仲介手数料

仲介手数料(チュウカイテスウリョウ)の意味・解説

仲介手数料とは、住宅の売買や賃貸住宅の賃貸借の際、売主と買主の間に入って意見の調整や契約事務などを行う不動産会社(仲介会社)に支払う手数料のこと。仲介手数料は取引が成立したことに対する成功報酬なので、物件の売却や購入、賃貸借の仲介を依頼したものの、売買契約や賃貸借契約が成立しなかった場合は支払う必要はない。
仲介手数料が必要な取引は、「住宅や土地の賃貸借」、「中古住宅、新築一戸建て、土地の売買」だ。ただし、売主から直接購入する場合は、仲介手数料はかからない。
一般的に中古住宅を個人の売主から購入する場合は仲介会社が仲介をするので仲介手数料がかかるが、不動産会社が個人から買い取った住宅をリノベーションなどして販売する、いわゆる「買取再販物件」の場合は不動産会社が売主となり、仲介手数料が不要のケースもある。
また新築マンションは売主が直接販売するか、提携先の販売会社が販売するケースが一般的だが、いずれの場合も仲介手数料はかからない。一方、新築一戸建ては売主から直接購入して仲介手数料がかからないケースと、仲介会社を介して仲介手数料がかかるケースがある。
住宅の売買では、売主と買主がそれぞれ依頼した仲介会社に仲介手数料を支払う。金額の上限は「売買代金(消費税除く)×3%+6万円+消費税」と定められている。これは売買代金が400万円を超える場合で、売買代金が200万円超400万円以下の場合は「売買代金(消費税除く)×4%+2万円+消費税」、売買代金が200万円以下の場合は「売買代金(消費税除く)×5%+消費税」が上限となる。なお、仲介手数料は売買契約時と引き渡し時に半額ずつ支払うケースが一般的だ。
一方、賃貸借では貸主と借主が支払う手数料の合計額の上限が「家賃1カ月分(共益費・管理費除く)+消費税」と定められている。一般的には賃貸借契約時に借主が家賃の0.5~1カ月分の仲介手数料を支払うケースが多い。

仲介手数料(チュウカイテスウリョウ)に関する物件ピックアップ

仲介手数料(チュウカイテスウリョウ)に関する記事ピックアップ

ページトップへ戻る