【アクアラボ Vol.18】 スケルトンリフォームとは?

こんにちは!

アクアラボの高橋です。

中古物件や今ある住まいに手を加えて理想の住まいをつくるためには、大掛かりな工事が必要な場合も多く、住み手のご希望に合わせるために、リノベーション事業も日々発展しています。

この記事では、計画プランの自由度が魅力の「スケルトンリフォーム」について、分かりやすく説明させて頂きます。 

間取りから自由にプランニングして住み心地の良い家づくりをしたい!という方はぜひご覧ください。

スケルトンリフォームって何?

「スケルトン」とは、直訳すると「建物の骨組み・躯体」という意味です。

スケルトンリフォームとは、骨組みだけを残して、その他のすべてを解体してリフォームすること。

リフォーム工事の中でも最大規模の工事で、設計の自由度も高いのが特徴です。

 

マンションか戸建てかによってリフォームの範囲に違いがあります。

マンションのスケルトンリフォームでは、コンクリートの地肌が見えるところまで、住戸内をすべて解体・撤去して、一から間取りを造ります。

戸建てのスケルトンリフォームでは、基礎や梁、柱といった建物の基盤だけを残して、屋根や外壁も含めて住戸全体を解体・撤去します。

 

f:id:aqua_labo:20210517111114j:plain

 

スケルトンリフォームのメリット

メリット1 部分的なリフォームでは得られない自由度がある

設備の性能を元に戻すのみのリフォームでは、現状の設備・間取りの範囲内でプランニングをやりくりしなければなりません。

対してスケルトンリフォームは、骨組みの状態から計画するため、自由度の高いプランニングができます。

部屋数を減らしてオープンな空間を設けたり、キッチンの位置を変えて対面式にしたり、浴室を広くしたりと、間取りも好みに合わせて自在につくり直すことができます。

メリット2 劣化した配管を新しくできる

部分的なリフォームは、目に見える一部分のみを新しくするもので、配管には手を入れることができません。

しかし、スケルトンリフォームの場合、劣化した配管を入れ替えたり、修理したりと、目に見えないところも刷新することができます。

メリット3 断熱性能・耐震性能をアップさせることができる

戸建の場合は、外壁の断熱材の追加やサッシをペアガラスタイプに交換することで、またマンションの場合は、断熱材や内窓を追加することで、断熱性能がアップします。

断熱性能が高まると、夏は涼しく、冬は暖かいだけでなく、結露の発生を軽減し、カビ対策にもなります。

また、戸建の場合、筋交いや耐力壁、制振装置の追加などによって耐震性能を向上させることができます。

メリット4 新築や建て替えに比べてコストを抑えることができる

新築や建て替えに比べて安い費用で、内装・外装ともにほぼ新築同様にすることができるのは大きなメリットです。

骨組み以外を作り直すので、新しい機能や素材も取り入れることができます。

ただし、機能を詰め込みすぎたり、建物の劣化が激しかったりすれば、それなりに費用が嵩んでしまうこともあります。

 

スケルトンリフォームのデメリット

デメリット1 一時的な引越しが必要になる

スケルトンリフォームは建物の基盤だけ残してすべてを刷新するため、リフォームする家に住んだまま行うことができません。

工事期間中は仮住まいをすることになります。

仮住まいの住宅の家賃、引っ越し費用など、リフォーム以外の費用がかかることや、引っ越し日のスケジュール管理も必要になることに注意が必要です。

弊社では、仮住まい先の物件探しのお手伝いや、ご希望の方にはお引越業者のご紹介もさせて頂いております。

デメリット2 騒音が発生しやすいため近隣の方に配慮する必要がある

大掛かりな工事となるため、工事中に大きな音が発生します。

事前に近隣へ挨拶をしておき、また工事を行う時間帯も配慮することが大切です。

弊社では、近隣の方へのご挨拶を担当者がさせて頂いております。

デメリット3 打合せ期間や工事期間が長くなりやすい

スケルトンリフォームの工期は最低1ヶ月半〜2ヶ月程度を要します。

また着工前の打ち合わせ期間も、2〜3ヶ月ほどはかかる場合が多いです。

会社を決定するまでの検討期間などを含めると、できれば、工事を開始したい日の半年くらい前には、お声掛け頂いてお打合せさせていただく事が良いかと思います。

ご不明点・ご相談等、お気軽にお問い合わせください。

アクアラボのスケルトンリフォーム

ここからは弊社のスケルトンリフォーム事例をご紹介いたします。

1.2階に生活の拠点を移動し、開放的なLDK空間を実現

Before

f:id:aqua_labo:20210523141425j:plain

f:id:aqua_labo:20210523141653j:plain

              
After

f:id:aqua_labo:20210523140624j:plain

f:id:aqua_labo:20210523141523j:plain

f:id:aqua_labo:20210523141538j:plain

ご提案したのは、下宿用に細切れになりほとんど活用できていなかった2階のスペースをオープンにし、LDKや寝室などをレイアウトした大胆なプラン。

撤去できない柱はインテリアに馴染むよう木調のクロスやタイルなどで装飾しながら広々としたLDKを創出しました。

S様のライフスタイルに合わせ、アウトドア用品や靴・洋服などの収納計画や、急だった階段の勾配の調整、1階のメインの洗面脱衣室の他に2階の廊下にもう一つ洗面台を設けるなど、広い家を快適に活用して過ごせるような工夫も盛り込みました。

--------------------------------------------------------------------------

2.キッチンをオープンに、脱衣スペースも確保し、ライフスタイルにマッチした住まいへ

Before

f:id:aqua_labo:20210523162057j:plain

              
After

f:id:aqua_labo:20210530153710j:plain

f:id:aqua_labo:20210530153816j:plain

壁で覆われていたキッチンの方向を変え、お子様も一緒に作業がしやすいオープンな対面タイプに変更しました。

狭かった浴室とトイレは向きを見直すことでサイズアップを実現し、ご希望されていた脱衣スペースも確保することで、使いやすい洗面空間に生まれ変わりました。

また、ご家族の成長を見据えた間取りをご希望されていたため、2部屋あった洋室をウォークインクローゼットと大きな洋室1部屋に変更しました。現在はご家族揃っての寝室にされていますが、ドアを2つ設けておくことで、ゆくゆくは子供部屋として使うことができるようにしました。

内装も細部までこだわり、床は無垢のフローリング、壁面には珪藻土やカラフルな壁紙を取り入れ、ナチュラルで洗練された仕上がりになりました。

今回のリフォームにより、「家事動線が短くなり、以前より暮らしやすくお家に帰るのが楽しみになりました」との嬉しいお声をいただきました。

--------------------------------------------------------------------------

3.古い配管に配慮しながらミリ単位で対応し、理想を形に

Before

f:id:aqua_labo:20210530160951j:plain

f:id:aqua_labo:20210530161016j:plain

              
After

f:id:aqua_labo:20210530161711j:plain

f:id:aqua_labo:20210530161727j:plain

f:id:aqua_labo:20210530161756j:plain

大変仲が良いご家族でリビングに集うことが多いということから、自然素材や暖炉を取り入れ、寛ぎの空間を目指しました。

また、築年数が古く、配管が柔らかい鉛管だったため、配管の接続には細心の注意を払い、これまでの豊富な経験を活かして水まわりのレイアウト変更を実現しています。

さらに奥様は明確なイメージをお持ちでしたので、現場ではタイルの貼り方などこだわりに対してミリ単位で対応し、理想を形にしていきました。

ご相談お待ちしております

アクアラボでは、大規模な増改築やスケルトンリォーム・デザインリフォームなどのご要望には設計デザインの専門部署 『デザインラボ』 がご提案いたします。

「確かな施工技術」は、お客様と良質なコミュニケーションを取り、個々のライフスタイルをしっかりと掴んでプランに活かす「サービス業の側面」が前提にあってこそだという考えのもと、施工技術を熟知したスタッフが、生活者の視点に立ち、その人にとっての暮らしやすさを最優先に考えたプランをご提案します。

ご相談、現地調査、お見積は無料でさせて頂いております。

ぜひお気軽にお問合せください。

 

この記事を投稿した会社について詳しく知る

 

ー 記事を投稿した店舗 -

◆店舗名:アクアラボ

◆施工可能エリア:東京、神奈川(一部エリアを除く)

◆会社・店舗ページ:https://suumo.jp/remodel/ki_0001168/?ar=030

◆電話(無料):0120-361-663

◆会社概要

 【定休日】水曜日

 【営業時間】10:00~18:00

 【店舗所在地】〒227-0061 神奈川県横浜市青葉区桜台25-1 桜台ビレッジショッピングコリドールF11