古民家

古民家(コミンカ)の意味・解説

古民家とは、日本の住居のうち、建築年数がかなり経過した民家のこと。
ただし、具体的かつ明確な定義は存在しない。国が制定する文化財登録制度においては、「50年以上」というのが対象条件になっている。
一般的には、
・伝統的な建築工法である木造軸組工法で建てられている
・茅葺屋根、草葺き屋根、日本瓦葺き屋根、土間、太い柱と梁を持つ
・築年数が50年以上経っている

おおむね、これらにあてはまるものを古民家という。また、古民家には、農村民家・町民民家・武家民家・庄屋屋敷などさまざまなタイプがあり、味わい深い趣をもつ。このように独特で、文化財としても価値のある古民家は、近年リノベーションによって再利用されるケースも増えてきた。

古民家(コミンカ)に関する物件ピックアップ

古民家(コミンカ)に関する記事ピックアップ

ページトップへ戻る