和室のリフォーム情報

和室のリフォームでは、スタイリッシュなデザインを取り込んだ和モダンテイストへの内装変更、和室から洋室へのリフォームなどの事例がよく見られる。また、築年数の古い家の場合、欄間や床柱などを活かした古民家風へのリフォームなども注目されているようだ。小上がりタイプの畳スペースや琉球畳を使った床など、デザイン・内装のバリエーションも豊富になっていて、隣り合うリビングや洋室とも自然にマッチする施工例が多くなっている。

和室リフォームとは?

用途の広い和室は、使い方を考えてリフォームする

住まいのリフォームを考えるとき、和室をどうするかも重要なポイントのひとつだ。リビングに隣接している和室で、間仕切りを常に開けて使っている場合、洋室に変更してリビングと一体化してしまうケースも多い。逆に、宿泊客が多いなら独立した和室へ変更したほうが使い勝手がよくなるかもしれない。
最近は、ライフスタイルの変化で初めから和室のない家も多いが、リビングの一部に小上がりのような畳コーナーを新設することで、新しい憩いの場になる。和室は洗濯物を畳んだり、ちょっと横になったりとさまざまな使い方ができるスペース。和室をどう使いたいかを考えてみよう。

和室の種類・タイプ

インテリア次第で和風の家にも洋風の家にも合う

日本の伝統的な部屋のスタイルである和室。ライフスタイルが西洋化するにつれて、和室のタイプにもさまざまなバリエーションが生まれた。床の間や押入れのある独立した純和風の和室は、もちろん現代でも、来客があったときや友人・親族が泊まりに来たときなどに便利だ。ただし、日常的には使わないため、せっかくのスペースがもったいないと考える人も多い。その場合は、和室を洋室に変更するという選択もありだろう。

また、よくあるプランの、リビングに隣接した和室。襖を閉めれば独立した和室として使えたり、襖を開けておけばリビングと和室を一体化させて開放感のある空間にできたりする。壁の内部に襖をすべて収納できるタイプは、リビングと和室の間仕切りがなくなるため、より広々とした印象の空間にできるのがメリット。一方でリビングとの内装に統一感がないため、「襖を開け放してしいても落ち着かない」という不満をもつ人もいるだろう。その場合は、内装をリビングとそろえてしまうリフォームもオススメだ。
また、畳や内装材、建具によっては、洋風の家の雰囲気に合うモダンな和室というのもある。和室は、インテリアによって和風にも洋風にも合わせられる空間なのだ。

和室リフォーム・プランのポイント

洋風の家になじむ和室に変更するポイント

純和風の和室が今の暮らしに合わない場合は、和室の雰囲気をモダンに変えるプランがオススメ。和室は壁の色、建具を変更するだけでも、ぐっと雰囲気が変わる。例えば、純和風の和室の壁はベージュやヨモギ色などの渋めのアースカラーがしっくりくるが、これを洋風の家になじむようにするには思い切った濃いめの色や、リビングや洋室と同じものを使うなども方法のひとつ。また、建具は幾何学模様を取り入れたデザイン性の高いものを選ぶと新鮮な雰囲気になる。

リビングに隣接した和室を洋風に変更するなら、間仕切りを取り払って、オープンな畳コーナーにするのがオススメ。その際、畳は縁のない琉球畳を使うと印象が現代的になる。リビング内に畳があると、ごろりと横になってくつろいだり、子どもを遊ばせたりと、リビングの使い道が広がる。友人たちを招いたときに椅子の数が足りなくなることもない。
畳コーナーは、リビングの床と畳をフラットにすると、室内のバリアフリー化になる。あえて段差をつくり、小上がりのようにするのも空間に変化が出ていいだろう。和室空間をどう使いたいかを考えてプランを決めたい。

押入れや畳コーナーの段差を活かした収納スペースも

和室を洋風の家に合うモダンなデザインにリフォームした場合、押入れが襖のままだと浮いてしまうため、襖を洋風の引き戸に変更して雰囲気を変えたい。布団を収納するスペースが不要、またはほかにあるなら、押入れをクローゼットに変更するのもいいだろう。押入れは奥行きがあるので、内部を中央で仕切って、押入れの奥側に面した部屋や廊下側にも扉をつけ、両側から使えるようにすると空間の有効活用になる。また、収納スペース不足に悩んでいるなら和室の畳の下を床下収納にリフォームする方法がある。また、小上がりタイプの和室コーナーなら、段差を利用して引き出しをつくるのもオススメ。

和室から洋室へリフォームする際のポイント

和室としてあまり使わなくなった部屋は、洋室にリフォームすることで子ども部屋や書斎、趣味の部屋などへ用途を広げられる。その際、壁や床、天井を張り替えるだけでなく建具も変更し、押入れはクローゼットなどにつくり替え、障子ガラスは透明なガラスの入ったサッシに交換してしまうと、元は和室だったことを感じさせない空間に仕上がる。
なお、和室の床面が畳の厚さの分、高くなっている家の場合は、廊下やリビングの床面とフラットになるように床部分の解体が必要なことがある。リビングと隣接した和室を洋室にリフォームするケースでは、リビングの内装も同時に張り替えるのが一般的。リビングとの境に折り戸などを設けて、独立した部屋としても使えるようにしておくのもいいだろう。

費用の目安

内装材のグレードがリフォーム費用に影響する

和室のリフォームで費用を左右するのは、リフォームの方法や内装材や建具の選び方だ。例えば畳は、上に被せている畳表と縁を交換する「表替え」のみで済ますよりも、すべてを交換するほうがコストはアップする。また、天井材や壁材にグレードの高いものを選ぶと、その分、費用は増える。洋室に変更する際も同様だ。
クローゼットを設けたり、壁を取り払ってオープンな空間にしたり、床の段差を調整するなど間取り変更や解体工事を含むプランの場合、造作家具をつくったり、壁に凹凸を設けたりなど仕上げに手間がかかるものほど費用はかさむ。リフォーム費用はケースバイケースなので、必ず事前に見積もりを取るようにしたい。

文/田形美喜子 イラスト/酒井葵

情報公開日:2013年10月30日

エリアで絞り込んで和室のリフォーム事例を探す

住宅設備・建材を探す

リフォームするなら、設備や建材にもこだわりたい!SUUMO住宅設備なら、各社の商品を一括検索&資料請求できます。豊富なラインナップから、お気に入りを見つけましょう。

Goodリフォーム.jpモバイル
Goodリフォーム.jpモバイル
外出先でも手軽に
リフォーム情報をチェック!
http://grjp.jp/
SUUMO会員サービス
  • 希望条件を登録してカンタン検索
  • 気になる物件をお気に入りに保存
  • 新着の物件情報をメルマガでチェック
  • 登録情報の呼び出しで資料請求もスピーディ
  • SUUMO提携住宅ローン フラット35
ページトップへ戻る