岡山で私を育ててくれたカルチャーのこと

自分の原点と呼べるようなものには、既に岡山で出会っていた--。そう語るのは、「電影と少年CQ」のメンバーとしてライブ活動を続けながら、セルフプロデュースでのソロ活動「DIVA Project」をする、ゆっきゅんさん。高校3年生まで暮らした岡山県岡山市を、…

帰る場所を失った私が新しい故郷に選んだ、岡山のちいさな港町「玉野」

言わば玉野市は私にとってのコックピット。ここがなければ走れない。エネルギーチャージの場所、蓄える場所ーー。そう語るのは写真家・コラムニストの古性のち(@nocci_84)さん。現在暮している岡山県・玉野市の魅力について綴っていただきました。

平和の願いを込めて、歌い続ける――Juice=Juice・段原瑠々の広島愛

インタビューと文章: 小沢あや 写真:飯本貴子 心に響く、力強い歌声が印象的なJuice=Juice・段原瑠々さん。幼少期から熱狂的なカープファンの彼女は、2019年9月にはMAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島で、試合前の国歌斉唱という超大役をつとめました。16歳で…

仕事は「岡山」、息抜きは「東京」──イラストレーター島田フミカネ【ここから生み出す私たち】

『ストライクウィッチーズ』の原作や、『武装神姫』『ガールズ&パンツァー』『アリス・ギア・アイギス』のキャラクターデザインなどで知られるイラストレーターの島田フミカネさん。出身地であり現在もお住まいになっている岡山と、コンテンツ産業の中心地…

=LOVE・山本杏奈「アイドルしかなりたいものがなかった」 憧れ続けた東京の舞台と広島への思い【私が育った街の魅力】

PerfumeやBABYMETALの中元すず香さんらを輩出したアクターズスクール広島の卒業生で、現在は「=LOVE」のリーダー・山本杏奈さん。東京の舞台に憧れ続けた山本さんの「アイドル」にかける想い、故郷・広島の魅力などを語っていただきました。

上京して10年。人生と向き合ってようやく「岡山」のことを好きになった

著: 友光 だんご 岡山にいたころは、毎日をずいぶんぼんやりと過ごしていた。人並みに悩みもした思春期も、晴れた空とだだっ広く続く田んぼを見ていたら大体の不安はどこかに去った。岡山県民の大らかさと、晴天率の高さは関係が深いはずだ。 僕は県南に位…

広島には「観る」のではなく、「やる」やつらが溢れていた

ミュージシャン、俳優、タレントなどなど、数多くのプレイヤーを送り出してきた広島。しかし、なぜか「観る人」は多くない?広島出身の音楽ライター・兵庫慎司氏が、故郷への愛とともに広島のカルチャーシーンの不思議をひもときます。

「神の島」こと宮島を望む瀬戸内海沿いの街、広島・大野町

著: タケル 広島は大野町という街をご存知ですか? 今では隣町と合併し、廿日市(はつかいち)市の一部となって無くなってしまった、"神の島"こと宮島を望む瀬戸内海沿いの街です。最寄駅は、電車の終着点である「宮島口駅」。 宮島へ訪れたことがある方の…