システムキッチンメーカー10社の人気商品とリフォーム価格を徹底比較!実例紹介も!

キッチンをリフォームしたいけど、システムキッチンっていろいろあってよくわからない。
そこで、主要なシステムキッチンメーカー10社の最新商品とリフォーム実例を取り上げ、商品の特徴から価格帯まで徹底比較してみました。

クリナップのシステムキッチン「セントロ」の画像

クリナップのシステムキッチン「セントロ」

記事の目次

システムキッチンメーカー10社の人気商品とリフォーム価格比較一覧表

取り上げたキッチンメーカーはLIXIL(リクシル)、クリナップ、トクラス、Panasonic(パナソニック)、TOTO、タカラスタンダード、WOODONE(ウッドワン)、サンワカンパニー、TOYO KITCHEN STYLE(トーヨーキッチンスタイル)、ナスラックの10社です。
各メーカーとも使い勝手や掃除のしやすさを考えたシステムキッチンを出していて、食器洗い乾燥機、タッチレス水栓、掃除がラクなレンジフード、ゴミのたまりにくいシンクなどが選べるようになっています。

多くのメーカーはハイクラス、スタンダード、ロークラスの価格帯のシリーズをそろえていて、中にはリフォームのしやすさを考えたシリーズも。
メーカー独自の特徴も踏まえて、好みのデザインや使い勝手、価格などを比較検討して選ぶとよいでしょう。

※掲載している商品価格は工事費を除くカタログ記載のもの(2022年3月時点)。実際のリフォームの際はリフォーム会社とメーカーとの取引関係などによって消費者への引き渡し価格にばらつきがあり、カタログ記載価格とは異なる場合があります。

システムキッチンの商品・価格帯一覧表
メーカー名 特徴 オススメ商品/価格
LIXIL(リクシル) ・シンプルでスタイリッシュなデザイン
・セラミックトップ
・家具のようなキッチン
シエラS:61.8万円~82.3万円
アレスタ:81.5万円~160.4万円
リシェルSI:102.7万円~251.8万円
クリナップ ・高品質のステンレス
・ステンレスエコキャビネット(ステディア・セントロ)
・自動洗浄の「洗エールレンジフード」(オプション)
ラクエラ:57.9万円~87.1万円
ステディア:70.6万円~174.6万円
セントロ:90.3万円~261.0万円
トクラス ・自社製の人造大理石「クラストン」
・カラフルな扉カラー
Bb(ビービー):74.6万円~110.5万円
Berry(ベリー):110.8万円~315.4万円
DOLCE X(ドルチェエックス):245.6万円~385.5万円
Panasonic(パナソニック) ・横並びの「ワイドコンロ」
・ECONAVIやナノイー搭載
・リフォーム用シリーズあり
Lクラス:110.5万円~ ※I型グラリオシンプルプラン
リフォムス: 102.9万円~ ※I型標準プラン
ラクシーナ:83.1万円~ ※I型シンプルプラン
Vスタイル:77.9万円~ ※I型ベーシックプラン
TOTO ・水ほうき水栓
・きれい除菌水
ミッテ:76.5万円~102.9万円
ザ・クラッソ:72.3万円~132.3万円
タカラスタンダード ・ホーローキッチン
・マグネットが付く
・リフォーム用シリーズあり
リフィット:27.4万円~
エーデル:34.3万円~
トレーシア:51.0万円~
レミュー:77.1万円~
WOODONE(ウッドワン) ・むく材の面材
・フレーム×ブラックアイアン
・豊富な海外パーツ
su:iji(スイージー):50.7万円~118.0万円
フレームキッチン:67.1万円から73.0万円
サンワカンパニー ・シンプルなデザインのキッチン
・手ごろな価格
・豊富なシリーズ展開
プレーンKミディアム:12.3万円~
オッソ:26.7万円~
ウィッテ:29.3万円~
クビレキッチン:27.1万円~
グラッド45:33.5万円~
エレバート:55.5万円~
エレバートEX:60.2万円~
TOYO KITCHEN STYLE(トーヨーキッチンスタイル) ・デザイン性の高いステンレスキッチン
・脚付きの「エアフロ―」
・インテリアコーディネートが可能

CARO2(キャロツー):37.6万円~47.5万円
BAY(ベイ):41.2万円~85.3万円
BAY CUBE(ベイ キューブ):48.8万円~124.7万円
iNO(イノ):81.1万円~302.8万円
FINESSE(フィネス):551.1万円~1046.1万円

※水栓、加熱機器、レンジフードなどのビルトイン機器含まず。

ナスラック ・ステンレスキャビネットと木製キャビネット
・選べるセットプラン
・豊富な海外パーツ
BELLFLOWER(ベルフラワー):63.5万円~123.9万円
BAZERO(バゼロ):92.8万円~136.5万円
SESPA(セスパ):104.3万円~156.5万円
※特徴はオプションを含み、シリーズによって異なる場合があります。
※価格は間口255cmの場合(トーヨーキッチンスタイル、サンワカンパニー除く)。

システムキッチン各社の商品特徴と価格帯、リフォーム実例を紹介

今のシステムキッチンは昔とは比べ物にならないほど進化していて、便利で使いやすい機能がもりだくさん。

各キッチンメーカーのシステムキッチンの特徴と価格についてまとめました。
システムキッチンを選ぶ際の参考にしてください。

LIXIL(リクシル)のシステムキッチンの特徴と価格

どんなインテリアにもフィットするシステムキッチンを提供しているLIXIL(リクシル)は、「シエラS」、「アレスタ」、「リシェルSI」の3シリーズを展開。

ここでは、リシェルSIを紹介します。

リシェルSI

LIXIL(リクシル)のシステムキッチン「リシェルSI」の画像

LIXIL(リクシル)のシステムキッチン「リシェルSI」

LIXIL(リクシル)の最上級システムキッチン「リシェルSI」は無駄を省いたデザインで、流れるようにスムーズに料理ができるのが特徴です。

熱にもキズにも汚れにも強い「セラミックトップ」や衝撃に強い「ハイブリッドクォーツシンク」など、リシェルSIならではの設備も。

セラミックトップの画像

熱に強く焼き物ならではの質感が魅力のセラミックのワークトップ

ハイブリッドクォーツシンクの画像

美しさと手入れのしやすさを両立した「ハイブリッドクォーツシンク」

収納も扉をちょっと開けるだけで欲しい道具が取り出せる「らくパッと収納」やインテリア性のある大容量の「キッチンクローゼット」などがそろっています。

らくパッと収納の画像

手前の包丁やまな板などが最小限の動きで取り出せる「らくパッと収納」

また、どのシリーズでも選択できる、下に向かって広がる「ひろびろシャワー」やナイアガラフロー方式で水や排水口に水やゴミが集まりやすいシンク、自動洗浄機能付きの「よごれんフード」などはもちろん、「ひろびろWサポートシンク/Wサポートシンク」、「ハンズフリー水栓」など、選べる設備や機能が充実しています。

【リシェルSI/価格】
102.7万円~251.8万円
※間口255cm・奥行き65cmの場合のフロアユニット本体の価格。吊戸棚やレンジフードの価格は含まず。

【リシェルSI/機能】
セラミックトップ、ハイブリッドクォーツシンク、Wサポートシンク、ハンズフリー水栓、ナイアガラフロー、ひろびろシャワー、よごれんフード、らくパッと収納、キッチンコンセント、キッチンクローゼットなど

【リシェルSI/サイズ・対応レイアウト】 
壁付けI型 間口165㎝~300㎝、奥行60㎝・65㎝
壁付けL型 間口180㎝~270㎝×165㎝、奥行60㎝・65㎝
対面キッチンユニットリビング収納タイプ ペニンシュラI型 間口240㎝~270㎝、奥行98.6㎝
対面キッチンユニット ペニンシュラI型 間口195㎝~270㎝、奥行69.7㎝・115.5㎝
対面キッチンユニット ペニンシュラL型 間口:シンク側195㎝~270㎝×コンロ側165㎝、奥行:シンク側69.7㎝・105.5㎝  コンロ側65㎝
センターキッチン ペニンシュラⅠ型 間口197.4㎝~272.4㎝、奥行75㎝・97㎝
間口242.4㎝~272.4㎝、奥行97㎝(フロートタイプ)
センターキッチン ペニンシュラⅠ型構造壁対応 間口197.4㎝~272.4㎝、奥行75㎝・97㎝
センターキッチン アイランドⅠ型 間口199.8㎝~274.8㎝、奥行75㎝・97㎝
間口244.8㎝~274.8㎝、奥行97㎝(フロートタイプ)
センターキッチン ペニンシュラL型 間口:シンク側197.4㎝~272.4㎝×コンロ側175㎝・197㎝、奥行:シンク側75㎝・97㎝ コンロ側65㎝

LIXIL(リクシル)のシステムキッチン「リシェルSI」のリフォーム実例を紹介!

リフォームでLIXIL(リクシル)のリシェルSIを選んだ先輩方の実例を紹介します。
リフォーム価格も記載しましたので、参考にしてください。

※リフォーム実例で採用されている各社の商品は施工時期がさまざまで必ずしも最新モデルとは限りません。

構造壁を活かしたオープンキッチンに変更

以前は閉塞感のあった独立キッチンを南側に移動させてオープンキッチンに。取り外せない構造壁(パイプスペース)はエコカラットで装飾。
構造壁を上手く利用して、白を基調とした清潔感ある明るいキッチンに生まれ変わりました。

LIXIL(リクシル)のシステムキッチン、リシェルSIを採用したキッチンリフォーム実例の写真

キッチンの前面も収納に活用したフルフラットなキッチン

【DATA】
リフォーム費用:320万円(概算)
リフォーム部位:キッチン・システムキッチン
採用したキッチン:LIXIL(リクシル)/リシェルSI
建物種別:マンション
設計・施工:アクアラボ

オープンでスタイリッシュなキッチン

リフォームの一番の要望だったキッチンの移動を実現し、室内空間全体や外の景色を楽しめるオープンなアイランドキッチンが完成しました。
前面の収納と奥に設けた大容量のパントリーで、スッキリしたキッチンに仕上がりました。

LIXIL(リクシル)のシステムキッチン、リシェルSIを採用したキッチンリフォーム実例の写真

収納豊富でスッキリとしたアイランドキッチン

【DATA】
リフォーム費用:240万円(カップボード等のオプション70万円含む)
リフォーム部位:キッチン・システムキッチン
採用したキッチン:LIXIL(リクシル)/リシェルSI
建物種別:マンション
設計・施工:山商リフォームサービス

クリナップのシステムキッチンの特徴と価格

カビが繁殖しにくく、ニオイもつきにくいステンレス製のキャビネットをステディア・セントロに標準装備したクリナップのシステムキッチン。

側面や底面など構造自体もステンレスです。
ステンレス製のワークトップやシンクにはキズを抑え、汚れを落としやすくする「美コート」が施されています。

「ラクエラ」、「ステディア」、「セントロ」の3シリーズがありますが、ここではスタンダードな「ステディア」を紹介します。

ステディア

クリナップのシステムキッチン「ステディア」の画像

クリナップのシステムキッチン「ステディア」

ステディアの大きな特徴は、ステディア・セントロに採用されている「ステンレスエコキャビネット」。

どこが違うのかというと、レアメタルの使用量を約46%※削減したり、リサイクルしやすくするため解体しやすい設計だったり、50%※軽量化して輸送時のCO2を削減したり、環境に優しいエコ仕様になっていること。(※同社比)

ステンレスエコキャビネットの画像

軽量化や原材料の変更などで地球に優しいステンレスキャビネット

ステンレスエコキャビネットの分解画像

パーツは細かく分解できます

ワークトップは陶器のような味わいのセラミックと耐久性・施工性のあるコーリアン®、人工大理石のアクリストン、ステンレスの4素材20種類から選べます。

セラミックワークトップの画像

セラミックワークトップ

コーリアン®ワークトップの画像

コーリアン®ワークトップ

アクリストンワークトップの画像

アクリストンワークトップ

ステンレスワークトップの画像

ステンレス

排水口にゴミや水を集めやすく排水口まわりの継ぎ目を無くした「流レールシンク」はステンレスとアクリストンの2素材。

流レールシンクの画像

静音の静かなステンレスの「流レールシンク」

アクリストンシンクの画像

5色から選べるアクリストンの「流レールシンク」

また、キッチンの作業台より、一段高くつくられたカウンターの「デュアルトップ対面」が、料理をする手元やシンクの中をリビングから隠してくれます。

「デュアルトップ対面」の画像

手元が見えない「デュアルトップ対面」

制約の多いリフォームも、ワークトップの幅やシンクとコンロの位置は1㎜単位で調整可能で、天井や壁の隙間、配管や梁などにも対応しています。

【ステディア/価格】
70.6万円~174.6万円 ※I型 間口255cmの場合

【ステディア/機能】
美ワークコートトップ、洗エールレンジフード、流レ―ルシンク、美サイレントシンク、とってもクリン排水口、ステンレスエコキャビネットなど

【ステディア/サイズ・対応レイアウト】
I型 間口180㎝~300㎝、奥行65㎝
デュアルトップ対面 間口242.5㎝~272.5㎝、奥行80㎝・98㎝
フラット対面 間口244㎝~274㎝、奥行65㎝
L型 間口180㎝~270㎝×165㎝、奥行165㎝
フラット対面L型 シンク側:間口258㎝ コンロ側:間口165㎝、奥行65㎝~98㎝
2列型 間口181.5㎝×180㎝、奥行65㎝
フラット対面2列型
(壁付け/アイランド)
シンク側:間口184.5㎝、奥行98㎝ コンロ側:間口180㎝、奥行65㎝

クリナップのシステムキッチン「ステディア」のリフォーム実例を紹介!

クリナップのキッチンを選んでリフォームした先輩方の実例を紹介します。リフォーム価格も記載しているので、参考にしてください。

※リフォーム実例で採用されている各社の商品は施工時期がさまざまで必ずしも最新モデルとは限りません。

夫婦2人でも使いやすい2WAYキッチン

端にあったキッチンをLDKの中心に移動。左右どちらからもアクセスできるフルオープンキッチンでLD全体を見渡すことができます。夫婦そろっての料理も使いやすく、料理が楽しめます。

クリナップのシステムキッチン、ステディアを採用したキッチンリフォーム実例の写真

清潔感のある白を基調としたキッチン

【DATA】
リフォーム費用:188万円(概算)
リフォーム部位:キッチン・システムキッチン
採用したキッチン:クリナップ/ステディア
建物種別:マンション
設計・施工:山商リフォームサービス

トクラスのシステムキッチンの特徴と価格

1976年、日本で初めて人造大理石カウンターのシステムキッチンを発売したトクラス。人造大理石は汚れ・キズ・衝撃・熱に強く、すりキズも研磨材付きナイロンたわしで修復できます。素材の研究・開発から成形まで自社で一貫して行っている人造大理石やカラフルな色が選べる塗装扉が特徴です。

Bb(ビービー)、Berry(ベリー)、DOLCE X(ドルチェエックス)の3シリーズの中からBb(ビービー)を紹介します。

Bb(ビービー)

トクラスのシステムキッチン「Bb(ビービー)」の画像

トクラスのシステムキッチン「Bb(ビービー)」

単色系から落ち着いた木目など、33色ある扉や3タイプのドアハンドル、3色のカウンター、7色のシンクから好みやインテリアに合わせて選べるシンプルなシステムキッチンの「Bb(ビービー)」。

なめらかな質感の人造大理石のワークトップは、明るさと透明感もたらす3色から選べます。シンクとのつなぎ目は汚れがたまりにくい独自の「シームレス結合」で一体型になっています。

ニューグラーナホワイトのワークトップの画像

ニューグラーナホワイトのワークトップ

サンドブラックのワークトップの画像

サンドブラックのワークトップ

サンドグレージュのワークトップの画像

サンドグレージュのワークトップ

シンプルなキャビネットはオプションの仕切りなどで自分好みにアレンジできます。

キャビネットの画像

シンプルなキャビネット

オプションで自由にカスタマイズできる収納には、扉のない「オープンウォール」、スイッチ一つで自動的に昇降する「オートアップラック」、物を浮かせて収納できる「ハイバックレール」なども用意されています。

オープンウォールの画像

オープンウォール

オートアップラックの画像

オートアップラック

ハイバックレールの画像

ハイバックレール

リフォームで気になる梁や配管、低い天井や窓のある場合にもフィットする収納ユニットは高さ215㎝から、ウォールキャビネットも40㎝~70㎝までの4種類です。

【Bb(ビービー)/価格】
74.6万円~110.5万円 ※I型 間口255cmの場合

【Bb(ビービー)/機能】
クラストンワークトップ、サイクロンフードⅢ、オープンウォール、オートアップラック、ハイバックレールなど

【Bb(ビービー)/サイズ・対応レイアウト】
I型 間口180㎝~270㎝、奥行65㎝
間口120㎝~225㎝、奥行60㎝
L型 間口180㎝~270㎝×165㎝、奥行65㎝
フラットタイプ 間口210㎝~270㎝、奥行65㎝

トクラスのシステムキッチン「Bb(ビービー」のリフォーム実例を紹介!

トクラスのキッチンを選んでリフォームした先輩方の実例を紹介します。リフォーム価格も記載しているので、参考にしてください。

※リフォーム実例で採用されている各社の商品は施工時期がさまざまで必ずしも最新モデルとは限りません。

開放的で明るいオープンキッチン

もともとあった吊戸棚と壁を撤去し、閉鎖的だったキッチンを明るくオープンに。床は清掃性を考え、ヘキサゴンのフロアタイルを採用。箱をイメージした空間で、独立しつつも開放的なキッチンが完成。

トクラスのシステムキッチン、 Bb(ビービー)を採用したキッチンリフォーム実例の写真

ブルー系の壁や天井に白×レモンイエローのキッチンが映える

【DATA】
リフォーム費用:111万円(概算)
リフォーム部位:キッチン・システムキッチン
採用したキッチン:トクラス/ Bb(ビービー)
建物種別:マンション
設計・施工:ナサホーム

Panasonic(パナソニック)のシステムキッチンの特徴と価格

Panasonic(パナソニック)の特徴は、横に3つ並んだ横並びのコンロ「トリプルワイド」です。

手前にスペースを設けたワイドコンロは三口の「トリプルワイドガス」「トリプルワイドIH」と4つの鍋を同時に保温・加熱できる「マルチワイドIH」の3種類。

また、自動で調整して省エネ・節水を叶えるECONAVI(エコナビ)機能が搭載された設備が用意されているのも特徴です。

「ラクシーナ」、「リビングステーションVスタイル」、「Lクラス」のほか、特にリフォームのしやすさを考えた「リフォムス」があります。
ここでは「ラクシーナ」を紹介します。

ラクシーナ

Panasonic(パナソニック)のシステムキッチン「ラクシーナ」の画像

Panasonic(パナソニック)のシステムキッチン「ラクシーナ」

料理のしやすさを追求した「ラクシーナ」。
汚れが付きにくいスゴピカ素材の「ラクするーシンク」はシンク内の段差がなく、汚れが溜まりにくくなっています。
また、自動掃除機能でファンのお手入れが10年に1回程度(※)で済む「ほっとくリーンフード」など、家事を助ける機能が用意されています。
※10年使用相当の汚れ付着での基本性能試験の値(パナソニック調べ)。使用状況によりお手入れ頻度は変わります。

「ラクするーシンク」は洗剤ラック裏の段差がありませんの画像

「ラクするーシンク」は洗剤ラック裏の段差がありません

「ラクするーシンク」は両サイドの段差もありませんの画像

「ラクするーシンク」は両サイドの段差もありません

「ラクするーシンク」は水栓デッキもフラットな画像

「ラクするーシンク」は水栓デッキもフラットです

もちろん「トリプルワイドコンロ」も選べます。

トリプルワイドIHコンロの画像

トリプルワイドIHコンロ

トリプルワイドガスコンロの画像

トリプルワイドガスコンロ

センサーの働きで節水する「スリムセンサー水栓」や自動で汚れや食器量を検知して節水・省エネ運転する食器洗い乾燥機、調理センサーで調理に合わせて風量を調整し節電するレンジフードなどECONAVI(エコナビ)が搭載された機器も。

スリムセンサー水栓の画像

タッチレスで吐水・止水ができる「スリムセンサー水栓」

レンジフードの画像

「調理センサー」が自動で風量を調整して省エネするレンジフード

【ラクシーナ/価格】
83.1万円~127.5万円 ※I型 間口255cmの場合

【ラクシーナ/機能】
ラクするーシンク、ほっとくリーンフード、スマートフードⅡ、サラサラワイドシャワー、スリムセンサー水栓、トリプルワイドコンロガス・IH/マルチワイドIH、食器洗い乾燥機「9Plus」、ECONAVI(エコナビ)、置きラク収納、回転アミカゴ付き食器収納、ナノイー搭載食品庫根菜キーパー、家電収納(蒸気処理機能付き)、ダストボックスワゴン

【ラクシーナ/サイズ・対応レイアウト】
壁付けI型 間口150㎝~360㎝、奥行65㎝
壁付けL型 シンク側間口180㎝~300㎝×コンロ側間口165㎝・180㎝、奥行65㎝
Ⅱ型壁付け 間口150㎝~225㎝、奥行65㎝
Ⅱ型シンク側対面 シンク側間口153.5㎝~228.5㎝、奥行75㎝・93.3㎝
*アイランドプラン *間口232㎝~277㎝、奥行75㎝・93.3㎝
*対面プラン(ペニンシュラ) *間口198.5㎝~273.5㎝、奥行75㎝・93.3㎝
*フラットプラン、フロートプラン、スマートステッププランを選択できます。フラットプランの対応間口を掲載しています。プランによって対応間口が異なります。

Panasonic(パナソニック)のシステムキッチン「ラクシーナ」のリフォーム実例を紹介!

リフォームでPanasonic(パナソニック)のシステムキッチンを選んだ先輩方の実例を紹介します。
リフォーム価格も記載しているので、参考にしてください。

※リフォーム実例で採用されている各社の商品は施工時期がさまざまで必ずしも最新モデルとは限りません。

料理が楽しくなるアイランドキッチン

半独立型の対面キッチンをオープンなアイランドキッチンに。カウンターとしても使える広いワークトップ、3連のコンロ、人感センサーのダウンライト、床暖房など、快適で使いやすいキッチンとなっています。

Panasonic(パナソニック)のシステムキッチン、ラクシーナを採用したキッチンリフォーム実例の写真

3連コンロを採用したキッチン

【DATA】
リフォーム費用:265万円(概算)
リフォーム部位:キッチン・システムキッチン
採用したキッチン:Panasonic(パナソニック)/ラクシーナ
建物種別:マンション
設計・施工:大和ハウスリフォーム

背面収納充実のフルオープンキッチン

シンプルで無駄のないデザインのパナソニックのシステムキッチン「ラクシーナ」。シックなボルドーカラーが室内にマッチしています。フルオープンなので、背面に大容量の収納をつくり、来客があってもスッキリとしたキッチンが保てます。使い勝手も、見た目も美しいキッチンになりました。

Panasonic(パナソニック)のシステムキッチン、ラクシーナを採用したキッチンリフォーム実例の写真

収納を充実させて、スッキリしたキッチンに

【DATA】
リフォーム費用:150万円(概算)
リフォーム部位:キッチン・システムキッチン
採用したキッチン:Panasonic(パナソニック)/ラクシーナ
建物種別:マンション
設計・施工:リフォームスタイルYOKOHAMA

TOTOのシステムキッチンの特徴と価格

TOTOのシステムキッチンは「ザ・クラッソ」と「ミッテ」の2シリーズのみ。
両シリーズとも空気を含んだ「エアイン®シャワー」搭載の幅広のシャワーで約37%の節水を実現した「水ほうき水栓」を標準装備し、クラッソにはトイレにも使われている「きれい除菌水」も。

ここでは「ザ・クラッソ」を紹介しましょう。

ザ・クラッソ

TOTOのシステムキッチン「ザ・クラッソ」の画像

TOTOのシステムキッチン「ザ・クラッソ」

ライフスタイルや空間と調和しながら、キッチンを中心とした多彩な暮らしを考えたシステムキッチンが「ザ・クラッソ」です。

クリスタルのような質感と直線的なデザインの「クリスタルカウンター」は汚れにくく、熱や衝撃に強い素材で、光によって表情が変わります。

単色の「クリスタルカウンター」の画像

単色の「クリスタルカウンター」

柄入りの「クリスタルカウンター」の画像

柄入りの「クリスタルカウンター」

排水口まで一気に水が流れる「スクエアすべり台シンク」、少ない水でもしっかり汚れが落とせる「タッチレス水ほうき水栓LF」や「きれい除菌水」など、選べる機能が豊富です。

ほうき水栓の画像

「水ほうき水栓」

きれい除菌水の画像

「きれい除菌水」専用水栓

「ラクラクボックス」や「ラクラク小物トレー」などの付いた「フロアキャビネット」など、収納も充実。

フロアキャビネットの画像

取り出しやすくタップしてしまえる「フロアキャビネット」

【ザ・クラッソ/価格】
72.3万円~132.3万円 ※I型 間口255cmの場合

【ザ・クラッソ/機能】
タッチレス水ほうき水栓FL、スクエアすべり台シンク、きれい除菌水、ラクラクボックス、ラクラク小物トレー、ゼロフィルターフードeco、レンジフード、など

【ザ・クラッソ/サイズ・対応レイアウト】
I型 間口180㎝~300㎝ 奥行65㎝
I型スリム 間口165㎝~270㎝ 奥行60㎝
L型 シンク側間口180㎝~270㎝×コンロ側間口165㎝~210㎝ 奥行65㎝
スリム対面・収納充実型 間口240㎝~2700㎝ 奥行60㎝
スリム対面・フラット型 間口242㎝~274㎝ 奥行75㎝
フラット対面型 間口242㎝~274㎝ 奥行97㎝
セパレート型(Ⅱ型) シンクカウンター間口182㎝ コンロカウンター間口150㎝~1950㎝ 奥行75㎝・97㎝

TOTOのシステムキッチン「ザ・クラッソ」のリフォーム実例を紹介!

TOTOのシステムキッチンでリフォームした先輩方の実例を紹介します。リフォーム費用も記載しているので、参考にしてください。

※リフォーム実例で採用されている各社の商品は施工時期がさまざまで必ずしも最新モデルとは限りません。

きれい除菌水を採用したキッチン

白で統一した清潔感のある対面式キッチン。背面に収納をまとめることで吊戸棚のない開放的なキッチンが実現しました。キッチン床は掃除のしやすさを考えた素材を選んでいます。

TOTOのシステムキッチン、ザ・クラッソを採用したキッチンリフォーム実例の写真

背面に収納をまとめ、スッキリしたキッチン

【DATA】
リフォーム費用:220万円(概算)
リフォーム部位:システムキッチン・カップボード
採用したキッチン:TOTO/ザ・クラッソ
建物種別:マンション
設計・施工:JS Reform(日本総合住生活)

白を基調としたキッチンで明るさがアップ

リフォームするなら水回りは新しいものにしたいという施主の要望で入れ替えたシステムキッチン。
ブラウン系だった以前のキッチンに比べると、白を基調にしたキッチンは格段に明るくなっています。窓は複層ガラスにし、断熱にも配慮しています。

TOTOのシステムキッチン、ザ・クラッソを採用したキッチンリフォーム実例の写真

清潔感が感じられる白のキッチン

【DATA】
リフォーム費用:98万円(概算)
リフォーム部位:キッチン・システムキッチン
採用したキッチン:TOTO/ザ・クラッソ
建物種別:一戸建て
設計・施工:山商リフォームサービス

タカラスタンダードのシステムキッチンの特徴と価格

タカラスタンダードのシステムキッチンの特徴はホーロー素材です。
鉄のベースにガラスを焼き付けて作られるホーローは、汚れや傷、熱に強い素材です。表面がガラス質なので汚れが落としやすく、油性ペンも水拭きで落とせます。
キャビネットは扉、側面、引き出しの底面もまるごとホーロー仕様でキッチンパネル、レンジフードにもホーローが使われています。
引き出しの中や壁にもマグネットが付くので、マグネット付きの小物や収納で自由にアレンジができるのもホーローならでは。

低価格帯の「エーデル」、「リフィット」、スタンダードの「トレーシア」、高額帯の「レミュー」の中から、「トレーシア」を紹介します。

トレーシア

タカラスタンダードのシステムキッチン「トレーシア」の画像

タカラスタンダードのシステムキッチン「トレーシア」

中間の価格帯の「トレーシア」。シンクは、洗う、切る、捨てるが一連の流れでできる3層構造のアクリル人造大理石の「家事ラクシンク」や、同じ3層構造のステンレスの「ユーティリティシンクE」も選べます。

家事ラクシンクの画像

スライドまな板、アシストスペース、ミドルスペースの三層構造になっている「家事ラクシンク」

キャビネットには、引出し上部の空きスペースを有効活用する「うちにもホーロートレイ」やマグネット式の「かくせるホーローボックス」などで使いやすくカスタマイズが可能です。

「うちにもホーロートレイ」の画像

「うちにもホーロートレイ」

「かくせるホーローボックス」

「かくせるホーローボックス」

ホーローのキッチンパネルは「どこでもラック」など、マグネットで自在にカスタマイズ可能です。

どこでもラックの画像

「どこでもラック」をつけたホーローのキッチンパネル

【トレーシア/価格】 51万円~ ※I型 間口255cmの場合 

【トレーシア/機能】  ホーローキャビネット、たっぷりホーローキャビネット、うちにもホーロートレイ、ソフトクローズ機能、かくせるホーローボックス、ホーロークリーンキッチンパネル、ホーロークリーンレンジフード、アクリル人造大理石カウンタートップ、人造大理石カウンタートップ、ステンレスカウンタートップ、アクリル人造大理石シンク、らくエルシンク、トールユニット、家電収納ユニット

【トレーシア/サイズ・対応レイアウト】
I型 壁付け 間口165㎝~270㎝、奥行60㎝
間口180㎝~360㎝、奥行65㎝
マルチ収納対面プラン 間口210㎝~270㎝、奥行90㎝
アイランド対面プラン 間口217㎝~277㎝、奥行80㎝・105㎝
アイランドマルチ収納対面プラン 間口214㎝~274㎝、奥行90㎝
フラット対面プラン 間口214㎝~274㎝、奥行80㎝・105㎝
L型 壁付け シンク側間口165㎝~300㎝×加熱器側間口165㎝~210、奥行65㎝
マルチ収納対面プラン シンク側間口210㎝~270㎝×加熱器側間口165㎝~210㎝、奥行90㎝
Ⅱ列型 壁付け シンク側間口150㎝~210㎝、奥行90㎝
加熱器側間口120㎝~210㎝、奥行65㎝
マルチ収納対面プラン シンク側間口150㎝~210㎝、奥行90㎝
加熱器側間口120㎝~210㎝、奥行65㎝
アイランド対面プラン シンク側間口157㎝~217㎝、奥行80㎝・105㎝
加熱器側間口120㎝~210㎝、奥行65㎝
アイランドマルチ収納対面・フラット対面プラン シンク側間口154㎝~214㎝、奥行65㎝
加熱器側間口120㎝~210㎝、奥行65㎝

タカラスタンダードのシステムキッチン「トレーシア」のリフォーム実例を紹介!

タカラスタンダードのシステムキッチンを選択してリフォームした先輩方の実例を紹介します。リフォーム価格も記載しているので、参考にしてください。

※リフォーム実例で採用されている各社の商品は施工時期がさまざまで必ずしも最新モデルとは限りません。

アイランドキッチンで動線がバツグンに

L字型と悩んだ末に選択したホーロー製のアイランドキッチンは思った以上に動線がよく、家事がスムーズにこなせます。背面には見せる収納を楽しむ造作棚をプラス。木目調のキッチンと棚に飾る観葉植物などでナチュラル感のあるキッチンです。

タカラスタンダードのシステムキッチン、トレーシアを採用したキッチンリフォーム実例の写真

フラット対面のキッチンで家事もスムーズ

【DATA】
リフォーム費用:80万円(概算)
リフォーム部位:キッチン・システムキッチン
採用したキッチン:タカラスタンダード/トレーシア
建物種別:オフィス等
設計・施工:一級建築士事務所 上野工務店

WOODONE(ウッドワン)のシステムキッチンの特徴と価格

WOODONE(ウッドワン)のシステムキッチンの特徴は、木を育てている会社がつくる「むく材」のキッチンだということ。
キズや塗装のはがれなども、手入れをしながら長く使えるのがむく材の良いところ。汚れの染み込みにくい独自の特殊ウレタン塗装なので、ひどい汚れも中性洗剤を含ませた布で拭き取るだけでOK。

特徴ごとに「su:iji(スイージー)」、「ちっちゃいsu:iji」、「フレームキッチン」などのシリーズがありますが、ここではsu:iji(スイージー)を紹介します。

su:iji(スイージー)

WOODONE(ウッドワン)のシステムキッチン「su:iji(スイージー)」の画像

WOODONE(ウッドワン)のシステムキッチン「su:iji(スイージー)」

注文を受けてから一つずつつくり始める、無垢の木を使ったシステムキッチンの「su:iji(スイージー)」。その作業工程は、ほとんどが手作業です。
むく材の扉はニュージーパイン、ウォールナット、オーク、メープルの4種類。

11色から選べるニュージーパイン(ナチュラル色)

11色から選べるニュージーパイン(ナチュラル色)

ウオールナットの画像

ウォールナット(クリア塗装)

 

オークの画像

3色から選べるオーク(クリア塗装)

 

メープル(クリア塗装)

メープル(クリア塗装)

 

カウンタートップはさびにくく清潔なステンレス、耐熱・耐薬品・耐汚性の人造大理石、キズの付きにくいエンジニアドストーン、レトロな印象のタイルカウンタートップが選べます。

人造大理石×クオーツのカウンタートップの画像

人造大理石×クオーツのカウンタートップ

ステンレスのカウンタートップの画像

ステンレスのカウンタートップ

エンジニアストーンのカウンタートップの画像

エンジニアドストーンのカウンタートップ

タイルのカウンタートップのカウンタートップの画像

タイルのカウンタートップ

シンクや、水栓、加熱機器、レンジフードなどに海外製品がラインナップされているのも特徴です。

ホーローのシンクとハンドシャワー水栓の画像

ホーローのシンクと3つの水流を切り替えられるハンドシャワー混合水栓/KOHLER®

レンジフードの画像

ヴィンテージテイストのアリアフィーナのマウント型フードジリオシリーズ

間口が150㎝から対応できる「ちっちゃいsu:iji」もあります。

【su:iji(スイージー)/価格】
50.7万円~118.0万円 ※I型 間口255cmの場合 

【su:iji(スイージー)/機能】
シングルレバー混合水栓(KVK)、加熱機器:DELICIA(リンナイ)、piattoラックリーナ(ハーマン)、グリルレス3口IH(エレクトロラックス・ジャパン)、マウント型レンジフード(アリアフィーナ)、スリムタイプレンジフード(富士工業)、フロントオープン食洗機(ミーレ)など

【su:iji(スイージー)/サイズ・対応レイアウト】
I型 間口225㎝~270㎝、奥行65㎝
P型 間口227.5㎝~272.5㎝、奥行90㎝
L型 間口225㎝~270㎝×165㎝・180㎝、奥行65㎝

WOODONE(ウッドワン)のシステムキッチン「Su:iji (スイージー)」のリフォーム実例を紹介!

リフォームでWOODONE(ウッドワン)のシステムキッチンを採用した先輩方の実例を紹介します。リフォーム価格も記載しているので、参考にしてください。

※リフォーム実例で採用されている各社の商品は施工時期がさまざまで必ずしも最新モデルとは限りません。

念願のタイル壁を実現したオープンキッチン

壁を念願だったタイル張りにし、白を基調にした木のぬくもりを感じる優しいキッチン。
コストがかかりそうと諦めていたキッチンの移動も予算内で実現し、料理をするのが楽しめるキッチンになりました。

WOODONE(ウッドワン)のシステムキッチン、su:iji (スイージー)を採用したキッチンリフォーム実例の写真

白の壁にマッチするむく材のキッチン

【DATA】
リフォーム費用:140万円(概算)
リフォーム部位:キッチン・システムキッチン
採用したキッチン:WOODONE(ウッドワン)/su:iji (スイージー)
建物種別:一戸建て
設計・施工:リフォームスタイルYOKOHAMA

むく材ならではの温かみのあるキッチン

家事をしながら子どもたちの様子がわかる対面型のキッチン。むく材を面材に使用したキッチンは、むく材ならではの温かみが感じられます。壁面にはタイルを使用し、シンプルな空間のいいアクセントになっています。

WOODONE(ウッドワン)のシステムキッチン、su:iji(スイージー)を採用したキッチンリフォーム実例の写真

無垢の面材を使ったキッチン

【DATA】
リフォーム費用:185万円(概算)
リフォーム部位:キッチン・システムキッチン
採用したキッチン:WOODONE(ウッドワン)/su:iji(スイージー)
建物種別:マンション
設計・施工:アクアラボ

サンワカンパニーのシステムキッチンの特徴と価格

シンプルなデザインとミニマムな機能をベースプランに、豊富なオプションをそろえたサンワカンパニーのシステムキッチン。ネット販売をしていて、自分で組み立てることも可能となっているほか、無印良品とのコラボレーションしたキッチンも。

「プレーンKミディアム」、「オッソ」、「エレバート」など数あるキッチンシリーズの中から「グラッド45」を紹介します。

グラッド45

サンワカンパニーのシステムキッチン「グラッド45」の画像

サンワカンパニーのシステムキッチン「グラッド45」

ステンレスを全面に採用し、無駄をそぎ落としたデザインの「グラッド45」。
GOOD DESING AWARD 2013を受賞しています。

足元の巾木を少し奥に入れることで作業性を高め、扉やサイドパネルの小口は見えないように留め加工されています。
ステンレスの加工はヘアラインのほか、オプションでバイブレーションも選択できます。

ヘアライン加工の画像

ヘアライン加工

バイブレーション加工の画像

バイブレーション加工

シンクは、プロ用の厨房をつくる職人の手による四隅の角がシャープなデザイン。

四隅の角がシャープなシンクの画像

四隅の角がシャープなシンク

ダイニング側の収納は、内側も棚板もステンレス。オールステンレスの「グラッド45 カップボード」を組み合わせて、コーディネートも可能です。

ダイニング側の収納にもステンレスを使用の画像

ダイニング側の収納にもステンレスを使用

【グラッド45/価格】
33.5万円~

【グラッド45/機能】
ステンレストップ(へアイン・バイブレーション)、2口IH+ラジエントヒーター グリル付コンロ、2口IHコンロ、エレクトロラックスIHクッキングヒーター(3口)、ハーマンガスコンロ、リンナイ4口ガスコンロ、カゲナウ食器洗い機、パナソニックビルトイン食器洗い乾燥機、スリム型フードなど

【グラッド45/サイズ・対応レイアウト】
ウォール型 間口180㎝~270㎝、奥行65㎝
アイランド型 間口180㎝~270㎝、奥行67㎝・85㎝・90㎝
ペニンシュラ型 間口180㎝~270㎝、奥行67㎝・85㎝・90㎝

サンワカンパニーのシステムキッチン「グラッド45」のリフォーム実例を紹介!

リフォームでサンワカンパニーのキッチンを選んだ先輩方の実例を紹介します。
リフォーム価格も記載しているので、参考にしてください。

※リフォーム実例で採用されている各社の商品は施工時期がさまざまで必ずしも最新モデルとは限りません。

シンプルなステンレス製のアイランドキッチン

リビング全体が見渡せて、コミュニケーションがとりやすいキッチンはシンプルなステンレス製のシステムキッチンを採用。アイランドキッチンで左右どちらからも出入りができ、子どもと一緒に料理が楽しめます。

サンワカンパニーのシステムキッチン、グラッド45を採用したキッチンリフォーム実例の写真

ステンレスのキッチンが木の床にマッチ

【DATA】
リフォーム費用:100万円(概算)
リフォーム部位:キッチン・システムキッチン
採用したキッチン:サンワカンパニー/グラッド45
建物種別:一戸建て
設計・施工:北条工務店一級建築士事務所

空間の主役、オールステンレスのシステムキッチン

閉鎖的で暗く、独立していたキッチンをオープンなアイランドキッチンに変更。オールステンレスのシステムキッチンで、キッチンが主役の、見せるキッチンにしました。
背面は天井まであるハイドアの引き戸を取り付け、生活感を感じない収納にしています。

サンワカンパニーのシステムキッチン、グラッド45を採用したキッチンリフォーム実例の写真

ステンレスキッチンを主役にしたリフォーム

【DATA】
リフォーム費用:180万円(概算)
リフォーム部位:キッチン・システムキッチン
採用したキッチン:サンワカンパニー/グラッド45
建物種別:マンション
設計・施工:ナサホーム

TOYO KITCHEN STYLE(トーヨーキッチンスタイル)のシステムキッチンの特徴と価格

TOYO KITCHEN STYLE(トーヨーキッチンスタイル)は熟練した職人の作るデザイン性の高いシステムキッチンです。
その特徴は、全てのシリーズに採用されている、三層構造の「3Dシンク」や脚をつけ本体を床から浮かせた「エアフロ―」。
また、照明やタイル、家具などキッチン周りのインテリアも用意されており、トータルコーディネートが可能です。

「BAY(ベイ)」、「iNo(イノ)」、正方形キッチン「BAY CUBE(ベイ キューブ)」など5つのキッチンシリーズがありますが、その中から「BAY(ベイ)」を紹介します。
5月には正方形キッチン「BAY CUBE(ベイキューブ)」が登場予定です。

TOYO KITCHEN STYLE(トーヨーキッチンスタイル)のシステムキッチン「BAY(ベイ)」の画像

TOYO KITCHEN STYLE(トーヨーキッチンスタイル)のシステムキッチン「BAY(ベイ)」

「BAY(ベイ)」はTOYO KITCHEN STYLE(トーヨーキッチンスタイル)の機能が集約したスタンダードなシステムキッチンです。

床との間に空間を設け、空気の流れをつくるとともに、衛生面にも考慮した「エアフロ―」脚、三層構造でシンクの中で洗う・切る・盛り付けるが完結する「3Dシンク」を備えています。

3Dシンクの画像

三層構造の「3Dシンク」

ワークトップにはチタン研磨仕上げでキズや曇りが目立ちにくい「チタン研磨」と流氷からインスパイアされた「エンブレムトップアイス」2つのステンレストップ、3種類の人工大理石トップから選べます。
カウンターの高さは高めの設定で、85㎝・90㎝。

「チタン研磨」加工の画像

「チタン研磨」のステンレストップ

「エンブレムトップアイス」の画像

「エンブレムトップアイス」のステンレストップ

「ゼリーストーン」の人工大理石ワークトップの画像

「ゼリーストーン」の人工大理石ワークトップ

「アクアストーン」の人工大理石ワークトップの画像

「アクアストーン」の人工大理石ワークトップ

「カームストーン」人工大理石のワークトップの画像

「カームストーン」人工大理石のワークトップ

フロアユニットは軽く押すだけで開けられる「プッシュオン」も用意。

スッキリしたデザインの「プッシュオン」の画像

スッキリしたデザインの「プッシュオン」

大容量の収納やビルトインオーブン収納など、収納も豊富にそろいます。そのほか、レンジフード、水栓、IH&コンロ、ウォールユニット、食器洗い乾燥機、オーブンレンジ、冷凍冷蔵庫などは外国製品や個性的なアイテムも多く、自由に選ぶことができます。

「USAGI(ウサギ)」の画像

ウサギの耳のような「USAGI(ウサギ)」

大型のレンジフード「UFO(ユーフォ―)」の画像

大型のレンジフード「UFO(ユーフォ―)」

【BAY(ベイ)/価格】
41.2万円~85.3万円 ※間口244㎝、奥行き77cm、I-LAND(アイランドキッチン)の場合。ビルトイン機器(レンジフード、コンロ、水栓、食洗機等)、オプション品・施工配送費等、含まず。

【BAY(ベイ)/機能】
エアフロ―、3Dシンク、ステンレスワークトップ、人工大理石ワークトップなど

【BAY(ベイ)/サイズ・対応レイアウト】
I-LAND(アイランド)/アイランド型 間口199㎝~304㎝、奥行77㎝~105㎝
ON-WALL(オンウォール)/壁付けⅠ型 間口199㎝~304㎝、奥行77㎝

TOYO KITCHEN STYLE(トーヨーキッチンスタイル)のシステムキッチン「BAY(ベイ)」のリフォーム実例を紹介!

リフォームでTOYO KITCHEN STYLE(トーヨーキッチンスタイル)のシステムキッチンを選んだ先輩方の実例を紹介します。リフォーム価格も記載しているので、参考にしてください。

※リフォーム実例で採用されている各社の商品は施工時期がさまざまで必ずしも最新モデルとは限りません。

デザイン性の高い、家具のようなシステムキッチン

家具のように脚の付いたシステムキッチンは、家具のようにインテリアになじむデザインです。ステンレス素材で加工がしてあり、周辺には同じトーヨーキッチンスタイルのモザイクタイルをあしらい、デザインを引き立てています。背面の壁もトーヨーキッチンスタイルのタイルです。

TOYOKITCHEN(トーヨーキッチン)のシステムキッチン、BAY(ベイ)を採用したキッチンリフォーム実例の写真

脚の付いたペニンシュラ型キッチン

【DATA】
リフォーム費用:415万円(概算)
リフォーム部位:キッチン・システムキッチン
採用したキッチン:TOYO KITCHEN STYLE(トーヨーキッチンスタイル)/BAY(ベイ)
建物種別:マンション
設計・施工:ナサホーム

ナスラックのシステムキッチンの特徴と価格

ナスラックは、ステンレスにこだわったキッチンを提供しています。 シンクは音や水ハネを防ぐノイズレスシンク、水栓や加熱機器、レンジフード、食器洗い機などはミーレやコーラー、グローエといった海外製品が数多くラインナップ。

価格帯別に「BELLFLOWER(ベルフラワー)」、「BAZERO(バゼロ)」、「SESPA(セスパ)」の3シリーズがありますが、その中から、「BAZERO(バゼロ)」を紹介します。

BAZERO(バゼロ)

ナスラックのシステムキッチン「BAZERO(バゼロ)」の画像

ナスラックのシステムキッチン「BAZERO(バゼロ)」

「バゼロ」はデザインを重視したインテリア発想のシステムキッチンです。
ワークトップは熱や汚れに強いステンレス、高級感のある人造大理石、焼き物ならではの質感が魅力のセラミックが選べます。

ステンレストップのキッチンの画像

ステンレストップのシステムキッチン

人造大理石トップのキッチンの画像

人造大理石トップのシステムキッチン

選べる扉カラーはフレンチスタイルのかまち扉や木目調、鏡面など33種類。
そのほか、クラシカルなタイプや曲線が美しいカーブ型などの取っ手やフロアに接する足元(ケコミ)は、サイドを絞り込んだスマートシェイプでLED照明をつけることもできます。

かまち扉にカーブ型の取手を合わせたフレンチスタイルの画像

かまち扉にカーブ型の取っ手を合わせたフレンチスタイル

LED照明を取り付けたケコミの画像

LED照明を取り付けたケコミ

水栓やガスコンロ、IHクッカー、レンジフードもデザイン性の高い海外製品がラインナップ。

【BAZERO(バゼロ)/価格】
92.8万円~136.5万円 ※I型 間口255cmの場合

【BAZERO(バゼロ)/機能】
ステンレスワークトップ、人造大理石ワークトップ、セラミックワークトップ、ノイズレスシンク、人造大理石シンク、スイスKWCの水栓、KOHLEA(コーラー)のスウィープシャワー付き水栓、GROHE(グローエ)のスプリング式シャワーホース水栓、調理用整水器、浄水器、底板ステンレスのキャビネット、ハーマンのガスコンロ、ミーレのIHクッカー、アリアフィーナのレンジフード、ミーレの食器洗い機など

【BAZERO(バゼロ)/サイズ・対応レイアウト】
I型 間口195㎝~300㎝、奥行65㎝
L型 間口210㎝~255㎝×165㎝、奥行65㎝
対面ペニンシュラ 間口242.3㎝~278.5㎝、奥行97㎝
対面アイランド 間口244.6㎝~287㎝、奥行97㎝

リフォームで失敗しないシステムキッチンの選び方

レイアウトや高さ、色や形、機器などオプションなど、選ぶものがたくさんあって、迷ってしまうシステムキッチン選び。
どんなことに気を付ければよいのか、基本的なポイントをまとめました。

リフォームで実現したいことを明確にする

今の不満を解消したい、最新の設備を取り入れたい、できるだけ安くリフォームしたい、オープンキッチンにしたい、ステンレスキッチンにしたいなど、どんなキッチンにしたいのかを明確にしておくと、設備や機能を選ぶときの基準になります。

リフォームならではの制約に注意

リフォームの場合、キッチンの間口や高さ、設置位置などに制限がある場合があります。
キッチンやリビング全体のサイズを測り、希望のキッチンが設置できるか確認しましょう。
メーカーによってはリフォームに柔軟に対応できるシリーズも用意されています。

ショールームを活用する

メーカーを決める前や色や設備・機能を決める前に、ショールームに行ってみましょう。
実際にカウンターの高さを確認したり、奥行を確認したり、扉を開け閉めしたりすると、使い勝手がわかります。
わからないことをアドバイザーに確認したり、迷ったときのアドバイスももらえます。オンラインショールームなどを公開しているメーカーもあるので利用してみるとよいでしょう。

クレードや選ぶ設備・機能で価格調整

価格はグレードを上げたり、下げたり、必要ない設備や機能を変更したりすることで調整できます。面材のグレードを下げて、ほしい機能を追加するなどして調整しましょう。リフォーム会社が取り扱っているメーカーを選ぶと、コストを抑えられることもあります。
ついつい「アレも、コレも」と、気が付けば予算オーバーになってしまうこともあるシステムキッチン選び。必要なものをきちんと取捨選択して、理想のキッチンを手に入れましょう。

構成/林直樹、取材・文/小林真弓