竿縁天井

竿縁天井(サオブチテンジョウ)の意味・解説

竿縁天井の画像

竿縁天井とは、主に、一戸建て住宅の和室の天井に用いられるもの。
吊り木や野縁下に竿縁(30cmから60cmの等間隔に平行に取り付けられる細長い木材で、化粧材としての役目も果たしている)を取り付け、その上に天井板を張って仕上げた天井を竿縁天井という。

ページトップへ戻る