注文住宅 坪単価って何? 一級建築士が解説

注文住宅 坪単価って何? 一級建築士が解説

ハウスメーカーの広告などでよく目にする「坪単価」という言葉。ハウスメーカーを探すときや住宅商品を選ぶときに、いくらくらいで建てられるかという建築費用の比較に使っている人も多いかもしれない。でも実は、坪単価だけでその家の「高い」「安い」を判断することはできない。では、坪単価とは何なのか、どうやって決まるのかなどを、一級建築士の佐川旭さんに聞いた。

「坪単価」とは1坪当たりの建築費。ハウスメーカーの比較に使える?

坪単価とは何なのか、基本を知っておく

坪単価は建物の床面積1坪(約3.3m2)当たりに建築費がいくらかかっているのかを算出したものだ。計算方法は

家の本体価格 ÷ 延床面積(建物の床面積の合計)= 坪単価

例えば、本体価格2000万円で延床面積が40坪の家なら、
2000万円 ÷ 40坪 =50万円
という計算式になり、坪単価は50万円ということになる。

ハウスメーカーによって坪単価の出し方が違う

各ハウスメーカーの広告やチラシに出ているモデルプラン(標準プラン)や施工例の金額を床面積で割れば、どのハウスメーカーが安く建てられそうか分かりそうな気がするが、実はそうとは言いきれない。ここで注意したいのが、ハウスメーカーによって、坪単価の出し方が違うということ。

「坪単価を出すための家の本体価格に照明器具やエアコン、電気やガスの屋外配管の費用を含めているハウスメーカーもあれば、含めていないハウスメーカーもあります。まれに外構費用が含まれていることもあるなど、本体価格に含まれる範囲が違うため、同じ仕様、同じ規模、同じ間取りの家だとしても、ハウスメーカーによって坪単価は違ってくるのです」(佐川さん、以下同)

そのほか、ハウスメーカーによっては「家の本体価格」を「延床面積(建物の床面積の合計)」ではなく「施工面積」で割るケースもある。各階の床面積を合計した面積が延床面積なのに対し、施工面積は玄関ポーチや吹抜け部分など延床面積に含まれない部分も加算されたもの。玄関ポーチなどの分、延床面積よりも大きな数字で割ることになるため、同じプランでも坪単価は安くなる。

このように坪単価の出し方には共通のルールがない。ハウスメーカーによって算出の方法が違うわけだから、複数のハウスメーカーの建築費の高い安いを比較する材料にはできない。同じ坪単価でも、A社には照明器具やエアコンが含まれているが、B社には含まれていないといったケースが出てくるのだ。

「家の本体価格」と「延床面積」によって坪単価は上下する

本体価格と坪単価

坪単価は何によって上がったり下がったりするのだろう。まず、同じ延床面積なら家の本体価格が高いほど坪単価は高く、本体価格や安いほど坪単価は下がる。本体価格に影響するのは主に家のデザインや設備の価格だ。

「坪単価に影響するのは内装よりも外観の形。同じ面積の家でも外観デザインに凹凸が多いと施工する面積が広がるため外壁の量や足場のコストもアップします。また、キッチンやトイレなどの水まわり設備のグレードを上げれば上げるほど家の本体価格はアップします。トイレはタンクレスや、タンク付きでも自動で開閉や洗浄ができるタイプ、キッチンはIHクッキングヒーターや引き出し式の収納などの場合、価格が高くなります」

つまり、1階と2階の床面積が同じ総2階建ての家など、できるだけシンプルな形が坪単価を抑えやすい。また、基礎や躯体(土台や壁、柱など建物の構造部分)はお金をかけても、壁紙などあとで変更しやすい部分は安価なものにすることでコストダウンを図ることもできる。

延床面積と坪単価

住宅は規模が大きいほど材料を多く使うため本体価格が上がり、コンパクトな家ほど本体価格は下がる。ところが、坪単価の場合、延床面積が小さくなると坪単価は上がる傾向がある。例えば、坪単価50万円で40坪2000万円のプランがあり、予算オーバーだからと10坪狭くしても、坪単価50万円×10坪分の500万円がコストダウンできるというわけにはいかず、坪単価は割高になるケースもあるのだ。

延床面積が減れば、材料費や施工費が減って家の本体価格は下がるが、坪単価は変わらないのでは?と思うかもしれない。家の規模は違っても設備費用や諸経費が変わらないため、1坪当たりの金額が多くなるのだ。

一般的に、本体価格のうち2~3割はキッチンやバス、トイレなどの住宅設備費が占めている。床面積が減ったからといって、住宅設備の数が変わるわけではない。設置費用も延床面積とはあまり関係がない。また、建築資材の運搬費や人件費なども延床面積と正比例して減るわけではない。このため、キッチンやバス、トイレなどのグレードを下げない限り、延床面積が小さいほど、坪単価は高くなることもある。

坪単価が低くても、ハイグレードな設備のことも

価格の安いキッチンやシステムバス、壁紙、床材、外壁材などを使えば家の本体価格を抑えられ、結果的に坪単価は低くなる。ところが、設備や内装・外装材のグレードは低くないのに他のハウスメーカーよりも坪単価が低い家、というのもある。これは、標準仕様としてプランニングの際に提案する設備や内・外装材、ドアなどの種類をしぼりこみ、大量に仕入れておくことでコストを下げるなどの工夫によるものだ。ハウスメーカーを選ぶときには、坪単価で比較するのではなく、標準仕様にはどんな設備が含まれているのか、床や壁紙、ドアなどの内装材、外壁材のグレードはどうかなどもしっかり確認しておこう。

坪単価をいちばん左右するのは施主の考え

注文住宅の場合、坪単価を上げるのも下げるのも結局は施主の考え方。
「例えば、今は水まわり設備を充実させたいという人が多く、キッチンや浴室、洗面室にお金をかける傾向があります。すると坪単価は高くなります。決まった予算のなかで、設備にお金をかけるのか、外壁や内装にお金をかけるのか、そのバランスの取り方が坪単価を左右するのです」

坪単価は他のハウスメーカーと比較して、その家が安いのか高いのかという判断には使えない。しかし、同じハウスメーカーの商品の比較の目安にはなるだろう。坪単価は建てたい家の本体価格を出すためではなく、目安として上手に活用したい。

●お話を伺った方
佐川 旭さん
(株)佐川旭建築研究所 代表取締役
一級建築士、インテリアプランナー

用と美を兼ね備えた作品を得意としている。住宅設計、街づくり、公共建築などを中心に講演・雑誌執筆活動をする傍らテレビにも出演。

取材・文/田方みき
公開日 2017年09月26日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る