書斎のリフォーム情報

書斎のリフォームでは、書斎専用の部屋を設えるといった事例だけでなく、寝室やリビングなどの一角に書斎用のスペースを設けて、デスクやL字カウンター、書棚などを造り付けるといったスタイルも人気だ。パソコンや楽器、スポーツ用品やコレクションなど、趣味の品をぴったり収めるための造り付け家具もオーダーできるなど、夫にとってはリフォームの醍醐味を最も感じられるスペースになりそうだ。

書斎リフォームとは

狭くても落ち着ける自分だけの場所をリフォームで実現

多くの男性が「マイホームをもったら欲しい」と考えるのに、実際は子ども部屋や収納が優先されて、なかなか実現しないのが書斎。個室であることにこだわらなければ、小さくても落ち着く自分だけのスペースがつくれるはず。寝室の一角に書斎コーナーをつくったり、一戸建てなら小屋裏や階段ホールを活用したり。工夫次第で、夢だった書斎は現実になる。
また、最近は家族で共有するスタディコーナーも人気。「自分だけ」のスペースではないが、親子が並んで調べものや勉強ができる場所は、一種の書斎といえるだろう。さまざまな書斎の形を見ていこう。

書斎の種類・タイプ

コンパクトなスペースでも実現できる書斎のタイプ

書斎はリフォームでの優先順位が低く、実現が後回しにされがちなスペースだ。だが、あきらめる必要はない。個室として独立した書斎はつくれなくても、家の中のスペースを上手に使えば書斎は実現可能。むしろ、コンパクトなスペースのほうが機能的で落ち着いた空間をつくりやすい。ここでは、いくつかの書斎のタイプを紹介。空間の使い方を参考に、わが家のリフォームで書斎スペースが確保できないかどうかを考えてみよう。

まず、理想といえるのが個室として独立した書斎。広さはデスクや書棚が置けるスペースがあれば十分だ。夜間に使うことが多ければ、夜は人のいないリビング・ダイニングの近くなど、寝室や子ども部屋から離れた場所にあるとより独立感が高まる。広めの主寝室の一角に設けられるケースも多い。妻や夫が眠っているときに書斎を使う際、照明が安眠を妨げないように、書斎スペースは間仕切りなどで仕切り、光があまりもれないようにするといいだろう。

仕切られた書斎スペースの確保が難しい場合は、オープンタイプの書斎もある。リビングやキッチンの一角など、有効活用されていない空間があれば、そこにカウンターやパソコンと周辺機器用のコンセントなどを設ければ、ちょっとした書斎スペースになる。家族が集まる場所の近くに書斎を設けることで、子どもが勉強や読書をする親の姿を見て育つというメリットも生まれそう。
また、最近は親子が同じスペースで勉強するスタディコーナー、書斎コーナーも人気だ。2階の階段ホールにカウンターや造り付けの本棚をリフォームで設けてもいいし、リビングの一部を書斎コーナーにリフォームしてもいい。

書斎リフォーム・プランのポイント

まだまだある。書斎にリフォームできる場所

使っていないロフトや小屋裏があれば、そこを書斎にリフォームする方法もある。電気の配線が通っていないケースも多いので、照明器具やパソコン用のコンセントを増設するための電気工事が必要だ。ロフトや小屋裏としてつくられたスペースは天井が1.4m以下。大人が立って歩くのは困難というデメリットはあるが、大人の隠れ家のようなワクワク感が味わえる。なお、高い位置にあるロフト、小屋裏は夏の暑さが厳しい。換気や通風に気を配るほか、屋根の断熱工事を行っておけば快適性がアップする。

そのほか、廊下の突き当たりも書斎にリフォームできる空間だ。突き当たりの壁に本棚やデスクを置き、廊下の途中を折り戸で仕切れば立派な書斎になる。また、和室を洋室に変更するリフォームを行うときは、押入れ部分の凹みを利用して書斎スペースにリフォームする、というプランも考えられる。

小屋裏を使った書斎
小屋裏を使った書斎

斜めになった天井の圧迫感がかえって落ち着いた雰囲気を出す小屋裏を活用した書斎。

コンセントの新設は必須。配線が邪魔にならない工夫も

リフォームで書斎を新設する場合、その場所にはコンセントがないケースがほとんどだろう。照明器具、パソコン、プリンター、携帯電話の充電器、オーディオ機器など、書斎で使う家電は種類も数も多い。コンセントを新設する工事が必要になると考えておきたい。コンセントは後から増やすこともできるが、工事は一度で終わらせたほうがコストを抑えられるし、タコ足配線を避けるためにも多めにつけておくのがおすすめだ。
また、パソコンや周辺機器をつなぐための配線が多いとデスクの足元や、コンセントから機器までの床が雑然としてしまう。床下に空間がつくれれば、床下配線用の管を通しておくと床面がすっきりとする。

落ち着ける空間づくりのポイント

書斎は仕事や読書、考えごとをする場所。効率よく仕事を進めたり、ゆったりと時間を過ごしたりするためには、落ち着ける空間に仕上げることが大切だ。まず、造り付けのデスクを設置する場合は、後から位置の変更ができないので慎重に。ドアに背を向ける方向にデスクを置くと、落ち着かないので注意。また、大きな窓は集中力を妨げることも。書斎スペースに窓を新設する場合は、小さめの窓にしたり、机に向かったときに外の景色が視界に入らない位置にするのがいいだろう。
照明は書斎スペース全体では落ち着いた雰囲気になる間接照明がいい。ただし、読書やパソコン操作をする際のデスクの照明は忘れずに。手元だけでなく、パソコンの周辺やデスク周辺全体が明るくなるようにすると、目の疲れが軽減できる。

費用の目安

独立型の書斎は、オープンタイプよりも費用がかかる

個室になった独立型の書斎をつくり、造り付けのデスクや本棚を設けて、コンセントや床下配線の工事を行う場合、価格をいちばん大きく左右するのは造り付けの家具の材料のグレードだ。また、内装を一新する場合も選ぶ壁材や床材によって費用が上下する。書斎を使う人が喫煙者なら換気扇を設けたり、高級な収納ユニットや既製品のデスクを入れたりすれば、その分、価格がアップする。できるだけコストが抑えられるのは、リビングや寝室の一部にカウンターとコンセントだけを設けるオープンタイプだ。どんなプランで書斎をつくるかは、好みと予算を調整して決めよう。

文/田形美喜子 イラスト/酒井葵

情報公開日:2013年10月30日

エリアで絞り込んで書斎のリフォーム事例を探す

住宅設備・建材を探す

リフォームするなら、設備や建材にもこだわりたい!SUUMO住宅設備なら、各社の商品を一括検索&資料請求できます。豊富なラインナップから、お気に入りを見つけましょう。

Goodリフォーム.jpモバイル
Goodリフォーム.jpモバイル
外出先でも手軽に
リフォーム情報をチェック!
http://grjp.jp/
SUUMO会員サービス
  • 希望条件を登録してカンタン検索
  • 気になる物件をお気に入りに保存
  • 新着の物件情報をメルマガでチェック
  • 登録情報の呼び出しで資料請求もスピーディ
  • SUUMO提携住宅ローン フラット35
ページトップへ戻る