注文住宅 坪単価80万円台の家ってどんな家? 一級建築士の解説と実例紹介

注文住宅 坪単価80万円台の家ってどんな家?一級建築士の解説と実例紹介

延床面積40坪(約132m2)で本体価格3200万円なら、その家は坪単価80万円。同じくらいの広さで1000万円台、2000万円台で建てる家に比べると、予算的に余裕のある坪単価だ。では、坪単価80万円台ではどんな家が建てられるのか、傾向や知っておきたいことを解説。坪単価80万円台で建てた家の実例も紹介する。

坪単価80万台の家の傾向は?

注文住宅は設備や建築資材、家の形などによって坪単価が違ってくる。

注文住宅の坪単価の考え方については、コチラの記事を読んでほしい。
注文住宅 坪単価って何? 一級建築士が解説

坪単価80万円台の家は、坪単価30万円台や40万円台のプランに比べて、全体的にグレードをアップさせたり、「壁紙は安いものを使い床は全て無垢材のフローリングにする」「あとから変更できる内装材は安く抑え、耐震性能や断熱性能などを最新技術のものにするなど建物そのものにお金をかける」などこだわりたい箇所にお金をかけたりなど、プランニングの幅を広げやすいといえる。また、太陽光発電システムや高効率給湯器、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム。電気やガスなどの使用量をモニター画面などで「見える化」し省エネに役立てられるシステム)など、省エネにはつながるけれど導入時にまとまったコストがかかる設備も検討しやすくなる。
「床から天井近くまでの高さのある大きな窓や結露しにくい樹脂サッシの窓を採用するなど、窓のバリエーションを広げられるのがこの価格帯。結露のしにくい樹脂サッシを使うのもいいでしょう。また、ドアなどの建具も高級感のあるものを選ぶことができます」(佐川さん、以下同)

ただし、希望のすべてを採用すると坪単価80万円台では収まらないことも。譲れないものは何か、優先順位をつけておくといいだろう。

「決まった予算のなかで、設備にお金をかけるのか、外壁や内装にお金をかけるのか。どちらにもお金をかければ坪単価は上がるし、設備も内装も外壁もほどほどのものにしてシンプルにすれば坪単価は下がります。自分がいちばん大事にしたいものは何か、予算内でどう実現していくか。注文住宅のプランニングはそのバランスが大切です」

CASE 坪単価80万円台から建てられる家を見てみよう

※坪単価は各住宅商品の標準仕様での参考本体価格を想定延床面積で割って算出。
※坪単価は地域・敷地条件・プラン等によって変動するため、坪単価80万円台では建築できない場合があります。
※掲載は社名五十音順。

旭化成ホームズ ヘーベルハウスSTEP BOX(ステップボックス)クロスフロアのある家

都市の住宅密集地など比較的小さな土地に建設することを想定したコンパクトな四角い箱形の家。2階のリビングの床の位置を下げることでリビングは天井の高いのびのびとした空間に、リビング下の1階の空間は落ち着いた隠れ家的な部屋になるなど、床の高さを変えることで各階をずらす手法(クロスフロア)が変化に富んだ空間づくりを可能にしている。坪単価80万円台は、この記事のモデルプランの場合。

写真

シンプルな箱形の外観が特徴。都市の住宅密集地でも採光や通風が確保しやすいため、リビングは2階に設けることを提案している。

写真

2階の床を約80cm下げることで、家の中心に天井高3.2mのリビングが生まれる。リビングはすべての空間とつながっているため、家族とのつながりを感じながら過ごすことができる。

写真

床の段差と天井の高さの違いが、変化に富んだ空間を生んでいる1階。階段横のスペースは、段差に腰をかけたり、カウンターで勉強したり。さらに奥の2階リビング下の空間は引き戸を閉じれば完全な個室にすることもできる。

ヤマダ・エスバイエルホーム 小堀の住まい

ヤマダ・エスバイエルホームが創業以来受け継いできた日本の伝統と現代の調和、素材へのこだわり、機能と美の調和を大切にした「kobori研築工房」が設計するオンリーワンの注文住宅。エスバイエルの設計士「企業建築家」と暮らしへの想いにこだわり、趣味や嗜好について施主と対話することで、造形美と品質の高さのどちらも兼ね備えた世界にひとつだけの我が家を創り上げることができる。「小堀の住まい」の坪単価は80万円以上~。プランや設備、規模などによって坪単価は変動する。

写真

春日部展示場にある「小堀の住まい」モデルハウス。深い軒で雨や日差しによる劣化から家を守るなど昔からの日本建築が持つ機能と、高気密・高断熱などの現代の技術がひとつになった快適な住まい。

写真

来客を迎える玄関ポーチは格子状の化粧柱で外からの視線を遮り、プライバシーにも配慮されている。リビングや玄関ホールからの光でライトアップされた中庭が、ぬくもりを感じさせる。

写真

LDK(リビング・ダイニング・キッチン)は和モダンのデザイン。ホールや中庭に面したガラスの間仕切りを開放すれば、1階はひとつの大きな空間になる。美しさと機能を兼ね備えたプランだ。

住宅商品は坪単価だけで選ばずに、将来のメンテナンスコストも考慮

坪単価の価格帯はハウスメーカーによって違うが、同じハウスメーカーでも価格帯の違う複数の住宅商品を用意しているところが多い。住宅商品によってターゲットにしている家族構成や年代、ライフスタイルが違うため、外観デザインや間取りのコンセプト、標準仕様の設備機器のグレードが違うことも。どの住宅商品を選ぶかを考える際には、坪単価の高い安いだけでなく、プランの内容をチェックしたい。

また、使われている外壁材や屋根、設備などの将来のメンテナンスコストについても考えておきたい。
「住宅は入居してからもメンテナンスのためのお金がかかります。例えば、外壁材や屋根材に単価は高めだけれどメンテナンスフリーのものを選び、その結果、坪単価が高めになったとしても、将来のメンテナンスコストが抑えられます。逆に、今は予算がなくて坪単価を安く抑えた家になった場合は、壁や屋根の塗り替えに費用がかかることを念頭においておくなど、トータルでのコストを考えることが大切です」

坪単価80万円台やそれ以上の価格帯の注文住宅は、予算に余裕がある分、グレードの高い設備機器や内装材、凝った間取りなどを実現しやすい。あれもこれもと希望をプランに盛り込んでいくと予算をオーバーしてしまうことも。家づくりは、自分たちのライフスタイルを冷静に見つめ直すよい機会。どんな暮らしがしたいのか、そのためにはどんな家が必要かをじっくり考えてから、家づくりを楽しもう。

●お話を伺った方
佐川 旭さん
(株)佐川旭建築研究所 代表取締役
一級建築士、インテリアプランナー

用と美を兼ね備えた作品を得意としている。住宅設計、街づくり、公共建築などを中心に講演・雑誌執筆活動をする傍らテレビにも出演。

取材・文/田方みき
公開日 2017年09月26日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る