洗面所・脱衣所のリフォーム情報

洗面所・脱衣所のリフォームでは、洗面台の入れ替えや造り付け収納の工事などがよく見られる。洗面台は、化粧台としても使える広い鏡や大きなボウル、水栓まわりが掃除しやすいものが人気。バスルームと洗面所・脱衣所が近い場合は特に、着替えやタオルなどをしまうための収納容量、洗濯機やドライヤーなどに使うコンセントの位置など、必要なポイントをきちんと整理してからリフォームの計画を立てると安心だ。

洗面所リフォームとは?

洗面化粧台も年々進化。きめ細かな工夫に注目しよう

浴室と隣接している洗面所の場合は、浴室リフォームとタイミングを合わせて行われることが多い。古くなった洗面化粧台の交換が目的の場合は、壁紙や床の張り替えも同時に行って空間全体をリフレッシュするケースが一般的。洗面化粧台は洗面所のスペースに合わせて好きなデザインで造作する方法と、既製品を使う方法がある。最近は既製品もバリエーションが多く、洗面ボウル、鏡、キャビネットなどを選べるタイプや、掃除などのお手入れがしやすい素材を使ったものなど、きめ細かな工夫がされた製品も多い。最新情報をチェックしよう。

洗面化粧台の種類

洗面所の用途に合わせて洗面化粧台の機能を検討

洗面所は洗顔、メイク、脱衣、家事を行うなど多様な用途をもつ空間だ。それに合わせて、洗面化粧台の水栓やキャビネットの使い勝手、ボウル周辺の掃除のしやすさ、収納量を決める。

プランのポイント

乱雑になりがちな洗面所は収納プランがポイント

洗面所は家族だけでなく、来客が使うケースも多い。浴室に隣接して脱衣室を兼ねている洗面所の場合、洗濯機周辺の乱雑になりがちな場所を家族以外に見られないよう、収納を充実させるのがポイント。既製の洗面化粧台で同じシリーズの収納ユニットが用意されていれば、デザインも統一感が生まれてすっきりした空間になる。造作で収納をオーダーする場合、洗濯機や乾燥機も扉の中に隠してしまうこともできる。

そのほか、頻繁に来客があるという家なら、独立した洗面所をつくったり、トイレに手洗いカウンターを設置したり、洗面所の機能をもたせるのもいいだろう。また、リフォームで「家事」をメインにしたスペースに変更するのもアリだ。洗面所に、洗濯機や収納のほかに、アイロンがけやボタン付けなどの裁縫ができるカウンターなどを設ければ便利。洗面所が、洗顔や歯磨きだけのスペースから、家事の効率をアップさせられる家事コーナーに用途が広がる。

選び方のポイント

収納量や使い方に合わせて快適な空間の演出を

洗面化粧台は収納力が選択ポイントの一つ。収納キャビネットは、高さがあるものを入れるとき便利な開き戸式と、奥のものも取り出しやすい引き出し式がある。二面鏡や三面鏡などミラー部は扉内部も小物収納になっていることが多い。最近は、おしゃれな洗面ボウルや水栓金具を組み合わせた、デザイン性の高いオリジナル洗面化粧台の人気も高い。

また、細かなところまで使いやすさを追求した洗面化粧台も出てきている。例えば、上からではなく左右からタテ型のLED照明で顔を照らすため、顔に影ができずメイクがしやすいミラー。継ぎ目がなく、お手入れが簡単な洗面ボウルと一体型のカウンター。キャビネットに収納できるスツールに座って洗顔後にゆっくりメイクやフェイスケアができるタイプ。ムダにお湯を使わないように、お湯の使用や流量をわかりやすく音で意識させる水栓機能など、エコにつながる工夫がされているものも。洗面所の使い方やスペースの広さ、浴室との関連などを考慮して快適な空間を演出してみるのも楽しいだろう。

洗面ボウルの素材やデザイン、掃除のしやすさも確認

人の目に触れることも多い洗面所。洗面ボウルやカウンター、水栓金具などインテリアにこだわった洗面化粧台も増えている。選ぶときは、常に清潔さを保てるよう掃除のしやすさに配慮したい。

とくに汚れが目立ちがちなのが洗面ボウルだろう。陶器や人造大理石はその素材感が魅力。汚れにくく手入れのしやすい表面加工を施したものもある。成型しやすい樹脂製は、カウンターと一体仕上げにして水ハネに対応したものも。水栓金具を高い位置に取りつけたものは水アカやゴミがたまりにくく掃除しやすい特徴がある。

  • 置き型洗面ボウル
    置き型洗面ボウル

    流線型のデザインが美しい置き型タイプ。排水口を陶器でカバーした上品な仕上げ。
    参考商品:「ビレロ&ボッホ」 ●リラインス

価格はミラー部やキャビネットで差がつく

洗面化粧台は、間口の寸法により価格が異なる。普及タイプの60cm間口は8万円台からあり、間口165cmでは30万円台から。また、キャビネットの面材やカウンターの素材などのグレードを上げると価格は高くなる。スイングする三面鏡や手元鏡になる工夫、または収納キャビネットに上下移動できるタイプなどを採用しても価格はアップ。わが家には何が必要か、きちんと見極めることが大切だ。

費用の例

内装材の張り替えをはじめどこまで手を入れるか

洗面所は湿気を帯びる箇所なので、床や壁材が傷んでいることが多い。洗面化粧台を新しくするのにともない、内装材の張り替えもするならその費用が必要に。それ以外に、洗面化粧台のほかに収納棚を設ける、窓を大きくしたり、廊下との段差を解消するなどの工事を行うと、その分もコストアップ。

浴室と同時に洗面所を一新して

浴室と洗面所は同時にリフォームすることも多い。そうした場合、システムバスと洗面化粧台のグレードや付加機能が費用に影響する。この例では、浴室暖房換気乾燥機などを採用し、安全のために手すりも設置した。

金額に含む内容
システムバス、洗面化粧台など材料費、解体撤去工事費、給排水工事費、諸経費など
リフォーム面積 約6.8m2
参考費用
約167万円

文/香川喜久江 川成亜紀 田形美喜子 とがみ淳志

イラスト/酒井葵

※設備の最新情報については、各社に直接お問い合わせください

情報公開日:2013年10月30日

エリアで絞り込んで洗面所・脱衣所のリフォーム事例を探す

住宅設備・建材を探す

リフォームするなら、設備や建材にもこだわりたい!SUUMO住宅設備なら、各社の商品を一括検索&資料請求できます。豊富なラインナップから、お気に入りを見つけましょう。

Goodリフォーム.jpモバイル
Goodリフォーム.jpモバイル
外出先でも手軽に
リフォーム情報をチェック!
http://grjp.jp/
SUUMO会員サービス
  • 希望条件を登録してカンタン検索
  • 気になる物件をお気に入りに保存
  • 新着の物件情報をメルマガでチェック
  • 登録情報の呼び出しで資料請求もスピーディ
  • SUUMO提携住宅ローン フラット35
ページトップへ戻る