子ども部屋のリフォーム情報

子ども部屋のリフォームは、新築時につくった兄弟姉妹でいっしょに使う広い部屋を壁で仕切って個室に分ける事例が多い。その際、壁紙や収納などのインテリアを子ども自身に選ばせると、「自分の部屋」という意識が子どもの中に芽生えて部屋を大切に使う効果があるかも。また、広い部屋をそれぞれの小さな寝室と、共有の勉強・遊びのスペースに分ける方法も。自室にこもることがなく、兄弟姉妹のコミュニケーションが図れるプランだ。

子ども部屋リフォームとは?

成長に合わせて使いやすい部屋に変更

子ども部屋は勉強や遊びのためだけの場所ではない。子どもが1人になってじっくり考える時間をもったり、整理整頓など持ち物の管理を身につけたりなど、成長していく場所でもある。子どもが大きくなって使いにくくなった部屋は、リフォームで今の子どもの年齢や個性に合った空間にしてあげたい。
また、兄弟姉妹が増えたり、進学や独立で家を出ていったり、子どもの人数の増減によっても空間の使い方は違ってくるだろう。家族とのコミュニケーションや子どものプライバシーの問題など、さまざまな視点から子ども部屋のリフォームを考えていこう。

子ども部屋の種類・タイプ

成長時期に合った子ども部屋のタイプがある

日々成長している子どものための部屋は、その成長時期に合ったタイプがある。家を購入・新築した当初から、子ども部屋は確保してあっても、まだ小さいうちは親の目が届くように、リビングに隣接した部屋やリビングの一部が、仮の子ども部屋(子どものためのスペース)として使うケースが多い。1人で遊んでいても危険のない小学校入学前後から個室をどんな子ども部屋にするかを考えることになる。将来は子ども部屋にと考えた個室を使わせてもいいし、オープンな空間だった子どものためのスペースを個室にリフォームしてもいい。

子ども1人にひとつの個室を与えるタイプのほか、注文住宅や建売一戸建てでよく見られるのは「広めの部屋を兄弟姉妹で使う子ども部屋」だ。小さいうちはいっしょに使い、プライバシーの確保が必要な年齢や、どちらかが受験時期になったら、間仕切りの壁を新設することで個室にリフォームすることができる。この場合、窓やドア、収納スペース、コンセントなどが複数箇所にバランスよく設置されている部屋であることが望ましい。複数箇所にない場合は、出入口やコンセント、収納スペースなどをリフォームで新設すれば解決する。

個室と共有スペースの両方を備えた子ども部屋のタイプもある。これは、眠るときは狭い個室スペースを、勉強や遊びは兄弟姉妹とコミュニケーションを図りながら過ごせる共用スペースを使う間取りプラン。子どもが自分の部屋にこもりがちになるのを防ぐ効果がありそうだ。

子ども部屋リフォーム・プランのポイント

家族とのコミュニケーションを考えた子ども部屋に

子ども部屋は、基本的には子どもだけで時間を過ごすことになる空間だ。日当たりや通風の良さ、片付けのしやすい収納プランなど、室内の環境や快適性を考えておくことは大切。さらに考えておきたいのは、家族とのコミュニケーションだ。間取り変更も含むリフォームを行うなら、子ども部屋の広さや位置にも注意を払おう。

まず、子ども部屋は広いほうがいいとは限らない。子ども部屋の居心地が良すぎることで子どもが部屋にこもりがちになり、家族の集まるリビングに顔を出さない、という例もある。あえて狭くするという選択肢も考えておこう。また、家族とのコミュニケーションを図りやすい部屋の配置というのもある。一戸建てで2階に子ども部屋があるなら、階段はリビング内に設けると、外から帰宅して子ども部屋に行くまでの間に親や家族と顔を合わせやすい。また、リビングと2階の子ども部屋を吹抜けでつなぐプランもある。吹抜けに面した子ども部屋の壁に小さな窓を設けるのもいいだろう。

そのほか、リビングに隣接した部屋を子ども部屋にすることで、リビングに顔を出しやすくなったり、子ども部屋にいてもお互いに気配が感じられたりする。

いっしょに使っていた部屋を間仕切る場合のポイント

兄弟姉妹でいっしょに使っていた広めの子ども部屋を、そろそろ2つに分けて個室にしようかという時期が来たら、その方法を選択しなければならない。部屋を間仕切る方法はいろいろ。手軽なのは、つり下げ式の折り戸や引き戸で仕切る方法。仕切る部分の天井にレールを取り付けるだけなので簡単なリフォームで済む。また、将来、ひとつの部屋に戻すときも簡単だ。

部屋を移動式の収納家具で仕切る方法もある。最近は天井までの高さで、女性1人でも移動できる収納ユニットもある。ただし、収納家具の場合、奥行きがあるためあまり広くない部屋だと圧迫感が出るデメリットがある。
男の子と女の子だったり、受験勉強の時期が近づいていたり、プライバシーを重視した子ども部屋にしたい場合は、壁で完全に間仕切るのがいいだろう。

デザインも機能も選択肢が増えている壁紙

子ども部屋の内装を一新するリフォームの場合、迷うのは壁紙選び。今は、さまざまなデザインや機能をもった壁紙がある。子ども部屋に合ったものを使えるように、まずは親がいくつかの壁紙にしぼって、その中から子ども自身に決めさせるのも自分の部屋に愛着をもってくれそうでオススメだ。

子ども部屋の壁紙は、子どもの年齢によって適したものが違ってくる。小学校低学年くらいまでならカラフルなものや、動物やキャラクターのプリントされたものが喜ばれる。また、蓄光塗料で描かれた星などが暗い部屋でほのかに光る壁紙などを天井に使うのも楽しい。小学校中学年、高学年以上なら10年もたたずに成人になる。そのころに、子どもっぽい印象の部屋にならないように、シンプルなタイプを選ぶのが無難だ。

いたずら盛りの年齢なら、クレヨンなどのいたずら書きも落としやすい汚れ防止機能がついたもの、受験生がいるならリラックスできる空間づくりを目指してマイナスイオンを発生させる壁紙などもいい。

費用の目安

内装材のグレードや間仕切り方法などで費用は上下する

子ども部屋のリフォーム費用を左右するのは、選ぶ内装材のグレードやリフォームプランの内容。壁紙か床材を張り替えて内装を一新するリフォームの場合は、選ぶ材料のグレードで総額が違ってくる。壁紙は汚れ防止や抗菌、消臭などの機能のついたものは価格が高くなる。また、床をフローリングに張り替える場合、標準的な合板フローリングを選ぶよりも、むく材を選ぶほうが費用はアップする。

広い子ども部屋を2つに分けるリフォームを行う場合、間仕切りをどういう方法で行うかで違ってくる。アコーディオンカーテンで仕切るのが最も安価。しかし、見栄えなどを考えて間仕切り用の折り戸や引き戸を付ける場合は、天井または床にレールを設置する費用などがかかる。さらに、折り戸や引き戸で仕切るよりも、壁で間仕切るほうがコストはアップ。予算内でできるリフォームは何かを検討しておきたい。

文/田形美喜子 イラスト/酒井葵

情報公開日:2013年10月30日

エリアで絞り込んで子ども部屋のリフォーム事例を探す

住宅設備・建材を探す

リフォームするなら、設備や建材にもこだわりたい!SUUMO住宅設備なら、各社の商品を一括検索&資料請求できます。豊富なラインナップから、お気に入りを見つけましょう。

Goodリフォーム.jpモバイル
Goodリフォーム.jpモバイル
外出先でも手軽に
リフォーム情報をチェック!
http://grjp.jp/
SUUMO会員サービス
  • 希望条件を登録してカンタン検索
  • 気になる物件をお気に入りに保存
  • 新着の物件情報をメルマガでチェック
  • 登録情報の呼び出しで資料請求もスピーディ
  • SUUMO提携住宅ローン フラット35
ページトップへ戻る