賃貸借契約

賃貸借契約(チンタイシャクケイヤク)の意味・解説

賃貸借契約とは、当事者の一方がある物の使用および収益を相手方にさせることを約し、相手方がこれに対してその賃料を支払うことを約することによって効力を生じる契約のこと。
賃貸借の目的物を使用収益させる方(物件を貸す人)を「貸主」「賃貸人」といい、目的物を使用収益して賃料を支払う方(物件を借りる人)を「借主」「賃借人」という。
また、土地の賃借人を「借地人」、建物の賃借人を「借家人」と呼ぶこともある。
なお、契約に際しては、一般的には、以下の内容を明らかにする必要がある。
1.契約期間と更新の定め
2.賃料や管理費(共益費)の額、支払い、滞納時のルールなど
3.敷金などの初期費用
4.暴力団等の反社会的勢力の排除
5.入居・生活上の禁止事項
6.修繕ルール
7.契約の解除規定
8.借り主からの解約規定
9.原状回復の範囲と内容規定
10.その他特約事項の確認

賃貸借契約(チンタイシャクケイヤク)に関する物件ピックアップ

賃貸借契約(チンタイシャクケイヤク)に関する記事ピックアップ

ページトップへ戻る