10年保証

10年保証(ジュウネンホショウ)の意味・解説

10年保証とは、新築住宅の「基本構造部分」について、売主である不動産会社や注文住宅の建築会社等に、引き渡し後10年間、瑕疵担保責任を負うことを義務付ける制度のことです。10年保証については、「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」等に規定されています(同法第94条、第95条)。また、瑕疵担保責任とは、何らかの瑕疵(欠陥)が見つかった場合、無料補修などを行うということです。

ここでいう「基本構造部分」は、住宅の基礎、基礎ぐい、壁、柱、小屋組、土台、筋かい、床版、屋根版、梁(はり)、けたなど、「住宅の構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」のことです。

新築住宅のそのほかの部分(内装など)については、瑕疵担保責任を2年とするのが一般的です。

10年保証(ジュウネンホショウ)に関する物件ピックアップ

10年保証(ジュウネンホショウ)に関する記事ピックアップ

  • リノベマンションブランドが続々都心部などでこだわりの住まいを提案|住まいのお役立ち記事
    るの」ジュータコ:「新築のように構造部分や雨漏りの10年保証は受けられないが、設備などは2年程度のアフターサービスが受けられるケースが多い」スマイカ:「価格が安いというわけではなさそうだね」ジュータコ:「ブランド名を冠している物件…
  • エリアや物件選びのポイントはQ&A29|住まいのお役立ち記事
    きる。Q:入居後に欠陥が見つかったらA:構造部分は10年保証が付く建物の基礎や柱、屋根などの主要構造部分は10年間の保証が受けられる。「万が一、売主が倒産していても保険などでカバーされるので安心です」モデルルーム見学エリアと希望物…
  • 新築と中古10の違い|SUUMO(スーモ)
    要があるが、特に注意したいのが保証制度だ。「法律で10年保証が義務付けられている新築に対し、中古は義務付けられていないので、当社では独自に『あんしん保証制度』を設けています。保証を付ける仲介会社は増加傾向ですが、その範囲や内容は会…
ページトップへ戻る