"20180124205017:H:0" "20180124205017:H:0" "20180124205017:H:0"

(仮称)ミナトフロントタワー(取材レポート)

SUUMO(スーモ)新築マンションの(仮称)ミナトフロントタワーの取材レポート情報です。

【港区・駅徒歩1分のシーフロントタワー】注目物件の価値を解説

1
【港区内×シーフロント×駅徒歩1分】再開発エリアに囲まれた立地の価値
エリア概念図 
港区内、「日の出」駅徒歩1分の立地

(仮称)ミナトフロントタワーの建設地は、「日の出駅から歩いて1分」。そう聞いて、うかつにも私は「日の出」という駅が思い浮かばなかった。
 ゆりかもめの「新橋」駅から「汐留」駅「竹芝」駅ときて、3つめの駅が「日の出」。そう聞いて、ようやく視野が開けた気がした。「日の出」駅は、多くの人にとって馴染みの薄い場所ではないだろうか。しかし、(仮称)ミナトフロントタワーの建設地からは、別の駅が徒歩10分となる。

路線図
JR山手線「浜松町」駅も徒歩10分

それは、JR山手線浜松町駅。新橋駅と田町駅の間、東京モノレールに乗り換える駅である。浜松町駅に向かう場合、途中から屋根付きのペデストリアンデッキが利用できる。田町駅へ徒歩14分、他に大門駅・三田駅も利用可能と、5駅7路線が使いこなせる。建設地の住所は港区海岸2丁目。以上から、立地に関する注目ポイントがいくつも出てくる。それは、「再開発エリアに囲まれた場所」「港区内で海に近い場所」そして「駅徒歩1分」だ。

注目したい、再開発に囲まれた場所の価値
  • 現地周辺航空写真(※1) (C)写真化学/NTT空間情報
    • 浜松町二丁目4地区計画
    • (仮称)竹芝地区開発計画
住宅評論家 櫻井幸雄氏

年間200物件以上の取材を行い、全国の住宅事情に精通。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章の面白さで定評のある、住宅評論の第一人者。

都心部で、私が今、最も注目している場所はどこか。

取材でそう聞かれたとき、私は「品川と浜松町の間」と答えている。品川は2027年開業予定のリニア中央新幹線の始発駅で、駅の海岸側にはオフィスビルが増え、大手町のようになってきたと感じている。リニア中央新幹線が開業したとき、この場所はどのように変貌するのだろう。そのワクワク感が大きい。

その「品川」駅と「田町」駅の間にはJR山手線の新駅ができる予定で、すでに愛育病院が移転するなど新しい街づくりが進んでいる。浜松町駅周辺では、世界貿易センタービルの建て替えを含む浜松町二丁目4地区計画があり、(仮称)竹芝地区開発計画、竹芝ウォーターフロント計画など、再開発や新しい街づくりの計画が目白押しの状態。だから、都心部で最も注目する場所としているわけだ。

ただ、注目度が上がるのはよいことばかりではない。ホテルやオフィスビルが増えてマンションが建設しにくくなる。再開発エリア内のマンションならば、どれくらいの価格になるのかという不確定要素も大きくなる。

では、「日の出」駅から徒歩1分という立地はどうだろう。
前述した再開発エリアに囲まれているが、「日の出駅って、どこだっけ」と私は思ってしまった。だからこそ、おもしろい立地といえる。「おもしろい」とは、馴染みが薄い場所だが、注目してよいのではないか、という意味を込めた言葉である。

2
【港区の"特等席”】海までわずか約115m。都心に残されていたリゾート
港区内×シーフロント物件はわずか3.68%
  • 「港区」という名ながら、港区にはシーフロントの場所が少ない。「日の出」駅周辺は港区内にあって、数少ない「港」が身近な場所だ。加えて、駅から徒歩1分の場所に建設される超高層のタワーマンションという性格も併せ持つ。「港区内」「超高層タワー」「シーフロント」「駅徒歩1分」という条件を満たす物件は限られる。

  • 1995年以降、港区で分譲されたマンションは543物件。そのうち、超高層タワー(20階以上)は60物件、シーフロントと呼べる立地は20物件にすぎない。22年間で20物件だ。さらに、港区内のシーフロントかつ「駅徒歩1分」となると、本物件のみだ(※2)。いかに価値ある立地であるかが分かるだろう。

東京湾から見た現地周辺(2017年8月撮影) 
駅徒歩1分の便利さと価値
外観完成予想図
東京23区築10年中古マンション 最寄り駅からの所要時間別リセールバリュー(※3)

近年、都市部で「駅に近いマンション」の注目度が上がり、「駅近」願望を持つ人が増えているように感じる。「駅近マンション」が将来、売りやすい、貸しやすいというのは、駅徒歩3分以内のマンションは値下がり率が低く、値上がりすることもある、という上記のようなデータから推測されるものだ。売る・貸す予定がない人でも、駅から徒歩1分の場所に住めば間違いなく便利だ。

加えて、(仮称)ミナトフロントタワーは、駅徒歩1分でありながら、浜松町・田町・品川エリアの再開発が身近な場所であり、そしてシーフロントである。開放感のある住戸で海の景色を毎日堪能し、白い航跡を残しながら進む船、ときおり視界を横切るかもめの姿を港区内で楽しむ事ができそうだ。
首都高(1号羽田線)を車で走ったり、東京モノレールに乗っていると、浜松町・田町・品川エリアで、いくつもの超高層マンションが間近に見える。その多くは、35年に及ぶ住宅取材経験で記憶に残るものが多い。「あんなマンションに住んでみたい」という気持ちを抱く人も多いのではないだろうか。(仮称)ミナトフロントタワーは、そんな場所に建設されるマンションのひとつになるわけだ。

<(仮称)ミナトフロントタワー>資料請求受付中

資料を請求いただいた方には、最新の物件資料をお送りいたします(無料)
右:東京湾から見た現地周辺

3
【シーフロントの開放的な眺望を愉しむ】多彩な住戸プランも魅力
コーナーガラスを多用し、開放感ある眺望が楽しめる
P-85ATYPE 3LDK+WIC+SIC 専有面積/81.01m2
バルコニー面積/6.00m2 WIC=ウォークインクローゼット SIC=シューズインクローク
エントランス完成予想図

シーフロントの開放的な眺望を楽しむため、外観はコーナーガラスを多用したスタイリッシュなフォルムをデザイン。6Fには海をのぞむラウンジが用意されています。DINKS向けの2LDKから、上層階には140m2を超えるエグゼクティブ住戸など、多彩な住戸プランも魅力となっています。左のP-85ATYPEは、3つの居室とLDKがすべて窓のある南西側に面した、たっぷりと光の入る心地よいプラン。20畳超のLDKからはシーフロントの心地よい眺望を愉しむことができます。

現地周辺からの眺望写真
<(仮称)ミナトフロントタワー>資料請求受付中

資料を請求いただいた方には、最新の物件資料をお送りいたします(無料)
右:東京湾から見た現地周辺

※掲載の完成予想図は、設計図を基に描き起こしたもので、建物の位置・スケール等は実際とは多少異なります。また、官公庁の指導、施工上の都合等により建物の形状・色調・植栽等に変更が生じる場合がございます。周囲の建物等は一部省略してある他、外構・フェンス・電柱等や外構形状の細部、設備機器は表現しておりません。※1出典:■選手村予定地/東京都都市整備局HP内 選手村の整備(大会後のまちづくり)これまでの公表資料■(仮称)芝浦一丁目計画/東日本旅客鉄道株式会社HPプレスリリース(2017年8月15日)■田町駅東口北地区土地区画整理事業/港区HP「田町駅東口北地区の街づくりに関わる計画等」■msb Tamachi(ムスブ田町) 東京ガス株式会社HPプレスリリース(2017年5月16日)■JR品川車両基地跡地開発・(仮称)泉岳寺駅地区市街地再開発事業/東日本旅客鉄道株式会社HPプレスリリース(2017年3月31日)■JR品川新駅(仮称)/東日本旅客鉄道株式会社HPプレスリリース(2016年9月6日)■リニア中央新幹線「品川」駅/東海旅客鉄道株式会社HP プレスリリース(2016年1月20日)■国道15号・品川駅西口駅前広場整備/国土交通省関東地方整備局HP「国道15号・品川駅西口駅前広場整備に係る事業協力者の募集について 募集要領」(2017年6月6日)国土交通省関東地方整備局HP 記者発表資料(平成29年9月8日)■アジアヘッドクォーター特区/東京都 政策企画局 調整部「東京の特区」HP ※2 港区内で分譲された新築分譲マンションのうち、駅徒歩1分のシーフロントタワーは初となります。(シーフロント:JR山手線以東の物件)対象期間:1995年1月~2017年8月15日までのMRC調査・捕捉に基づく分譲マンションデータ(MRC調べ)※3東京カンテイ調べ。2005年10月~2008年9月に新規分譲され、2016年10月~2017年9月に中古流通した分譲マンションを対象に、新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。専有面積30m2未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。※リセールバリューとは新築時の価格を100%としたときの築10年の中古マンションの価格維持率を表す数値。※本物件のリセールバリューを保証するものではありません。

※価格は物件の代金総額を表示しており、消費税が課税される場合は税込み価格です。税率は引き渡し時期により異なりますので、情報の見方ページを参照いただくか、各物件にお問い合わせください。 (1000円未満は切り上げ。)
※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。
※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。
※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。
※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。
※地図上に表示される物件の位置は付近住所に所在することを表すものであり、実際の物件所在地とは異なる場合がございます。
※地図の更新タイミングの関係で、物件情報が実際のものとは異なる場合や最新情報に更新されていない場合がございます。
※以下の南西諸島及び離島においては、表示される物件の位置が実際のものとは数百メートル程度ずれる場合がございます。
東京都:硫黄島・青ヶ島、沖縄県: 北大東島・南大東島・多良間島・水納島・与那国島・宮古諸島・石垣島・竹富島

(仮称)ミナトフロントタワー 物件概要

所在地 東京都港区海岸2-7-2(地番)地図を見る
交通 新交通ゆりかもめ「日の出」歩1分乗換案内
間取り 1R~3LDK (1R=STUDIO) 間取り図を見る
専有面積 25.05m2~140.55m2
価格
未定
販売スケジュール 2018年4月中旬 販売開始予定
入居時期 2020年2月末予定

モデルルーム・イベント・キャンペーン

  • お問い合わせ
    0120-20-3710無料
    「(仮称)ミナトフロントタワー」販売準備室
    営業時間:平日:11:00AM~7:00PM、土日祝:10:00AM~6:00PM/定休日:水・木曜
    ※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
    ※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。
    ※お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えください。
  • スマートフォンから物件情報を見る
    画像

    スマートフォン版SUUMOでも、この物件情報や地図を見ることができます。

【67717067】(仮称)ミナトフロントタワー
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る