外壁外装・屋根のリフォーム情報

外壁外装・屋根のリフォームは、質の高い材料・施工がメンテナンスの頻度を下げる効果がある。価格だけでなく施工内容もじっくり見て決めたい。また、雨で汚れが落ちる光触媒を使った外壁への張り替えやコート材の塗布、冷暖房効率を上げる遮熱・断熱効果のある屋根材や塗装剤を使うなど、さまざまなメリットを生むリフォームもある。なお、外壁や屋根の色やデザインは好みも大切だが、街並みに調和するように配慮して選びたい。

外壁・屋根リフォームとは?

住まいを守る外壁・屋根は劣化状況で最適な方法を選ぶ

外壁や屋根は住まいの外観を印象づけるほか、雨や雪、風、日差しなどから住まいを守る役割を果たしている。外壁のひびやサイディングのシーリングの劣化、屋根の劣化は、美観を損なうだけでなく、壁の内部への雨水の浸入で建物の耐久性を落とす原因になる。既存の外壁や屋根が傷んでいたら補修や塗り替え、葺き替え、張り替えなど、劣化状況に合わせた方法を選ぶことになる。
最近は、メンテナンスの楽な外壁材や、耐震性を考えた軽量な屋根材などさまざまなものがある。また太陽光発電システムを検討するなら、ソーラーと屋根瓦一体型の製品もある。リフォーム後のコストや素材の耐久性だけでなくデザイン性も考えて選びたい。

外壁・屋根のリフォーム方法

外壁

塗装から張り替えまで劣化状況などで選ぶ

外壁は屋根と同様、住まいを包み込んで雨や風から守り、外気の影響を受けにくくする役割をしている。ところが古くなると、モルタルにひびが入ったり、サイディングのシーリングが劣化したりして、雨水が浸入し、内部構造の劣化につながるおそれがある。もちろん美観も損なう。

モルタルは定期的にひび割れをチェックし、メンテナンスやリフォームを行うことで住まいを長持ちさせることができる。手軽な方法は塗装で、その際にひび割れを補修しよう。サイディングは、定期的にシーリングの点検を行い、必要な場合は補修し、色落ちが気になり始めたら塗装を検討しよう。

外壁材を重ね張りする方法、既存のサイディングなどを剝がして新たに張り替える方法もある。ただし下地の劣化がひどい場合は、新規に取り付けた外壁材がしっかり留まらず落下するおそれがある。方法を決める前に、まずは下地をしっかりチェックしてもらい、劣化が進んでいるようなら、下地からやりなおすことも検討しよう。

  • 塗り替え
    塗り替え

    ほかの方法より費用が安く、一般に多く行われている方法。塗る前に点検・補修を行い、高圧洗浄し、汚れを落としてから、下塗り、上塗りを行う。屋根の塗り替えも一緒に行い、外装を一新するケースが多い。

  • 重ね張り
    重ね張り

    モルタルやサイディングの既存の外壁材の表面に胴縁(どうぶち)という下地材を打って、そこに新しい外壁材を取り付ける方法。新築同様の美観になるが、下地が腐食しているときちんと留められないのでチェックが必要。

  • 張り替え
    張り替え

    既存の外装を剝がし、いったん骨組みだけにして、下地からやり直して新たに外壁材を取り付ける方法。老朽化した家でも、外壁の下地から新しくなり、断熱や補強も行えば、構造的にしっかりした家になる。

屋根

3つの方法から劣化状況などで選ぶ

屋根は雨や雪、日差しから住まいを守るとともに、見た目の美しさを保っている存在。古くなると雨漏りなどの原因になり、美観も劣化する。屋根材の種類にもよるが、一戸建ての場合は、一定期間でリフォームの必要が生じる。その方法としては、下に述べたように3つの方法がある。
塗装された屋根材の場合は、塗り替えが最も手軽な方法。重ね葺きは、元からある屋根材の上に新しい屋根材を重ねて載せる方法。葺き替えは、既存の屋根を解体して、下地からやり直し新しい屋根材で葺き替えるもの。既存の屋根材や劣化状況などによって、ふさわしい方法を選ぶ。

  • 塗り替え
    塗り替え

    化粧スレートや金属系屋根材にふさわしい方法。洗浄して汚れを落としてから、下塗り、上塗りを行う。

  • 重ね張り
    重ね張り

    平らな形状の屋根材の上に、新しい屋根材を重ねて設置する方法。軽量で重ね葺きにふさわしい屋根材を選ぶ。

  • 葺き替え
    葺き替え

    解体して下地からやり直す。雨漏りがするなど、かなり老朽化した場合にふさわしい方法。いろいろな屋根材で対応可。

外壁材・屋根リフォーム・プランのポイント

外壁材の選び方

将来のメンテナンス費用も含めて検討しよう

モルタルの外壁への重ね張りでは、窯業系もしくは金属系のサイディングを用いるケースが多い。重ね張り用のタイルもある。大規模リフォームでは外壁をいったん解体し、下地からやり直すこともあるが、その場合は、モルタルをはじめ、どんな外壁材でも選ぶことができる。
最近は外壁材の機能も進化し、雨で汚れが落ちる機能を付加したサイディングなどもある。ただこうしたメンテナンスの手間が少ない外壁材ほど価格は高くなりがちだ。選ぶ際には、価格やデザイン性だけでなく、将来のメンテナンス費用を含めた長期的なコストも考慮しよう。

主な外壁材 特徴 メンテナンス
モルタル下地
吹き付け仕上げ
モルタルはセメントと砂などを混ぜて水で練ったもの。それを下地として壁に塗り、仕上げ材を吹き付けたり、コテ塗りしたりして仕上げる。仕上げ塗りの種類によって、表面の模様が変わり、コテ塗りは表情が豊か。 経年変化で細かいひび割れ(クラック)が生じる。放っておくと、雨水浸入の原因になり、構造材を腐らせるので補修が必要。汚れたら塗装も必要になる。5〜8年で塗り替えが目安。15〜20年ぐらいで全面補修を検討。
サイディング
(窯業系)
外壁に張るボード状の材料。主に窯業系と金属系があり、窯業系はセメントと各種繊維を主原料にして、高温・高圧で成形したもの。表面の加工で、板張り風やレンガ風など、さまざまなデザインが可能で、耐久性も高い。 ボードとボードのつなぎ目をゴム状のシーリング材で埋めているが、劣化すると、雨水浸入の原因などになるので補修が必要。シーリング点検を3〜5年ごとぐらいに。色落ちして白い粉が手につくようになったら塗り替えを。
サイディング
(金属系)
ガルバリウム鋼鈑やアルミが主流。表面の意匠もさまざまで、比較的安価でデザイン性もよいことからガルバリウム鋼鈑が金属系では主流になっている。屋根も同じ素材でシンプルにまとめた家がよく見られる。 シーリングの劣化や鋼鈑にサビが出るおそれがある。色落ちの可能性も。シーリングの点検やサビのチェックを3〜5年ごとぐらいに。色あせが気になるようになったら塗り替えを。15〜20年ぐらいで全面補修を検討。
タイル 粘土を主原料に各種の鉱物を混ぜて成形し高温で焼き上げたものがタイル。モルタルに張り付けて施工するタイプと下地のサイディングに取り付けるタイプがある。見た目に重厚感があり、耐久性も高い。 色は釉薬(うわぐすり)によるものなので色落ちや変色の心配はなく、最近は汚れにくいタイプもある。目地の割れや、剝がれのおそれがあるので、2~3年ごとに目視でチェックを。15〜20年で全面点検も検討。

屋根材の選び方

荷重やデザイン性 耐久性などを考慮

粘土瓦は古くから用いられているが、塗装製品ではないので色落ちしない。しかし下地が劣化すれば、葺き替える場合も出てくる。その際は素材の選択が自由なので、荷重やデザイン性、耐久性などを考慮して選ぼう。
化粧スレートや金属系のガルバリウム鋼鈑は塗装製品なので、美観が損なわれれば再塗装が必要な場合がある。また平らな形状なので、重ね葺きもできる。その場合は屋根材が二重になるので荷重を考慮した素材の選択を。

主な屋根材 特徴 メンテナンス
粘土瓦 昔ながらの和瓦のことで、粘土を瓦の形に成形して高温で焼いてつくる。釉薬(うわぐすり)を用いて色づけするのが「陶器瓦」。煙でいぶして、銀色の光沢をもたせるのが「いぶし瓦」。 地震の揺れや強風でずれ、割れが生じたり、剝がれたりして落ちることがある。その場合には早めに補修を。5〜6年ごとに点検を行い、必要な場合に補修。20〜30年目ぐらいで葺き替えを検討。
化粧
スレート
洋風住宅に使われる代表的な屋根材。厚さは5mm前後からと薄く、平らな形状が特徴。セメントを基材に各種繊維を混ぜて強化、工場で塗装を施している。近年、塗装のもちがよくなっている。 経年変化で色落ちすることも。仕様により塗装の耐久性が異なるので選択時に確認を。5〜6年ごとぐらいで点検を行い、美観が気になる場合は塗り替えを。15〜30年ぐらいで葺き替えを検討。
金属系 薄い鋼鈑の表面に塗装を施したもの。古い住宅ではトタン屋根(カラー鉄板)を採用したものも。最近ではガルバリウム鋼鈑が主なもの。薄くて軽いのが特徴。シンプルモダンなデザインに似合う。 サビが発生すると耐久性を著しく損なうので、サビる前に塗り替えるのがポイント。3~5年ごとに点検しながら塗り替えを検討し、10~15年程度で重ね葺きや葺き替えを検討するのが目安。

選び方のポイント

美観を長持ちさせたいなら耐候性もよく調べて

排ガスや煤煙など都市独特の汚れは、長年の間に外壁にこびりつくようになる。いつまでも美しい外壁を保つために、現在ではさまざまな耐候性技術が開発され、実用化されている。
例えば、「ナノ親水マイクロガード」という技術は、塗膜を特殊シリカの超微粒子で覆うことで表面に超親水性の状態をつくり出し、雨とともに汚れが流れ落ちる仕組み。しかも、マイクロガード加工を採用している塗膜表面は、藻・カビの生育を抑制する効果がある。
また、光触媒技術「ハイドロテクト」を使った外壁は、光が当たると表面に強い酸化力を発揮し、有機物分解性と超親水性を発生させる。この特性により、汚れを分解し雨で洗い流す効果を繰り返し、長期間美観を保つことができる。
さらに、親水性フッ素コートのセルフクリーニング機能を利用したサイディングも。カビや藻がつきにくく塗膜が保護されるので、サイディングでは最長期の15年保証も可能になった。耐候性を高める技術は各社それぞれだが、効果を十分確認して、美観を保てる外壁材を選びたい。

  • 耐候性技術のメカニズム
    耐候性技術のメカニズム

    外壁表面に各社独自の塗装を施し、親水性によって雨と一緒に汚れを流すセルフクリーニング機能や、光触媒の働きにより、光(紫外線)が当たると活性酸素の発生を促し有機物(油汚れ)を分解するなど、外壁をきれいに保つさまざまな工夫が施されている。

街並みとの調和を考慮してデザインや色を選択する

外壁材を選ぶときの、もう一つのポイントが街並みへの配慮だ。外壁材は面積が大きいため、素材の選び方で価格も変わる。そのため比較的安価な素材に高価な素材をポイントとしてデザインするテクニックも。重厚な厚いサイディングに安価な塗り壁を組み合わせたり、レンガやタイルを玄関まわりにアクセントとして使うのも手。異なる素材の組み合わせで、外観にさまざまな表情が加わる。周囲の建物や景観とのバランスを考えてデザインや色を選択したい。

費用の例

塗り替えは屋根も一緒に、重ね張りなどは材料が高い<外装>

外壁の塗り替えは足場が必要なので、屋根も一緒に行うとコストメリットがある。重ね張りや張り替えは、見た目の雰囲気をガラッと変えることができるが、新しい外壁材を用いるので、材料費が新築と同様にかかることを知っておこう。

塗り替えが最も安く、葺き替えが最も高い<屋根>

屋根リフォームは、塗り替え、重ね葺き、葺き替えの順で高くなる。塗り替えや重ね葺きは、屋根の表面のみをキレイにするのが目的だが、葺き替えは下地からやりなおすので、かなり劣化している場合は、構造もしっかりするので安心だ。重ね葺き、葺き替えは屋根材そのものを一新できるという塗り替えにはないメリットがある。

[外壁]

2階建ての外壁を全部塗り替えて

標準的な規模の2階建ての外壁をすべて塗り替えた費用。足場工事費も含んでいる。屋根塗り替え工事費が25万円ぐらいなので、合わせて75万円程度が、屋根・外壁塗装費用の目安ということになる。

金額に含む内容
材料費(塗料)、洗浄、下塗り含む塗装工事費、足場工事費
家の面積
延床面積120m2
参考費用
約50万円

2階建ての外壁を重ね張りして

標準的な規模の2階建ての外壁を重ね張りした費用。足場工事費も含んでいる。費用の多くをサイディングの材料費が占めていて、材料のグレードで費用は変わる。張り替えの費用も仕上げ部分だけならそれほど変わらない。

金額に含む内容
下地の木材、外壁材(標準的なサイディング)、取り付け工事費、足場工事費など
家の面積
延床面積120m2
参考費用
約220万円

[屋根]

標準的な化粧スレートに葺き替えて

標準的な延床面積120m2、切り妻屋根の葺き替えを行った費用。同じ規模で重ね葺きの場合は約65万円、塗装の場合は約25万円。いずれも足場工事は別途15万円程度かかるので、外壁工事と同時に行うと効率がよい。

金額に含む内容
材料費(化粧スレート)、葺き替えに要する工事費(足場工事、解体撤去処分費は別途)
家の面積
延床面積120m2
参考費用
約70万円

文/香川喜久江 田形美喜子 とがみ淳志 林直樹

イラスト/酒井葵

情報公開日:2013年10月30日

エリアで絞り込んで外壁外装・屋根のリフォーム事例を探す

住宅設備・建材を探す

リフォームするなら、設備や建材にもこだわりたい!SUUMO住宅設備なら、各社の商品を一括検索&資料請求できます。豊富なラインナップから、お気に入りを見つけましょう。

Goodリフォーム.jpモバイル
Goodリフォーム.jpモバイル
外出先でも手軽に
リフォーム情報をチェック!
http://grjp.jp/
SUUMO会員サービス
  • 希望条件を登録してカンタン検索
  • 気になる物件をお気に入りに保存
  • 新着の物件情報をメルマガでチェック
  • 登録情報の呼び出しで資料請求もスピーディ
  • SUUMO提携住宅ローン フラット35
ページトップへ戻る