練馬歴30年超『酒のほそ道』の作者・ラズウェル細木がこの先もずっと練馬で暮らしたい理由(上井草~石神井公園)

連載開始から30年を迎える長寿グルメマンガ『酒のほそ道』の作者ラズウェル細木さんは、練馬に住み続けて30年以上。上井草から石神井公園までを散歩しながら練馬の魅力を伺いました。

石神井公園は僕にとって、いつまでも「永遠の楽園」だ(寄稿:パリッコ)

東京都練馬区出身で、以来ずっと西武池袋線沿線に住み続けている、酒場ライターのパリッコさん。生まれ育った大泉学園から、14年前、結婚を機に石神井公園駅へ引越しました。もともと子どもの頃から遊びに行っていたという「石神井公園」は、暮らす街として…

公園と生きる石神井公園【銀座に住むのはまだ早い 第20回 練馬区】

家賃5万円弱のワンルームに住みつづけてうん十年。誰よりも「まち」を愛し、そこで生きるふつうの「ひと」たちを描く千葉在住の小説家、小野寺史宜さんがいちばん住みたいのは銀座。でも、今の家賃ではどうも住めそうにない。自分が現実的に住める街はどこな…