総二階の家とは? メリットやおしゃれな外観にする方法、間取りづくりのコツを解説

総二階の家とは? メリットやおしゃれな外観にする方法、間取りづくりのコツを解説

戸建住宅は、階高に応じて平屋、ニ階建て、三階建てなどと表しますが、「総ニ階」とはどのような形状の家なのでしょうか。そこで、総二階の家の定義やメリット・デメリット、間取りや外観づくりのコツについて、建築士の白崎治代さんに教えていただきました。

総二階の家とは?

1階と2階の外周がそろった住宅のこと

不動産広告のチラシや、インターネットで戸建住宅について調べると「総二階の家」という言葉を見ることがあります。

「一般的に、総二階とは1階と2階の平面形が一緒で、外周がぴったりそろっている住宅のことを表します。それに対し、床面積が1階より2階の方が小さい住宅のことは『部分二階』や『部分平屋』と表します。これらは建築基準法で用いられている言葉ではなく、建物をわかりやすく表現するために使われる言葉です」(シーズ・アーキスタディオ 白崎治代さん。以下同)

総二階と部分二階の家のイメージ
総二階と部分二階の家のイメージ(イラスト/長岡伸行)

総二階のメリットは?

【メリット1】建築コストを抑えやすい

同じ延床面積の総二階と部分二階の家を比べると、総二階の方が基礎と屋根の施工面積が少なくなります。施工面積が少ないと、材料や工事手間も減らせるため、建築コストを抑えやすくなります。

「敷地の建ぺい率・容積率などの面積制限ぎりぎりで建てたい場合や、予算に限りがあるけれどできるだけ広い家を建てたいというご要望がある場合、総二階のプランを提案するケースが多くなります」

【メリット2】表面積が少ないので、断熱性を確保しやすい

同じ延床面積の総二階と部分二階の家を比べると、総二階の方が建物の表面積が小さいので、室内から熱が逃げる部分の面積も少なくなり、断熱性を確保しやすくなります。

「建物の表面積は、主に壁、屋根、開口部、基礎面積の合計となります。中でも屋根は、日射の影響を受ける部分なので、断熱性に特に配慮が必要です。従って、屋根面積が少ない方がコストを抑えつつ断熱性を確保しやすくなります」

総二階と部分二階の家の天井の面積の違いイメージ
同じ延床面積の家の場合、総二階よりも部分二階の方が屋根面積は大きくなるので、天井の断熱面積も大きくなります(イラスト/長岡伸行)

【メリット3】メンテナンス費用を抑えやすい

メリット2にある通り、表面積が小さいことは、外壁や屋根の塗装や張り替えなどの材料費や工事手間が抑えられるため、メンテナンス費用を抑えやすくなります。また、屋根が2階部分だけなので、単純な形にしやすくなり、雨漏りのリスクを減らせるでしょう。

「総二階でも、建物に凹凸がある形状より、シンプルな箱型にして建物の外周の長さを短くすれば、足場面積が少なくて済むため、さらにメンテナンスコストを抑えられます」

【メリット4】耐震性を高める設計をしやすい

木造住宅の場合、耐震性は壁の量や配置、床・屋根面のつくりなど、さまざまな条件で変わります。

「総二階の家は1階と2階の外周がぴったりとそろうので、構造耐力壁の位置も上下階でそろえやすいことから、複雑な形状の家よりも耐震性を高める設計がしやすくなります。ただ、設計の工夫次第では部分二階の家でも同程度の耐震性を確保することはできます」

総二階のデメリットは?

【デメリット1】外観デザインが凡庸になりがち

総二階の家は1階と2階の外壁が上下でそろっているため、直方体や立方体などの箱型になり、デザイン的に凡庸になりがちです。個性を演出したいなら、庇の位置や出方、窓の位置や形、色や素材選びなどに工夫が必要になります。

おしゃれな外観デザインを想像している人
好みの外観をイメージしておくことは大切(イラスト/長岡伸行)

【デメリット2】土地によっては“総二階”が難しい

家を建てるときには、土地ごとに定められている広さや高さに関する法規制を守らなければいけません。

「特に都市部の土地は、法規制が厳しい場合が多いです。総二階の家を建てたくても、北側斜線制限や道路斜線制限などにより、総二階のプランが難しいケースもあります」

北側斜線制限の図説
北側斜線制限とは、北側の隣人の日当たりを考慮し、南からの日照の確保のために建築物の高さを規制したもの。北側隣地の境界線上に一定の高さを取り、そこから一定の勾配で記された線(=北側斜線)の範囲内で建築物を建てる必要があります(イラスト/SUUMO編集部)

【デメリット3】上下階の部屋の配置が希望通りにならないことも

総二階の家は、1階と2階の床面積が同じです。従って「1階はLDKなどの共有スペース、2階は個室のみ」など、上下階での希望に応じた部屋の配置が難しいことがあります。

総二階の外観デザインのコツは?

庇やバルコニーでメリハリをつける

1階と2階の外壁が上下そろっているために単調な印象を与えがちなので、庇やバルコニーを設置して、建物にメリハリをつけるのが良いでしょう。

「庇やバルコニーは外観のアクセントにもなりますが、玄関上に庇を設ければ雨が降ったときの出入りがラクになりますし、2階の掃き出し窓にバルコニーを設ければ洗濯物や布団が干せて便利です。ただ、建物外周から1m以内で、両方に支える柱や壁がない、という決まりを守らないと建築面積に算入されてしまうため、取り入れる際は注意しましょう」

実例:バルコニーが印象的な家
実例:バルコニーが印象的な家の外観写真
2階の跳ね出しバルコニーを玄関ポーチの上に配することで、庇としての役割も果たしている(写真/お施主様)
実例:バルコニーが印象的な家の間取り図
1階はLDKをメインに、2階に個室と洗面室・浴室を配した間取り

窓を外観のアクセントにする

形が印象的な窓を取り入れる、小窓を等間隔に配するなど、窓を外観デザインのアクセントにする方法もあります。ただ、窓の位置や大きさは、通風や採光、近隣からの視線などを配慮した上で設計しないと、外観はおしゃれでも暮らしの快適性は損ねてしまう可能性があります。

「印象的な形だったり、等間隔に並べたりなど、窓を外観デザインのアクセントにするなら、窓枠の色を目立たせるのもよいと思います。しかし、さまざまな形の窓がランダムに配置されている場合は悪目立ちするので、窓枠の色は壁と同系色にすることをオススメします」

色や素材を変えて個性を演出する

外壁の一部分やバルコニー、玄関ドアなどの色や素材を変えることで、外観デザインに個性を演出するのもよいでしょう。

「同じ種類の外壁材で、壁面の一部分の色だけを変えるのは、総二階特有の“のっぺり感”が強調されやすくなり逆効果だと思います。「面」でなく建物全体の「立体」を考慮して検討しましょう。

外壁を複数の素材で構成するのも多く取られる手法です。左官仕上げの外壁の一部分に杉板やタイルを張ったり、バルコニーや玄関ドアに無垢材やスチールなど印象が強い素材を用いるのもよいと思います」

実例:玄関まわりのデザインがおしゃれな家
実例:玄関まわりのデザインが印象的な家の外観写真
玄関ドアの淡いグリーンと同じ色を庇部分にも取り入れて。外壁も玄関まわりのみ素材を変えている(写真/アラキシン)
実例:玄関まわりのデザインが印象的な家の間取り
1階にLDKと洗面・浴室、2階に個室を配した間取り

総二階の間取りづくりのコツは?

部屋の配置はライフスタイルを考慮して決める

総二階の家は上下階の床面積が同じなので、「プライバシーを守りたい個室は全て2階にまとめる」というシンプルな間取りは難しくなりがちです。間取りを考えるときは、必要な個室数、家族のライフスタイル、家事や生活動線を考慮しながら、1階と2階の部屋の配置を決めましょう。

実例:二世帯で暮らす総二階の住まい
実例:二世帯で暮らす総二階の住まいの外観写真
玄関ドアは木調をセレクト、2階の窓を等間隔に並べて印象的な外観に(写真/河原大輔)
実例:二世帯で暮らす総二階の住まいの間取り
1階にLDKと水まわりと洋室を一つ、2階に洋室を三つ配置。現在は親世帯も眺めの良い2階の洋室を利用しているが、ゆくゆくは1階に移ることもできるように玄関横に洋室を配した

おしゃれで暮らしやすい総二階の家は建てられる!

ご紹介したように、外観デザインや間取りを工夫することで、おしゃれで暮らしやすい総二階の家は建てられます。コストを抑えたいけど耐震性や断熱性の高い家を建てたいと考える方は、総二階の家を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

総二階とは1階と2階の平面形が一緒で、外周がぴったりそろっている住宅のこと

総二階の外観デザインのコツは、単調な印象を与えないようにするために、庇やバルコニーでメリハリをつけたり、窓の位置や形、外壁の色や素材選びで工夫するとよい

総二階の間取りづくりのコツは、上下階の床面積が同じために部屋の配置に工夫すること

注文住宅の会社を探す
土地を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
賃貸物件を探す
リフォーム会社を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
売却査定する
取材・文/山南アオ イラスト/長岡伸行
公開日 2021年12月17日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る