廊下リフォームの費用相場。バリアフリーリフォームには助成金や税金の控除も

廊下リフォームの費用相場。バリアフリーリフォームには助成金や税金の控除も

家の中をリフォームする際には廊下も合わせて考えましょう。玄関を入ってすぐ目に留まる廊下は、住まいの第一印象を大きく左右します。また、廊下は安全に歩行ができないと転倒事故にもつながります。見栄えの良さと安全性の両方に配慮した廊下リフォームの方法と費用相場を紹介しましょう。

安全な廊下にリフォームする事例と費用相場

高齢者にとって転倒による骨折は介護が必要になってしまう主原因の一つ。
屋内で転倒する事故も少なくないので、廊下にも転倒事故を防ぐ対策が必要です。
廊下リフォームで可能な対策を紹介しましょう。

廊下リフォームのイメージ
廊下は部屋との一体感も大切(写真提供/ハコリノベ(サンリフォーム))

助成金を活用し廊下に手すりを設ける

廊下で転びにくくするためには、手すりの設置が有効です。
手すりの位置は、よく使う人が伝い歩きしやすい位置に取り付けてもらいましょう。

手すりの設置費用は約5mの長さで設置するとして、約5万円~10万円です。

●手すりの設置 費用相場
約5mの長さ 約5万円~10万円

なお手すり設置は、介護保険の助成対象になっています。
助成を受けられるのは要介護・要支援を受けている人。
助成額は、かかったリフォーム費用のうち最大額で20万円の9割、18万円です。
収入によっては20万円の8割または7割になる場合もあります。

助成を受けるには、ケアマネジャーに申請理由等を記入してもらう必要があるので、まずはケアマネジャーに相談しましょう。

DAIKEN 手すり
DAIKEN 手すり
上面がフラットになっていて手を置きやすい手すりも(写真提供/DAIKEN)

手すり設置リフォームで税金の控除も

また、手すりを設置するリフォームを行うと、所得税の控除や固定資産税の減額も受けられます。
こちらは工事費が50万円を超える場合なので、床段差の解消や浴室・トイレの改良など、対象となるほかのバリアフリーリフォームと合わせて行うのがよいでしょう。

所得税の控除額は現金またはローンを利用して行った場合、最大20万円、5年以上のローンを利用した場合、5年間で最大62万5000円です。
固定資産税は、リフォーム完了年の翌年分が家屋100m2相当分のうち3分の1が減額されます。
この制度の期限は2021年12月31日(所得税)、2022年3月31日(固定資産税)です。

廊下と部屋の段差をなくす方法

廊下から部屋に出入りするとき、ドアの下に段差があるとつまずく原因になります。
大がかりなリフォームをしなくても、段差を解消するスロープを取り付ければつまずきの防止になります。
自分で取り付けができ、工事のいらない製品が通販などでも売られています。
価格は約3000円~7000円程度です。

TOTO 段差解消スロープ
段差のある場所に取り付けてつまずきを防止するスロープ(写真提供/TOTO)

土間と廊下の上り下りをラクにできるようにする

古い一戸建てになると玄関の土間と廊下との段差が大きい例も多いようです。
高齢になると上り下りが大変で、ケガの心配もあります。

土間と廊下の段差を解消するには、「式台」という昔ながらの方法があります。
写真のよう手前にもう一段設けて段差を小分けにする部材です。

玄関に式台を造作する費用相場は、約5万円~8万円(間口約90cm)です。

介護者も一緒に歩けるよう廊下の幅を広げる

通常、一戸建ての廊下の幅は78cm(有効幅)が多いようです。
マンションはもう少し広いケースもあります。

車椅子でスムーズに通行したり、介護者が横に並んで歩いたりするには90cm程度の幅が欲しいところですが、廊下の幅を広げるのは、ほかの空間に影響するので、小規模工事では難しいと思います。

また、廊下の幅を広げる工事は、構造に関係するので、耐震性を損なわないように行う必要があります。

間取り変更を含む、ある程度大がかりなリフォームとして、リフォーム会社にプランを提案してもらいましょう。

その際にきちんと見積もりをもらい、予算と照らし合わせて検討しましょう。

階段の手すりを使う女性
(写真/PIXTA)

廊下の内装をリフォームする事例と費用相場

廊下は玄関から続く、住まいの第一印象を与える場です。
古い廊下の内装は一新して、お客さまを気持ちよく迎えられるようにしましょう。

廊下の床を上張りでキレイにリフォーム

フローリングの床は、上張りと張り替えの2種類の方法で一新できます。

上張りは既存のフローリングをそのままにして、上から新しいフローリングを重ねて張る方法です。
既存の床材の解体撤去費がかからない分、工事費は安いです。
フローリングの上張り費用は1m2当たり約6000円~1万1000円ほど。

上記は複合フローリング使用の場合で、むく材や、複合フローリングでも防音フローリングは費用が上がります。

むく材のフローリングの上張りリフォームは、1m2当たり約9000円~1万6000円、防音フローリングの上張りは1m2当たり約1万1000円~1万6000円です。

●フローリングにフローリングを上張りするリフォーム費用相場(1m2当たり)
材料 上張り費用相場
複合フローリング 約6000円~1万1000円
むく材のフローリング 約9000円~1万6000円
防音フローリング 約1万1000円~1万6000円

廊下の床を張り替えリフォーム

フローリングの張り替えリフォームは、既存の床材を撤去した上で、新しいフローリングを施工します。
解体撤去費がかかるので、上張りより工事費は上がりますが、既存の床と同じ高さになること、古くて軋んでいた床材がそっくり新しくなることがメリットです。
その際に下地が傷んでいれば、下地から交換することもできます。

上張りでよいか、張り替えるべきかを軋み具合などからリフォーム会社に判断してもらいましょう。

フローリングの張り替えリフォーム費用は、複合フローリングで1m2当たり約9000円~1万4000円ほど。
むく材のフローリングへの張り替えは、1m2当たり約1万2000円~1万9000円、防音フローリングへの張り替えは1m2当たり約1万4000円~1万9000円となります。

●フローリングからフローリングへの張り替えリフォーム費用相場(1m2当たり)
材料 張り替え費用相場
複合フローリング 約9000円~1万4000円
むく材のフローリング 約1万2000円~1万9000円
防音フローリング 約1万4000円~1万9000円
廊下リフォームのイメージ
内装を一新してギャラリーのようなしつらえに(写真提供/サンリフォーム)

廊下のカーペットを張り替える

カーペットは柔らかく、遮音性の高い素材です。
汚れが目立ってきたら、既存のカーペットをはがして、新しいカーペットに張り替えましょう。

カーペットの張り替え費用は、1m2当たり約1万円~できます。
毛足の長いタイプになるほど費用は高くなります。

●カーペットの張り替え費用
1m2当たり 約1万円~

廊下の壁・天井を張り替えリフォーム

壁・天井の仕上げで多いのはビニールクロスです。
ビニールクロスの張り替えリフォーム費用相場は、1m2当たり約2200~2400円ほどです。

自然素材の珪藻土や漆喰(しっくい)を用いた塗り壁となると費用は上がります。
塗り壁の費用相場は1m2当たり約6000万円~8000万円です。
塗り壁は調湿効果や消臭効果のある素材ですが、費用が高いので、ほかの空間とのバランスも考慮しながら、壁材を検討しましょう。

●廊下の壁・天井の張り替えリフォーム費用相場(1m2当たり)
ビニールクロス 約2200~2400円ほど
塗り壁(自然素材の珪藻土や漆喰(しっくい)) 約6000万円~8000万円ほど
廊下リフォームのイメージ
トリムを取り付けて壁の表情を変えた廊下(写真提供/サンリフォーム)

廊下に照明を設置する事例と費用相場

廊下はシーリングライトだけでなく、間接照明で演出すると雰囲気のある空間になります。
歩行の安全のためにはフットライトの採用も検討しましょう。

廊下の壁面に間接照明をつける

ブラケット照明は壁面に取り付ける照明器具です。
電気工事を含め、2セット取り付けて約4万円~5万円を見ておきましょう。

●廊下の壁面にブラケット照明をつける費用相場
2セット取り付け 約4万円~5万円(電気工事含む)

夜間用のセンサー付きフットライトを設ける

センサー付きフットライトは、夜間に廊下を歩くとき、全体を明るくしないで足元だけを照らしてくれる便利な照明です。
2カ所に取り付けるとして電気工事を含めた取り付け費用の一般的な相場は、約4万円~5万円です。

●夜間用のセンサー付きフットライトを設置する費用相場
2カ所 約4万円~5万円(電気工事含む)
Panasonic フットライト
フットライトがあれば夜中にトイレに行くときも安全(写真提供/Panasonic)

廊下に収納を設ける事例と費用相場

廊下幅を広げるリフォーム時などに、スペースを活用して壁面に本棚など収納を設けるケースも多いようです。
リフォーム事例を費用付きで紹介しましょう。

リフォームで廊下の壁面に棚を設ける

リフォームで廊下の壁面に本棚を造作する場合、ある程度廊下の幅がないと、狭苦しくなってしまいます。
間取り変更の際に廊下の幅を広げて、壁面を活用するのがよいでしょう。

この事例は、マンションの大規模リフォームの際に、廊下幅を広げて、奥行きの浅い本棚を造作しました。
天井いっぱいの高さにして、スペースを有効活用しています。

廊下リフォームのイメージ
寝室の前の廊下に本棚を設け、取り出してベッドで読書ができるようにした

リフォーム費用:113万円(概算)
工事内容:間仕切り壁を移動して本棚を造作
種別:マンション・築32年
設計・施工:サンリフォーム

廊下に棚を設けてギャラリー風にリフォーム

玄関ホールから廊下の両側の壁に棚を造作した事例。
本棚を兼ねたディスプレースペースとして活用しています。
棚板は集成材をオイルステインで塗装し、温もりにあふれた空間に来客を招き入れています。

廊下リフォームのイメージ
広い玄関ホールから廊下をギャラリーのように演出

リフォーム費用:55万円(概算)
工事内容:飾り棚の造作
種別:マンション・築33年
設計・施工:アートリフォーム

壁収納についてもっと詳しく
ニッチとは?おしゃれな飾り棚・壁収納を解説

廊下まわりの建具をリフォームする事例と費用相場

廊下から続く出入口は廊下とコーディネートしてリフォームしましょう。
ドア交換や室内窓で廊下を引き立てている事例を紹介します。

LDKへの出入口ドアを交換する

廊下からLDKへの出入口ドアはガラス面を大きく取った開放的なドアに交換。
床のむく材のフローリングと雰囲気がぴったり合っています。
ドアはオリジナル製作したもので、ドアノブは真鍮(しんちゅう)を用いています。

廊下リフォームのイメージ
むく材の床、コンクリート打ち放しの天井、木製ドアがコーディネートされた雰囲気のある出入口

リフォーム費用:10万円(概算)
工事内容:オリジナルドアの製作、取り付け
種別:マンション 築40年
設計・施工:SCHOOL BUS

まとめ

廊下リフォームは手すり設置を除けば、全体をリフォームする中で廊下も合わせて行うというケースが多いと思われますが、しっかりプラニングして、ほかの空間との調和を図りましょう。

安全な廊下にリフォームするには、手すりを設置する、段差をなくす、幅を広げるといった方法があります。

バリアフリーリフォームには助成金や税金の控除などがあります。リフォームの内容によって費用相場が変わりますので、リフォーム会社とよく相談しましょう。

リフォーム会社を探す
中古一戸建てを探す
中古マンションを探す
賃貸物件を探す
新築一戸建てを探す
注文住宅の会社を探す
新築マンションを探す
土地を探す
売却査定する
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
構成・文/林直樹 監修/甚五郎設計企画(柏崎文昭) 
※文中の費用相場は著者および監修者による試算に基づきます
公開日 2021年01月28日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る