1. 不動産・住宅サイト SUUMO
  2.  > リフォーム
  3.  > リフォームの費用と相場
  4.  > オール電化のリフォーム費用と相場

オール電化を目的としたリフォーム費用・価格相場情報

オール電化を目的としたリフォーム費用の相場は一戸建ての場合1800~2100万円(中心費用帯)になります。
※2019年4月時点リフォーム実施者調査より
リフォームのご要望とご予算にぴったりな会社を
プロのアドバイザーがご紹介
スーモカウンターリフォーム
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介

オール電化を目的としたリフォーム費用と相場を知る

もっとくわしく
オール電化リフォームの費用相場

オール電化住宅ってどんな住宅のことなの?
光熱費がゼロになることもあるって聞くけど、本当?

オール電化住宅に関心はあるけど、よく知らないという人のために、どんな住宅なのか、オール電化住宅にするリフォーム費用はいくらなのかなど、オール電化住宅リフォームの基礎知識を紹介します。

▲(写真/PIXTA)

オール電化リフォームとは何か?

オール電化住宅とは文字どおり、家庭で使われる熱源を全て電気にした住宅のことです。
リフォームではどこまで可能なのかを見ていきましょう。

全ての熱源を電気にするリフォーム

オール電化住宅は家庭で使う熱源を全て電気にした住宅のこと。
具体的にはキッチンと給湯をガスや灯油から電気に切り替えるのが基本です。
キッチンはIHクッキングヒーターを、給湯は電気温水器もしくはエコキュート(ヒートポンプ式電気給湯機)を採用します。
これらに加えて、太陽光発電システムを導入して、省エネルギーを達成している住宅もあります。
また、電気式の床暖房を採用するケースもあります。

マンションではオール電化リフォームは難しい場合がある

オール電化マンションは、当初からオール電化のために設計されたマンションですが、一般のマンションでは、オール電化にできない場合が多いです。
それはマンションによって使用可能な電気容量が決まっていて、オール電化にするとその容量を超えてしまうためです。

無料でリフォームのプロに相談する方法

リフォームに失敗しないためにプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスを提供しています。

スーモカウンターリフォームのご相談の流れ
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
無料会社紹介を申し込む

オール電化住宅のメリット・デメリット

オール電化住宅って、どんなメリットがあるのでしょうか?
また、デメリットはあるのでしょうか?

オール電化のメリットは光熱費を削減。ゼロエネ住宅も可能に

オール電化住宅のよさは、火を使わないから部屋の空気が汚れないことです。
さらにIHクッキングヒーターはフラットなガラストップなので、掃除がしやすく、換気扇や壁まわりの汚れも少なくなるなどのいいところがあります。

また、エコキュートは割安な夜間の電気を使ってお湯を沸かしてたくわえることができ、家計を助けます。

さらに太陽光発電システムを搭載した場合は、太陽光発電で生み出す電気で電化製品をまかなえるので、住宅の断熱がしっかりできていれば光熱費がゼロになることもあります。

オール電化住宅のメリット
  • 1.部屋の空気が汚れない
  • 2.キッチンまわりの掃除がしやすい
  • 3.割安な夜間電気利用で経済的
▲(写真/PIXTA)
オール電化のデメリットはIHに専用鍋が必要なことと、エコキュートの湯切れ

IHクッキングヒーターは、専用の鍋が必要なので、買い替えにお金がかかる、慣れないと炒め物などがしにくいなどと感じる人もいます。

また、エコキュートはお湯をタンクにためる方式ですから、来客があったときなどに予想外に使いすぎるとお湯切れします。
沸き増しはできますが、昼間の電気を使うので、安い深夜電力を使えるメリットが減少します。
逆に非常時にはためておいたお湯を使えることがメリットとなります。

オール電化住宅のデメリット
  • 1.IH専用鍋が必要
  • 2.IHは使いなれないと料理がしにくいと感じる人も
  • 3.エコキュートは湯切れすることも
無料でリフォームのプロに相談する方法

リフォームに失敗しないためにプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスを提供しています。

スーモカウンターリフォームのご相談の流れ
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
無料会社紹介を申し込む

オール電化リフォームにかかる費用

オール電化リフォームにはどんな費用が、いくらくらいかかるのかを見ていきましょう。

200V機器を使えるようにする工事に約2万円~25万円

一般家庭の電気製品は通常100Vで動いています。
オール電化住宅は、IHクッキングヒーター、エコキュートなど一部200Vの電気製品を使います。
ほかにもエアコンや洗濯機など200Vの電気製品がありますが、通常よりパワフルな電気製品と考えてよいでしょう。

200Vの電気を採り入れるためには「単相3線式」という配線が必要です。
現在では家庭の分電盤までこの配線がすでに来ていることが多く、すぐ200V機器を使えるようになるケースも多いのですが、家の中の分電盤に単相3線式の配線が来ていない場合は、電柱から引き込むことになります。

家の中まで200V用の配線が来ていれば、工事は簡単で配線費用として約2万円~5万円程度ですみます。
屋外の電柱から新たに引き込む必要があれば、その工事費、新規分電盤設置費用を合わせて約15万円~25万円は見ておく必要があります。

引き込み工事は電力会社が行うので、どんな工事が必要か、電力会社かリフォーム会社に見てもらっておくのがよいでしょう。

▲(写真/PIXTA)
IHクッキングヒーターへのリフォームに約20万円~40万円

IHクッキングヒーターは、さまざまな機種があり、機能性が高くなるほど価格が上がります。
システムキッチンにビルトインするタイプ(ガスコンロと交換)で、基本的な工事費込みで約20万円~40万円見ておけばよいでしょう。
基本機能だけでも、揚げ物自動温度調節、消し忘れ停止、タイマー、湯沸かし自動、炊飯などの機能がついているので、どこまでの機能を自分が望むかで選びましょう。

エコキュートへのリフォームに約60万円~100万円

エコキュートは、オール電化住宅ではガス給湯器に代わる機器。
お湯を割安な夜間の電力で沸かして、タンクに溜めておき、必要なときに使えます。
ヒートポンプ式なので、お湯を沸かす効率がよく、従来の電気温水器と比べて、電気代が約3分の1ですむと言われています。
家族3~5人の家庭で、給湯に要する電気代が月々1400円程度といわれ、高いコストパフォーマンスを誇ります。

機能的には、給湯専用タイプ、お湯張りが自動でできるセミオート、お湯張りから追い焚き、足し湯も自動でできるフルオートタイプがあります。

本体の価格は給湯専用が安く、セミオート、フルオートと機能が増えるほど高くなります。
また、タンクの容量が大きくなるほど、また水圧が2階などでも衰えない高圧タイプなど性能がよくなるほど価格が高くなります。

エコキュートは、屋外の敷地内に設置しますが、設置するには、鉄筋コンクリートの基礎工事、配管工事などが必要です。

工事費を含むエコキュートの費用相場は、約60万円~100万円見ておきましょう。

なおエコキュートは貯湯タンクユニットとヒートポンプユニットという2つのユニットで構成され、その設置スペースは、3~5人家族用370Lタイプで、貯湯タンクユニット幅 65cm、奥行70cm、高さ180cmくらい。ヒートポンプユニットは幅80cm、奥行30cm、高さ70cmくらい必要です。

リフォーム会社に現地に来てもらい、設置が可能かどうか見てもらいましょう。

▲3~5人用370Lのエコキュート高圧タイプ(写真提供/Panasonic)
床暖房のリフォームに約40万円~150万円

エコキュートには温水式床暖房に対応した多機能型機種もありますが割高になります。
エコキュート本体と床暖房工事費(約6畳)を合わせて約120万円~150万円。
給湯と兼用できるので、新たに床暖房用の熱源機を導入する必要はないことと、ランニングコストが安くすむのがメリットです。

電気の場合、ヒーター式の床暖房もあり、導入費用は割安ですが、電気代は深夜電力を使うエコキュートに比べて高くなります。
6畳の部屋に電気式床暖房を導入する費用は、約40万円~60万円見込めばよいでしょう。

太陽光発電システムの導入に約120万円~160万円

太陽光発電システムは、屋根に搭載した太陽電池で太陽光を受けて、家庭で使える電気に変換するシステム。
太陽光で発電し、余った電気は電力会社に売ることができる仕組みになっています。
システムの導入価格は年々低下していて、既存住宅への搭載は、平均で出力1kW当たり35.8万円(経済産業省調べ、2018年)。2014年の40.5万円に比べて、4年間で11.6%下がっています。

平均的な搭載量は、最大出力4kW程度なので、約120万円~160万円が目安になります。

住まいの断熱をしっかりして、熱を逃さない構造にすると、エアコンの効き目がよくなり、光熱費が減少し、太陽光発電で得た電気を効率よく活かせます。
太陽光でできる電気と家庭で使う電気が相殺されて、光熱費ゼロの家にすることも可能です。
ただしその場合は、断熱リフォームにお金をかける必要があります。

▲(写真/PIXTA)
無料でリフォームのプロに相談する方法

リフォームに失敗しないためにプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスを提供しています。

スーモカウンターリフォームのご相談の流れ
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
無料会社紹介を申し込む

オール電化リフォームで節税&節約

オール電化リフォーム自体には、国からの優遇策はありませんが、太陽光発電システム搭載で省エネリフォームの控除限度額がアップされたり、余った電気を電力会社に売れる制度などがあります。
また、エコキュートの導入に補助金を出す自治体もあります。

制度を知って、賢くリフォームしましょう。

太陽光発電搭載で省エネリフォームの控除限度額がアップ

一定の省エネリフォームを行うと所得税が控除される制度があります。
現金またはローン利用で行う「投資型減税」、5年以上のローンを利用して行う「ローン型減税」の2種類ですが、投資型減税のほうは、太陽発電システムを搭載すると控除限度額が増えるので、その制度を紹介しましょう。

省エネリフォーム【投資型減税】
控除期間 1年(工事を行った年分)
控除率 10%
控除限度額 25万円(太陽光発電搭載で35万円)
制度の期限 2021年12月31日(居住開始)

この制度を活用すると、太陽光発電搭載で35万円まで所得税が控除されます。
主な要件は以下のとおりです。

家屋の要件
  • 省エネリフォームを行った人が自ら所有し、居住する
  • 改修工事が完了した日から6カ月以内に居住の用に供する
  • 改修工事後の家屋の床面積が50平米以上であり、その2分の1以上が専ら自己の居住用
  • 自己の居住の用に供される部分の工事費用の額が改修工事の総額の2分の1以上
改修工事の要件
  • 1.全ての居室の全ての窓の断熱改修工事(一定の条件で全ての窓でなくてよい)
    または1.と併せて行う、2.床の断熱改修工事、3.天井の断熱改修工事、4.壁の断熱改修工事、5.太陽光発電設備設置工事
  • 省エネ改修部位がいずれも2013年省エネ基準相当に新たに適合すること
  • 工事費が補助金等を引いて50万円を超えること
所得要件
  • 合計所得金額が3000万円以下であること
▲(写真/PIXTA)
電気代は夜間割引のプランがおトク

エコキュートを含むオール電化住宅の場合、電力会社からオール電化住宅に向けに提供されているプランに注目しましょう。
夜間の電気代を安くしているのが特徴で、エコキュートのように蓄熱型の機器は、安い電気を利用できるので、結果的に電気代が安くなります。

例えば東京電力の場合「スマートライフプラン」というメニューがあり、電気料金は午前6時~翌午前1時が1kWh当たり25.80円、午前1時~午前6時までは1kWh当たり17.78円、と深夜から早朝にかけて割安になっています。

▲(写真/PIXTA)
太陽光発電は余った電気を売れる

国が実施している「再生可能エネルギー固定価格買取制度」があります。
これは、太陽光や水力、風力など再生可能エネルギーから生まれた電気を電力会社が固定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度です。

太陽光発電の場合は、家庭用の最大出力10kW未満の場合、買い取り期間は10年間。

10年間の買い取り期間が終了すると買い取り価格は国によって約束されなくなりますが、売電先を自由に選んで売電することはできます。

太陽光発電システムやエコキュート導入に補助金を出す自治体も

国からの補助金はありませんが、自治体によっては太陽光発電システムやエコキュート導入に補助金を出すケースもあります。

住んでいる地域の役所に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

無料でリフォームのプロに相談する方法

リフォームに失敗しないためにプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスを提供しています。

スーモカウンターリフォームのご相談の流れ
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
無料会社紹介を申し込む

太陽光発電システム導入の注意点

太陽光発電システムは出力3kW~4kWで300kg~400kgの重量があります。
屋根に太陽光発電システムを搭載するとシステムの荷重によって、家の耐震性に影響する場合があります。

そもそも家の耐震性に不安があるような古い家では、搭載しても大丈夫かどうか、リフォーム会社にしっかり調べてもらわなければなりません。
場合によっては、まず建物の補強を行ってから、太陽光発電を搭載しなければいけない場合もあるでしょう。

技術力が高く、太陽光発電システムの工事実績の多い会社に依頼するのが賢明です。

無料でリフォームのプロに相談する方法

リフォームに失敗しないためにプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスを提供しています。

スーモカウンターリフォームのご相談の流れ
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
無料会社紹介を申し込む

まとめ

オール電化住宅について述べてきましたが、その特徴やメリット、注意点などを理解していただけましたでしょうか?

IHクッキングヒーターなどの設備機器を導入するだけでなく、そのメリットを大きく活かすには、太陽光発電システムの導入や、住まいの断熱なども大切になってきます。

オール電化住宅リフォームの得意な会社を選ぶために、SUUMOカウンターリフォームに相談してみてはいかがでしょうか。

2020年5月18日公開

リフォームのご要望とご予算にぴったりな会社を
プロのアドバイザーがご紹介
スーモカウンターリフォーム
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介

オール電化を目的とした一戸建てリフォーム費用帯別実例

オール電化を目的とした一戸建てリフォーム300万円未満の費用帯の実例を見る
  • 費用86万円
    新築後2年半のオール電化リフォームで、光熱費を抑えながら快適な生活を実現
    • 施工会社
      LIXILリフォームショップ ヒロタ
    • 施工対応エリア
      埼玉各支店より20分以内(さいたま市西区・北区・見沼区・上尾市・桶川市・北本市・鴻巣市・伊奈町)
  • 費用93万円
    新築住宅のオール電化リフォーム。入居と同時に快適で経済的な新生活を
    • 施工会社
      LIXILリフォームショップ ヒロタ
    • 施工対応エリア
      埼玉各支店より20分以内(さいたま市西区・北区・見沼区・上尾市・桶川市・北本市・鴻巣市・伊奈町)
オール電化を目的とした一戸建てリフォーム300~600万円の費用帯の実例を見る
オール電化を目的とした一戸建てリフォーム600~900万円の費用帯の実例を見る
  • 費用800万円
    壁の位置を変えることで、外からの視線をさえぎり開放感あふれる空間に
    • 施工会社
      山商リフォームサービス
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川、埼玉、千葉(東京都は城北地区から埼玉県東部・千葉県西部)
  • 費用612万円
    個性的な壁紙をつかった遊び心ある空間。火をつかわない安心のオール電化を採用
    • 施工会社
      パナソニック リフォーム
    • 施工対応エリア
      神奈川、大阪、兵庫、広島、福岡(一部地域を除く)
オール電化を目的とした一戸建てリフォーム900~1200万円の費用帯の実例を見る
  • 費用975万円
    自然素材やオール電化の採用で、快適に過ごせる広々としたLDに
    • 施工会社
      LOHAS studio
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川、埼玉、千葉(一部地域除く)
  • 費用1005万円
    間取りを大幅変更し、縦にも横にも広がりのあるシンプルモダンな住まいに
    • 施工会社
      ゆめや
    • 施工対応エリア
      兵庫(神戸市、芦屋市、西宮市、尼崎市、宝塚市)
オール電化を目的とした一戸建てリフォーム1200~1500万円の費用帯の実例を見る
  • 費用1200万円
    1階から2階へキッチンを大移動。景色を愉しみながら過ごす明るいLDKへ
    • 施工会社
      アクアラボ
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川(詳細はお問い合わせください。)
  • 費用1340万円
    LDKを広げて対面式キッチンを配置。白く明るいモダン空間に、1階を全面リフォーム
    • 施工会社
      大和ハウスリフォーム
    • 施工対応エリア
      全国
オール電化を目的とした一戸建てリフォーム1500~1800万円の費用帯の実例を見る
  • 費用1700万円
    骨太の木組みと風情ある建具などを生かして再生。耐震補強やオール電化で快適に
    • 施工会社
      パナソニック リフォーム
    • 施工対応エリア
      神奈川、大阪、兵庫、広島、福岡(一部地域を除く)
  • 費用1793万円
    1階に大きなLDKを配した開放的な空間設計。どこにいても庭が望める癒しの住まい
    • 施工会社
      三井のリフォーム
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、岐阜、三重、大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良(一部地域を除く)
オール電化を目的とした一戸建てリフォーム1800~2100万円の費用帯の実例を見る
  • 費用2066万円
    生まれてくるお子さんへの想いを込めて、白を基調に広々したLDKに
    • 施工会社
      LOHAS studio
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川、埼玉、千葉(一部地域除く)
  • 費用2000万円
    新たに2階を設け、3人のお子様の個室を確保。念願のリビング階段も実現
    • 施工会社
      住友林業のリフォーム
    • 施工対応エリア
      全国(一部エリアをのぞく)
オール電化を目的とした一戸建てリフォーム2100~2400万円の費用帯の実例を見る
  • 費用2200万円
    南北の部屋配置を逆転し、明るく風通しの良いダイニング・キッチンが誕生
    • 施工会社
      住友林業のリフォーム
    • 施工対応エリア
      全国(一部エリアをのぞく)
  • 費用2280万円
    母屋に隣接する車庫を活用して、世帯が接続しながら適度に分離した生活ゾーンを構築
    • 施工会社
      森住建
    • 施工対応エリア
      岐阜県池田町、揖斐川町、大野町、神戸町、瑞穂市、垂井町、大垣市、養老町、安八町、北方町、本巣市、岐阜市近郊
オール電化を目的とした一戸建てリフォーム2400~2700万円の費用帯の実例を見る
  • 費用2613万円
    大幅な間取り変更やオール電化で、古民家の風情を活かした快適な家に
    • 施工会社
      LOHAS studio
    • 施工対応エリア
      東京、神奈川、埼玉、千葉(一部地域除く)
  • 費用2559万円
    オール電化にソーラーシステムを完備。快適なエコライフを過ごせる「高性能住宅」
    • 施工会社
      土屋ホームトピア
    • 施工対応エリア
      岩手、宮城、福島、東京、神奈川、京都、兵庫、福岡 全国(一部エリアを除く)
オール電化を目的とした一戸建てリフォーム2700~3000万円の費用帯の実例を見る
  • 費用2920万円
    古き良きものは残し、活かしながら、木のぬくもり溢れる快適な暮らしを実現
    • 施工会社
      住友林業のリフォーム
    • 施工対応エリア
      全国(一部エリアをのぞく)
オール電化を目的とした一戸建てリフォーム3000万円以上の費用帯の実例を見る
  • 費用5370万円
    階段はリビングに取り込み、廊下をなくして広々と開放的な空間を創出
    • 施工会社
      住友林業のリフォーム
    • 施工対応エリア
      全国(一部エリアをのぞく)
  • 費用6584万円
    増築と、バラ園を活かした大胆な間取り変更。暮らし心地のよい二世帯住宅に
    • 施工会社
      住友林業のリフォーム
    • 施工対応エリア
      全国(一部エリアをのぞく)

※表示している相場は「SUUMO」の過去・現在の掲載情報を元に、独自のロジックによって算出しています。リフォームする住戸やその年次における価格変動の影響を受け必ずしもその費用を保障するものではございません。実際の費用につきましては各施工会社へお問い合わせください。

表示価格について
  • 表示されている価格帯および本体価格は施工当時のもので、現在の価格とは異なる場合があります。
ページトップへ戻る