エクステリア・バルコニー・庭のリフォーム情報

エクステリア・バルコニー・庭のリフォームは、バルコニーやウッドデッキの新設や交換、カーポートや駐車場の設置、外構の改修などがある。本格的な造園工事はプロに任せ、簡単なガーデニングは自分でするのもいい。注意したいのは塀で敷地を囲う場合のプライバシーと防犯のバランス。高く隙間のない塀は侵入犯が隠れやすい。目隠しになり、かつ隙間があって、庭や家のまわりの気配が感じられるフェンスや生け垣を検討しよう。

バルコニー・エクステリアリフォームとは?

外観の印象だけでなく暮らしの楽しみもアップ

住まいの外観を印象づけるバルコニーやエクステリア(外構)。雨や風、日光にさらされる場所なので、新築から年数がたっていると、色あせやサビが出ていることも。特にバルコニーの場合、強度に影響するまで傷みが進むと安全面での問題も出てくる。定期的な補修や交換を心がけたい部位だ。

補修も重要だが、せっかくリフォームをするなら、メンテナンス中心ではなく、室内のプランとも調和した暮らしの楽しさを広げるプランも考えてみたい。なお、マンションの場合はバルコニーも外構も共用部分。自由にリフォームできないので注意しておこう。

バルコニー・エクステリアの種類・タイプ

使い方でさまざまな形状があるバルコニーやテラス

バルコニー、ベランダ、テラス、ウッドデッキなどがあると、床まである掃き出し窓などから出入りできる位置に設け、建物の外の空間を活用できる。バルコニーは屋根がない手すり付きのスペース、ベランダは屋根のある手すり付きのスペースと、厳密には違いがあるのだが、現在ではほとんど同じ意味で使われている。洗濯ものや布団を干すために使う家庭が多いが、日当たりがよければプランターでミニ菜園をつくったり、奥行きのあるバルコニー(ベランダ)ならテーブルと椅子を置いてくつろげる空間にできたりもする。

屋上につくるルーフバルコニーは、面積を広くとれるため、バーベキューやガーデニングも楽しめる。リビングなどからそのまま出られて部屋の一部のように使えるのがテラスやウッドデッキ。屋根や手すりはつくらないオープンな空間だ。簡易的な屋根や出し入れできるオーニングをつけると日除けになる。屋根や壁の一部、または全部をガラス張りにしたのがサンルーム。日光を多く取り込めるように、建物から出る形でつくられることが多い。断熱性に優れたガラスを使わなければ、夏暑く冬寒い空間になってしまうので注意が必要。

エクステリアはオープンタイプとクローズタイプがある

玄関へのアプローチや駐車場、庭、門扉、フェンスなどで構成されるエクステリア(外構)。建物同様、さまざまなデザインや素材がある。最近人気なのは、外からの見通しがきくオープンタイプ。フェンスは設けずに、低い植栽を敷地と道路の境界線に植えるプランも多い。侵入犯が隠れられる場所が少ないため防犯面でも有効だ。
敷地をフェンスや門扉でぐるりと囲むのがクローズタイプ。外からの視線が気にならないメリットがある。道路に面したリビングの前にはフェンスを設置し、玄関はオープンにする半クローズタイプもある。

バルコニー・エクステリアリフォーム・プランのポイント

バルコニーやエクステリアはメンテナンスが重要

家の外観をつくるバルコニーやテラス、エクステリアはさびたり汚れたりしていると、家全体が古ぼけた印象になってしまう。美観を保てるようメンテナンスを心がけたい。塗装がはげていないか、ボルトなどの部品がゆるんでいないかなど、定期的にチェックをしよう。特にバルコニーの本体や手すり部分が老朽化していると、落下などの危険性もある。傷んでいたら補修や交換をしよう。雨にさらされるウッドデッキは腐食や色あせを防ぐため、定期的に防水塗料を塗り替えよう。
また、リフォームで家の外壁を張り替えた場合、フェンスや門扉のデザインが家の新しい外観と合わなくなることも。統一感のある外観にするためには、エクステリアのリフォームも考えておきたい。

ルーフバルコニーを新設する際のポイント

屋上の利用や、三角屋根を解体することでルーフバルコニーをリフォームで新設することができる。その際、防水工事や手すりの設置、雨水を排水するシステムが必要になる。問題になるのがルーフバルコニーへ行くための階段の増設。2階に広めの階段ホールがあるなど床面積に余裕があれば内階段をつくることができる。床面積にゆとりがなければ、外壁で覆われた外階段をつけるか、2階のバルコニーなどから上れる簡易階段(はしご)をつける方法がある。内階段や壁で覆われた外階段はモノを持って上り下りするときに便利。ただし、外階段は家全体の外観のバランスを崩すことがある。外壁に設置する簡易階段やはしごは設置コストがかからない点がメリットだが、安全面での心配がある。

カーポートをつくるなら早めに設計に入れておく

カーポートやガレージの設置には、かなりのスペースを入れておく。カーポートの大きさや必要な台数は早めに決めて、建物の設計段階から敷地の計画を立てておくこと。車の出し入れがしやすい位置、玄関とのつながりも確認して場所を決めよう。カーポートを敷地内に設ける面積がない場合は、建物にビルトインするタイプの車庫や、地下車庫をつくる方法もある。

カーポートの種類

カーポートの種類

屋根の支持方法の違いで、片側支持と両側支持がある。基本形を向かい合わせにしたのがM合掌。Y合掌は基本形の背中合わせ。敷地条件や使い勝手を考慮して選びたい。

カーポートのデザイン

エクステリアの表情は街の景観にも影響する

庭を含むエクステリアのデザインや美しさは、家の表情を印象づける大切な要素だ。建物の外観デザインも大切だが、庭まわりの演出が街の雰囲気に影響する。自分たちがこれからも暮らす街なら、街全体の景観に彩りを添えられるようなエクステリア、庭づくりを心がけるのがオススメだ。
なお、自治体によっては、生け垣や花壇をつくったり、庭に木を植えることで助成金が出るところもある。生け垣の高さや木や花の種類が決められているケースも多いので、リフォームのプランニングを始める前に、市区役所に問い合わせておくといいだろう。

選び方のポイント

門扉・フェンスの素材は多様。外観との統一感を

門扉やフェンスを選ぶときは、まず材質から。下の表のようにさまざまな種類がある。
一般的なのは、価格も手ごろなアルミ形材。幅120cm程度の両開きタイプは10万円前後から手に入る。最近では繊細なアルミと樹脂などを組み合わせたモダンな門扉やフェンスも多く登場している。アルミ鋳物は重量感のあることが大きな特徴だが、曲線を活かした装飾性豊かな製品が多く、ブラックや青銅色などカラーも多彩。形材も鋳物も同じアルミだが、デザインによってテイストや価格も異なるので注意しよう。
自然志向の高まりもあって、木製の門扉やフェンスへの注目度も高まっている。価格的には高めだが、腐りにくい樹種を使ったり、耐候性を保つための処理を施したものもある。

門扉を設置するときは開閉方向に注意したい。引き戸は開閉時には前後のスペースを取らないものの、横に引き込むスペースが必要。一方、一般的に使われている開き戸は、外開き、内開きともに前後のスペースが必要だが、スペースがない場合は折りたたんで開閉するタイプもある。
門扉やフェンスの素材やデザインは、建物とのバランスを考えて。外観の色やデザイン、エクステリアのデザインもポイントになるので、全体をコーディネートしよう。

門扉・フェンスの種類と特徴
アルミ形材 サビや腐食に強い特性があるアルミニウムは、門扉やフェンスの素材として現在最も多く使われている。成形方法の違いで、「形材」と「鋳物」の2種類に分けられる。軽量で比較的安価なアルミ形材が一般的。直線を活かしたシンプルなデザインが中心だが、高級感を出した製品も登場している。
アルミ鋳物 アルミ鋳物は形材より重量感があり、曲線を構成することが可能なのでデザイン性豊かな高級感のある製品が多くつくられている。中には枠を形材で、中央パネル部分に鋳物を用いて装飾を施した複合タイプの製品も。価格は形材に比べてやや高めだが、門まわりに豪華さや個性を出したい場合に採用されることが多い。
木製 天然木を素材にした製品。ナチュラルな質感や温かな肌触りが好まれ、軽量で強く、加工しやすいなどの利点を備えている。反面、腐りやすく虫や菌に侵されやすい欠点も。これを防ぐため、あらかじめ防腐処理を施して耐腐食性を高めた製品も。施工後は、塗装が退色するため、数年おきに再塗装することが望ましい。
アルミ+樹脂パネル アルミにポリカーボネートなどのパネルを組み合わせた複合タイプの製品。多様な外観に合わせたコーディネートがしやすい。
スチール 加工性に富み、価格も安価ということでかつては主流だった素材。耐腐食性・耐候性に劣るのが欠点。各社とも主流の製品はアルミニウムに移行している。

門扉・フェンスの材質とデザイン

庭をもっと楽しむという発想で

十分な敷地の広さは望めなくても、都心にいながら自然の花や緑を楽しめる庭づくりは可能だ。
限られた庭を有効に活用するために、各社から多彩な商品が提案されている。ガーデンルームは室内との関連性をもたせた半戸外空間で、仕切りで囲えばサンルーム、外せば開放感のあるテラスになる。「ココマ」のように、より自由にエクステリアを創造しようとするタイプや、光を採り入れつつ視線をカットできるガーデンスクリーンも。エクステリアをどう演出するのか、目的に合わせて選びたい。

  • cocoma(ココマ)サイドスルー腰壁タイプ
    cocoma(ココマ)サイドスルー腰壁タイプ

    新色“ホワイト”が誕生。自然との一体感を味わいながら(前面)腰壁タイプのパネルにより、リビングとの一体感のあるゆったりとした空間に。
    参考商品:●LIXIL(TOEX)

  • ガーデンスクリーン
    ガーデンスクリーン

    外部からの視線をやさしくカット。スペースに合わせて自在に演出可能。
    参考商品:「L A L Aスクリーン」●三協アルミ

  • ガーデンルーム
    ガーデンルーム

    折り戸パネルにフロートガラスを採用して高級感を追求。天候に応じて自由な開け方が可能。写真はフルオープンしたもの。
    参考商品:「ジーマ(ZIMA)」●LIXIL(TOEX)

費用の例

施工面積や選ぶ部材のグレードが費用を左右する

バルコニー・エクステリアのリフォーム費用は内容によって大きく違ってくる。例えばバルコニーやテラスの場合、安価で済む塗装や防水工事などの補修から、足場や解体の費用も必要になる交換や新設まで価格に大きな幅がある。また、エクステリアは施工面積や、門扉・フェンスのグレード、玄関までのアプローチに敷く部材などのプランによって変わってくる。カーポートは屋根の有無、スペースを舗装するかどうかなどが価格を上下する。カーポートではなく車庫にすればさらにコストはアップ。

エクステリアは、さまざまな材料や部材を使うので、コスト調整がしやすい。例えば、庭のデザインはそのままでコストを下げたいなら、フェンスや門扉のないオープンなタイプにする、予算に余裕ができそうなら門扉のグレードを上げて家全体の高級感をアップさせるなど。早めに予算を決めて、ラフプランと見積もりをもらったうえで、細かな仕様を調整していくといい。

文/香川喜久江 田形美喜子 とがみ淳志

イラスト/酒井葵

※設備の最新情報については、各社に直接お問い合わせください

情報公開日:2013年10月30日

エリアで絞り込んでエクステリア・バルコニー・庭のリフォーム事例を探す

住宅設備・建材を探す

リフォームするなら、設備や建材にもこだわりたい!SUUMO住宅設備なら、各社の商品を一括検索&資料請求できます。豊富なラインナップから、お気に入りを見つけましょう。

Goodリフォーム.jpモバイル
Goodリフォーム.jpモバイル
外出先でも手軽に
リフォーム情報をチェック!
http://grjp.jp/
SUUMO会員サービス
  • 希望条件を登録してカンタン検索
  • 気になる物件をお気に入りに保存
  • 新着の物件情報をメルマガでチェック
  • 登録情報の呼び出しで資料請求もスピーディ
  • SUUMO提携住宅ローン フラット35
ページトップへ戻る