地価公示

地価公示(チカコウジ)の意味・解説

地価公示とは、地価公示法に基づき、国土交通省による土地鑑定委員会が毎年1回、1月1日時点における標準地の1m2あたりの地価を公表すること。
原則、都市計画法による都市計画区域内で標準的な土地(標準地)を選定し、それぞれの地点につき、2人以上の不動産鑑定士が別々に鑑定評価を行い、その結果を調整したうえで価格が決定される。
例年3月中~下旬、官報に価格、所在地、地番、地積、形状、土地の利用状況などが記載される。
公示地価は、公共事業用地の取得価格算定や国土法による土地取引規制における価格審査の基準になっている。
公示される際には、「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「調整区域内宅地」に分類され、公示地価の動向については、毎年、同地点の価格の変動率で示される。

地価公示(チカコウジ)に関する記事ピックアップ

  • 土地の査定方法は査定額を左右するポイントを徹底解説|住まいのお役立ち記事
    どを参考に査定価格を計算してみます。公的評価額とは地価公示や相続税路線価、固定資産税評価額などのことです。このうち最も参考になるのは、国税庁のHPで見ることができる相続税路線価です。自分で査定をして価格相場が把握できたら、不動産…
  • 再開発とは街はどう変わる東京の再開発2019|住まいのお役立ち記事
    だ。※国土交通省HPより算出(豊洲は商業地域のみの地価公示のため、商業地域で算出)そして、2018年10月には豊洲市場もオープンし、現在も再開発が進んでいる豊洲エリア。今後の動向にも注目だ。今後注目の再開発エリアは今後もさまざま…
  • 不動産売却の相場の調べ方|SUUMO不動産売却
    のなので、すべての土地の情報が分かるわけではない。地価公示は全国で2万6000地点、基準地価は2万2000地点弱に限られる。路線価図なら売りたい物件の地価が計算できる売りたい土地そのものの価格を知りたい場合は、路線価図を見る方法…
ページトップへ戻る