"20240613200934:H:0" "20240613200934:H:0" "20240613200934:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

744 件見つかりました
  • Q
    買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?
  • A

    新着 【まずは現状を把握させて頂きます】

    売却を先行するにしろ、購入を先行するにしろ、資金計画に無理があってはうまくいきません。スムーズに買い替えをしていくには、事前に念入りな計画を立てていくことが必要です。弊社ではご理解を頂いたうえで、進めていきますので、安心してお声掛けください。 ( (株)YSホーム )

  • A
    松井悠輔

    新着 売り先行か買い先行かを定めることが買い替えの第一歩です!

    買い替える理由や住宅ローンが残っている場合など、お客様のご状況に合わせて、先に売却するか購入するかを選択します。買い替えは、市場の動向や建物の劣化状況によっていくらで売却ができるのか、ご希望条件に合わせた物件が見つかるのかなど、購入のみよりもより専門的な知識が必要です。弊社では、豊富な知識と経験により、お客様の意向に合わせた提案が可能です!まずはご自宅の査定からお気軽にご相談くださいませ。 (担当: 松井悠輔 / (株)エスコンホーム )

  • A
    高野 謙一

    新着 弊社が直接売却物件を買取いたします!

    「買い先行」売却を進める前に先に購入物件を探すことを指します。メリットは、購入物件をゆっくり探せる点があります。デメリットは購入物件が決まってから、売却活動を急がなければならないので、ゆっくりと高額の取引を目指すことがやや難しくなります。「売り先行」購入を進める前に先に売却活動をすることを指します。メリットは、希望の価格で販売をする時間がある点です。デメリットは売却が決まってから、購入物件を探す期間が限られてしまう点です。最悪、一度賃貸に入ることも考えなければなりません。弊社は、売却に困った際には、直接買取りをすることが可能です。 (担当: 高野 謙一 / ハウスドゥ横須賀衣笠(株)ドリームプランニング )

  • A
    田中 駿佑

    新着 買うのが先か、売るのが先かを決めましょう!

    買い替えをご検討の際に、必ず問題点として出てくるのが住宅ローンになります。先に買いたい物件が見つかった時に、今のお家を売らなければ住宅ローンが組めない、、、と銀行に判断されるケースもございます。大きな選択肢としては、(1)先に新しいお家を購入し、後からゆっくりご売却。(2)先にご売却し、新しいお家をゆっくり検討。どちらの流れであっても、メリット・デメリットはございます。弊社では、お客様のご希望やご状況に合わせてアドバイスさせて頂きます!お気軽にご相談くださいませ! (担当: 田中 駿佑 / ハウスバンク不動産(株) )

  • A

    まずは、購入方法の流れを確認しましょう!

    買い替えの場合、購入方法の流れが複数ございます。例:現金購入・住宅ローン利用によって、まずはどんな流れであれば買替えがスムーズに行くのかご説明させて頂きます。こちらの店舗では、中古物件などの仲介業務対応を行っておりません。その為、当社グループ会社の、「中古住宅情報館」をご案内しております。是非、買取や仲介業務などお気軽にご相談ください。 ( 茨城グランディハウス(株)ひたちなか支店 )

  • A

    売却のめどをつけるのが大事です。

    購入したい物件を探すのも大事ですが、現在持っている、住んでいる自宅のご売却のめどをつけることが先決です。一般で売り出しして、売れなけばお住み替えが出来ない場合は、必ず買ってくれる業者買取の方法も考える必要がございます。この家に住替えたいと思っても自宅が売れないと買えませんので、チャンスを逃さないように一緒に組み立てをしましょう。 ( 東海住宅(株)四街道支店 )

  • A
    相馬 勇哉

    先に購入希望なのか、売却希望なのかで変わる提案

    売却は決まったけど良い購入物件が見つからない。購入は決まったけど売却が思うように決まらない。どちらも、避けなければならないことです。売却想定額や希望購入物件がありそうかどうかなど、営業マンとしっかりと打ち合わせのうえお話を進めてください。弊社ではお客様のペースに合わせて資金繰りからお手伝いさせて頂いております。売却と同時に新居へ入居したい場合や、ゆっくりと売却をしながら、良い新居が出てきた場合に引っ越したい等の様々なご要望にお応え出来るようサポートさせて頂きます。 (担当: 相馬 勇哉 / 東宝ハウスグループ(株)東宝ハウス王子 )

  • A
    四谷 圭

    仮住まいやダブルローンなどが発生しないように調整いたします

    ご購入先行かご売却先行かは、お客様のご状況次第でご提案も変わって参ります。お引き渡しの延長や停止条件等、うまく進める方法は多岐にわたりますが、出来る限りお客様にストレスがかからないよう、最良のご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください。 (担当: 四谷 圭 / (株)ライフイノベーション )

  • A
    門馬 悠太

    売却を先行するor購入を先行する。どちらが適しているか見極めてください!

    売却を先行する場合、売却額に合わせて買替え先を探すため、予算に狂いが生じることが少ないですが、売却後、購入先が見つからないと仮住まいが必要となるのがデメリットと言えます。これに対し、購入を先行する場合、仮住まいの必要は少なくなりますが、購入後売却がうまくいかないと、予算での狂いが生じることがあります。この2つは買替え先のご希望や住宅ローン残債の有無、現在の住宅の売却予想額によって選択が異なります。住宅情報館では、独自の査定システムと購入を先行した場合、万一売却が出来なかった際の保険である『買い取り保証制度』をご用意し、お客様に最適なお住替えをご提案いたします。是非お気軽にご相談ください! (担当: 門馬 悠太 / 住宅情報館(株)武蔵村山店 )

  • A
    大澤 昭夫

    (1)計画的なスケジュール管理(2)査定や相場価格の比較(3)信頼できる不動産会社やエージェントの活用

    売却と購入のタイミングを調整し、スムーズな移行を図ります。売却と購入の手続きを同時進行させることで、スムーズな移動が可能です。現在の住宅価格を把握し、市場動向や類似物件の価格を比較します。的確な査定や適正価格の設定を行い、売却価格を最大化します。売却と購入の両方をサポートしてくれる信頼できる不動産会社やエージェントを選びます。彼らの助言と経験を活用し、円滑な取引を行います。 (担当: 大澤 昭夫 / (株)オーエス )

  • A
    細金 咲希

    売却物件の査定をしましょう !

    お客様のご希望金額をお教えください。経験豊富なスタッフが、☆近隣の相場 ☆ 近隣の販売事例 ☆ 過去10年までさかのぼり、成約事例 等々・・。 色々な角度からお客様の資産価値を、お伝えさせて頂きます。 おおよその売却金額がわかれば、購入するご希望の価格帯が 決めやすいのではないでしょうか? 購入物件を含めた資金計画もさせて頂きますので、ご安心下さい (^O^) 買い取り保証制度も ございますので、安心して、ご相談下さい。 (担当: 細金 咲希 / (株)ひだまりハウス日立支店 )

  • A

    最初に手間を惜しまず、資金計画を立てることがポイントです。

    現実的なお話になりますが、資金計画が住替えの段取りの要になります。資金計画の確認がポイントになりますので、まずはお話を聞かせてください。売却予定のローン残債の確認【ローンの返済表をご提示ください】、ご購入計画のローン計画【源泉徴収票もしくは確定申告書の写し】等をご用意ください。ご自宅がどのくらいで売れるかとの査定も必要になりますので、お部屋を拝見させていただきます。売却・購入と手続きが重なり、大変ですが経験豊富な担当者がサポートいたしますので、ご安心してお任せください。 ( (株)長谷工リアルエステートおおたかの森店 )

  • A
    高橋 諒太

    買い先行、売り先行とどちらを選択するかで手順は変わりますがどちらでもうまく進められます。

    買い先行の場合、売りのほうで残債があるというお客様は売りを売却しなければなりません。そういった場合、売却するまでに時間を要すると買いの物件が売れてしまう可能性がございます。なので、一時的にダブルローンにして購入する方もいます。ですが、現代の銀行はダブルローンにしなくとも借り入れ可能な銀行もございますのでご安心ください。売り先行の場合は、弊社が得意とするポータルサイトにて売却活動を行い早期売却、高価取引をさせて頂きますのでこちらもご安心ください。 (担当: 高橋 諒太 / リプラス(株) )

  • A

    最初に手間を惜しまず、資金計画を立てることがポイントです。

    現実的なお話になりますが、資金計画が住替えの段取りの要になります。資金計画の確認がポイントになりますので、まずはお話を聞かせてください。売却予定のローン残債の確認【ローンの返済表をご提示ください】、ご購入計画のローン計画【源泉徴収票もしくは確定申告書の写し】等をご用意ください。ご自宅がどのくらいで売れるかとの査定も必要になりますので、お部屋を拝見させていただきます。売却・購入と手続きが重なり、大変ですが経験豊富な担当者がサポートいたしますので、ご安心してお任せください。 ( (株)長谷工リアルエステート上大岡店 )

  • A

    手数料定額の不動産売却【 定額の498000円 】

    『マンションを高く売りたい!』、『手数料は安い方がいい!』と考える売主様にグランドネクスト不動産は選ばれています。売却時の仲介手数料は【 定額の498000円 】です。もちろん担当の売却エージェントがフルサポートにてご購入のお手伝いも致します。お金や時間も効率よくお住み替えを進めるなら、「仲介手数料を大幅に節約」、「全国の不動産会社に情報を公開」、「宅地建物取引士が完全サポート」のグランドネクスト不動産に是非お任せ下さい! ( グランドネクスト(株) )

  • A
    関根 秀仁

    何パターンかありますので、まずはご相談ください。

    ・年収に余裕があり、住み替える物件を先に契約できる方。・まずは売却をしないと住み替えが難しい方。・売却と住み替え同時進行で、最終的には買替保証などを利用しても良いという方。他にも方法はあります。お客様の家庭状況でどれが適切か変わってきますので、ぜひ一度ご相談ください。 (担当: 関根 秀仁 / (株)イエスタジオ )

  • A
    ミライズホームサポートスタッフ

    住んだまま売却できるのか?無理のないお買い換えをご提案いたします!

    売却を先行するか、購入を先行するか、同時並行なのか・・・お客様のご状況によってお買い替えの方法は様々なのが事実です。実際に、先に購入からのお客様も、売却からのお客様も、弊社ではたくさん担当させていただきました。住宅ローンをご利用されるお客様は、使える金融機関も絞られてきたりもします。残債や資金計画と相談しながら一緒に最適な方法で進めて参りましょう! (担当: ミライズホームサポートスタッフ / ミライズホーム(株) )

  • A
    市川泰洋

    売却価格を把握して、無理のない返済にすることが大切です。

    売却価格がローン残債より少ない場合、残債を一括で返済するか、審査が通れば新居の住宅ローンとのダブルローンとなる場合があります。売却したのに金銭面で苦しい思いをしない為にも、売却を価格をしっかり把握する必要があります。弊社は販売だけではなく、売却も注力しておりますので、ぜひご相談ください。 (担当: 市川泰洋 / 住協グループ(株)住協若葉支店 )

  • A
    田中 大樹

    売却のご相談も承っております。

    買い替えをご希望の場合、まず売却する物件をしっかり整理しましょう。現在の相場、どのぐらいでの成約が見込めるのか。しっかりと売却損益を見据えて考えていく事がいいと思います。高く売れた場合、税金の支払いもございます。ご売却も対応を行っておりますので、お気軽にご相談ください♪ (担当: 田中 大樹 / (株)さがみ不動産 )

  • A
    鈴木 勇輝

    資金計画に余裕があれば、まずは購入先を探しましょう。

    購入先行のメリットは、人気物件であっても売却期間を設けずに検討できる点です。しかし、自宅に抵当権が設定されている場合など、売却できなければ購入できない場合は、いくらで売却できるかの目安を把握することが大切です。住み替えたいと思う物件があってこその売却だと思います。デメリットは、購入を検討している物件に人気がある場合は、早急に売却を確定し、現金化しなければならず、売却価格に影響が出るケースがあります。お客様に合った資金計画や進め方がありますので、ぜひ当店でサポートをさせていただきます。 (担当: 鈴木 勇輝 / (株)クレドハウジング 本店 )

  • A
    岩間七美

    ホームインスペクションの積極導入

    弊社では建築事務所との連携をしており、設計士が売却査定時にお伺いをするプランがあります。売却予定の建物をしっかりと把握をすることで、売却予定物件を早期に売却をし買い替えのお住まい探しをスムーズに行えるサービスを備えております。 (担当: 岩間七美 / (株)ファミーリア )

  • A

    得意分野です!お任せください!

    先ず肝となりますのは「現在の持ち家の住宅ローンの残債金額」及び「売却相場」の2点です。あとは売却を急いでいるかどうか、売却損(損が間違いなく出てしまう場合)の持ち出し資金が出せるかどうかなどが重要です。弊社にて買取可能な場合もございますのでお気軽にご相談ください。それと売却の資金計画を土台とした購入可能金額の算出、そのご予算の範囲内での購入希望物件が現実にあるか否か?も初めの段階でピントを合わせておくことも重要です。是非ご相談ください! ( 優和地所(株) )

  • A
    横田 雅樹

    時期・資金面が非常に重要です。

    まずは、現在の住宅の既存ローンの有無が重要です。既存ローンの額によっては購入できないケースもございます。多くのお客様から、「売却・購入時期のタイミング、売却・購入資金に無理はないか??」とのお声を多く頂いております。事前に、弊社スタッフにて無理の買い替え計画案をご提案させていただきます。是非、お気軽にご相談下さい。 (担当: 横田 雅樹 / 多摩ハウジング(株) )

  • A
    漆原 尚弥

    ローン条件の確認、スケジューリングが重要です!購入と売却は同じ会社に任せた方が良いです◎

    民間銀行では基本的に住宅ローンを二重で組むことは難しいので、売却物件に住宅ローンが残っている場合は売却先が決まっていることなどが必須条件になってきます。フラット35では2つ目のお家のローンが通る場合もありますので、事情があり先の売却が難しい場合などは住宅ローンの通せるよう今まで経験を活かしサポートいたします!売却と購入を一緒にする場合は、スケジューリングも大変重要になってきますので、同じ会社に任せた方がやり取りもスムーズなのでおすすめです◎当社では売却も承れますので、お気軽にご相談ください(*^-^*)ご相談したからと言って無理な営業はいたしません! (担当: 漆原 尚弥 / 前橋みなみ不動産(株) )

  • A
    石野 有加

    資金計画の把握が一番大切です。

    お客様の住み替えする目的や状況によって購入と売却するコツも変わってきますが、、ただ、どういったパターンでも何通りかの資金計画を作っておいた方が良いのは間違いありません。次の家探しを進めると同時に売却の事も視野にいれておいたとしても、予期せぬ事が起きる可能性があります。欲しい家が考えていたものよりも高くなった。売却見込みの金額が少し安くする必要が出てきた。市況が変わってきた。ローンの内容が変わってしまったなど。色々問題が出てくるかもしれません。そうなったとしても自分たちが対応できるかどうかの判断ができるよう準備しておけば安心です。準備を組む段階で売却計画も変わりますので是非ご相談ください。 (担当: 石野 有加 / (株)アスカホーム )

  • A
    三原のゆ里

    必ず事前に資金計画を具体的に立てること。購入と売却は1社に任せることが重要です。

    買い替えの場合は、事前の資金計画が重要です。住宅ローンを利用する場合は、売却先が決まっていないといけない場合もあります。お客様によっては、先に買い替え先を購入し、後から売却することも可能です。買い替えの流れを組み立てることは経験の少ないスタッフには難しいかもしれません。ぜひ経験豊富な当社にお任せ下さい。また、売却と購入を別々の会社にお願いするのは望ましくありません。弊社では、インターネット広告に力を入れてますので、物件の売却もスムーズにいくと思います。 (担当: 三原のゆ里 / センチュリー21 (株)越後ホームズ東京支店 )

744 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 中古一戸建て > 中古一戸建て 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
中古一戸建てを探すなら|SUUMO(スーモ)中古一戸建て
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。