1. 不動産・住宅サイト SUUMO
  2.  > リフォーム
  3.  > リフォームの費用と相場
  4.  > 玄関のリフォーム費用と相場

玄関のリフォーム費用・価格相場情報

玄関のリフォーム費用の相場は40~60万円(中心費用帯)になります。

表示している相場は2019年4月にSUUMOリフォームで実施したリフォーム実施者調査から算出しています。

※2019年4月時点リフォーム実施者調査より
リフォームのご要望とご予算にぴったりな会社を
プロのアドバイザーがご紹介
スーモカウンターリフォーム
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介

玄関のリフォーム費用と相場を知る

もっとくわしく
玄関リフォームの費用相場

住まいの顔である玄関をリフォームしたい!
でも玄関のリフォーム費用って、どれくらいかかるの?

玄関のリフォーム費用にかかわるのは、主に玄関ドアの交換。
ドアの種類でリフォーム費用はどう変わるのか、玄関の中まで一新したら、リフォーム費用はどれくらいかかる?

気になる玄関リフォームの費用相場をまとめてみました。

▲(写真/PIXTA)

玄関リフォームの基礎知識

どんな玄関ドアを採用するのか、どんな工法でリフォームするのかなどによって、玄関リフォームの費用相場は変わってきます。

玄関ドア交換は「カバー工法」なら割安で40万円程度

従来、玄関ドアの交換はドアまわりの外壁を壊して、ドア枠を撤去し、仕上げ直す工程が必要でした。
それだと工期も長くなり、リフォーム費用も多くかかります。

外壁を壊さないで、ドア交換だけをできるのが「玄関ドアのカバー工法」。
玄関ドアの既存の枠を残したまま、その内側にドア枠を設置して、ドアを取り付ける工法です。
この工法だと、サイズに合わせてドアを制作する時間を別にすれば、工事自体は1日でドア交換が可能。
関連する工事が少ないので、リフォーム費用も安く済みます。

工事費は既存ドアの撤去費と新規ドアの取り付け費だけで、新規に設置するドアの費用が大半を占めます。

撤去費は約2万円~3万円
新規ドアが片開きの中級品を採用したとして約30万円
取り付け費が約5万円~10万円
合計約37万円~43万円

つまり40万円程度見ておけば、片開きなら中級品のドアに交換できます。

手軽に玄関ドア交換のリフォームを考えている方にはオススメの工法です。

カバー工法による玄関ドアリフォームの費用相場
既存のドア撤去 約2万円~3万円
新規ドア代 約30万円
取り付け費 約5万円~10万円
合計 約37万円~43万円
※玄関ドアは片開きの中級品選択の場合
カバー工法が適用できない場合

カバー工法は、今ある玄関ドアの枠の中に新しい枠とドアを設置する工法です。
玄関ドアのサイズを大きくするとなると、一部外壁を壊す工事が必要となります。

その場合は、ドアを取り付けた後、外壁の再仕上げ工事が必要となります。
費用は、外装工事をどこまで行うのかなどによって変わってきますので、リフォーム会社に相談して、見積もりをもらうのがよいでしょう。

無料でリフォームのプロに相談する方法

リフォームに失敗しないためにプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスを提供しています。

スーモカウンターリフォームのご相談の流れ
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
無料会社紹介を申し込む

玄関ドアの種類と費用相場

玄関ドアの費用相場は片開きか片袖付きか親子ドアか、両開きかなどサイズやタイプで変わる要素が大きいです。
加えて、装飾が多いかどうかなど、デザイン性によっても変わります。
さらに、採風、断熱、セキュリティ、解錠の便利さなど機能、性能によっても変わります。

以下で紹介する玄関ドアの費用相場は、いずれもドアの商品代のみになります。
設置に際しては、別途工事費等がかかります。

片開きドアの費用相場は約17万円~30万円

片開きドアは幅が80~90cm程度で、狭小住宅にも多く用いられています。
アルミ製の非断熱ドアが約17万円から25万円。
比較的温暖な地域向けの断熱K4仕様は約20万円~30万円。
いずれも木目調の塗装を施したものはやや高くなります。

▲木目調の片開きドア/カバー工法用玄関ドア「リシェント」(写真提供/LIXIL)
片開きドアの断熱性がアップすると費用相場は約25万円~32万円に

断熱性が高いタイプの片開きドアに交換する場合の費用相場を紹介します。

断熱K4は、関東以南の比較的暖かい地域向けの仕様ですが、断熱K2という仕様になると、ガラス部分は複層ガラスになり、ガラスから逃げていく熱も抑えて、玄関をより暖かくしてくれます。

片開きドアだと断熱K2仕様の費用相場は約25万円~32万円。
非断熱ドアよりだいぶ高くなりますが、暖かい家にするためには、窓などを断熱するリフォームに合わせて、玄関も断熱ドアにするのがオススメです。

片袖ドアの費用相場は約20万円~35万円

片袖ドアとは、片開きドアに固定した袖部分が付いたもので、サイズは約90cm強~130cm。
袖部分にガラスが入ると、採光がよくなります。
片袖ドアの費用相場は、アルミ製の非断熱ドアで約20万円~28万円。
比較的温暖な地域向けの断熱K4仕様は約25万円~35万円。
袖部分にガラスの入ったもののほうが、入らないものより高くなります。

▲ガラス付きで採光がよい片袖ドア/カバー工法用玄関ドア「リシェント」(写真提供/LIXIL)
親子ドアの費用相場は約23万円~40万円

親子ドアは、袖部分が開閉できるようになっていて、大型の荷物の出し入れ時などに便利。
サイズは間口100cmから150cmくらいです。
親子ドアの費用相場は、非断熱ドアで約23万円~35万円。
比較的温暖な地域向けの断熱K4仕様は約30万円~40万円となります。

▲袖部分も開く親子ドア/カバー工法用玄関ドア「リシェント」(写真提供/LIXIL)
引き戸の費用相場は約25万円~35万円

引き戸は昔ながらの日本の家屋に多い玄関建具です。
引き戸には下記のような「引き違い」のほか、片側だけ開く「片引き」、両側に開く「両引き込み」、3枚の戸を使って開口部を広げられる「連動式」などがあります。

古くなった引き違い戸の交換もカバー工法で割安にできます。

引き違い戸の費用相場はランマのないタイプの方が安く、複層ガラス仕様で、約25万円~35万円。
ランマが付くタイプは約2万円~3万円高くなります。

▲千本格子の和風デザインの引き戸、ランマなし/カバー工法用玄関引戸「ノバリス」(写真提供/三協アルミ)
無料でリフォームのプロに相談する方法

リフォームに失敗しないためにプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスを提供しています。

スーモカウンターリフォームのご相談の流れ
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
無料会社紹介を申し込む

工事費込みの玄関ドアリフォームの費用相場は約24万円~53万円

ここまで紹介してきた玄関ドア各種類の費用相場にカバー工法の工事費を足して合計を見てみましょう。

玄関ドアカバー工法の工事費
既存ドアの撤去費 約2万円~3万円
新規ドア取り付け費 約5万円~10万円
小計 約7万円~13万円
玄関ドア工事費込みのリフォーム費用
ドアの種類 新規ドア代 工事費込み
片開きドア 約17万円~30万円 約24万円~43万円
片袖ドア 約20万円~35万円 約27万円~48万円
親子ドア 約23万円~40万円 約30万円~53万円
断熱ドア(K2仕様)片開き 約25万円~32万円 約32万円~45万円
引き戸 約25万円~35万円 約32万円~48万円
※上記費用に加えて、合計費用の数%の諸経費が発生する場合があります

工事費が約7万円~13万円。
各種玄関ドアが約17万円~40万円なので、玄関ドアリフォームの費用相場は約24万円~53万円となります。

カバー工法は、今ある玄関ドアのスペースを活かして、新規ドアを取り付けますから、工事費は安い代わりにサイズ変更はできません。
そこを理解しておきましょう。

▲(写真/PIXTA)
無料でリフォームのプロに相談する方法

リフォームに失敗しないためにプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスを提供しています。

スーモカウンターリフォームのご相談の流れ
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
無料会社紹介を申し込む

採風や便利機能などで費用もアップ

ドアを閉めたまま風を採り入れることができたり、鍵を取り出さずに解錠できたりする玄関ドアもあります。便利になると費用がどの程度アップするのかを見ていきましょう。

採風機能付きのドアは、片開きで約30万円~40万円

玄関ドアの採風機能とは、ドアを閉めたままガラスを開閉でき、新鮮な空気を採り入れられる機能。
採風機能が付くドアは商品が限られていますが、概ね中高級品なので約30万円~40万円を見ておけばいいでしょう。

タッチキーなど便利機能にかかる費用は約5万円~10万円

最近の玄関ドアは、2ロックやこじ開け、ピッキング防止対策が標準仕様で付いているものが多いですが、さらにオプションでタッチキーやかざすだけで解錠できる便利機能を付けることもできます。

いちいち鍵を取り出さなくてもすむので、荷物が多いときやベビーカーを押しているときなどに便利です。

リモコンタイプのタッチキーで約7万円~10万円。
カードやケータイをかざすだけで解錠できる機能が約5万円。

メーカーや機種によって付けられない場合があるので、カタログなどで確認しましょう。

▲(写真/PIXTA)
無料でリフォームのプロに相談する方法

リフォームに失敗しないためにプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスを提供しています。

スーモカウンターリフォームのご相談の流れ
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
無料会社紹介を申し込む

玄関内部も含めてリフォームする場合

玄関リフォームが高額になるのは、カバー工法が適用できない場合と玄関内部も合わせてリフォームする場合です。

玄関ドアの交換にとどまらず、玄関内部もリフォームすると、内装工事費や木工事など関連工事費がかかってきますが、玄関内部のリフォームの場合、玄関を広げる、収納を増やす、など内容もさまざまで、玄関だけにとどまらないケースも多いです。

したがってどんなリフォームをするかで、費用は変わります。
大規模リフォームの際に玄関もリフォームするというケースも多いのですが、玄関内部にかかった費用とその内容を次に見ていきましょう。

無料でリフォームのプロに相談する方法

リフォームに失敗しないためにプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスを提供しています。

スーモカウンターリフォームのご相談の流れ
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
無料会社紹介を申し込む

玄関内部のリフォーム費用を施工事例で見る

収納設置や内装一新など、玄関内部のリフォームの施工事例を費用別に見ていきましょう。

【リフォーム費用40万円】玄関収納を新設
▲コートもかけられる大型収納を設置

コートや大きな荷物も入れられる大型の玄関収納を設置。帰宅したらコートを部屋まで持って入らずにここに収納できるので、花粉症対策にもなります。

リフォーム費用:40万円
工事内容
  • 玄関収納の設置
  • 設計・施工:JSリフォーム(日本総合住生活)
【リフォーム費用75万円】ロードバイク置き場に土間を併設
▲ロードバイクがかけられるように壁下地も補強

隣接していた納戸をなくし、玄関を拡張、ロードバイクを置ける土間空間に。たっぷり収納できるシューズクロークや食料品など備蓄用のパントリーも新設しました。

リフォーム費用:75万円(概算)
工事内容
  • 間仕切変更、建具工事など(収納等含む玄関内部のみ)
  • 設計・施工:JSリフォーム(日本総合住生活)
【リフォーム費用180万円】タイルはヘリンボーン張りに
▲レンガ調タイルをヘリンボーン張りに

土間はレンガ調タイルをヘリンボーン張りに。外の玄関ポーチの床も同タイルで連続させている。また、正面の壁にニッチの飾り棚を造作。シューズクロークにはベビーカーも収納できます。

リフォーム費用:180万円(概算)
工事内容
  • 玄関ホールリフォーム(玄関内部のみ)
  • 設計・施工:大和ハウスリフォーム
無料でリフォームのプロに相談する方法

リフォームに失敗しないためにプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスを提供しています。

スーモカウンターリフォームのご相談の流れ
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
無料会社紹介を申し込む

玄関リフォームを依頼する会社選びのポイント

玄関ドア交換だけなのか、玄関内部やそのほかのスペースのリフォームも考えているのか、自分のやりたいことに合わせてリフォーム会社を選びましょう。

どこまでの工事を依頼するのかで会社を選ぶ

玄関ドアの交換だけを考えているのか、外装や内部のリフォームまで考えているのかで、リフォーム会社選びのポイントは変わってきます。

玄関ドア交換のみなら、玄関ドア交換の実績の多い会社を、外装や内部も行う予定なら、ある程度大規模リフォームを得意としている会社を選ぶ必要があるでしょう。

また、玄関ドア交換を含むリフォームは、一戸建てリフォームの実績が多い会社を選ぶ必要があります。マンションでは玄関ドアは共用部分のため、勝手に交換はできないからです。

一方、マンションで玄関内部のリフォームを考えている場合は、マンションリフォームの実績が多い会社を選びましょう。

リフォーム会社は一度依頼すると、将来にわたって、お付き合いをするようになる可能性が高いものです。
得意としている分野をよく見極めて、選ぶようにしましょう。

無料でリフォームのプロに相談する方法

リフォームに失敗しないためにプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスを提供しています。

スーモカウンターリフォームのご相談の流れ
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
無料会社紹介を申し込む

まとめ

玄関リフォームの費用相場について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

玄関ドアには、さまざまな種類があり、どれを選ぶかで費用が変わってくること、安く上げる工法があることもおわかりいただけたと思います。

また、リフォーム会社をどう選ぶのかも大切なことです。
リフォーム会社を選ぶ際には、専門スタッフにおまかせできるSUUMOカウンターリフォームに相談してみてはいかがでしょうか。

2020年1月30日公開

リフォームのご要望とご予算にぴったりな会社を
プロのアドバイザーがご紹介
スーモカウンターリフォーム
  • アドバイザーとリフォーム内容を整理
  • 必要な予算目安を整理
  • 整理した内容に合うリフォーム会社をご紹介
ページトップへ戻る