更地

更地(サラチ)の意味・解説

更地とは、建物・建築物などがなく、借地権など使用収益を制約する権利の付いていない土地のこと。建物が建っていないだけでは更地とはいえない。例えば、市街化区域内であっても「耕作されていない農地」や「樹木のない山林」などは更地とはいわない。購入後、容積率や建ぺい率等の法規制は受けるが、それ以外の制約を受けずに、自由に住宅が建てられる土地を「更地」と呼ぶ。
売却時においては、「更地」の状態で引き渡すか、建物等を残した「古家付き」など現況渡しとするかは判断を要するポイントである。更地で引き渡すのに越したことはないが、売却・退去スケジュールや解体のための手間やコスト等が判断の分岐となる。
とくに解体業者は数多く存在するが、コストだけでなく、解体技術や廃棄物の撤去処理の質など業者による差が大きいため、信頼できる会社探しが重要となる。

更地(サラチ)に関する物件ピックアップ

更地(サラチ)に関する記事ピックアップ

  • ごろごろ、神戸-SUUMOタウン
    れた一帯の再開発工事で店舗のある北側一帯がきれいに更地になってしまった。しかし、「店がなくなったからゆうてアンタ、こっちは48年も商売続けて来てねんから、今さらやめられるかいな」と一念発起、今の地味すぎる場所に移転して今日も…

50音で探す

あ行 |  か行 |  さ行 |  た行 |  な行 |  は行 |  ま行 |  や行 |  ら行 |  わ行 | 
ページトップへ戻る