角地

角地(カドチ)の意味・解説

角地とは、交差する2つの道路に接する、角の区画の土地(2方を道路に囲まれた土地)のこと。
2方向が道路であるため、立地や道路幅にもよるが、一般的には開放感があり、採光、通風に優れ、隣家の圧迫感も少ない。また、住宅などを建てる際、敷地条件や条例にもよるが、建ぺい率が緩和される場合もある。限られた立地条件であるため希少性があり、上記のメリットもあることから資産性は高い。
ただ、購入価格の観点からみると、一般的には、角地の場合、他の敷地より高めに設定されており、購入後にかかる固定資産税・都市計画税も割高となる。
また、「開放感」のよさは、方角によって日差しにも配慮する必要がある。道路づけが南西向きの場合、日中~夕方の日照による暑さ対策(断熱・遮熱)は十分に検討する必要がある。

角地(カドチ)に関する物件ピックアップ

角地(カドチ)に関する記事ピックアップ

  • 土地の価格相場・目安を確認するには|注文住宅・土地探し編|SUUMO住活マニュアル
    高くなる。また、同じ住宅地でも2本の道路が交差する角地は開放感があり、こちらも日当たりが良ければなお人気が高まる。もちろん、「住みたい街ランキング」などでランクインしているようなエリアも注目度が高く、需要が高いため価格も高ま…
  • 三宿の街の記憶と散歩を【東京・三宿】-SUUMOタウン
    の作品がまだデッド・ストックで売っていたりする。三角地帯の、ショートケーキの先端のような位置にあるフジヤマの店先は、五差路になっていて開放感があり、そこからは、近くの銭湯「弘善湯」の煙突が見えたはずで、10年ほど前まで味のあ…
  • おトクに家を買う必殺技12連発|SUUMO(スーモ)
    日当たりに関わるので、価格にも影響する。人気は東南角地で、南→東→西→北の順で安くなるのが一般的。「東南角地でも窓が多くて家具が置きにくかったり、夏暑い場合も。北向き物件でも昼間留守にしがちな家庭にはおトク。また、天窓を付け…
ページトップへ戻る