【SUUMO】マンション売却の無料一括査定

マンション売却査定で高く査定してもらうコツ、売り時、失敗しないための注意点、売却の手順をわかりやすく解説します! 相場情報の活用や税金の説明など、リクルートの不動産・住宅サイトSUUMOならではの売却情報を紹介。

あなたのマンションはいくらで売れる?SUUMO売却査定で査定額を徹底比較!
※当サービスをご利用いただいたお客様の実績例です。現在の査定額と異なる可能性があります ※調査会社調べ(2019年12月298人に対してアンケートを実施)
さっそく簡単・無料の査定依頼をはじめましょう!

マンション売却価格査定例

SUUMO売却一括査定でくらべて納得!
所在地
築年数
建物面積
最小査定額
最高査定額
差額
  • 北海道
    15年
    100m2
    1500万円
    1566万円
    66万円
  • 神奈川県
    24年
    58m2
    1500万円
    2500万円
    1000万円
  • 大阪府
    20年
    100m2
    3680万円
    4000万円
    320万円
  • 奈良県
    20年
    80m2
    1100万円
    1200万円
    100万円
  • 足立区
    15年
    70m2
    1500万円
    2000万円
    500万円
  • 港区
    3年
    150m2
    8900万円
    9800万円
    900万円
  • 江東区
    13年
    80m2
    6000万円
    6500万円
    500万円
  • 武蔵野市
    30年
    60m2
    1800万円
    2500万円
    700万円
  • 板橋区
    4年
    72m2
    4480万円
    4890万円
    410万円
  • 練馬区
    31年
    30m2
    980万円
    1400万円
    420万円
※2017-2019年に当サービスをご利用いただいたお客様の実績例です。現在の査定額と異なる可能性があります。「査定額の差」では複数社の査定額のうち、最高査定額と最低査定額の差を表示しています
※調査会社調べ(2019年12月298人に対してアンケートを実施)

マンション売却検討者のお悩みポイント解決!

マンション売却を成功させるためには、売却の流れを理解しておくことが必要です。
また、「マンションを早く、高く売るコツは?」「売却にかかる費用や手続きを知りたい」「マンション売却で利用できる税制を知りたい」といった疑問に答えるため、マンション売却を成功させるコツや注意点、税制などもまとめて紹介します。(公開日:2020/07/01)

Q.マンション売却の方法と手続きの流れは?

売却一括査定サイトで複数の不動産会社に簡易査定を依頼して、査定額を出してもらい検討します。
簡易査定を依頼した不動産会社の中から、さらに数社を選び訪問査定をしてもらいます。
査定の結果などから信頼できる不動産会社を選んで媒介契約を結び、売却活動を行います。
買主が見つかったら売買契約を締結。残代金を受け取り、住宅ローンを完済したら、鍵を引き渡します。
譲渡所得がある場合は、引き渡しの翌年に納税します。

マンション売却の流れと、早く・高く売るためのコツ
■マンション売却の流れ
  • 情報収集
    周辺のマンションの相場を調べる
  • 価格査定
    不動産会社に査定を依頼する
  • 媒介契約
    不動産会社と媒介契約を結び、売却を依頼
  • 売却活動
    売り出し価格を決定して売却スタート
  • 売買契約
    買主が見つかったら売買契約を結ぶ
  • 引き渡し
    残代金を受け取り、鍵を引き渡す
  • 税金申告
    譲渡所得を税務署に確定申告し、納税する
Q.マンションがいくらで売れるか相場を知りたい
(下記はSUUMOの物件情報より独自に算出した 2020年5月時点の相場情報です)

スーモの売却価格相場ページでは、人気のエリアの、どれくらいの築年数の、どれくらいの面積の物件がいくらくらいで売れるのかが分かります。とはいえ不動産は立地も広さも仕様もひとつずつ異なります。
自分のマンションの査定額を正確に知りたい場合は、不動産会社に査定を依頼しましょう。

■人気エリアのマンション売却価格相場例
売却価格相場
専有面積
築年数
世田谷区 4,680万円 64m2(中央値) 25年(中央値)
大阪市 2,598万円 66m2(中央値) 24年(中央値)
名古屋市 2,180万円 75m2(中央値) 25年(中央値)
横浜市 2,880万円 69m2(中央値) 25年(中央値)
さいたま市 2,490万円 69m2(中央値) 24年(中央値)
全国のマンション売却価格相場を調べる
Q.少しでも高く査定してもらうには?

査定のとき、マンションの間取図やマンションを購入したときのパンフレット類、売買契約書、重要事項説明書、マンションの管理規約・使用細則などの資料を用意しておきましょう。また、マンションの住み心地や周辺環境、「夜景がきれい」といったアピールポイントを整理して伝えることも大切です。
そもそもマンションの査定額は不動産会社によって違います。
査定を依頼するときは必ず複数社に依頼しましょう。マンションを高く査定してもらうためのポイントをもっと知りたい人は、以下の記事も参考にしてみてください。

【マンション査定】高く査定されるポイントと事前準備
Q.高く売れる「売り時」はいつ?

中古マンション価格が上昇しているときは、マンションの売り時と言えます。
しかしマンション価格が高いときは、住み替え先の住宅価格も上昇しているため一概にトクをするとは言えません。
売却したい物件の立地や特性などによっても、売りやすい時期は違います。まずは不動産会社に査定を依頼して相談してみましょう。

マンション売却の流れと、早く・高く売るためのコツ 三大都市圏 中古マンション70㎡換算価格 年間平均推移
Q.売却を誰に相談すればいいか分からない

不動産取引は多くの人にとって一生で何度も経験することではないため、誰かに相談しながら進めたいですよね。
しかし、マンション売却はお金の話でもあるので知人や友人にも相談しづらいもの。
不動産のことは、信頼できる不動産会社の担当者に相談するのが一番です。まずは一括査定から始めましょう。

Q.とにかく早くマンションを売却したい

マンションの売却期間は3カ月程度が一般的な目安となります。マンションを早く売るには、適切な売り出し価格の設定と信頼できる不動産会社選びが大切です。そのためには、マンションの売却を数多く手がけている会社を選びましょう。
とにかく早く売却したいということであれば、相場より安い価格で売り出すという方法があります。
不動産買取の会社に買い取ってもらうという手段もありますが、相場より数割安い価格での売却になります。
どちらを選ぶにせよ複数社に査定してもらった上で検討したほうがよいでしょう。

Q.少しでも高く売却する方法を知りたい

マンションを高く売却するためには、まずマンション売却が得意な不動産会社に依頼し、知識と経験が豊富な担当者を選ぶことが大切です。
媒介契約は専任媒介契約か専属専任媒介契約を結ぶと、一般媒介契約よりも不動産会社の優先度が上がる傾向があります。
専任媒介契約と専属専任媒介契約は売却活動を1社に任せる契約となるため、自社で買主を見つけた場合には、売主と買主の両方から仲介手数料がもらえ、他の不動産会社が買主を見つけたときでも、売主から仲介手数料がもらえるため不動産会社にとってメリットが大きいのです。媒介契約の違いとメリット・デメリットは以下の記事も参考にしてください。

一般媒介契約と専任媒介契約、専属専任媒介契約って何が違うの?どれがお得?

マンションを高く売るためのもうひとつの方法は、査定より少し高めの金額で売り出すことです。
とはいっても、売り出し価格が高すぎると買主がなかなか現れないということになりかねません。
不動産会社と相談の上、あくまでも相場より少し高い価格で売り出しましょう。

【マンション査定】高く査定されるポイントと事前準備
Q.住宅ローンが残っているマンションも売却できる?

住宅ローンが残っていても、マンションを売却することは可能です。
ただし買主に引き渡す時点では、住宅ローンの残債を一括返済する必要があります。
ローン残高(残債)よりマンションの売却代金が多ければいいのですが、少ない場合は貯蓄などから補てんする必要があります。

自宅売却で損しないためのポイント。早く・高く売るコツ 住宅ローンが残っている場合の住宅売却の方法
Q.マンション売却にかかる費用は?

マンションを売却するときには以下のようなお金の流れがあります。

マンションを売却するときのお金の流れ

マンション売却にかかるのは、主に不動産会社に支払う仲介手数料と、印紙税、住宅ローン一括繰り上げ返済と抵当権抹消にかかる費用です。仲介手数料には上限額が決められており、一般的には以下の計算式で求められます。
物件価格×3%+6万円+消費税(物件価格400万円超の場合の上限額)

売買契約の印紙税の税額は売却価格が1000万円超5000万円以下の売買契約の場合2万円(軽減措置により1万円)です。

金融機関に支払う住宅ローンの一括繰り上げ返済手数料は5000円~3万円程度です。
そのほか、抵当権抹消登記の際に印紙で納める登録免許税と、抵当権抹消登記の手続きを依頼する司法書士に支払う報酬が必要です。
費用の目安は印紙税が1件1000円、司法書士報酬が3万円前後です。

マンション売却の費用と、知ってトクする税金の控除と特例
Q.マンションの売却益に税金はかかる?

マンションを売却した利益に対しては税金(譲渡所得税)がかかります。ただし売却代金=譲渡所得ではありません。
売却代金からその物件の購入時の価格や諸費用、売却時の諸費用などを差し引き、残った金額が譲渡所得として課税されます。

売却したマンションが自宅の場合は、譲渡所得から最大3000万円を控除する3000万円特別控除や、買い替えのときに一定条件を満たすと課税が繰り延べられる買換え特例といった税金の控除や特例を受けられます。

もし、買ったときより低い価格でしか売却できず売却損が出た場合は課税されません。
それだけでなく、ほかの所得と相殺できる譲渡損失の損益通算・繰越控除が利用できる場合もあります。

マンション売却でかかる税金と使える控除

マンション売却の税金についてもっと知りたい人は、以下の記事も参考にしてください。

マンション売却の税金を徹底解説。使える税制と控除

都道府県から売却価格相場情報を探す

マンション売却価格相場

マンション売却のお役立ち記事

ページトップへ戻る