ロフトのリフォーム情報

ロフトのリフォームでは、「吹抜けの部屋などのリフォームに合わせてロフトを増築する」「もともとのロフトを使いやすいように改造する」といった事例が多く見られる。収納、子ども部屋、書斎などロフトのスペースを何に使用するかによって、施工内容もさまざまに違ってくる。例えば、収納なら変形スペースを活かした造り付け収納、子ども部屋なら屋根裏部屋の秘密基地のような雰囲気も人気だ。

ロフトリフォームとは?

使える空間を増やせるロフトの新設

リフォームで、部屋の上部の空いている空間にロフトをつくることができる。吹抜けがある場合や、もともと天井高にゆとりがある場合は、そのままロフトを新設することが可能。天井高に余裕がない場合も、天井板をはずして小屋裏空間を利用する形でロフトをつくることができる。ロフトの新設は、増築や改築に比べてリーズナブルに、家の中の使える空間を増やせるリフォームだ。子ども部屋が手狭になったり、収納スペースが足りなくなったり、書斎や趣味スペースなど新しい使い道の場所が欲しくなったりしたら、リフォームでロフトをつくることを考えてみよう。

ロフトの種類・タイプ

部屋のように使うロフトと収納のためのロフト

部屋の上部の空間に床を設け、フェンスや壁を立ち上げて落下防止をする。上部の天井が勾配か水平かといった違いはあるが、ロフトのつくりはだいたいどれも同じだ。違ってくるのは使用方法。一般的に、ロフトは天井が低く、大人が自由に立って歩けないため普通の部屋として使うのは難しい。多い使い道としては、書斎や趣味の部屋、書庫、収納スペースがあげられる。ただし、子どもが小さく天井に頭をぶつける心配がないうちは、子ども部屋に設けたロフトは、通常の部屋と同様の使い方も可能。下の部屋には机や本棚を、上はベッドを置けば、勉強時間と睡眠時間の気分の切り替えができる。家具を置くなら天井の低い場所でも使いやすい座面の低いソファやローベッドを選ぶといいだろう。大人が使う場合は、書斎や仕事部屋、趣味の部屋など、何かに集中するスペースとして最適。ほかに、収納スペース専用として使う場合もある。

なお、ロフトには「床面積に算入するロフト(中2階や3階)」と「床面積に入らないロフト」がある。建築基準法ではロフトは天井高1.4m以下。面積が直下の床面積の1/2以下、可動式のはしごで上り下りするものは、床面積に算入しないことになっている(ただし、自治体によって多少基準が異なる)。一方、天井高が1.4m超で階段で上り下りするロフトの場合、それは「居室」とされ、床面積が増えることになる。すでに容積率(敷地に対する建物の延床面積の割合。用途地域によって上限が異なる)ぎりぎりで建てられている場合は、注意が必要だ。

ロフトリフォーム・プランのポイント

ロフトにかけるはしごは安全性も考えて選択

ロフトに設置される取りはずし可能なはしごは、足をかける部分が細く不安定なものも多い。モノを持って上り下りするのは危険だし、ロフトを使うのが億劫になる場合もある。身軽さに自信のある人ならはしごでもいいが、安全性を考えるなら踏み板を使った階段状のはしごがオススメだ。木製で風合いのあたたかい製品も出ている。また、リフォームの際に、建具と色を合わせてつくってもらうのもいいだろう。
ロフトのはしごは、斜めに設置していても、壁に立てかけておいても邪魔になるもの。コンパクトに折り畳んでおけるはしごもある。ロフトを収納として使い、普段はほとんど上り下りしないのであれば、折り畳みタイプのはしごを選んで、クローゼットなどに収納しておくといい。また、天井(ロフトの床)部分にハッチ状の出入り口を設け、折り畳んだはしごを引き出して使うタイプもある(イラスト右参照)。

空間を有効に使う子ども部屋のロフト

成長するにしたがってモノが増えていく子ども部屋には、将来、収納にも利用できるロフトがあると便利。リフォームをして子ども部屋をつくる際には、ロフトの設置も考えてみたい。その際、どんなロフトにするかは、さまざまなプランが考えられる。1部屋を2人で使い、将来2部屋に分ける予定なら、ロフトはそれぞれのスペースを横断するように設置しておくと、仕切った個室をつなげるロフトが子どもたちの共用スペースになる。2人で使うものを収納しておいてもいいし、いっしょに勉強するスペースにしてもいい。また、吹抜けに面した子ども部屋の場合、吹抜け側に出られるようにロフトをつくると、部屋の上部をロフトの床で覆うことがなく、すっきりと開放感のある子ども部屋になる。

ロフトを快適な空間にするためのポイント

ロフトは室内や家の中の高い位置にある。そのため夏は暑い空気がこもりがちだ。特に2階の天井板を取り払ってスペースを設けたロフトは、階下から上ってくる熱と、屋根から伝わる太陽の熱で非常に暑くなる。また、断熱が不十分だと、冬は冷気が屋根から伝わってくる。夏涼しく、冬暖かくするためには、熱交換型の換気扇をつけたり、屋根の断熱リフォームをしたりといったプラスアルファの工事を行っておきたい。また、ロフトは空気がこもりがちなので、通風をよくするために小さな窓を新設するのもおすすめだ。忘れがちなのがコンセントの設置。ロフトを読書や勉強のスペースにするなら、パソコンや照明用のコンセントが必要だ。掃除機をかける際にも、ロフトにコンセントがあったほうが動きやすい。

費用の目安

ロフトの広さや施工方法でコストは変わる

ロフトは壁や階段の施工がないため、新たに3階を増築するよりもコストは安くすることができる。リフォームでロフトを新設する場合、コストを左右するのは、まずは施工面積。ロフトが広ければ広いほど総額はアップする。また、コンセントや照明、換気扇、窓などを設置するとその工事費がかかる。天井板と屋根の間の空間(小屋裏)に十分な高さがあるときは、小屋裏を活用すればコストが抑えられるが、小屋裏に高さがなく天井板を解体し、新たにロフトの床をつくるという施工方法になると、解体費用や断熱工事費用がかかることになる。プランや建物の状態でかかる費用は違ってくるので、リフォーム会社には必ず家の状態を見てもらってから見積もりを出してもらおう。

文/田形美喜子 イラスト/酒井葵

情報公開日:2013年10月30日

エリアで絞り込んでロフトのリフォーム事例を探す

住宅設備・建材を探す

リフォームするなら、設備や建材にもこだわりたい!SUUMO住宅設備なら、各社の商品を一括検索&資料請求できます。豊富なラインナップから、お気に入りを見つけましょう。

Goodリフォーム.jpモバイル
Goodリフォーム.jpモバイル
外出先でも手軽に
リフォーム情報をチェック!
http://grjp.jp/
SUUMO会員サービス
  • 希望条件を登録してカンタン検索
  • 気になる物件をお気に入りに保存
  • 新着の物件情報をメルマガでチェック
  • 登録情報の呼び出しで資料請求もスピーディ
  • SUUMO提携住宅ローン フラット35
ページトップへ戻る