総二階

総二階(ソウニカイ)の意味・解説

総二階とは、2階建ての建物で、1階と2階の面積がほとんど等しいもののこと。通し柱や梁などの構造がシンプルになるため、複雑な形状の建物と比べて耐震面で有利とされる。また、屋根は2階部分のみのため雨漏りの恐れが少ない、外壁面積が少ないため断熱・気密効率が高いともいわれる。また、役物など特殊な外壁材料の使用が少ない分、材料費や施工費などのコストを抑えることもできる。

総二階(ソウニカイ)に関する記事ピックアップ

ページトップへ戻る