1. 不動産・住宅サイト SUUMO
  2.  > リフォーム
  3.  > リフォームの費用と相場
  4.  > 中古購入のリフォーム費用と相場

中古購入を目的としたリフォーム費用・価格相場情報

中古購入を目的としたリフォーム費用の相場は一戸建ての場合600~900万円(中心費用帯)、マンションの場合600~900万円(中心費用帯)になります。
※2019年4月時点リフォーム実施者調査より
リフォームのご要望とご予算にぴったりな会社を
プロのアドバイザーがご紹介
スーモカウンターリフォーム
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介

中古購入を目的としたリフォーム費用と相場を知る

もっとくわしく
中古住宅を購入してリフォームする費用相場

中古住宅を購入してリフォームする人も多いと思います。
しかし、「中古住宅のリフォーム費用相場はどれくらい?」と気になることでしょう。

ここでは中古マンションを購入してリフォームする場合と、中古一戸建てを購入してリフォームする場合に分けて、費用相場を解説します。

さらに、中古住宅を購入してリフォームする際の賢いローンの組み方や、税金の優遇制度などについても紹介しましょう。

▲(写真/PIXTA)

中古マンションのリフォーム費用相場

中古マンションを購入してリフォームする場合の費用相場はどれくらいでしょうか?
リフォームの規模に応じて、費用相場を見ていきましょう。

水まわり設備と内装リフォームなら約250万円~400万円

中古マンションを購入しても、築20年くらいまでなら間取りに不満がない場合も多く、せいぜい水まわりの設備交換と内装交換でOKというケースも多いようです。

その場合は、70平米程度の広さなら、キッチン・浴室・洗面・トイレの設備交換に約200万円~300万円、内装は壁・天井のビニールクロス張り替えだけなら約20万円~30万円、加えて床を上張りしたとして、約30万円~70万円。

床材の上張りは、築浅のマンションなどで既存の床がしっかりしている場合に可能な工法で、張り替えよりも解体撤去費が不要な分、安くできます。
壁・天井と床を合わせて内装費は約60万円~100万円になります。

内装と設備交換を合わせるとリフォーム費用は約250万円~400万円になります。

マンションの水まわり設備と内装リフォームの費用相場
設備交換
(キッチン・浴室・洗面・トイレ)
約200万円~300万円
壁・天井張り替え 約20万円~30万円
床・フローリング上張り
(上張り用フローリング採用)
約30万円~70万円
合計 約250万円~400万円
全面リフォーム費用は約600万円~2000万円

間取り変更の範囲にもよりますが、間取り変更を含む中古マンションリフォームの費用は、約600万円~2000万円。
設備・建材のグレードによっては、上記を超えるケースもありますが、一般的にはこれくらいの範囲に収まります。

設備・建材や内装のグレードが標準的なら約600万円~800万円。
グレードの高い設備を採用し、内装もむく材や塗り壁など自然素材を多用すると約800万円~1500万円が相場になります。
用いる設備・建材のグレードによっては上記を上回ることがあります。

マンションの間取り変更を含む全面リフォームの費用相場
仕様 費用相場
スタンダード
(標準的な設備・建材、内装)
約600万円~800万円
ハイグレード
(グレードの高い設備・建材、自然素材の内装など)
約800万円~2000万円
※設備・建材のグレード等によって上記の費用を上まわることがあります
▲(写真/PIXTA)
無料でリフォームのプロに相談する方法

リフォームに失敗しないためにプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスを提供しています。

スーモカウンターリフォームのご相談の流れ
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
無料会社紹介を申し込む

リフォームするならマンションは築16年~25年くらいが狙い目

中古住宅を購入してリフォームする場合は、築年数による建物の状態と物件価格との兼ね合いをよく考えたほうがよいでしょう。

築16年~25年なら基本構造は築浅のマンションと変わらない

マンションも築30年を超えるような築古になると、今のように二重床ではなく、床材がコンクリート直張りだったり、配管がコンクリート埋め込みになっていたりする場合があります。

そういうケースでは、そのままだと床材の種類が限られたり、配管の移動ができなかったりします。

そこで大きく間取りを変える場合は、あらためて床を上げて二重床にする必要があるのですが、その費用がリフォーム費用に加算されるというわけです。

築16年~25年で二重床なら、リフォームがしやすいです。
これくらいの築年数になると、物件価格が割安な分、リフォーム費用に多くをまわせるというメリットもありますね。

無料でリフォームのプロに相談する方法

リフォームに失敗しないためにプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスを提供しています。

スーモカウンターリフォームのご相談の流れ
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
無料会社紹介を申し込む

中古一戸建てのリフォーム費用相場

中古一戸建てのリフォームは、構造にからむ工事が増えるほど費用がかさむ傾向があります。
どこが分かれ目になるのかを見ていきましょう。

水まわり中心ならリフォーム費用は約350万円~500万円

中古一戸建ての場合も、築20年程度までの物件なら、水まわりの設備交換や内装工事程度ですむ場合もあります。
その場合のリフォーム費用は、キッチン・浴室・洗面・トイレの設備交換に約250万円~350万円。

内装は1階の床のみをむく材に張り替え、ほかは既存を利用したとして、約70万円~100万円。
むく材の樹種などによって費用は変わります。

壁・天井はすべてビニールクロスを張り替えたとして、約30万円~50万円。

以上で設備交換+内装工事費用は、約350万円~500万円になります。

一戸建ての水まわり設備と内装リフォームの費用相場
設備交換
(キッチン・浴室・洗面・トイレ×2)
約250万円~350万円
壁・天井張り替え 約30万円~50万円
床・1階のみむく材に張り替え、
2階は既存利用
約70万円~100万円
合計 約350万円~500万円
※延床面積100平米~120平米程度の場合。
間取り変更を伴うとリフォーム費用は約800万円~3000万円

間取り変更も行うと、その内容にもよりますが、築年数が20年程度で、構造補強が少ないなら約800万円~1500万円。

一戸建ては築年数によっては、耐震基準を満たしていないケースや、断熱が十分に行われていないケースもあります。
また、経年劣化により水まわりの下の土台など木部が腐食、あるいはシロアリの被害を受けている場合もあります。
その場合は、構造からやりなおしをしなければなりません。

そうなるとリフォーム費用はかなりアップします。
築年数が古くなるほど構造補強の度合いも強くなり、約1500万円~3000万円がリフォーム費用の相場となります。
用いる設備・建材のグレードによっては上記を上回ることもあります。

一戸建ての構造を含む全面リフォームの費用相場
築年数 費用相場
築20年まで 約800万円~1500万円
築20年超 約1500万円~3000万円
※延床面積100平米~120平米程度の場合。(設備・建材のグレード等によって上記の費用を上まわることがあります。)
▲(写真/PIXTA)
リフォームするなら一戸建ては2000年以降に建築された物件が狙い目

築25年程度以内の一戸建てならリフォーム費用は比較的安くなりますが、中でも2000年以降に建てられた物件は構造的に安心ができ、リフォーム費用が少なくすみます。

2000年6月1日に施行された改正建築基準法によって、木造住宅の耐震基準が大きく改正されており、この基準で建築確認申請を受けた物件なら、ほぼ構造をいじる必要はないからです。
断熱性についても向上してきた年代なので、断熱工事をしなくてもすむケースが多いでしょう。

構造補強に費用をかけないで済む分、ほかのところに費用をかけられるというわけです。

無料でリフォームのプロに相談する方法

リフォームに失敗しないためにプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスを提供しています。

スーモカウンターリフォームのご相談の流れ
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
無料会社紹介を申し込む

【マンション】中古を購入してリフォームした施工事例

中古マンションを購入してリフォームした事例を紹介しましょう。

【リフォーム費用600万円】間仕切りを撤去しLDKに
▲3部屋の間仕切りを撤去しLDKに。左のブルーの壁面の反対側は収納
▲床材は各室、オーク材で統一

より広い空間を求めてリフォームを前提に中古マンションを購入。和室・洋室・LDに分かれていた間取りを、間仕切りを一度すべて取り払ってから空間を再構築。間取り変更はその部分のみに抑えて、広くなったLDKの一角に家族みんなで使えるウォークスルータイプの収納を設置し、収納力を向上させています。

  • リフォーム前
  • リフォーム後
リフォーム費用:600万円
費用内訳
  • 解体工事:50万円
  • キッチン工事:98万円
  • 大工造作:170万円
  • 内装工事:45万円
  • トイレ工事:15万円
  • 建具工事:16万円
  • 洗面室工事:20万円
  • 電気工事:20万円
  • 浴室工事:70万円
  • 塗装工事:11万円
  • 廃材処分費:12万円
  • 諸経費:73万円
  • リフォーム面積:84.10m2
  • 築年数:13年
  • 工期:1.5カ月
  • 家族構成:夫婦+子ども1人
  • 設計・施工:FIND(ファインド)
【リフォーム費用700万円】コンクリート現しの雰囲気のある空間に
▲天井を撤去しダクトも現しにして好みの空間に
▲ガラス入りの建具で仕切ったリビング隣の書斎

既存の天井を撤去して躯体の状態を現しにした開放感あふれる空間。キッチンとLDに分断されていた壁は取り払いスペースを拡張、そこにオリジナルキッチンを導入しました。リビングと隣り合った書斎はオリジナルのガラス入り建具で仕切り、家族の気配が感じられる居心地のよい住まいとなりました。

  • リフォーム前
  • リフォーム後
リフォーム費用:700万円
費用内訳
  • 解体工事:30万8000円
  • リビング工事:50万8300円
  • 造作工事:62万5130円
  • キッチン工事:131万942円
  • 建具工事:96万8695円
  • 洗面室工事:29万9405円
  • トイレ工事:19万4600円
  • 浴室工事:74万4150円
  • 洋室工事(リビング隣): 20万5600円
  • その他工事:183万5178円
  • リフォーム面積:72.00m2
  • 築年数:15年
  • 工期:2カ月
  • 家族構成:夫婦+子ども1人
  • 設計・施工:FIND(ファインド)
【リフォーム費用950万円】オープンキッチン中心の間取りに変更
▲キッチンをオープンにし、元の和室は小上がりに
▲ウォークインクロゼットを併設したリビングに隣接する寝室

中古マンションを購入し、キッチンを中心に全面リフォーム。キッチンをオープンな対面式に変えるとともに、元の和室も小上がりの畳コーナーとしてリビングに一体化して広々した空間に。パントリーやウォークインクロゼットなど収納も充実させました。

  • リフォーム前
  • リフォーム後
リフォーム費用:950万円
費用内訳
  • 仮設・解体工事:34万円
  • 木工事:218万1000円
  • 内装工事:74万8000円
  • 建具工事:114万6000円
  • 住宅設備機器:208万8500円
  • 電気・給排水工事:118万9500円
  • その他工事・諸経費・消費税等:180万7000円
  • リフォーム面積:約81.00m2
  • 築年数:16年
  • 工期:2カ月
  • 家族構成:夫婦+子ども2人
  • 設計・施工:アクアラボ
無料でリフォームのプロに相談する方法

リフォームに失敗しないためにプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスを提供しています。

スーモカウンターリフォームのご相談の流れ
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
無料会社紹介を申し込む

【一戸建て】中古を購入してリフォームした施工事例

一戸建ての中古住宅を購入してリフォームした事例を紹介しましょう。

【リフォーム費用870万円】キッチンを移動し子どもを見守れる間取りに
▲キッチンを移動してリビングを見渡せる位置に
▲シンクとコンロを分けた二列型のキッチン

出産を機に賃貸住宅から中古一戸建ての購入に踏み切り、大きな間取り変更はありませんが、キッチンの移動で2階の全てを見渡せるようにしました。
設備類をキッチン以外は既存を活用する一方で、床にはむく材を採用するなど、味わいのある空間に仕上げました。

  • リフォーム前
  • リフォーム後
リフォーム費用:870万円
費用内訳
  • 仮設・解体・撤去工事:80万円
  • 木工・内部造作工事:230万円
  • 内装仕上げ工事:110万円
  • 什器設備工事:130万円
  • 設備(給排水・電気)工事:180万円
  • 外装・外構工事等:50万円
  • その他:90万円
  • リフォーム面積:約90.00m2
  • 築年数:12年
  • 工期:2カ月
  • 家族構成:夫婦+子ども1人
  • 設計・施工:スタイル工房
【リフォーム費用1630万円】断熱や基礎補強もして家族が安心して長く暮らせる家に
▲壁付けキッチンを空間を見通せるアイランドの二列型に
▲2階和室は和の雰囲気を残し洋室に

子どもをのびのび育てたいと中古一戸建てを購入。
亀裂が入っていた基礎を補修し、床・壁・天井を断熱。
1階のLDKはリビングに隣接した和室をつなげて広くし、主寝室と子ども部屋の間に容量たっぷりのクロゼットを新設、フリースペースとともに、室内干しやアイロン掛けなどができる家事スペースに。
子ども部屋は2部屋に仕切れるよう梁を入れるなど、将来を見据えた住まいになっています。

リフォーム費用:1630万円
費用内訳
  • 仮設・解体・撤去工事:140万円
  • 木工・内部造作工事:490万円
  • 内装仕上げ工事:180万円
  • 什器設備工事:180万円
  • 設備(給排水・電気)工事:160万円
  • 外壁・外構工事等:160万円
  • その他(耐震・断熱工事含む):320万円
  • リフォーム面積:約100.00m2
  • 築年数:31年
  • 工期:約3.5カ月
  • 家族構成:夫婦+子ども1人
  • 設計・施工:スタイル工房
無料でリフォームのプロに相談する方法

リフォームに失敗しないためにプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスを提供しています。

スーモカウンターリフォームのご相談の流れ
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
無料会社紹介を申し込む

中古住宅を購入してリフォームするときの注意点

中古住宅を購入してリフォームするときは、住んでいる家をリフォームするときとは異なる注意点があります。
物件探しの段階から注意するべきポイントを紹介しましょう。

物件探しとリフォーム会社探しを同時に進める

物件探しとリフォーム会社探しを同時に進めることのメリットは、物件を一緒に見てもらえること。
その物件が自分のしたいリフォームに向いているか、リフォーム費用はどれくらいかかりそうかなどについて、リフォーム会社の担当者と一緒に物件を見ることでアドバイスしてもらえます。

例えば、マンションの場合だと、キッチンなど水まわりの移動が難しい物件や間取り変更がしにくい物件もあります。
また、一戸建てだと、構造部が劣化していて、補強にお金がかかりそうだとか、傷みすぎていてリフォームそのものが難しいとかという場合もあります。

購入してからそれがわかっても遅いわけで、内覧のときにリフォーム会社の担当者から聞いておけば、失敗が避けられます。

また、後で述べるように住宅購入費用とリフォーム費用の一本化ローンを利用するときもリフォーム会社の協力が不可欠です。

▲(写真/PIXTA)
住宅購入にかける費用とリフォーム費用のバランスをとる

より便利に、より広く、と物件にこだわりすぎるとつい住宅購入費用に多くをかけてしまいがち。
その分、リフォームに割くお金が少なくなってしまいます。

それを避けるためにも、早めにリフォーム会社に相談しておくと、自分のしたいリフォームにかかるおおよその費用を聞くことができ、住宅購入とリフォーム費用のバランスをとりながら進めることができます。

住宅購入にかける費用とリフォーム費用のバランスをとることで、どちらにも満足のいく結果が得られます。

▲(写真/PIXTA)
物件探しとリフォームが1つの窓口でできるワンストップサービス

不動産仲介ビジネスも併せて行っているリフォーム会社もあります。
その場合は、一つの窓口に物件探しとリフォームを依頼することができます。
同じ会社に物件探しもリフォームも任せることができるので、したいリフォームに合わせた物件探しがスムーズに運びます。

そうした会社のサービスを「ワンストップサービス」といいます。
自社で不動産部門をもたなくても、不動産会社と連携することで、ワンストップサービスを行う会社も増えてきています。

物件探しとリフォームが一つの窓口で済むことから、時間と手間の削減にもなります。
忙しい方は、ワンストップサービスの会社から依頼先を検討するのもいいのではないでしょうか。

▲(写真/PIXTA)
無料でリフォームのプロに相談する方法

リフォームに失敗しないためにプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスを提供しています。

スーモカウンターリフォームのご相談の流れ
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
無料会社紹介を申し込む

住宅購入とリフォーム費用の一本化ローンを利用するとおトク

住宅購入には住宅ローンを使うのが一般的で、リフォームはこれまで現金かリフォームローンを利用するのが一般的でした。
最近では住宅購入とリフォームの一本化ローンも使えるようになったので注目しましょう。

住宅購入とリフォーム費用の一本化ローン利用の注意点

住宅ローンはリフォームローンと比べると金利が低く、返済期間も長く設定できます。
住宅購入費用とリフォーム費用を一本の住宅ローンでまかなえると、低金利・長期返済期間で利用できるので、大きなメリットになります。

ただし一本化ローン利用にあたっては、注意しておきたいことがあります。
それは、銀行にローンの審査を受ける段階で、リフォームの見積もりやリフォーム会社との工事契約書の写しを提出しなければならないケースが多いことです。

その場合、事前審査の段階で見積書とプランが、本審査の段階で工事請負契約書が必要になります。
つまり、銀行の審査を受けるまでにリフォーム会社を決めて、プランと見積もりを詰めておかなければなりません。

しかもプランを作成してもらえるのは、購入する住宅を決めてからです。
ローンの本審査までにはそれほど期間はありませんから、リフォーム会社とは早くから打ち合わせをしておく必要があります。

ローンが下りるまでの流れを次にまとめましょう。

住宅購入とリフォーム費用の一本化ローン申し込みまでの流れ

1.物件探し
不動産会社、リフォーム会社に依頼して情報をもらい、内覧しながら物件を選びます。

2.不動産購入申し込み
物件を買うと決めたら不動産購入申込書に記入、捺印して申し込みをします。原則、申し込み費用は不要で、後でキャンセルしてもキャンセル料はかかりません。

3.住宅ローンの事前審査
リフォーム会社にプランと見積書を用意してもらい、収入が証明できるものなど、ほかの必要書類と合わせて銀行に提出します。

4.不動産売買契約
価格などの条件が売主と折り合ったら、中古住宅の売主と売買契約を締結。
銀行へ住宅ローンを申し込み、本審査を受けます。
このとき、リフォーム会社との工事請負契約書の写しが必要となります。

上記の流れのポイント

2の不動産購入申し込みをして売主から承諾を得てから4の不動産売買契約までの期間は、長くても2週間程度の場合が多いようです。
この間にプランと見積もりを詰めなければならないので、それまでにじっくりとリフォーム会社と打ち合わせをしておかなければなりません。
その意味でも、リフォーム会社探しは早めに行っておきましょう。

▲(写真/PIXTA)
無料でリフォームのプロに相談する方法

リフォームに失敗しないためにプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスを提供しています。

スーモカウンターリフォームのご相談の流れ
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
無料会社紹介を申し込む

中古住宅購入には物件価格のほかに諸費用がかかる

中古住宅を購入する際には、諸費用がかかることを忘れないようにしましょう。
現金で用意する必要があります。

税金や手数料などで物件価格の6~8%が諸費用

中古住宅購入の際にかかる諸費用は物件価格の6~8%が目安で概要は以下のとおりです。
費用の目安は概算、金融機関や住宅購入費等で変わるものもあります。

中古住宅購入の諸費用
仲介手数料 上限:(売買代金×3%+6万円)+消費税
売買契約印紙税 1000万円超5000万円以下の契約で1万円
不動産取得税 数万円~十数万円(軽減措置でかからない場合も)
所有権移転登記費用 十数万円~30万円程度(登録免許税・司法書士報酬含む)
融資手数料 数万円~数十万円
ローン契約の印紙税 1000万円超5000万円以下の契約で2万円
抵当権設定登記費用 十数万円程度(借入額による)
ローン保証料 借入金1000万円あたり10万円~20万円程度
火災保険料 マンション数万円、木造住宅十数万円
固定資産税等の精算金 引き渡し時点で日割り計算

各項目の説明は以下のとおりです。

仲介手数料

中古住宅を売主との間で仲介してくれた不動産会社に支払うもの。
支払いが必要なのは個人が売主の場合で、不動産会社が売主の場合は不要です。

売買契約印紙税

中古住宅の売買契約書に貼る印紙代。

不動産取得税

不動産を取得した場合に納める税金。
控除額(築年によって異なる)が大きいので、非課税となるケースも多い。

所有権移転登記費用

中古住宅を購入すると所有権移転登記をしなければならず、それによって買主は不動産が自分の物であることを主張できる権利を得ます。
その際にかかる登録免許税と手続きを代行してもらう司法書士に支払う報酬です。

融資手数料

ローンを組む銀行など金融機関に支払う手数料です。
手数料定額型は3万円程度ですが、定率型(借入額に定率を掛ける)の場合は高くなります。

ローン契約の印紙税

ローン契約書に貼る印紙代です。

抵当権設定登記費用

ローンを組むと必要になる、担保として提供した不動産に設定される登記です。抵当権設定登記の登録免許税の税率は借入額の0.4%ですが、築年数など一定の条件をクリアしている場合は0.1%に軽減されます。

ローン保証料

ローンの返済ができなくなったときに保証会社に代わりに返済してもらうための費用です。

火災保険料

ローンを組むと加入しなければなりません。
保険料はマンションと木造住宅など建物の構造や築年数などで異なり、加入期間は10年が最長です。

固定資産税等の精算金

固定資産税・都市計画税はその年の1月1日現在の所有者に対して課税されるため、売主が1年分を負担していることになります。
住宅の引き渡し日の前と後で日割り計算して、引き渡し日以降の支払い分を買主が売主に支払います。

住宅購入後も毎年税金や管理費などがかかる

中古住宅を購入すると、それ以降毎年かかるのが以下のお金です。

住宅取得後に毎年支払うお金
マンション・一戸建て 固定資産税・都市計画税
マンション 管理費
修繕積立金

マンション・一戸建てともに、固定資産税と都市計画税がかかります。

固定資産税

毎年1月1日現在の不動産所有者に課税されます。
その土地・建物の固定資産税評価額に一定の税率を掛けて課税額が決まります。

都市計画税

都市計画法における市街化区域内の不動産を対象として毎年1月1日現在の所有者に課税されます。
課税額は固定資産税評価額に一定の税率を掛けて決まります。

マンションのみに毎月かかるのが、管理費と修繕積立金です。

管理費

マンションの日常的な清掃、修繕、共用部の光熱費などに充てるお金。

修繕積立金

十数年ごとに行われる大規模修繕に充てるお金。

管理費の全国平均は1戸当たり1万5956円、修繕積立金は1万2268円(2018年マンション総合調査)という調査結果がありますが、修繕積立金は、築年数、マンションの規模などによって異なり、分譲時より古くなるほど額が増える傾向にあります。

なお、一戸建ての場合も住んでいる限りメンテナンス費用がかかるわけで、それに備えて毎月積み立てておくと安心です。

▲(写真/PIXTA)
無料でリフォームのプロに相談する方法

リフォームに失敗しないためにプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスを提供しています。

スーモカウンターリフォームのご相談の流れ
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
無料会社紹介を申し込む

資金が足りないときは贈与税の非課税枠を利用

中古住宅購入やリフォーム資金が足りないときは、親などから住宅取得資金の贈与を受け、贈与税が非課税になる制度を活用する方法もあります。

質の高い住宅購入は1110万円まで非課税に

通常、年間110万円を超える贈与については贈与税がかかります。
しかし住宅取得資金について、親など直系尊属からの贈与には、次のように非課税限度額が設定されています。

個人間売買※1の中古住宅購入の場合
工事契約の締結日 限度額
2020年4月1日~2021年3月31日 一般住宅 500万円
省エネ等住宅※2 1000万円
※1 不動産仲介会社を通して購入する場合を含む消費税のかからない住宅
※2「省エネ等住宅」とは、省エネ・耐震・バリアフリー基準のいずれかに適合することが証明されたもの

上記に年間基礎控除額の110万円を加えて、一般住宅は610万円。
省エネ住宅等は1110万円が限度額となります。
なお、この制度が適用される中古住宅は、築20年以内(マンションは築25年以内)もしくは耐震基準に適合されていることが証明されたもの、などの要件があります。

また、リフォーム資金の場合や中古住宅購入でも売主が個人ではなく不動産会社の場合で、消費税率10%が適用されると以下のように限度額が増えます。

リフォームなど工事契約の場合※1
工事契約の締結日 限度額
2020年4月1日~2021年3月31日
(消費税率が10%の場合)
一般住宅 1000万円
省エネ等住宅※2 1500万円
※1 消費税率10%が適用される場合
※2「省エネ等住宅」とは、省エネ・耐震・バリアフリー基準のいずれかに適合することが証明されたもの
▲(写真/PIXTA)
無料でリフォームのプロに相談する方法

リフォームに失敗しないためにプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスを提供しています。

スーモカウンターリフォームのご相談の流れ
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
無料会社紹介を申し込む

まとめ

中古住宅を購入してリフォームをする際の費用相場などについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

リフォームの費用相場が中古マンションと中古一戸建てでは違うこと、さらに中古住宅の築年数によっても左右されることなどをおわかりいただけましたでしょうか?

また、文中でも述べたように、中古住宅を購入してリフォームをする際には、リフォーム会社の存在が欠かせません。

信頼できるリフォーム会社探しに迷ったら、SUUMOカウンターリフォームに相談してみることをオススメします。

2020年5月18日公開

リフォームのご要望とご予算にぴったりな会社を
プロのアドバイザーがご紹介
スーモカウンターリフォーム
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介

中古購入を目的とした一戸建てリフォーム費用帯別実例

中古購入を目的とした一戸建てリフォーム300万円未満の費用帯の実例を見る
  • 費用270万円
    住まいの外観・内装ともにリフレッシュ。工事費約270万円で新築並みの美しさに
    • 施工会社
      朝日住宅リフォーム
    • 施工対応エリア
      東京、大阪、兵庫
  • 費用230万円
    内装の一新と住宅設備機器の交換で、清潔で暮らしやすい住まいを実現させました
    • 施工会社
      朝日住宅リフォーム
    • 施工対応エリア
      東京、大阪、兵庫
中古購入を目的とした一戸建てリフォーム300~600万円の費用帯の実例を見る
  • 費用467万円
    「隠し部屋」のある遊び心詰まった住まい
    • 施工会社
      山商リフォームサービス
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川、埼玉、千葉(東京都は城北地区から埼玉県東部・千葉県西部)
  • 費用448万円
    400万円の予算で一軒家を全面リフォーム。よくぞここまで、が実感です
    • 施工会社
      リフォーム工房
    • 施工対応エリア
      東京(詳細はお問合せください)
中古購入を目的とした一戸建てリフォーム600~900万円の費用帯の実例を見る
  • 費用806万円
    1階←→2階の逆転プランがこの価格!2階LDKは陽当たり抜群、冬もぽかぽか
    • 施工会社
      リフォーム工房
    • 施工対応エリア
      東京(詳細はお問合せください)
  • 費用672万円
    キッチン、階段を大移動し家全体をワンルーム化。数々のアイデアで狭さを克服
    • 施工会社
      リフォーム工房
    • 施工対応エリア
      東京(詳細はお問合せください)
中古購入を目的とした一戸建てリフォーム900~1200万円の費用帯の実例を見る
  • 費用1000万円
    美しさと機能性をバランスよく融合。好きなものだけに囲まれた暮らしを楽しむ
    • 施工会社
      リフォーム工房
    • 施工対応エリア
      東京(詳細はお問合せください)
  • 費用950万円
    スキップフロアを活かした繋がりのある空間で、家族の笑顔が溢れる住まい
    • 施工会社
      stylekoubou(スタイル工房)
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川(ただし一部地域を除く)
中古購入を目的とした一戸建てリフォーム1200~1500万円の費用帯の実例を見る
  • 費用1300万円
    アンティーク調の家具や雑貨にぴったりのシンプルで温もりの感じられる住まいに変身
    • 施工会社
      LOHAS studio
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川、埼玉、千葉(一部地域除く)
  • 費用1341万円
    天井を取払い、梁を現した開放感あふれるLDKは家族が自然と集まる空間へ
    • 施工会社
      住友不動産の新築そっくりさん
    • 施工対応エリア
      全国 一戸建て:全国、マンション:北海道・宮城・首都圏・愛知・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・広島・福岡 ※一部地域を除く
中古購入を目的とした一戸建てリフォーム1500~1800万円の費用帯の実例を見る
  • 費用1798万円
    バスルールから庭を眺め、広くなったDKで寛ぐ。内装を一新して気持ちも弾む住空間に
    • 施工会社
      山商リフォームサービス
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川、埼玉、千葉(東京都は城北地区から埼玉県東部・千葉県西部)
  • 費用1700万円
    2室とキッチンをつなげて広々LDKに。既存の柱や梁を活かしたレトロモダンな住まい
    • 施工会社
      リフォーム工房
    • 施工対応エリア
      東京(詳細はお問合せください)
中古購入を目的とした一戸建てリフォーム1800~2100万円の費用帯の実例を見る
  • 費用2000万円
    生活スタイルにあわせて外観と間取りを一新。耐震補強も施し末永く安心の家に
    • 施工会社
      住友不動産の新築そっくりさん
    • 施工対応エリア
      全国 一戸建て:全国、マンション:北海道・宮城・首都圏・愛知・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・広島・福岡 ※一部地域を除く
  • 費用1875万円
    LDKを日当たり・眺望のいい2階へ。家族や自然を身近に感じるオープンな家
    • 施工会社
      住友不動産の新築そっくりさん
    • 施工対応エリア
      全国 一戸建て:全国、マンション:北海道・宮城・首都圏・愛知・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・広島・福岡 ※一部地域を除く
中古購入を目的とした一戸建てリフォーム2100~2400万円の費用帯の実例を見る
  • 費用2200万円
    「白」でイメージを一新し、眺望も演出に取り入れた「見せる」デザイン空間に
    • 施工会社
      ミサワリフォーム
    • 施工対応エリア
      全国(一部地域を除く)
  • 費用2100万円
    事務所がセンス光る住居に。空間を斜めに切り取ったLDKのレイアウトが斬新
    • 施工会社
      ミサワリフォーム
    • 施工対応エリア
      全国(一部地域を除く)
中古購入を目的とした一戸建てリフォーム2400~2700万円の費用帯の実例を見る
  • 費用2477万円
    海外のお気に入りのホテルのテイストを取り入れ、自分たち好みのシックな空間を楽しむ
    • 施工会社
      住友林業のリフォーム
    • 施工対応エリア
      全国(一部エリアをのぞく)
  • 費用2650万円
    ドールハウスさながらのエレガントなデザインに一新!ゆとりと安らぎを感じる住まいに
    • 施工会社
      ロビンスジャパン
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川、埼玉、千葉
中古購入を目的とした一戸建てリフォーム2700~3000万円の費用帯の実例を見る
  • 費用2827万円
    美しく、すっきり暮らせるように、巧みに計画された空間デザインと収納部
    • 施工会社
      東急Re・デザインの戸建てリフォーム(旧東急ホームズ)
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪(一部地域を除きます。詳細は、お問い合わせ下さい。)
  • 費用2773万円
    家族の顔が見える、工夫満載の家にまるごと再生
    • 施工会社
      東急Re・デザインの戸建てリフォーム(旧東急ホームズ)
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪(一部地域を除きます。詳細は、お問い合わせ下さい。)
中古購入を目的とした一戸建てリフォーム3000万円以上の費用帯の実例を見る
  • 費用3433万円
    両親の思い出が詰まった家を増改築。新旧、和洋を心地よく同居させた空間で趣味を満喫
    • 施工会社
      ミサワリフォーム
    • 施工対応エリア
      全国(一部地域を除く)
  • 費用6286万円
    鉄筋コンクリートの家も「木の家」に。バンブー材の風合いが心地よい住まい
    • 施工会社
      住友林業のリフォーム
    • 施工対応エリア
      全国(一部エリアをのぞく)

※表示している相場は「SUUMO」の過去・現在の掲載情報を元に、独自のロジックによって算出しています。リフォームする住戸やその年次における価格変動の影響を受け必ずしもその費用を保障するものではございません。実際の費用につきましては各施工会社へお問い合わせください。

表示価格について
  • 表示されている価格帯および本体価格は施工当時のもので、現在の価格とは異なる場合があります。

中古購入を目的としたマンションリフォーム費用帯別実例

中古購入を目的としたマンションリフォーム300万円未満の費用帯の実例を見る
  • 費用261万円
    LDKを中心にリフォームをして、築25年のマンションを快適な住まいに変身させました
    • 施工会社
      リ・ホームセンターシマックス
    • 施工対応エリア
      東京、埼玉東京、埼玉(一部地域を除く)、神奈川(横浜・川崎・田園都市)、千葉(京葉・東葛)。詳細はお問い合わせを。
  • 費用250万円
    内装を全てリフレッシュ。暗い印象を一新し、清潔感あふれる空間へ
    • 施工会社
      朝日住宅リフォーム
    • 施工対応エリア
      東京、大阪、兵庫
中古購入を目的としたマンションリフォーム300~600万円の費用帯の実例を見る
  • 費用500万円
    居室の独立性を高めた住まい。白を基調としたシンプルビューティーな空間に。
    • 施工会社
      朝日住宅リフォーム
    • 施工対応エリア
      東京、大阪、兵庫
  • 費用514万円
    湘南の海を見渡す築20年のマンションを、安心して子育てできる住まいに全面リフォーム
    • 施工会社
      優建築工房-優しい暮らし-
    • 施工対応エリア
      神奈川(一部地域除く)
中古購入を目的としたマンションリフォーム600~900万円の費用帯の実例を見る
  • 費用800万円
    庭を楽しむ贅沢な時間をマンションに。モダンな中にも和の癒しあるLOHAS空間が叶う
    • 施工会社
      LOHAS studio
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川、埼玉、千葉(一部地域除く)
  • 費用635万円
    有名建築家設計の中古マンションを、お洒落な感覚の欧風レトロな空間に
    • 施工会社
      アイシンリブラン
    • 施工対応エリア
      愛知(一部エリアを除きます。詳細はお問い合わせください。)
中古購入を目的としたマンションリフォーム900~1200万円の費用帯の実例を見る
  • 費用932万円
    住み慣れた街で見つけた中古物件を、自然素材で「家族に優しい家」に変身させました
    • 施工会社
      LOHAS studio
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川、埼玉、千葉(一部地域除く)
  • 費用1180万円
    設備を一新し、収納もたっぷり。オレンジをポイントにした明るく快適な住まいに
    • 施工会社
      stylekoubou(スタイル工房)
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川(ただし一部地域を除く)
中古購入を目的としたマンションリフォーム1200~1500万円の費用帯の実例を見る
  • 費用1300万円
    白が基調の空間にオーク無垢材の床。ゆったりしたオープンキッチンのLDK
    • 施工会社
      ミサワリフォーム
    • 施工対応エリア
      全国(一部地域を除く)
  • 費用1300万円
    美しさと暮らしやすさを両立して、光と風、開放感を楽しめる住まいに
    • 施工会社
      ミサワリフォーム
    • 施工対応エリア
      全国(一部地域を除く)
中古購入を目的としたマンションリフォーム1500~1800万円の費用帯の実例を見る
  • 費用1725万円
    設備と内装を一新し、築30年の家がホテルのよう。床暖房やミストサウナも
    • 施工会社
      東京ガスリノベーション
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川、埼玉、千葉各エリアは一部地域を除く
  • 費用1738万円
    キッチン中心の間取りで、家族の気配を常に感じる開放感たっぷりの住まいに
    • 施工会社
      東京ガスリノベーション
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川、埼玉、千葉各エリアは一部地域を除く
中古購入を目的としたマンションリフォーム1800~2100万円の費用帯の実例を見る
  • 費用1880万円
    安心して暮らせる『住まい』にリフォーム。ホテル風のインテリアが似合う空間に
    • 施工会社
      住友林業のリフォーム
    • 施工対応エリア
      全国(一部エリアをのぞく)
  • 費用2005万円
    家族が集う33畳のLDKを実現し、スタイリッシュで心地よい空間を楽しむ
    • 施工会社
      山商リフォームサービス
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川、埼玉、千葉(東京都は城北地区から埼玉県東部・千葉県西部)
中古購入を目的としたマンションリフォーム2100~2400万円の費用帯の実例を見る
  • 費用2125万円
    「白」を基調にしたデザインで、心からリラックスできるホテルのような空間に
    • 施工会社
      山商リフォームサービス
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川、埼玉、千葉(東京都は城北地区から埼玉県東部・千葉県西部)
  • 費用2200万円
    使い勝手と収納力にこだわったオリジナル造作家具で、夫婦2人の快適な生活動線が実現
    • 施工会社
      stylekoubou(スタイル工房)
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川(ただし一部地域を除く)
中古購入を目的としたマンションリフォーム2400~2700万円の費用帯の実例を見る
中古購入を目的としたマンションリフォーム2700~3000万円の費用帯の実例を見る
中古購入を目的としたマンションリフォーム3000万円以上の費用帯の実例を見る
  • 費用3282万円
    多くの友人が集まる、美しく心地よいLDK。快適に暮らす工夫に溢れた回遊動線の家
    • 施工会社
      三井のリフォーム
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、岐阜、三重、大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良(一部地域を除く)
  • 費用5250万円
    心身ともにリラックスできる、ラグジュアリーな住空間に
    • 施工会社
      住友不動産の新築そっくりさん(マンション)
    • 施工対応エリア
      全国 一戸建て:全国、マンション:北海道・宮城・首都圏・愛知・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・広島・福岡※一部地域を除く

※表示している相場は「SUUMO」の過去・現在の掲載情報を元に、独自のロジックによって算出しています。リフォームする住戸やその年次における価格変動の影響を受け必ずしもその費用を保障するものではございません。実際の費用につきましては各施工会社へお問い合わせください。

表示価格について
  • 表示されている価格帯および本体価格は施工当時のもので、現在の価格とは異なる場合があります。
ページトップへ戻る