トクラスのシステムキッチンの商品別の特徴と価格、リフォーム実例と費用を紹介!

人造大理石カウンターが特徴のトクラスのシステムキッチン。「Bb(ビービー)」、「Collagia(コラージア)」、「DOLCE X(ドルチェエックス)」の3シリーズが展開されています。
トクラスのシステムキッチンの商品別の特徴や機能、価格、リフォーム実例と費用を紹介します。

トクラスのシステムキッチン「Collagia(コラージア)」の画像

トクラスのシステムキッチン「Collagia(コラージア)」

記事の目次

トクラスは人造大理石天板のキッチンを日本で初めて開発

1976年、日本で初めて人造大理石カウンターのシステムキッチンを発売したトクラス。素材の研究・開発から成形まで自社で一貫して行っています。丈夫でキレイなカウンターとシンクはキッチンの基本性能と考え、独自の厳しい規格を設けて、いつまでも美しいまま使える、高い品質を保っています。そんな、トクラスのシステムキッチンを紹介しましょう。

汚れ、衝撃、熱に強く、すりキズも簡単に修復できる

トクラスの人造大理石は、うっかりモノを落としてもカウンターが割れにくく、高温にも負けない高い耐久性があります。調味料なども染み込みにくく、毎日の手入れは水拭きだけでOK。すりキズも研磨材付きナイロンたわしで修復できる手軽さです。

ナイロンたわしでキズを修復の画像

ナイロンたわしでキズを修復

シンクとの結合部もシームレス結合で汚れが溜まりにくい

人造大理石製のシンクは、カウンターとシンクの段差や隙間がありません。カウンターからシンクまでが滑らかにつながっているので、汚れがたまりづらく、お手入れも楽ちんです。

シームレス結合の画像

カウンターとシンクはシームレス結合でなめらか

キャビネットサイズも豊富でリフォームに最適

何かと制限の多い、キッチンのリフォーム。リフォームに対応しやすいよう、ウォールキャビネットは4種類の大きさが用意されています。天井が低くても、窓があっても対応可能です。収納ユニットも高さ215㎝~、梁対応のウォールキャビネットも用意されています。

ウォールキャビネットの画像

4サイズ用意されたウォールキャビネット。※高さ400㎜はキャビネットのバリエーションが限定されます

トクラスのシステムキッチンの特徴と価格を商品別に紹介!

トクラスのシステムキッチンは3シリーズ。
シンプルなBb(ビービー)、調理のしやすさとデザイン性を両立させ、多彩なプランが揃うCollagia(コラージア)、個性的なR形でキッチンが主役になるDOLCE X (ドルチェエックス)。 全シリーズを紹介しましょう。

シンプルなBb(ビービー)

基本機能を備えつつ、さまざまなインテリアシーンにマッチする装飾の少ないデザインの「Bb(ビービー)」。
33色の扉、3色の天板、7色のシンクから選べるなど、アレンジも自在です。トクラスオリジナルの“クラストン”の人造大理石カウンターや、フロントキャッチ方式で小型フィルターが油をキャッチするレンジフード「サイクロンフードⅢ」などが標準仕様で、日々の掃除は手間いらず。シンプルなキャビネットは収納するものに高さを合わせ、オプションパーツで引き出し内を自由にアレンジできます。
ほかにもあえて扉を無くした「オープンウォール」や、自動で上げ下げできる「オートアップラック」など、多彩な収納が用意されています。

トクラスのシステムキッチン「Bb(ビービー)」の画像

トクラスのシステムキッチン「Bb(ビービー)」

33色の扉、3色の天板、7色のシンクから選べる

シンプルなデザインながらさまざまなインテリアにマッチするよう、Bb(ビービー)の扉の色は33色が用意されています。3色の天板と7色のシンクと組み合わせて、自分らしいアレンジが楽しめます。

扉の画像

単色や木目調など33色から選べる扉

ニューグラーナホワイトの画像

カウンタートップ(ニューグラーナホワイト)

サンドブラックの画像

カウンタートップ(サンドブラック)

サンドグレージュの画像

カウンタートップ(サンドグレージュ)

シンクの画像

シンクは全7色

キャビネットは自分好みでアレンジ自在

シンプルなキャビネットにはいろいろなオプションパーツが用意されています。ボトルの転倒を防ぐ「クロスギャラリー」、使いやすくキャビネットを仕切る「ディバイダ―」や小物がスッキリ片付く「インナーポケット」などでカスタマイズして、自分好みの使いやすいキャビネットを作ってくださいね。

キャビネットの画像

シンプルなキャビネットもオプションでカスタマイズ可能

クロスギャラリーの画像

キャビネットオプション「クロスギャラリー」。バーを付けることで、ボトルなどが倒れるのを防ぎます

ディバイダ―の画像

キャビネットオプション「ディバイダ―」。キャビネット内を仕切って使えます

インナーポケットの画像

キャビネットオプション「インナーポケット」。キッチンツールなど、細かいものもスッキリ収納できます

オープンウォールなどオプションも豊富

「オープンウォール」は扉がないので、グラスや調味料など、使いたいときにサッと取り出せて便利です。その他、スイッチ一つで上げ下げできる「オートアップラック」など、オプション収納も選べます。

オープンウォールの画像

ウォールキャビネット下に取り付けた扉の無い収納「オープンウォール」

お手入れがカンタンな「サイクロンⅢ」

内部への油汚れの侵入を抑える、「フロントキャッチ方式」の「サイクロンⅢ」。
小型フィルターが油汚れを吸着するので、内部が汚れにくく、お手入れしやすいレンジフードです。フィルターはカンタンに外して洗えるようになっており、食洗機にも対応。撥油塗装されているので、普段のお手入れはサッと拭くだけという手軽さです。

サイクロンⅢの画像

撥油塗装で普段のお手入れはサッとひと拭きの「サイクロンⅢ」

Bb(ビービー)の価格、サイズ、対応レイアウト

【価格】
74.8万円~115.6万円 ※I型 間口255cmの場合

【サイズ・対応レイアウト】
I型 間口180㎝~270㎝、奥行65㎝
間口120㎝~225㎝、奥行60㎝ 
L型 シンク側間口:180㎝~270㎝×コンロ側間口:165㎝、奥行65㎝
フラットタイプ 間口210㎝~270㎝、奥行65㎝

「家族の“ひととき”を 楽しむ」がコンセプトのCollagia(コラージア)

2022年9月に新登場した「Collagia(コラージア)」は、「家族の“ひととき”を 楽しむ」をコンセプトにしたキッチンです。機能性と意匠性を兼ね備えた多彩なプランで、どんなシーンでも料理が楽しめるように考えられています。
扉カラーは6グレード、15シリーズ、163色を用意。スタイリッシュ、ナチュラルなど8つのインテリアスタイルが提案されているので、いろいろなスタイルをチェックしてみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

トクラスのシステムキッチン「Collagia(コラージア)」ナチュラルプランの画像

トクラスのシステムキッチン「Collagia(コラージア)」ナチュラルプラン

光で表情が変化する「テノール」となめらかな質感の「グラーナ」が選べる人造大理石のワークトップ

「Collagia(コラージア)」で用意されているワークトップは「テノール」と「グラーナ」の2種類です。
人造大理石の表面に特殊な塗装を施した「テノール」は、全4色。深みのある濃色やグラデーションで、光のあたり方で表情が変わります。
なめらかな質感が魅力の「グラーナ」は、光が表面と内部で拡散反射し、内側から淡く発光しているかのような色合いです。こちらは4グレードあり、全10色の展開です。
どちらも人造大理石なので、汚れや熱、衝撃に強く、傷もつきにくいので、気兼ねなく使えてお手入れも楽チンです。

人造大理石のワークトップ「テノール」の画像

人造大理石のワークトップ「テノール」。隕石を思わせるグレーカラーの「メテオダークグレー」。他に、「ソルティホワイト」、「バーストブラウン」、「アイアンブラック」があります

人造大理石のワークトップ「グラーナ」の画像

人造大理石のワークトップ「グラーナ」。御影石のような「ハイグラーナ」ほか、質感の異なる4つのグレードが用意されています

清潔さを保つハイバックカウンター、ハンガーアイテム

バックガードを立ち上げた「ハイバックカウンター」はシンクやカウンターとの継ぎ目がない人造大理石。汚れが溜まりにくく、掃除がしやすくなっています。
3種類4個の「ハンガーアイテム」をハイバックカウンターに吊り下げることで、物を置いてもシンクまわりを広く清潔に利用できます。
ハンガーアイテムは、例えば、ラックは調味料など小物を置いたり、水切りラックはボトル類の水切りとして利用できます。ワイヤーラックはまな板や蓋を置いたりと使い方は自在です。

「ハイバックカウンター」の画像

バックガードを立ち上げた「ハイバックカウンター」

カウンターの奥まで使えて、拭き掃除もラクラクの画像

ハンガーラックでカウンターの奥まで使えて、拭き掃除もラクラク

キャビネット内が一目瞭然「オーバービュー収納」

間口を広くとったキャビネットは、中身を見渡せる「オーバービュー収納」。出し入れがしやすく、料理効率もアップします。
シンク下のキャビネットはステップドロワー付き引き出しで、高さの異なる収納物もスッキリ収まります。
コンロ下のキャビネットは、可動式仕切り「スタンドディバイダー」や「ナベフタホルダー」などでフライパンや鍋蓋を立てて収納できるフィットスタンドユニット付き引出しになっています。また、オプションで、コンセントを付けることもできます。

「オーバービュー収納」の画像

高さの異なる収納物もフライパンや鍋、鍋蓋もスッキリ収納できる「オーバービュー収納」

シンク上を有効活用できる「スムースワークシンク」

折り畳み式のプレートやラックを置いて、シンク上をマルチに使えるのが「スムースワークシンク」です。
上段のプレートは材料を切ったり、水切りに、中段のラックは食材や調理器具を置いたり、鍋を洗う際に活用したりできて、調理や片付けがスムーズになります。汚れても水でサッと洗い流せるので、掃除の手間もいりません。

「スムースワークシンク」の画像

シンク上も作業スペースとしてマルチに使える「スムースワークシンク」

Collagia(コラージア)の価格、サイズ、対応レイアウト

【価格】
128.6万円~299.5万円 ※I型ローバック、間口255cmの場合

【サイズ・対応レイアウト】
I型ローバック 間口165cm~300cm、奥行65cm
(間口210cm~270cmは奥行60cmも選択可)
I型ハイバック 間口210cm~270cm、奥行65cm
L型ローバック シンク側間口180cm~270cm×コンロ側間口165cm、奥行65cm
L型ハイバック シンク側間口210cm~270cm×コンロ側間口165cm、奥行65cm
ペニンシュラフラットオープン 間口210cm~270cm、奥行74.4cm・88.8cm・100.4cm
ペニンシュラステップ対面型 間口210cm~270cm、奥行88.8cm・100.4cm
アイランドフラットオープン 間口240cm~270cm、奥行74.4cm・88.8cm・100.4cm
アイランドステップ対面 間口240cm~270cm、奥行88.8cm・100.4cm
L型フラットオープン シンク側間口210cm~270cm×コンロ側間口165cm、奥行74.4cm・88.8cm・100.4cm
L型ステップ対面 シンク側間口210cm~270cm×コンロ側間口165cm、奥行88.8cm・100.4cm

オープンキッチンの可能性を追求したDOLCE X(ドルチェエックス)

トクラスのシステムキッチン「DOLCE X(ドルチェエックス)」の画像

トクラスのシステムキッチン「DOLCE X(ドルチェエックス)」

オープンキッチンの可能性を追求したというシステムキッチン「DOLCE X(ドルチェエックス)」。
素材、機能、仕様、デザインすべてにこだわり、キッチンが暮らしの中心となるようなオープンキッチンを目指しました。ラウンドフォルムの独創的な形や光沢のある鏡面塗装など高級感あふれるキッチンです。

手塗りにこだわった上質な扉材

面材は手塗りにこだわり、技術者の感覚と調整で、素材の含水率、形や材色を細かく調整しています。
面材はカーリーメイプルの天然木の木目を生かしたハイグレイン(4色)、天然ホワイトオークを使用したマットオーク(3色)、光沢のある鏡面塗装のシャインカラー(114色)が用意されています。

扉材の画像

高級感のある扉材

ハイバックカウンターにはダイニング側に収納も

カウンターを高く立ち上げた「ハイバックカウンター」は、手元を隠せるので、リビング側からはスッキリとした印象になります。また、ダイニング側には開き扉の収納が設けられています。

ハイバックカウンターの画像

カウンターを高く立ち上げた「ハイバックカウンター」

ダイニング側に作られた開き扉の収納の画像

ダイニング側には開き扉収納

個性を発揮するラウンドタイプのオープンキッチン

独創的なフォルムのラウンドタイプのオープンキッチンは人の動線から考えられた形です。
調理スペースを広くとり、動線もスムーズになっています。
ラウンドタイプ専用のRシンクやサブシンクも用意されています。

ラウンドタイプの画像

ラウンドフォルムのオープンキッチン

DOLCE X(ドルチェエックス)の価格、サイズ、対応レイアウト

【価格】
245.6万円~385.5万円 ※ハイバックアイランド 間口255cmの場合

【サイズ・対応レイアウト】
ハイバックアイランド 間口255㎝、奥行50㎝
ラウンドタイプ 間口240㎝・255㎝・270㎝

トクラスのシステムキッチンを採用したリフォーム実例

リフォームでトクラスのシステムキッチンを選んだ先輩方のリフォーム実例を紹介します。
リフォーム価格も記載しましたので、参考にしてください。

※リフォーム実例で採用されている商品は施工時期がさまざまで必ずしも最新モデルとは限りません。

約102万円/スッキリと清潔感漂うキッチン

壁付けのキッチンを対面キッチンに変更。システムキッチンはBb(ビービー)を採用。白でまとめた使い勝手の良いキッチンは、グリーンなどを飾って自分らしくアレンジも可能です。スッキリと清潔感漂うキッチンです。

ビービーを採用したキッチンリフォーム事例の写真

キッチンの白と床のブラウンがマッチ

DATA
リフォーム費用:102万円(概算)
リフォーム部位:キッチン・システムキッチン
採用したキッチン:トクラス/Bb(ビービー)
建物種別:一戸建て
設計・施工:アクアラボ

約329万円/独特なラウンド型のキッチンは収納もたっぷり

個性的なデザインのDOLCE X(ドルチェエックス)のラウンド型のシステムキッチンを採用したキッチンは、キッチンの形に合わせて天井にもアールを取り入れ、統一感を演出。収納もたっぷりで、細かい器具も1カ所にスッキリ収納できます。

DOLCE X(ドルチェエックス)を採用したキッチンリフォーム事例の写真

落ち着いたブラウンのDOLCE X(ドルチェエックス)のラウンド型キッチン

DATA
リフォーム費用:329万円(概算)
リフォーム部位:キッチン・システムキッチン
採用したキッチン:トクラス/DOLCE X(ドルチェエックス)
建物種別:マンション
設計・施工:アクアラボ

まとめ

人造大理石を得意とするトクラスのシステムキッチン。シンプルな基本性能ながら、オプションでカスタマイズできる「Bb(ビービー)」、選べる扉カラーやシンクの形など、選択肢の多い「Collagia(コラージア)」、高級感ある面材や個性的な形の「DOLCE X(ドルチェエックス)」、3つのシリーズから予算や使い勝手、好みに合わせて選んでくださいね。

構成/林直樹、取材・文/小林真弓

システムキッチンメーカー10社の人気商品とリフォーム価格を徹底比較!実例紹介も!

キッチン・台所リフォームの費用相場と価格帯別の実例紹介