流れ
土地と建物を別々に購入する場合、契約、住宅ローンの手続きをそれぞれ行う。工事関連の契約など手続きも多い
■間取り
自由に決められるので、自分たち好みの間取り、プランが実現しやすい
■期間
土地探しや建築会社選び、プランニングにどれくらいの時間をかけるかによって、入居までの期間が大きく違ってくる。一年がかりもザラ。

建売住宅のまとめ

■費用
土地+建物の価格が決まっていてわかりやすい
■入居までの流れ
欲しい家が見つかれば、土地と建物をまとめて住宅ローンを組めるので、購入から入居までの手続きがラク
■間取り
基本的に間取り、デザインは決まっている。未完成住宅の場合でも大幅変更はできない
■期間
完成済み、またはプランが決まっている着工前、工事中の段階で土地も合わせて購入。
売買契約やローンの手続きが済むと引き渡しになるので、完成済み物件の場合は契約から最短1カ月程度での入居も可能

●取材協力
佐川旭さん

佐川旭建築研究所代表。一級建築士、インテリアプランナー。間取り博士とよばれるベテラン建築家で、住宅だけでなく、国内外問わず公共建築や街づくりまで手がける

取材・文/山口俊介

最終更新日:2020年1月30日