水まわりのリフォーム情報

キッチンやトイレ、浴室など「水まわりのリフォーム」は最新の設備に交換するのもいいが、今の不満や使いにくさを解消するためのリフォームができれば満足度はアップする。例えば、「キッチンの使いにくさ」が身長に合わせて調理台の高さを選ぶことで解消したり、「古くて寒い浴室」が保温性が高く浴室暖房乾燥機のついたシステムバスで快適になったり。不満を解消するプランを考えるためには、設備の最新情報をチェックしよう。

水まわりのリフォーム費用の目安・相場

水まわりのリフォームは、キッチン100万〜150万円、トイレ・洗面所がそれぞれ25万〜50万円、浴室は一戸建てで100万〜150万円程度、マンションで50万〜100万円が目安。浴室リフォームで一戸建てのほうが費用が高いのは、在来工法の浴室をシステムバスにリフォームする場合、元の浴室や、窓を設けるための外壁の解体費用がかかるためだ。配線の増設や移設、浴室位置の移動や増築を伴う場合も費用の目安は違ってくる。

  • 壁付けキッチンを対面式キッチンに
    費用:約60.5万円

    間口240cmのI型システムキッチンを、リビングのほうを向いて作業ができるよう対面式に配置し、吊戸棚を省いて開放的に。本体取り付け費、給排水の移管工事費を含む。

  • 三面鏡、スライド収納のついた洗面化粧台に
    費用:約33万円

    洗濯機とぴったり収まる、間口75cmの洗面化粧台を設置。スライド収納、三面鏡付き。洗面室の面積は2m2で、床クッションフロア、壁・天井ビニールクロスの内装費を含む。

  • トイレの機器を新しいものに交換
    費用:約28.8万円

    材料費は便器+便座の機器代のみ。トイレのリフォームの場合、機器を交換する際に内装も一新するケースが多いが、その場合は内装工事にかかる材料費や工事費も必要となる。

  • 特注サイズのシステムバスに入れ替え
    費用:約81万円

    浴室の変形した特別なサイズに合わせて、特注サイズのシステムバスに入れ替えたため、ややコストアップ。面積は1.95m2。廊下に面して小窓がついており、その窓もつくり替えた。

※費用には材料費と工事費が含まれます。

転載元:Goodリフォーム2012年7月号

水まわりのリフォーム事例ピックアップ

ページトップへ戻る