屋内のリフォーム情報

屋内のリフォームは、リビングやダイニング、各個室や玄関ホールなど家の中の内装の張り替えや間取り変更などがある。今足りないのはどんな部屋なのか、どんな風に暮らしたいかなどで適したプランは違ってくる。使わない和室は洋室に変更したり、収納スペースを増やしたり、わが家に合ったプランでリフォームしたい。また、家電やパソコンが増えた場合は配線計画の見直しを、高齢の家族がいるならバリアフリー化も検討しよう。

屋内のリフォーム箇所

屋内のリフォーム費用の目安・相場

屋内のリフォームの費用は、例えば、10畳の子ども部屋を2室に仕切りフローリングにすると約70万円、リビングに隣接する和室を洋室にしてLDKと一体化すると約155万円など、内容によって大きな幅がある。床材や壁材に何を使うか、ドアや襖などの建具のグレードはどうするかでも金額は変わる。施工面積が大きく、複雑で手間のかかる工事や水まわりの移動があり、使う材料のグレードが高いほど費用は上がると考えよう。

  • 和室の壁をなくして広いLDKに
    費用:約158万円

    和室を解体して開放的なLDに。床材は厚さ3mmのチーク材の突き板の複合フローリング。壁・天井はコンクリートにペイント仕上げ。サッシを交換して断熱性もアップした。

  • リビングに収納付きの和室コーナーを
    費用:約16.1万円

    リビングの一部に、幅273cm、奥行き182cm、高さ30cmの和室コーナーを設置。畳敷きでくつろぎやすく、畳の下が引き出し収納になっているのでスペースの有効活用にも。

  • 床・壁・天井を温もりのある自然素材に
    費用:約66.5万円

    LDはグレードが高めの桐のむく材のフローリングにして31万円。壁と天井は調湿効果のあるホタテ入り漆喰(しっくい)塗りにして18万円。アクリル引き戸はオリジナルで17.5万円。

※費用には材料費と工事費が含まれます。

転載元:Goodリフォーム2012年7月号

屋内のリフォーム事例ピックアップ

ページトップへ戻る