ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)(ゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス))の意味・解説

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、1年間の消費エネルギーより住宅でつくったエネルギーのほうが多い、または差がゼロになる住宅のこと。ムダを省く「省エネ」、太陽光発電などでエネルギーをつくる「創エネ」と、蓄電池に貯める「蓄エネ」、エネルギーの状態を見えるようにする「HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)」を組み合わせて活用し、1年間の消費エネルギー≦創エネルギーを実現する。「ネットゼロ」とは正味ゼロという意味で、「ZEH」はゼッチと発音する。
政府もZEHの普及に対し、強力に後押ししていく方針を打ち出しており、「2020年には標準的な新築住宅をZEH化、2030年には新築住宅の平均でネット・ゼロ・エネルギーを目指す」としている。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)(ゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス))に関する物件ピックアップ

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)(ゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス))に関する記事ピックアップ

ページトップへ戻る