年収別 注文住宅とお金【データ編】2016

206人にリサーチ 年収別 家とお金【データ編】2016

「家を建てたい!」だけどどのくらいお金がかかるの?みんなはどのくらいかけてるの?他人には聞きづらい家づくりのお金の話を206人に調査。自分と同じくらいの年収の人のデータを参考にしてみよう

注文住宅を建てた206人の先輩が答える!家づくりのお金

家を建てた先輩の、家づくりのお金事情を大公開。相場観を知って自分たちは何にいくら用意&かけるのか、家族で相談してみよう

家づくりにいくらかけた?

A.建築費の平均は2388万円

建築費の平均は2388万円

建築費(本体工事費と付帯工事費の合計)は、延床面積によって差が出やすい。地域差もあるが100m2で2000万円前後という人が多かった

A.土地代+建築費の平均は3433万円

土地代+建築費の平均は3433万円

土地を購入している人は全体の74%ほどで、その平均は約1432万円。建築費にプラスして、1500万円くらいかけている人が多いようだ

付帯工事費なども含めたトータルの費用で考えよう

家づくりの建築費とは本体工事費と、外構工事や地盤工事などの付帯工事費を合わせた費用。このほかに登記や契約手続きの諸費用がかかる。土地を購入する人は別途その費用も必要だ。土地は選び方次第で費用を抑えることができるが、土地の条件によっては地盤改良などで付帯工事費が増える可能性もある。「本体工事費だけでなく総費用を意識して計画を」

自己資金はどのくらい用意した?

A.自己資金の平均は740万円

※0円を除く平均額

家づくりの自己資金の平均は740万円

僅差だが最多は1000万円以上、次いで100万円~300万円未満。土地ありの人は平均640万円、土地なし(購入)の人は平均712万円

A.贈与額の平均は820万円

※0円を除く平均額。グラフは贈与を受けた人のみ

家づくりの贈与額の平均は820万円

33%の人が300万円未満の贈与を受けていたほか、1000万円以上の人も33%。贈与税が非課税になる特例を利用する人が多いようだ

頭金が多いとローンの金利が優遇されることも

家を建てるときは、手付金や中間金などがかかる。いつ、いくら必要か、資金繰りの把握を。「総費用のうち自己資金から払う頭金が多いほど、住宅ローンの負担が減ります。また返済能力が高いとみなされて、金利が優遇されることも。贈与税の特例を活用して頭金を増やす方法なども検討しましょう」

CHECK 贈与税の特例ってなに?

父母などからの住宅資金の援助は、一定額まで贈与税がかからない特例が利用できる。非課税枠は2016年9月末の契約まで700万円(耐震・省エネなど質の高い住宅は1200万円)。10月から2017年9月末の契約で消費税10%の場合は2500万円(同3000万円)だ。

注文住宅の住宅ローンはどんなプランにした?

A.ローン借入額の平均は2721万円

住宅ローン借入額の平均は2721万円

2000万円以上借り入れた人は、土地と建築費両方のローン借入があるケースが多かった

A.毎月返済額の平均は8万1211円

住宅ローンの月返済額平均は8万1211円

72%が10万円未満と回答。家賃を目安に、無理なく返済が続く額を決めている様子だ

A.金利タイプは……

住宅ローンの金利は変動型を選ぶ人が半数

変動型を選ぶ人が半数。銀行のキャンペーンで金利が低かった固定期間選択型を利用した人も多かった

金利の高低だけでなく変動リスクなどにも注意

住宅ローンは金利が高いか低いかといったことだけで選びがちだが、金利タイプや返済期間にも注意を払いたい。「例えば変動型を選んだ人は、当初の金利が低くても、途中で金利が上昇したときに返済額がアップするリスクがあります。低金利のうちにまとまった金額を繰り上げ返済※してローン残高を減らしたり、貯蓄をしてリスクヘッジできるように準備しておきましょう」

※返済の途中でまとまった金額を前倒して返済すること。返済した分のローン残高が減り、利息を減らせる

各金利タイプの違いは?

全期間固定型
借り入れ時に全期間の金利が固定されるタイプ。金利は高めだが、変動リスクはない。フラット35が代表的。

固定期間選択型
3年、5年、10年など金利が固定される期間を選べる。固定期間が終わると、その時点の金利で再度選べる。

変動型
返済中も金利は半年ごとに、返済額は5年ごとに見直される。今(2016年4月時点)の金利は0.6%前後で超低金利だ。

まとめ

建築費の平均は2388万円、土地代+建築費の平均は3433万円(2016年)

頭金が多いとローン金利が優遇されることもあるため、贈与税の特例を活用し頭金を増やすことも検討するとよい

住宅ローンの金利タイプは変動型を選ぶ人が約半数(2016年)

関連記事リンク

年収別 家とお金【実例編(年収400万円台)】2016
年収別 家とお金【実例編(年収500万円台)】2016
年収別 家とお金【実例編(年収600万円台)】2016
年収別 家とお金【実例編(年収700万円台以上)】2016

教えてくれたのは
和泉昭子さん

生活経済ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー。住宅取得や住宅ローンが専門分野のひとつ。メディアや講演、個人相談などで活躍中

 

2019年10月1日より、消費税率は10%に改定されました。消費税率引上げに伴う住宅取得に係る対応についてはこちら

2016年5月17日 SUUMO注文住宅フリーペーパーより転載

注文住宅の会社を探す
土地を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
賃貸物件を探す
リフォーム会社を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
売却査定する
取材・文/木村寿賀子 イラスト/タカヒロコ
公開日 2017年05月11日
最終更新日 2020年07月09日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る