一物四価

一物四価(イチブツヨンカ)の意味・解説

一物四価とは、土地を評価したり価値を指標化する際の、4つの価格(評価価値)のこと。
1.実勢価格:実際に市場で売買される取引価格における過去の実績の平均的な金額のこと。いわゆる「時価」といわれるもので、取引事例や近隣の取引価格を参考にする場合が多い。
2.公示価格:国土交通省が毎年1月1日時点の土地を算定した価格で、一般の土地取引の指標とされている。
3.相続税評価額:国税庁が算定するもので、毎年1月1日時点の価額で7月に公表される。
4.固定資産税評価額:固定資産税を徴税するために固定資産税の算定の基礎となる土地価格を評価したもの。3年に1度、前年1月1日を基準にして公表される。
以上、それぞれの用途により、4つの価額が使用されている。

一物四価(イチブツヨンカ)に関する記事ピックアップ

ページトップへ戻る