注文住宅 坪単価30万円台の家ってどんな家? 一級建築士の解説と実例紹介

注文住宅 坪単価30万円台の家ってどんな家?一級建築士の解説と実例紹介

坪単価30万円の家は、延床面積40坪(約132m2)なら本体価格1200万円、延床面積30坪(約99m2)なら本体価格900万円。本体価格のほかに、屋外給排水管工事や照明器具などの別途工事費、外構費がかかるが、建物の総費用を1000万円台に収めることも可能だ。ここでは、坪30万円台の家にはどんな傾向があるのかを解説。実例も紹介する。

坪単価30万台の家の傾向は?

注文住宅の坪単価の考え方については、コチラの記事を読んでほしい。
注文住宅 坪単価って何? 一級建築士が解説

坪単価30万円台の家には、コストを抑えるためのさまざまな工夫が盛り込まれている。シンプルな形にすることで材料費や施工の手間、足場代などを減らすことができる。間取りはゼロから作るよりも、人気のあるプランをもとに多少の変更を加える規格住宅をメインに提案することで設計コストを抑えるハウスメーカーも多い。内装は手間のかかる塗り壁よりも、施工期間が短くて済む量産タイプのビニルクロスが標準仕様になっている傾向がある。

「窓は引き違い窓(レールをすべらせて左右に開閉する窓)を基準に、できる限り効率の良い配置を考えて数を少なくし、室内ドアなどの建具も安価な既製品を使うことでコストを抑えるケースが多くなります」(佐川さん、以下同)

坪単価30万円台の住宅を手がけるハウスメーカーは、住空間の質や住宅性能を落とさずにコストを下げるための企業努力をしているところが多い。シンプルな外観はスタイリッシュで飽きのこないデザインに仕上げられたり、間取りプランはこれまでに建てた注文住宅の中で人気だったプランを盛り込んだり。設備や内装材、外壁材、屋根材などは、自社だけでなく複数の会社で大量仕入れをしているケースもある。

坪単価30万円台の住宅のハウスメーカーを選ぶ際には、その会社がどうやってコストを抑えているのかをホームページを見たり、完成見学会に参加して担当者の話を聞いたりして確認するといいだろう。

坪単価を低めに抑えられている理由や、そのハウスメーカーが建てる家のクオリティに納得できれば、あとは予算内でどれだけ理想の家に近づけられるかを考えたい。
「決まった予算のなかで家を建てるには、自分がいちばん大事にしたいものは何か、予算内でどう実現していくかがポイント。注文住宅のプランニングはそのバランスが大切です」(佐川さん、以下同)

CASE 坪単価30万円台から建てられる家を見てみよう

(注)
※坪単価は各住宅商品の標準仕様での参考本体価格を想定延床面積で割って算出。
※坪単価は地域・敷地条件・プラン等によって変動するため、坪単価30万円台では建築できない場合があります。

アイダ設計 BRAVO STANDARD(ブラーボ・スタンダード)

「ブラーボ・スタンダード」は、人気の標準設備を詰め込んだ注文住宅だ。システムキッチン・節水トイレ・システムバス等は各大手メーカーの設備を使用し、施主の要望に応えている。また、プレカット工場(※)を自社で所有するなど、さまざまな企業努力によるコストダウンを実現させている。

※住宅の構造材(柱や梁、壁板、床板など)の加工を行う工場。施工現場ではなく機械化された工場で効率的に行うことで工期短縮や、精度の高い構造材の仕上がりにもつながる。

写真

ウッドデッキを設けたプラン(イメージ図)。引き戸を開放すれば、リビングや1階の部屋から続く第二のリビングとして使うことができる。

写真

LDK(リビング・ダイニング・キッチン)は、料理をしながらでもLDK全体が見渡せる対面式のキッチンや、間仕切りをなくしてリビングとひとつの空間になる和室を設けることで、家族が集まりやすく、長い時間ゆったりと過ごせる空間に。家族の暮らし方もイメージしたうえでのプラン提案を行っている。

ポラテック MOK HOUSE

品質は保ちながらリーズナブルな価格での家づくりを実現。新築住宅を累計4万戸以上建ててきたポラスグループの一員というメリットを生かし、これまでに人気の高かったプランをしぼりこんで提案。施主は人気のバリエーション中から好みの外観や内観、設備などを選ぶため設計や設備のコストが抑えられている。水まわり設備や内装、ドアなどは多くのオプションが用意されているため、家づくりへのこだわりを実現することができる。

写真

スカンジナビアンテイストの外観。白い外壁と木目調の濃い色のサイディングは世代を超えて人気。そのほか南フランスのプロヴァンスをイメージした外観や、白い箱型のスタイリッシュなシンプルモダンなど多くの種類の外観プランから選ぶことができる。

写真

床は衝撃や傷に強い高耐久仕様のフローリングが標準仕様。明るい色のハードメープルや、落ち着いた雰囲気になるブラックウォールナットなど、ドアや家具とのカラーコーディネートが楽しめる樹種の違う4カラーが用意されている。写真はオプションの無垢材の床。

写真

料理をしながら家族の様子が見渡せる対面式のオープンなキッチン。奥のものも出し入れのしやすい引き出しタイプの収納や、さっとひと拭きでキレイになる掃除のしやすいガラストップのガスコンロやIHクッキングヒーターなど家事効率のいいシステムキッチンが標準仕様だ。

住宅商品は坪単価だけで選ばずに、将来のメンテナンスコストも考慮

多くのハウスメーカーでは、価格帯の違う複数の住宅商品を用意している。住宅商品によって外観や内装のデザインテイスト、間取りのコンセプト、標準仕様の水まわり設備や屋根材、外壁材などのグレードが違うことも。どの住宅商品を選ぶかを考える際には、坪単価の高い安いだけでなくプランの内容をチェックしたい。

また、使われている外壁材や屋根、設備などの将来のメンテナンスコストについても考えておきたい。
「住宅は入居してからもメンテナンスのためのお金がかかります。例えば、外壁材や屋根材に単価は高めだけれどメンテナンスフリーのものを選び、その結果、坪単価が高めになったとしても、将来のメンテナンスコストが抑えられます。逆に、今は予算がなくて坪単価を安く抑えた家になった場合は、壁や屋根の塗り替えに費用がかかることを念頭においておくなど、トータルでのコストを考えることが大切です」

住まいへの希望をできるだけを叶えられるよう、予算配分が大切になる坪30万円台の家。依頼先を探す際には、坪単価の高い安いだけで判断せずに、標準仕様にどんなものが含まれているのか、間取りプランやデザインはライフスタイルや好みに合っているかをしっかり確認。満足のいく家を実現しよう。

●お話を伺った方
佐川 旭さん
(株)佐川旭建築研究所 代表取締役
一級建築士、インテリアプランナー

用と美を兼ね備えた作品を得意としている。住宅設計、街づくり、公共建築などを中心に講演・雑誌執筆活動をする傍らテレビにも出演。

取材・文/田方みき
公開日 2017年09月26日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る