キッチン・システムキッチンのリフォーム情報

キッチンのリフォームではシステムキッチンの入れ替えや、それに伴うレイアウト変更などがよく見られる。人気なのはリビングやダイニングにいる家族と会話をしながら料理ができる対面式キッチンやオープンキッチンへの変更。家族で料理が出来る広さのキッチンや、玄関や洗面所にリビングを通らずに直接行ける回遊式のプランなども家事の効率が上がる。キッチンリフォームの際には、給水管の交換を同時にするケースも多い。

キッチンリフォームとは?

最新設備やレイアウトの工夫で使いやすいキッチンへ

かぎられたスペースで調理や洗い物などさまざまな作業をするキッチン。「狭くて暗い」「収納が少ない」「設備が古くて使いにくい」「動線が悪くて効率的に動けない」などの不満は、毎日の家事をおっくうにしてしまうことも。キッチンのリフォームでは、設備を交換する手軽なものから、独立型をオープンタイプにするなどレイアウト変更も含むものまで、さまざまなプランで悩みや不満を解消できる。最近は、省エネ性に優れた設備や、家事がラクになるプランなど選択肢も多い。自分にとって使いやすいキッチンをイメージすることから始めよう。

キッチンの種類

まずはキッチンの配置やスタイルを知っておく

キッチンの種類には、まず、システムキッチンと、オーダーで造作する方法があることを知っておこう。最近のシステムキッチンは、既製品とはいえ、選べるキャビネットや天板(てんばん)の素材、設備機器のバリエーションが豊富で、広く利用されている。多くのメーカーから商品が出ているので、カタログなどで事前に情報収集を。次に、キッチンからダイニング空間をどうつなげていくかを考える。間取りやレイアウトは以下のような多様なパターンがあり、それぞれ特徴をもつ。選ぶポイントは、キッチン空間にあてることのできる広さと、キッチンに立つ人がどのように作業をしたいのか、複数で作業を行うことがあるのかなど使い方次第だ。希望をよく整理して、ぴったりなキッチンの形を見極めたい。

種類

間取り

レイアウト

プランのポイント

使い勝手を決めるのは動線・収納・設備

デザイン性も大切だが、同時に、いかに使い勝手をよくするかを考えたい。以下の3つがポイントに。「動線」は、キッチンワークはもとより、ほかの家事のしやすさが重要。出し入れのしやすい「収納」は、作業のスピードアップにつながる。そして最新の「設備」を取り入れることで、より料理をおいしく仕上げ、作業の負担を軽減。

動線

家事ラクのために最も重要 日々の動き方を想定

ふだんの家事のしかたや現状の不満を整理してみると、理想の形が見えてくる。めやすとなるのは、コンロ、シンク、冷蔵庫の位置関係。それぞれの距離が均等で、2~3歩程度で移動できればかなり手際よく作業できる。洗濯などほかの家事も同時にこなしたいなら、洗面所や物干しスペースもキッチンに近接させておこう。間取図に自分の動きを描いてみると、チェックしやすい。

収納

キレイを保てるかの分かれ道 物の量や使い方に合わせた計画を

まずは、持ち物の量やサイズ、使う頻度をチェック。それらをキッチンのどの位置に収納したら出し入れしやすいかを考えてみよう。よく使う調理道具や調味料は、シンクやコンロ周辺の手の届きやすい位置に。重量のある物は引き出しの低い位置に収めるのが基本。小さくてもストック食材用の食品庫があると便利だ。また、食卓で使う食器や調味料は、ダイニング側の収納に分散させておく。

設備

便利な機能がたくさん 優先順位をつけて選ぼう

最近は魅力的な設備が増えている。片づけの手間を省く食器洗い乾燥機、電気を熱源とする高火力なIHクッキングヒーター、調理に便利な機能がついたガスコンロ、手入れのしやすいレンジフードなど。特徴をよく知って本当にわが家に必要な機能かをよく考えて選びたい。電気容量を増やしたり、新たな回路の引き込みが必要な場合もあるので注意を。

  • 掃除のしやすいレンジフード
    掃除のしやすいレンジフード

    油煙を導きやすい形状のフードや油をトレイに集められる構造、拭きやすい整流パネルなど、手入れのしやすさが向上している。

  • 衛生的で節水効果も高い食器洗い乾燥機
    衛生的で節水効果も高い食器洗い乾燥機

    食後の時間を有効に使える。高温のお湯ですすぐので汚れがきれいに落ち衛生的。手洗いよりも使う水の量は少なくて済む。

  • 使い勝手が向上したガスコンロ
    使い勝手が向上したガスコンロ

    従来の60cm幅に加え、大きな鍋を並べられる75cm幅も登場。効率のよい高火力、油温度の調節や安全機能などが充実。

  • 直火の出ないIHクッキングヒーター
    直火の出ないIHクッキングヒーター

    プレートが平らなガラス質で、掃除がしやすい。ガスコンロから替えられるが、電気容量のチェックや配線の変更が必要。

選び方のポイント

収納やシンク、天板などのパーツは機能性と使い勝手のよさを考慮する

パーツは、使い勝手のよさを考えて選ぶことが大切になる。例えば収納。シンク下のフロアキャビネットは、現在では引き出し式が主流で、奥のほうまで見渡しやすく出し入れもしやすい。高さのある物や鍋を重ねて入れたい場合は、従来の開き式を選択するとよい。吊り戸棚は、あまり高い位置にあると使いにくい。そこで天井から頭の位置までのロングタイプや、昇降式の戸棚を利用しよう。安全面は、耐震ラッチなどを備えているかもポイント。

天板はステンレスと人造大理石の2種類が一般的。いずれも機能的なことに違いはないが、ステンレスのほうが汚れ落ちもよく、より耐久性に優れる。人造大理石は質感が美しく、キッチンのインテリア性を重視したい人向きだ。
シンクはステンレス素材が主流。奥行きが50cm前後の広いものが標準で、このサイズだと中華鍋や大皿が洗いやすい。最近では、水道水の水ハネの音を低減する機能も登場。リビングとつながるオープンキッチンなどで、作業中の音が気になるという家庭では、ぜひチェックしておこう。

手入れのしやすさも要チェック

水栓金具は、いくつかの種類があるが、最近のシンクは大型化しており、その分、内部の清掃に手間がかかる。引き出して隅々まで洗えるホース式のシャワータイプを選ぶと便利だ。
キッチンの扉材も、汚れの落としやすさがポイントに。光沢のある鏡面仕上げで、かつ凹凸の少ないデザインだと、汚れがつきにくく埃もたまりにくい。淡い色では汚れが目立つので、掃除をまめにする習慣もつく。
壁材にも留意を。最近はパネル素材のものが一般的になっており、表面がツルツルして、簡単な拭き掃除できれいになる。

費用の例

既存の状態や、排水管を移動するかで変わる

水まわりは家の中でもとくに老朽化の進みやすい場所。工事に入りキッチンセットを撤去してから、床下の基礎部分やガス、水道などの配管の劣化が明らかになるケースも多々ある。とくに古い家の場合は、それらの修繕の費用を見込んでおきたい。また、キッチンの位置を変更するケースでは、配管をどの程度移動させるかによっても、費用が大きく変わる。事前にリフォーム会社によく相談し確認しておこう。

位置を変えずにシステムキッチンを取り替えて

システムキッチンの取り替えは、位置を変えなければ配管などの工事費が最小限で済み、費用は割安。同時に内装を変更する場合は、広さに応じたフローリングや壁材の費用を見込んでおく必要がある。

金額に含む内容
システムキッチン・関連部材など材料費、解体処分工事費、給排水工事費、電気工事費、内装工事費(9.7m2)など。
参考費用
費用:約143万円

壁付けキッチンを対面キッチンに変えて

壁付けから対面にシステムキッチンの配置を変えるには、給排水管の延長やダクトの工事費が必要になる。位置を変えることによって家事動線を改善することができる。

金額に含む内容
システムキッチン・関連部材・フローリングなど材料費、解体工事費、給排水工事費、内装工事費(約23m2)など
参考費用
費用:約183万円

素材にこだわり造作キッチンに変えて

面材に木、天板にステンレスを使用するなど素材にこだわった事例。造作キッチンのよさは、デザインも素材も自由に選べること。収納などをどれだけつくりこむか、素材を何にするかにより高くも安くもできる。

金額に含む内容
キッチンの材料費(レンジフード、水栓は除く)、キッチン組み立て工事費
参考費用
費用:約205万円

文/川成亜紀 田形美喜子

イラスト/酒井葵

情報公開日:2013年10月30日

エリアで絞り込んでキッチン・システムキッチンのリフォーム事例を探す

住宅設備・建材を探す

リフォームするなら、設備や建材にもこだわりたい!SUUMO住宅設備なら、各社の商品を一括検索&資料請求できます。豊富なラインナップから、お気に入りを見つけましょう。

Goodリフォーム.jpモバイル
Goodリフォーム.jpモバイル
外出先でも手軽に
リフォーム情報をチェック!
http://grjp.jp/
SUUMO会員サービス
  • 希望条件を登録してカンタン検索
  • 気になる物件をお気に入りに保存
  • 新着の物件情報をメルマガでチェック
  • 登録情報の呼び出しで資料請求もスピーディ
  • SUUMO提携住宅ローン フラット35
ページトップへ戻る