両開きドア

両開きドア(リョウビラキドア)の意味・解説

両開きドアの画像

両開きドアとは、開き戸のうち、扉が2枚のもので、主に玄関などに用いられる。
グレード感のあるドアだが、まわりに広いスペースがないと設置は難しい。大きさの異なる2枚のドアで構成される両開きドアのことを「親子ドア」という。
建具やドアの素材としては、主にアルミやスチール、樹脂などが用いられている。またそれらと米松、ヒノキ、ヒバなどのむく材とを組み合わせた複合素材を用いるケースも増えている。

ページトップへ戻る