トイレのリフォーム情報

トイレのリフォームでは便器の交換をメインに、壁紙や床の張り替えなど空間全体を工事する事例が多い。和式トイレを温水洗浄便座や暖房便座の洋式トイレに変更したり、スペースをとらないタンクレストイレにするのも人気だ。また、水アカが付着しにくく落としやすい素材の便器や、気泡と洗剤を含む渦巻き状の水で流す便器も掃除がラクになると注目されている。壁紙に消臭効果、調湿効果のある高機能なタイプを選ぶケースも多い。

トイレリフォームとは?

設備の選び方でトイレの機能性、快適性がアップ

使いにくい和式トイレや、古くなったトイレはリフォームでリフレッシュしてみてはいかがだろう。流水やふたの開閉が自動のタイプや、抗菌効果のあるもの、汚れのつきにくいもの、節水でエコに貢献できるものなど、最近のトイレは機能がいろいろ。手洗い器を別に付けるのも人気だ。また、タンクレスなどコンパクトなものを選ぶことで狭かったスペースに余裕が出るなど、トイレの快適性は設備選びで大きく違ってくる。床や壁、天井などの内装も、同時に張り替えを行うと、トイレ全体がより快適になる。来客も使う場所なので、清潔感や快適性も考えておこう。

トイレの種類

機能が格段に進歩している 各社の最新情報を比較する

最近では、洗浄の水量が大幅に減り節水効果が高い。掃除のしやすい工夫がきめ細かくなされ、操作はリモコンで行う。ショールームで実物を見ると使い勝手がよくわかる。

タイプ

機能

  • より清潔で使いやすい自動開閉・洗浄機能
    より清潔で使いやすい自動開閉・洗浄機能

    センサーの検知により、便器ふたや便座を自動開閉する。手で触れる必要がなく、より清潔に使える。便器から離れると自動で便器を洗浄する機種もあり、必要性に応じて選択を。

  • 快適にラクに使える多機能リモコン
    快適にラクに使える多機能リモコン

    便器の洗浄やフタの開閉、温水洗浄便座の操作は、壁付けのリモコンで行うことができ、清潔を保ちやすい。用をたしながら、ラクな姿勢で温水洗浄の洗い方や水流の強さを調節できる。

プランのポイント

広さや好みの雰囲気によって選ぶ設備が違ってくる

便器の交換が中心になるトイレのリフォーム。最新のさまざまな機能が付いたものに変更するだけでも、既存のトイレよりもグレードアップする。タンクレスタイプを選べば室内にゆとりが生まれる。もともと室内に余裕があったり、間取り変更でリフォーム前よりも広くしたりするのなら、手洗いカウンターを設けたい。トイレットペーパーや掃除用具を収納できる棚がセットになっている既製品もある。

また、高齢になったときのことを考えて、段差をなくしておくなどバリアフリーリフォームも考えておきたい。手すりの位置や形状は、体の状態によっても選び方が違ってくるので、まだ元気なうちに将来、手すりがつけられるように壁を補強しておくのもいい。間取り変更を行う場合は、トイレを広めにしておくと家族に車いすや介助が必要になったときに対応しやすい。

選び方のポイント

トイレ空間の広さによって便器の形と機能を選ぶ

快適なトイレ空間を実現するには便器のサイズもポイント。通常はタンクのスペースが必要だが、ゆとりをもたせたい場合はタンクをなくしたタンクレストイレがオススメ。タンク付きより約13cm〜14cm奥行き寸法が減り、開放感が生まれる。ただし、別途手洗いスペースが必要だ。
便器には大型サイズと普通サイズの2種類がある。また、水たまり面は広いほど汚れが付着しにくく臭いも防げる。いずれもショールームで見て確認したい。

  • タンクレスタイプ
    タンクレスタイプ

    従来より奥行きが14cmも短い世界最小のタンクレストイレ。
    参考商品:「サティスS タイプ」●LIXIL(INAX)

  • タンク付きタイプ
    タンク付きタイプ

    楕円形の優雅なタンク。
    参考商品:「ピュアレストEX」●TOTO

掃除のしやすさへの配慮をチェックする

掃除のしやすさはトイレを選ぶ際の大切なチェックポイント。汚れにくく掃除しやすい工夫をした便器が増えている。従来の陶器に加えて、水アカのつきにくい有機ガラス系の新素材を使った便器も登場。洗浄方式は、水流を旋回させて汚れを落としたり、2種類の泡洗浄で隅々まできれいにしたり。また、汚れがたまりがちなフチをなくしたものや便器本体、便器外側の隙間や凹凸をなくしたものも。便座・ふたを電動、あるいはワンタッチで持ち上げられる製品もある。実物を見て確かめたい。

ゆとりのトイレをカラフル便器で豊かに演出

爽やかな音楽が流れ、臭いもない。便器のコンパクト化で広さにもゆとりが生まれたトイレを、より楽しくハイセンスな空間にしようという動きも活発だ。
その一つがカラーバリエーション。これまで黒や茶などはあったが、基本的に白が一般的だった便器にブルーやオフホワイト、パステルピンクなどさまざまな色が提案されている。トイレ空間は好みに合わせて豊かに演出できるようになっている。

費用の例

便器周辺の工事や、既存の修繕も行うかどうか

便器の交換と一緒に内装材を張り替えれば、トイレ空間がよりリフレッシュできる。さらに、手洗いカウンターや収納棚を付けると使いやすくなるが、その分の費用がかかる。また、床下の基礎が傷んでいる場合には修繕費も必要になるので、リフォーム会社に状態をよくチェックしてもらおう。

便器をタンクレスに手洗いカウンターも新設して

トイレのリフォームは、便器や便座のグレードが費用に影響する。この事例ではタンクレストイレを採用し、シンプルなデザインの手洗いカウンターを別途つけているので、その分、割高に。もちろん内装も一新。

金額に含む内容
便器、手洗いカウンターなど材料費、解体・取り付け費、給排水工事費、内装工事費など
リフォーム面積 約1m2
参考費用
約40万円

便器を交換して内装も一新する

便器を解体撤去し、新しいタンク有り便器を設置。コンセントを設ける電気工事を行い、最新の温水洗浄暖房機能つき便座を採用した。床・壁・天井の内装を変えることで、トイレ空間が新築のようによみがえる。

金額に含む内容
便器、便座、フローリングなど材料費、解体工事費、機器取り付け費、内装工事費など
リフォーム面積 約1m2
参考費用
約37万円

ライター/香川喜久江 川成亜紀 田形美喜子 とがみ淳志

イラスト/酒井葵

※設備の最新情報については、各社に直接お問い合わせください。

情報公開日:2013年10月30日

エリアで絞り込んでトイレのリフォーム事例を探す

住宅設備・建材を探す

リフォームするなら、設備や建材にもこだわりたい!SUUMO住宅設備なら、各社の商品を一括検索&資料請求できます。豊富なラインナップから、お気に入りを見つけましょう。

Goodリフォーム.jpモバイル
Goodリフォーム.jpモバイル
外出先でも手軽に
リフォーム情報をチェック!
http://grjp.jp/
SUUMO会員サービス
  • 希望条件を登録してカンタン検索
  • 気になる物件をお気に入りに保存
  • 新着の物件情報をメルマガでチェック
  • 登録情報の呼び出しで資料請求もスピーディ
  • SUUMO提携住宅ローン フラット35
ページトップへ戻る