「駅チカ」から遠く離れて。三鷹仲町通りで紡がれてきた時間【街と音楽】

著者: 伊藤暁里(Taiko Super Kicks) 自室、スタジオ、ライブハウス、時にはそこらの公園や道端など、街のあらゆる場所で生まれ続ける音楽たち。この連載では、各地で活動するミュージシャンの「街」をテーマにしたエッセイとプレイリストをお届けします。…

東京で暮らすなら、いつも心に「不真面目」を――みうらじゅんさん【上京物語】

18歳の夏、美大への進学を目指し、京都から上京したみうらじゅんさん。活動の幅を広げた、泉麻人さんや糸井重里さんらとの出会いの話や、みうらさんの「東京論」を伺いました。

にぎやかさと静けさが心地よい三鷹を歩く

著: ポレポレとうさん 「武蔵野」という言葉には、木々の木漏れ日を感じるような、文学の香りが漂うような独特の響きがある。そう感じるのは私だけだろうか。 九州の地方都市で生まれ育ち、就職のために上京した私には「武蔵野」という言葉は一種の憧れだっ…