外壁リフォームの方法は、塗り替え、重ね張り(カバー工法)、張り替えの3種類。費用の違いや実例も紹介!

外壁の汚れが目立ってきた、サイディングの継ぎ目がひび割れてきた、リフォームで新築時のようにキレイにしたい、というとき、選べる外壁のリフォーム方法は、塗り替え、重ね張り(カバー工法)、張り替えの3種類。

それらのリフォーム方法の違いや適切な時期、方法による費用の違いを説明します。
違いを理解したうえで、今一番ふさわしい方法を選びましょう。あわせて外壁リフォームの実例や補助金についても紹介します。

外壁塗装をしている写真

(写真/PIXTA)

記事の目次

外壁リフォームは、塗り替え、重ね張り(カバー工法)、張り替えの3種類

外壁リフォームの方法は次の3種類です。
リフォーム方法の違いとやるべき時期について説明しましょう。

1.外壁の塗り替え
既存の外壁を洗浄して汚れを落としたうえで再塗装する方法です。
モルタル外壁のクラックを修正するなど、メンテナンスも兼ねています。10年ごとくらいに定期的に行うことで、建物の耐久性も維持できます。

その際にサイディングの場合は継ぎ目を必ずチェックして、隙間ができたり、はがれたりしていたらコーキング(シーリング)をやり直しましょう。

2.外壁の重ね張り(カバー工法)
既存の外壁をそのままにして、新しい外壁材を上に重ねて張る方法です。
鋼板や窯業系サイディングなど好きな外壁材を選ぶことができます。リフォーム費用は塗装より高くなりますが、見た目が新築同様になるのがメリット。

重ね張りの適切な時期は、塗装では見栄えがよくならないと判断されたとき、築20年目以降に検討します。

3.外壁の張り替え
既存の外壁を剥がして下地からやり変えたうえで、新しい外壁材を施工する方法です。
外壁が下地から新しくなり、雨漏りなどの問題も解消されます。また、リフォーム時に断熱工事や耐震補強をしっかり行うこともできます。

張り替えの適切な時期は、外壁下地に雨漏りや内部結露などの問題が出始めるころなので、築25年~30年目あたりに検討します。

サイディングはコーキングのやり直しも必要

外壁にサイディングを採用している場合、サイディングボードの継ぎ目やサッシなどとの接点は全てコーキング(シーリング)を行い、穴を埋めています。
そのコーキング剤が劣化すると雨が浸入する原因になります。

サイディング自体はひび割れや破損しにくい材料ですが、コーキングは5年~10年程度の耐久性なので、点検を怠らず、ひび割れを起こしているようなら早めのやり直しをしましょう。

外壁コーキングのひび割れチェック

外壁コーキングを点検中の写真

(写真/PIXTA)

外壁塗り替えリフォームのやるべき時期(耐用年数)と費用の相場

外壁塗り替えリフォームは何年目ごとに行うのが適切なのか、また外壁塗り替えリフォームの費用相場について見ていきましょう。

外壁塗り替えリフォームとは

屋根と同様に紫外線や風雨にさらされる外壁は、経年変化で汚れが目立ってきます。
また、モルタル外壁の場合は、地震などの影響で外壁にひび割れ(クラック)も入ってきます。見た目が劣化するだけでなく、雨水浸入のおそれも出てくるわけです。

外壁の塗り替えリフォームは、汚れをしっかり高圧洗浄してから、ひび割れを埋めたうえでローラー塗装や吹き付けで新しい塗料を付着させ、きれいにするものです。
塗料を付着しやすくする材料で下塗りを行い、その上から中塗り、上塗りと2回塗装を行うのが一般的です。

モルタル外壁の場合は、高圧洗浄でカビや汚れを除去したうえで、ひび割れをシリコンなどで埋めてから塗装作業を行います。

サイディングの外壁の場合は、コーキングの打ち直しを行い、やはり高圧洗浄してから塗装を行います。

外壁塗装の図

外壁塗り替えリフォームの時期(耐用年数)

一般的なモルタルの外壁や、窯業系サイディング、ガルバリウム鋼板などの場合、外壁塗り替えリフォームの適切な時期は建築後10年目から10年ごとくらいです。
屋根の塗り替えも同時期なので一緒に行いましょう。

塗り替えの必要がないのは屋根材では瓦(陶器瓦)ですが、外壁ではタイルです。
タイルも瓦と同じ焼き物で、釉薬で色付けを行っているものと自然の色合いを大切にした無釉タイルがありますが、いずれも塗り直しの必要はありません。

しかしタイルの目地はひび割れや剥がれのおそれがありますし、タイルの浮きも修理が必要です。

タイルの色柄を模したタイル調サイディングは塗装品ですので、塗り直しが必要です。

外壁を塗装している写真

(写真/PIXTA)

外壁塗り替えリフォームの費用相場と工期

外壁用の塗料にはいくつかの種類があります。

一般的に使われているのは、アクリル系やウレタン系の塗料です。シリコン系、無機系、フッ素系、光触媒系などとなると耐久性はアップしますが価格も高くなります。
どの塗料を選ぶのかは、リフォーム会社に相談して見積もりを確認しながら決めましょう。

外壁塗り直しリフォームの費用相場は、約80万円~120万円(延床面積120m2程度の家の場合)です。
これには足場工事費や外壁補修、サイディングのコーキング打ち直しなどの費用を含んでいます。

なお、コーキングの打ち直しは、その工事単独でもできますが、コーキング打ち直しにかかる費用は足場工事を含めると約20万円~30万円になります。
足場工事費用がかかることを考えると塗装時に行うのがお得です。

外壁塗り替えリフォームの工期は、外壁単独で約1週間~10日です。
屋根塗り替えも同時に行うと約10日~14日です。

外壁重ね張りリフォーム(カバー工法)のやるべき時期(耐用年数)と費用の相場

外壁重ね張りリフォーム(カバー工法)をやるべき適切な時期はいつなのでしょうか?
また塗装と比べると費用は高いといわれますが、どれくらい違うのでしょうか?

外壁重ね張りリフォーム(カバー工法)とは

外壁重ね張りリフォーム(カバー工法)では、既存の外壁材を残してその上に新しい外壁材を張ります。解体による廃棄物が出ないのがこの工法のメリットの一つです。

重ね張りの方法は、モルタル外壁やサイディングの上に胴縁という角材を取り付けて、その上に新しい外壁材を張るのが一般的です。

胴縁を下地に用いることで、既存の外壁と新しい外壁材の間に空気の通り道ができます。
それによって壁の中に発生する内部結露を防ぐことができ、躯体を長持ちさせることができるわけです。

重ね張りに用いる外壁材は、ガルバリウム鋼板や窯業系サイディングが一般的です。
とくにガルバリム鋼板は軽量なことから、壁の重量をあまり増やさないというメリットがあるため、よく用いられています。

外壁は重ね張り(カバー工法)の図

外壁重ね張りリフォーム(カバー工法)の時期(耐用年数)

外壁の重ね張りは、外壁材が傷んで塗装では美観がよみがえらないときに行います。

外壁材の種類によって、あるいは立地条件によって劣化の度合いはさまざまなので、一概にはいえませんが、築20年目くらいからを目安にするとよいでしょう。

外壁が新しい外壁材ですっかり覆われるので、新築時と同様の見かけになるのがこの工法の特徴です。

ただ既存の外壁表面だけでなく、壁の中身まで結露などによる傷みが進んでいる場合は、それを覆い隠すことになってしまいます。
その場合は、覆い隠すことでかえって老朽化を進めてしまいかねないので、この工法はおすすめできません。

この工法を採用する前にリフォーム会社に壁をよく点検してもらい、大丈夫かどうか判断をしてもらいましょう。

壁を点検中の写真

(写真/PIXTA)

外壁重ね張りリフォーム(カバー工法)の費用相場と工期

外壁の重ね張りリフォーム(カバー工法)の費用は、上に新しく張る外壁材のグレードによって左右されます。
一般的にはガルバリウム鋼板が多く用いられています。

外壁の重ね張りリフォーム(カバー工法)の費用相場は、約150万円~300万円です(足場工事含む延床面積120m2程度の家の場合)。

外壁の重ね張りリフォーム(カバー工法)の工期は約2週間~3週間です。

外壁張り替えリフォームのやるべき時期(耐用年数)と費用の相場、工期

張り替えは、外壁リフォームの最後の手段です。
費用もほかの外壁リフォームより高くなりますし、工期も長くなります。

外壁材を剥がして新しい外壁材で張り替えますが、既存の壁の状態によっては工事の種類も増え、工期が長くなるとともに費用も上がります。

外壁張り替えリフォームの費用相場と工期の目安を見ていきましょう。

外壁張り替えリフォームとは

外壁の張り替えは、既存の外壁材を剥がし、断熱材が正常な状態なら、透湿防水シートを張り替えたうえで新しい外壁材を張ります。

断熱材がカビで真っ黒になっていたり、湿気にやられて垂れ下がっているような状態なら既存の断熱材を撤去して断熱工事からやり直します。
また、併せて耐震補強も行うのがよいでしょう。
外壁の張り替え時は、断熱性および耐震性を向上させるチャンスです。

外壁張り替えの図

外壁張り替えリフォームの時期(耐用年数)

外壁の張り替えは、既存の外壁がかなり劣化し、下地からやり直したほうがよい場合に行います。築25年~30年目くらいからが目安になるでしょう。

断熱の状態や耐震性なども含めて、リフォーム会社によく見てもらいましょう。そのうえで必要な工事をきちんと行えば、安心して快適に長く住める家になります。

外壁張り替えリフォームの費用相場と工期

外壁張り替えリフォームの費用相場は、約200万円~400万円です(足場工事含む、延床面積120m2程度の家の場合)。新しい外壁材のグレードや断熱工事が必要かどうかなどで費用は変わります。

外壁張り替えリフォームの工期は、約2週間~4週間です。

リフォームの種類 費用相場 工期の目安
塗り直し 約80万円~120万円 約1週間~10日
重ね張り(カバー工法) 約150万円~300万円 約2週間~3週間
張り替え 約200万円~400万円 約2週間~4週間

外壁と屋根リフォームは一緒にやると安くできる

外壁リフォーム、屋根リフォームともに足場工事が必要です。
足場工事は約25万円~35万円の費用がかかりますが、一度に行えば足場工事代は1回分で済むことになります。

余計な出費を抑えるために、なるべく時期を合わせて屋根工事と外壁工事を行いましょう。

外壁リフォームの実例とかかった費用

塗り直し、重ね張り(カバー工法)、張り替えの外壁リフォームの実例と費用を紹介します。

外壁塗り直し/長持ちする塗料で明るい色に塗装

外壁の汚れが気になりだしたので、明るいイメージに塗り直しました。
ひび割れなどはきちんと補修し、高圧洗浄でしっかり汚れを落としたうえで、耐久性に優れたシリコン系塗料で塗り替えました。
撥水性があり、汚れもつきにくい塗料なので、長期間美観を保ってくれることが期待されます。

【Before】

汚れが目立ち始めていた以前の外観の写真

汚れが目立ち始めていた以前の外観
【After】

耐久性のあるシリコン系塗料で塗り直した外観の写真

耐久性のあるシリコン系塗料で塗り直し、明るいイメージになった外観(写真提供/松本巧舎)

DATA
リフォーム費用/約125万円
リフォーム内容/外壁塗り直し
工期/2週間
築年数/30年超
設計・施工/松本巧舎

外壁塗り直し/上下ツートンで塗り替え、シンプルな外構とマッチ

築15年の中古住宅を購入し、外壁を塗り替えました。
上下で色分けし、1階部分を濃く、2階部分を白くすることでメリハリのある外観になりました。

【Before】

以前のベージュ色の外壁の写真

以前の外壁の色はベージュで、経年変化により、くすんだ感じになっていました
【After】

塗り直したツートンカラーの外観

上下ツートンで塗り直し、新鮮なイメージの外観になりました(写真提供/山商リフォームサービス)

DATA
リフォーム費用/約150万円
リフォーム内容/外壁塗り直し、玄関まわり
工期/1.5カ月(内装工事等含む)
築年数/15年
設計・施工/山商リフォームサービス

外壁重ね張り(カバー工法)/断熱効果も考慮して重ね張りに

外壁が古びてきたので、塗り直すか重ね張りにするかを検討した結果、断熱効果も考慮して、裏側に断熱材を装填したガルバリウム鋼板のサイディングを重ね張りすることにしました。
ベージュの落ち着いた色合いできれいに仕上がりました。

【Before】

劣化が目立っていた以前の外壁

築40年で劣化が目立ってきていた外壁
【工事中】

胴縁の上に新しいサイディングを取り付けている工事写真

既存外壁の上に防水シートを施工し、胴縁(板)を取り付け、その上に新しいサイディングを取り付けているところ
【After】

サイディングの取り付けが終わった写真

サイディングの取り付け終了、足場を外せば工事完了です(写真提供/優・創建)

DATA
リフォーム費用/約155万円
リフォーム内容/外壁重ね張り
工期/7日
築年数/40年
設計・施工/優・創建

外壁重ね張り(カバー工法)/タイル調サイディングでイメージ一新

築16年ですが外壁のイメージを変えようと、重ね張り(カバー工法)でタイル調サイディングを採用しモダンな外観に変えました。
家の見た目がガラリと変わり、新築のような見栄えになりました。

【Before】

汚れも目立ってきていた以前の外壁の写真

汚れも目立ってきていた以前の外壁
【After】

タイル調サイディングで重ね葺きした外観

シックな色調のタイル調サイディングで重ね張りし、新築のようになった外観(写真提供/山商リフォームサービス)

DATA
リフォーム費用/約299万円
リフォーム内容/外壁重ね張り(カバー工法)
工期/約1カ月
築年数/16年
設計・施工/山商リフォームサービス

外壁張り替え/屋根も同時に軽量な鋼板に張り替え

築40年の中古一戸建てを購入し、耐震診断に基づき、筋交いと構造用合板で耐震性を強化する機会に外装も一新しました。

屋根・外壁ともに耐久性があり軽量な素材ガルバリウム鋼板で葺き替えました。
壁と屋根の内側には断熱材を装填し、また窓は断熱効果の高いLow-Eサッシを採用することで寒さも解消しています。

【Before】

築40年の中古一戸建て、リフォームする前の外観の写真

築40年の中古一戸建て、リフォームする前の外観
【After】

シルバー色のガルバリウム鋼板で張り替えてフレッシュな印象になった外観の写真

シルバー色のガルバリウム鋼板で張り替えてフレッシュな印象になりました(写真提供/山商リフォームサービス)

DATA
リフォーム費用/約400万円
リフォーム内容/外壁・屋根張り替え、断熱
工期/2.5カ月(内装含む全体)
築年数/40年
設計・施工/山商リフォームサービス

外壁張り替え/劣化したモルタル壁をサイディングに変更

築25年でモルタル壁はところどころ剥がれていました。
そこで外壁をサイディングに張り替え、以前のクラシカルなデザインからシンプルモダンな外観へとイメージを一新しました。

併せて躯体の補修工事や軒天・破風・雨樋といった屋根まわりの塗装も行っています。また、傷んでいたバルコニーも外壁に合わせたデザインでつくり変えました。

【Before】

欧風のクラシカルなデザインだった以前の外観の写真

欧風のクラシカルなデザインだった以前の外観
【After】

古くなった外壁を剥がし新たにサイディングで張り替えた外観の写真

既存の外壁を剥がし新たにサイディングで張り替えた外観。バルコニーもつくり変えました(写真提供/山商リフォームサービス)

DATA
リフォーム費用/約447万円
リフォーム内容/外壁張り替え、軒天・破風・雨樋塗装、バルコニー
工期/2カ月
築年数/25年
設計・施工/山商リフォームサービス

外壁リフォームで使える補助金や助成金

外壁リフォームだけでもらえる国からの補助金はありませんが、自治体では遮熱塗装などの工事費を一部補助するところがあります。

例えば東京都品川区では、外壁や屋根に遮熱塗装を行う場合、工事費(税抜き)の10%(上限20万円)が補助されます。

また、東京都世田谷区では、外壁や屋根の断熱リフォームなどの必須工事を必ず一つ行ったうえで外壁塗装(外壁単体では対象にならない)を行うと補助金が出ます。外壁等の断熱リフォームを行った場合は、工事費の10%(上限40万円)となっています。

こうした補助制度がお住まいの地域にあるかを自治体のホームページなどで確認してみましょう。また、地域のリフォーム会社なら詳細を把握している会社も多いと思います。

どの補助制度も必ず申請の締め切りがあり、締め切り前でも予算に達した場合中止になることがあるので、注意してください。

外壁リフォームの会社選び、注意点

外壁リフォームは屋根リフォームと同様に住宅の寿命に関わる大事な工事ですので、信頼のおける会社を見つけて長くお付き合いしたいものです。
会社選びの注意点を以下にまとめます。

会社選びは実績を重視して

リフォーム会社を選ぶ際は、どのリフォームにも共通しますが、実績を重視することが大切です。リフォーム会社はそれぞれ得意とする分野があります。

なかには設備工事や内装が得意だが、外装はあまり手掛けていない場合もあります。

また、会社によっては工事費が500万円を上まわるような大規模な工事を多く手掛けていて、部分的なリフォームの実績が少ない場合もあります。

外装リフォームを依頼するなら、外壁や屋根工事の実績がどれくらいあるのかを見てみましょう。
さらに部分リフォームを希望するなら、外壁や屋根だけでも対応してもらえるのかを確認しましょう。そのうえで、現場を見てもらってから適切なアドバイスをしてくれる会社を選べば、失敗しないでしょう。

現場を見て確認するリフォーム会社担当者

(写真/PIXTA)

見積もり明細を出してもらおう

リフォーム会社に現場を見てもらい、塗装や張り替えなどリフォームの方法が決まったら、次に見積もりを出してもらいましょう。

見積もりは、工事費の総額がわかるだけではなく、工事内容ごとに明細がわかるものが必要です。そうでないと信頼がおけませんし、明細が伴わない見積もりでは各社の見積もりを比較することもできません。
見積もりの出し方、内容の比較を行うためにも3社程度の会社から見積もりをとりましょう。

外壁リフォーム見積もりの見方

外壁塗装の場合の見積もりの書式例とその見方を説明します。

外壁塗装の見積もり例
名称 仕様 数量 単位 単価(円) 金額(円) 備考
足場工事 くさび式 250 m2 1,000 250,000  
シート養生 メッシュ 防災一類 250 m2 500 125,000  
高圧洗浄   150 m2 250 37,500  
外壁塗装 シリコン2回塗り 125 m2 2,500 312,500  
下地処理 下塗り1回 125 m2 300 37,500  
軒天塗装 アクリル樹脂塗料 30 m2 1,000 30,000  
破風板塗装 アクリル樹脂塗料 50 m2 700 35,000  
小計         827,500  
諸経費         40,000  
消費税         86,750  
合計         954,250  

名称/この欄には行われる工事の全てが記載されます。ここにない工事は行われないということです。上記の例では屋根に付帯する軒天や破風板の塗装も併せて行われることがわかります。

仕様/この欄にはどのような塗料が用いられるのか、塗装はどういう方法で(ローラーや吹き付けなどの種類)行われるのか、さらに塗装は何回行われるのかなどが記載されます。

数量・単位/この欄は塗装される施工面積やコーキングの長さなど、量が数字で明確に表されます。

単価/1m2あるいは1mあたりの金額が記載れます。

金額/単価に施工面積や長さを掛けて費用を示します。その合計が小計欄に記載されます。その金額に「諸経費」と「消費税」を加えたものが合計欄に記載されます。

「諸経費」とはリフォーム会社の現場管理費や運搬費などの経費のことで、工事費総額の約5%~10%に相当します。

外壁リフォームの方法と費用のまとめ

外壁リフォームの方法は、塗り直し、重ね張り(カバー工法)、張り替えの3種類です。

塗り直しは10年ごとくらいを目安にメンテナンスを兼ねて定期的に行うべきものです。

重ね張りは、既存の外壁を撤去しないで、その上に新しい屋根材を施工する方法です。
塗装では対応できないほど外壁が汚れ、ひび割れも目立ってきた時点で検討するべきものです。20年目以降が目安となります。

張り替えは、既存の外壁をはがして新たに下地から外壁をつくっていく方法です。
外壁の下地が傷んで雨漏りのおそれが出てきた時点で検討するべきものです。築25年目以降が目安になります。

時期はあくまで目安で、傷み具合によってはそれより早くなる場合もあります。
費用は塗装、重ね張り(カバー工法)、張り替えの順で高くなります。

塗装を適切に行うことで、費用が多くかかるほかの外壁リフォームの時期を遅らせることが可能なので、くれぐれも塗装・メンテナンスの時期をきちんと守るようにしましょう。

 

 

構成・取材・文/林直樹 イラスト/長岡伸行
監修・試算協力/柏崎文昭(甚五郎設計企画)