20代シングル男女の一人暮らしデータ2017

20代社会人シングル男女の賃貸一人暮らしデータ 2017

一人暮らしの部屋って、みんな何を重視して選んでいるの? 家賃は? 間取りは?……そんな気になる実態を、編集部が20代の社会人シングル男女を対象に徹底調査。みんなのリアルな賃貸ライフをデータで見ていこう!
※調査データのパーセンテージは四捨五入により合計が100%にならないことがあります

みんなの家賃は?年収は? 住んでいるのはどんな部屋?

イラスト

部屋の【家賃】は「5万~6万円台」が全体の半数近く

20single-2017_sub02
(※1)家賃

部屋を探すときに最も気になるポイントのひとつが「家賃」。みんなのデータを見てみると「6万円台」が最も多いボリュームゾーンに。ただし「5万円台」もほぼ同じくらい多く、「5万~6万円台」の合計で約半数近くを占める結果となった。

みんなの【年収】は「200万~400万円」が約6割

20single-2017_sub03
(※2)年収

気になる年収は「300万~400万円」が最も多く、次に多い「200万~300万円」と合わせると、「200万~400万円」が全体の約6割という結果となった。

なお、家賃の目安は「月収の3分の1以内」と言われるが、仮に家賃を6万円とすると、月収18万円以上が必要。ボーナスを除いた年収は216万円あればOKラインということになるので、ほとんどの人が無理のない家賃設定をしていることが分かる。

部屋の【広さ】は「23m2まで」が約半数

20single-2017_sub04
(※3)部屋の広さ

最も多いのは「~18m2」の層だが、「~20m2」「~23m2」も多く、ここまでを合わせると「23m2まで」の部屋に住んでいる人が全体の半数以上となる。

部屋の【間取り】は「ワンルーム」「1K」が6割以上

20single-2017_sub05
(※4)間取り

そして間取りは、ダントツで「1K」が多く4割以上。次に多い「ワンルーム」と合わせると、これらで6割以上に。一人暮らしの部屋としては、必要最小限にして十分な広さ&間取りといえそうだ。

部屋探しで重視したのは? 決め手となったのは?

イラスト

部屋探しの【重視条件】は「家賃」がダントツで約8割

20single-2017_sub07
(※5)家を探すときに重視する項目

部屋探しをするとき、誰もが複数の条件を挙げるが、そのなかでの優先順位の高さを聞いたのがこのグラフ。やはり「家賃」はダントツで多く、男女差はあるものの、全体の8割近くが重視したポイントだ。どの項目も総じて女性のほうがポイントが高く、特に「セキュリティー」に関しては男性の3倍近い女性が重視している。

【設備・仕様】の決め手は「バス・トイレ別」が半数以上

20single-2017_sub08
(※6)今住んでいる家の建物や部屋の設備・仕様について、契約時に決め手になったもの

部屋や建物の設備・仕様について、契約時の決め手となったポイントは、男女とも半数以上の人が「バス・トイレ別」と回答。ワンルームや1Kの部屋では、バス・トイレが一緒のユニットバスを採用するケースが多いため、一人暮らし特有のデータといえそうだ。

ここにもいくつか男女差の大きい項目が。とりわけ「2階以上」「エアコン付き」は格差が大きく、数値の差は倍以上。2階以上は防犯面、エアコン付きは利便性が女性票を集めた要因かもしれない。

【立地・周辺環境】のこだわりは「スーパー・コンビニの近く」

20single-2017_sub09
(※7)今住んでいる家の立地・周辺環境で重視したもの

立地・周辺環境で重視したものを聞いたところ、男女とも「スーパー」「コンビニエンスストア」が近くにあることを重視したよう。ただし、女性は「治安のよさ」がコンビニを抜いて2位に。また「薬局(ドラッグストア)」「公共機関(区役所など)」も男女間に大きな差が見られた。

20代社会人シングル男女の一人暮らし事情をデータで見ると、以上のとおり。ただし「こういう人が多い」というだけで、これが正解というわけではない。自分らしいこだわりを重視して、満足度の高い部屋探しを!

文/前川ミチコ イラスト/いぢちひろゆき
2017年8月9日
この記事の感想を投票する
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る