にぎやかさと静けさが心地よい三鷹を歩く

著: ポレポレとうさん 「武蔵野」という言葉には、木々の木漏れ日を感じるような、文学の香りが漂うような独特の響きがある。そう感じるのは私だけだろうか。九州の地方都市で生まれ育ち、就職のために上京した私には「武蔵野」という言葉は一種の憧れだっ…